アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 ストーリー7章4話「共同制約-1」

ロドス本艦艦橋 6:00a.m.

アーミヤ
アーミヤ

優秀なオペレーターのみなさん、今からこの私、アーミヤからロドス全艦に重要なメッセージをお伝えします。

アーミヤ
アーミヤ

ロドス本艦は昨晩、正式に龍門から離脱しました。

アーミヤ
アーミヤ

私たちと龍門が締結した長期貿易協定は数々の原因により、失効しました。もうあの都市に留まり続ける理由はありません。

アーミヤ
アーミヤ

一方、ロドスは龍門から十分な物資を頂きました、これでしばらくは持ちこたえられると思います。

アーミヤ
アーミヤ

もうひとつ……私たちの中から間もなくチェルノボーグのセントラルシティに突入するオペレーターがいます。

アーミヤ
アーミヤ

さらなる過酷な戦いが私たちを待ち受けているでしょう

アーミヤ
アーミヤ

……多くの皆さんが思ってるかもしれません。戦争は私たちにとって縁の遠いものであると。

アーミヤ
アーミヤ

戦争、それは国家と国家同士での争いのことであり、いち製薬会社には関係無いものだと。

アーミヤ
アーミヤ

しかし、私たちはすでに戦争に身を置いているのです。感染者に不公平で、すべての人が互いを憎しみ合う果てしない戦争に。

アーミヤ
アーミヤ

抗鉱石病の薬の開発を成功させるために、感染者にその薬を使う機会を作り出すために、医療オペレーターたちは理論と実験にとても多くの精力を傾けてきました。

アーミヤ
アーミヤ

可能な限り鉱石病患者にロドスで最先端の抑圧性治療を受けさせること、同時に鉱石病の拡散と進展を食い止めることは、常に私たちの行動原理です。

アーミヤ
アーミヤ

しかし、それだけでは足りません。それ以前に感染者と一般人の間で差別と矛盾が日に日に増大しているからです。

アーミヤ
アーミヤ

感染者を敵視している人たちは感染者が救われることを良しとしていません、彼らが感染者に犯した一つ一つの悪行が、感染者と一般人の間に亀裂を生み出しているのです。

アーミヤ
アーミヤ

そして別の人たちは感染者を利用し、隷属し、自分たちの利益のための犠牲として扱っています。

アーミヤ
アーミヤ

さらには私たちが鉱石病治癒の薬を研究開発しているという理由だけで、私たちと敵対し、あまつさえ攻撃してくる人たちもいます……このような出来事は現に経験したことでもあります。

アーミヤ
アーミヤ

もし……もし私たちが開発した薬が感染者たちの手に渡る機会が失えば、どのような光景が目に映ることになるのでしょうか?

アーミヤ
アーミヤ

私たちの敵は「鉱石病」だけではありません。私たちはもはやこの戦争から逃れられることは出来ません。

アーミヤ
アーミヤ

二週間前、レユニオンと私達ロドスの間で武力衝突が発生し、多くのオペレーターがチェルノボーグで犠牲になりました。

アーミヤ
アーミヤ

……このような出来事はもうこれ以上起きてほしくはありません。

アーミヤ
アーミヤ

もし犠牲となった一人一人のために復讐を行うというのであれば私隊は無数の復讐を抱えていることになり、無数の人たちが……殺されるでしょう。

アーミヤ
アーミヤ

敵に殺されるか、私たちに殺されるかというだけでしかありません。

アーミヤ
アーミヤ

私たちとレユニオンの抗争は憎しみで築き上げられるべきではありません。相手との会談の状況下においては、相手の行動に対して適切な解釈を定めて責任を持たせることが必要です。

アーミヤ
アーミヤ

しかしこのような状況となっても、レユニオンは依然と自分たちの狂った行為から目が覚ましていません。そして今、彼らはチェルノボーグのセントラルシティを操って龍門に向かってきています。

アーミヤ
アーミヤ

そして驚くことにウルサス帝国はまだセントラルシティの領土支配を諦めていません。

アーミヤ
アーミヤ

ウルサスはいまだにチェルノボーグのセントラルシティを自国領土と見なしています。レユニオンが実効支配していようが、ウルサスは一度たりとも……

アーミヤ
アーミヤ

ウルサスは一度もこの事件に対して何の反応も示していません。そしてチェルノボーグでの恐ろしい出来事に帝国は見て見ぬふりをして対策すら講じませんでした。

アーミヤ
アーミヤ

……自分たちの国民でもあるのに関わらず。

アーミヤ
アーミヤ

ですから、私は今回の衝突の背後にはウルサスの陰謀が隠れていると考えています。セントラルシティの衝突は国家間の戦争を必ず引き起こします。ウルサスと炎国が開戦をすれば――

アーミヤ
アーミヤ

その時には何を言おうが意味を成さなくなるでしょう。

アーミヤ
アーミヤ

たとえレユニオンにどれだけの隠し事があろうと、隠れた力を持っていようと、首謀者が誰であろうと、冷酷な一つの事実が私たちに降りかかってくることになります。

アーミヤ
アーミヤ

――「あれは感染者が引き起こした戦争なんだ」

アーミヤ
アーミヤ

誰がこの戦争に勝とうと、憎悪の矛先は変わらず感染者に向けられることになるでしょう。

アーミヤ
アーミヤ

そうなると感染者たちには、今よりもさらに激しい迫害と苦しい生活環境が待ち受けています。そして……永遠に消えない憎悪も。

アーミヤ
アーミヤ

そうなれば、私たちロドスが感染者のために作り変えてきた土壌は消えてしまいます。全ての国家が私たちによる感染者の治療を許さず、彼らに正常な生活を送ることを許さない、そんな世界になってしまいます。

アーミヤ
アーミヤ

そうです…これは私達と鉱石病の長い戦争に中において、逃げることの出来ない部分なのです。

アーミヤ
アーミヤ

だからこそロドスは常に戦争に身を置いているのです。しかし、この戦争に勝ちぬくことは困難を極めるでしょう。

アーミヤ
アーミヤ

ですが、そうだとしても私たちは負けを認めるわけにはいきません。

アーミヤ
アーミヤ

私たちは知性を以て狂乱に抗い、権謀術数を以て敵意に打ち勝つ、私たちが諦めることは決してありませんし、最後に不幸な結末が待っていることを誰も望んでなどいません。

アーミヤ
アーミヤ

だから、私たちはレユニオンを止めます。チェルノボーグのセントラルシティと龍門の衝突を阻止しにいきます。

アーミヤ
アーミヤ

ロドス本艦に留まる人たちに対してお願いします。私たちが帰ってこようがこまいがロドスを最後まで支えてあげてください。

アーミヤ
アーミヤ

そう、いつもの日常と同じ用に。

アーミヤ
アーミヤ

ふぅ……

プレイヤー
プレイヤー

すごかった!
・……
・すごく惹きつけられるスピーチだった。

アーミヤ
アーミヤ

・「すごかった!」選択時

あ、はい、お褒めいただきありがとうございます、ドクター!

アーミヤ
アーミヤ

・「……」選択時

ん、うん?ドクター、顔に何か付いてます?もしかして……パンくずとか?

アーミヤ
アーミヤ

・「すごく惹きつけられるスピーチだった。」選択時
はい!
……うん?え?!
(照れ顔)

プレイヤー
プレイヤー

少し悲観的だったな?

アーミヤ
アーミヤ

……はい、何人かのオペレーターさんたちにも以前言われたんです。こういう時はみんなを励まして、士気を上げるんだって。

アーミヤ
アーミヤ

でも、少しずつ気付いてきたんです。私たちはそんなことをする団体じゃないなって。私たちは闘志を燃やす必要はありません。私たちに必要なのは自分の行いへの理解ですから。

アーミヤ
アーミヤ

困難であればあるほど、みなさんに最も真実に近い状況を伝えなくてはなりません。そうでなければ私たちは盲目に選択してしまうことになります。

アーミヤ
アーミヤ

この世界で目を遮りながら歩くこと以上に危険なことなんて無いでしょう……?

プレイヤー
プレイヤー

・チェン警司が龍門を離れたと聞いた。

アーミヤ
アーミヤ

……はい。たぶん、チェンさんは一人でチェルノボーグに潜入するつもりなのでしょう。

アーミヤ
アーミヤ

龍門、感染者、血縁関係……チェンさんはたくさんの葛藤を抱えています。

アーミヤ
アーミヤ

どんなに重い負担だったとしても彼女は逃げずに諦めませんでした。そしてそれらを抱えてチェルノボーグに向かっていきました。

アーミヤ
アーミヤ

裏切り、故郷を離れること、死ぬこと……彼女は恐れていないのでしょう。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、チェンさんは感染者なんです。

プレイヤー
プレイヤー

・なんだって!?
・あ……

・そうだと思っていたよ。

アーミヤ
アーミヤ

はい。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、ロドスがセントラルシティに向かうと同時に彼女のことも可能な限り支援します。

アーミヤ
アーミヤ

彼女が……チェンさんが私たちの友人だからというだけでは無いですし、龍門のある方からの私的な依頼だからという訳でもありません。

アーミヤ
アーミヤ

チェンさんは独りではありません。私たちも一緒にレユニオンに立ち向かいます。

アーミヤ
アーミヤ

彼女が頑張って守ってきたもの、彼女が今まで苦しんできた沈黙……彼女を助けるのは、私たちの悲願のためでもあります。

プレイヤー
プレイヤー

・良心的すぎじゃないか?
・……
・君はあの鉄仮面を少し怖がってたと思ってたよ

アーミヤ
アーミヤ

え、ふふ、ドクターの表情……面白いですね。

アーミヤ
アーミヤ

前は確かにチェンさんのことは疑っていました。私たちでは変えようがない人だって思っていました。

アーミヤ
アーミヤ

ですが、彼女が感染者に手を差し伸べたとき、彼女の心の顔が見えたんです。

プレイヤー
プレイヤー

・その表現は初めて聞くな
・……
・その表現おもしろいな。

アーミヤ
アーミヤ

あ、え、こ、言葉のあやですよ!

アーミヤ
アーミヤ

私だって自分が見えているものをどうやって人に伝えたら良いのかが分からなくて……直接それを言うのも失礼かもしれませんし。

アーミヤ
アーミヤ

ですが移動都市で感染者を守ってきた、その信念が揺るがないのは……すごいことです。

アーミヤ
アーミヤ

チェンさんは決して冷血無情な人ではありません。

アーミヤ
アーミヤ

鉄仮面で無欲な人に見えるかもしれません。でもだからこそ、彼女の正義感が彼女をこの暗い世界との戦いへと突き動かしているんです。

アーミヤ
アーミヤ

彼女が口に出さなくても変わりはしません。

アーミヤ
アーミヤ

だから、私たちも行きます。

プレイヤー
プレイヤー

・大丈夫、私も約束があるから行くぞ!
・そうだな。
・レユニオンを止めて欲しいと私に願った人がいるからな。

アーミヤ
アーミヤ

……ドクター、それってまさか……

アーミヤ
アーミヤ

あ……

アーミヤ
アーミヤ

……フロストノヴァさん……

アーミヤ
アーミヤ

……そうです。

アーミヤ
アーミヤ

それと、ミーシャも。

アーミヤ
アーミヤ

私たちにできること、それはミーシャのような悲劇の再来を止めること。フロストノヴァさんと彼女の戦士たちを慰めること、そして……

アーミヤ
アーミヤ

そしてより多くの人の助けになること。この世界の多くの悲しみを起こさせないことであれば私たちがやり遂げます。

(扉が開く音)

ケルシー
ケルシー

資料はすでに二人に渡しておいた。

ケルシー
ケルシー

これからは私たち三人としては初めての共同指揮となる。

プレイヤー
プレイヤー

・私と協力をしてくれるのか?
・……
・私はそれについてもっと喜ぶべきなのか?

ケルシー
ケルシー

行きたくなければ行かなければいい。それは君個人の選択になる。私に命令する権限はない。

アーミヤ
アーミヤ

……ケルシー先生。

ケルシー
ケルシー

どうした。

アーミヤ
アーミヤ

ドクターへの先入観はもう捨てたほうがいいと思います。

アーミヤ
アーミヤ

ドクターもケルシー先生が前に言った言葉で……先入観を持たないで欲しいです。しばらく置いておくだけでも良いので。

アーミヤ
アーミヤ

ドクターは記憶を失っています。この二週間でドクターに記憶を取り戻す確かな方法はロドスには持ちあわせていませんでした。

アーミヤ
アーミヤ

ですから今ドクターが持っているのは、新しい理解と新しい認知なんです。

アーミヤ
アーミヤ

ですからケルシー先生には、今のドクターを今の目で見てあげてほしいです。

アーミヤ
アーミヤ

ドクターもケルシー先生が言ったことで彼女の目的を疑うのはやめてください。

アーミヤ
アーミヤ

彼女はドクターにとって…

アーミヤ
アーミヤ

……最も頼りになる人ですから。信じる信じないにしても、彼女はそういう人なんです。

ケルシー
ケルシー

ふん。

アーミヤ
アーミヤ

お二人とも約束してください。

プレイヤー
プレイヤー

・私に何か出来るかな?
・……
・選択の余地はなさそうだ。

ケルシー
ケルシー

ドクター。

ケルシー
ケルシー

私は以前のあれを許したわけではない。道徳は私たちみたいな者を善人にすることはできないのだからな。

アーミヤ
アーミヤ

先生

ケルシー
ケルシー

君の提案を蹴ったわけではない、アーミヤ。

ケルシー
ケルシー

ただ、純粋な善意による許しによって怒りの権利を放棄すれば人は限りなく軟弱になっていく。

ケルシー
ケルシー

私はその権利を捨てる意思はないというだけだ。

ケルシー
ケルシー

だが今は私の偏見は一旦置いておくとしよう。先にセントラルシティの件を解決しなければいけないからな。

ケルシー
ケルシー

徹底的に。

プレイヤー
プレイヤー

・アーミヤ、私も手伝うよ。
・…
よろしく、ケルシー。

アーミヤ
アーミヤ

・「アーミヤ、私も手伝うよ」選択時

は……はい。

いえ、違うんです!嫌とかじゃないんですけど!ただ私は……少しだけ、うぅ、やっぱりまだ慣れないですね。

……私はドクターが一番肝心な時には助けてくれるっていつもそう信じてます。

昔の私はドクターに指示をしてもらっているだけでした。一番困難な時には私にできないことをやってもらっていた……

私ももっと強くなりたい、ドクターが傍にいる限りは。以前の私はそう思ってました。

ケルシー
ケルシー

アーミヤ。

アーミヤ
アーミヤ

あ、え……先生。大丈夫です。今の私は、もうそんなに人に頼ってもらうことはありませんから。
でもドクター、ドクターには……本当にそう思っているんです。
今、ドクターとは私達は肩を並べられます。あなたとやり直したとき、ずっと機会をうかがって言いたかったんです、ドクターに、ドクターには……
私は成長しました。もうドクターと、ケルシー先生に……えっと……雨風をしのいでもらわなくていいくらいには。

ケルシー
ケルシー

……

アーミヤ
アーミヤ

ちゃんと実績でドクターに応えますから、必ず。
えっと!肩を並べるっていうのは比喩ですから、背が小さいとか言わないでくださいね!まだ伸びますから!……そうです!もうすぐドクターと同じぐらい背が伸びますから、きっと!
……うれしいんです、ドクター。うん、すごく……うれしいんです。
[分岐終了]

ケルシー
ケルシー

・「…」選択時

……

アーミヤ
アーミヤ

……

???
PRTS

場の気温の低下を感知。司令部の温度を少し上げますか?

アーミヤ
アーミヤ

ドクターは自分の考えを持ちたいだけなんです、何もトラブルはありません。

ドクターの考えてることを無理に言わせてほしくないですし……

わかりますよ、私たちには……みんな個人のプライドスペースを持っていますから。

ですが、ドクター、せめて少しだけも助力してほしいなと……

ケルシー
ケルシー

アーミヤ。腰を低くする必要はない。
ドクターにはドクターの得意なこと、不得意なことがある。ただ少しばかり時間をかけて感覚を取り戻す必要がある、ドクターも肝心な時には正確な判断を出してくれる。

この人は目覚めてから今まで起こった全てを忘れるなんてことはないだろう。

――そう願っているがな。

アーミヤ
アーミヤ

ケルシー先生、そんなひどいこと言わなくても……!

ドクターはただ余計なことをしゃべりたくはないだけです。ドクターはちゃんと問題の重要なところを分かっています、ですよね?
[分岐終了]

ケルシー
ケルシー

・「よろしく、ケルシー。」選択時
――
そっちがそれで良いのであれば

まさかこうもさっぱり応えてくれるとは思わなかった。その言葉の中に罠を張っているじゃないかと疑問にすら思える。

……いや、今はそんなことをする暇さえ無いか。

よろしく、ドクター。
[分岐終了]

プレイヤー
プレイヤー

何か作戦はあるのか?

アーミヤ
アーミヤ

あ、はい、もちろんです……!

アーミヤ
アーミヤ

えっと、どの方面の作戦をお聞きになりますか?

プレイヤー
プレイヤー

・まずセントラルシティに入る方法。
・どうやって行くんだ?
・タルラの目の前まで行って、「こんにちは」と言うんだろ。

ケルシー
ケルシー

ロドスにはロドスのやり方がある。

ケルシー
ケルシー

報告書を見てくれ。作戦の各プロセスの解説をしよう。

ケルシー
ケルシー

4時間後、こちらがチェルノボーグの必須経路の付近一帯に小規模な砂嵐を起こす。

10:00a.m. 荒野

二アール
二アール

1号!

ロドスオペレーター
エンジニアオペレーター

1号油圧機送電完了!

二アール
二アール

2号!

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

2号、弾倉の準備完了。

二アール
二アール

3号は。

ロドスオペレーター
エンジニアオペレーター

ストーム3、空圧機、迷彩で……カバー完了!

ロドスオペレーター
エンジニアオペレーター

迷彩を使う意味なんてあるのだろうか…。

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

チェルノボーグセントラルシティの司令塔の視野はとても広い。偽装工作がないとまずいだろう。

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

……軍艦運用設計のセントラルシティ、その上隠す気すらない、帝国は暴力と征服を赤裸々に公表しているようなものだ。

ロドスオペレーター
エンジニアオペレーター

え、ウルサス帝国の設計にはそんな傾向があるんですか?

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

設計には思想が生まれる、思想はまた設計に反映される。ウルサス人がこんな生活環境に置かれてるんだ、外界は敵意まみれと思っているに違いない。

二アール
二アール

……その言い草だと一般のウルサス住民には不当な扱いをしているように聞こえるが。

ロドスオペレーター
エンジニアオペレーター

あー……えっと……よ、予備資金をもらいに行きます……

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

ウルサスが私の故郷にどれだけの罪を犯したと思っている?手を洗っても洗い流せないほどだ。

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

今度は感染者を利用して新しい戦争を起こそうとすらしている、さらに残虐に感染者を痛めつけてもいる、これがウルサスの残虐非道の説明にならないというのなら何になる?

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

畑を燃やし、貯水槽を炭の灰で満たし、村ごと燃やしていった。焼け焦げた死体もそこら中に……故郷は破壊された、残ったのは廃墟だけだ。

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

これが私の知っているウルサス人だ。ウルサス人が戦争を支持していなかったら、こんなことにはならなかっただろう。

二アール
二アール

私の意見ではあるが――あれはウルサス人全体の意思ではない。むしろその反対、邪悪な意識の表れだ。我々はウルサス人には危害を加えない。悪を討つだけだ。

二アール
二アール

ファイヤーウォッチ、私達は今はカジミエーシュの地に居なくとも、お前の言うようなあの惨劇を二度と起こさせはしない。

二アール
二アール

敵がウルサスだからではない。レユニオンは自らをウルサス人として思っているかもしれないし、思っていないかもしれない。だが私たちは他者を傷つけに行くのではない。他者が傷つけられという状況を阻止しに行くんだ。

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

……騎士は私たち遊撃隊を助けてくれたことはないがな。

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

私の隊長と副隊長は何年も援軍を待ち続けていた。でも結局、援軍は来なかった。私たちだけ最後まで戦ってウルサスに飲み込まれて数人しか生き残ることは出来なかった。

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

誰を信じればいい?ウルサス人が実は優しいということを信じれば良いのか?

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

お前たちは騎士は特に……あなたの意思を責めてるわけじゃないんだ、二アール。ウルサスとの戦闘を思い出しただけだ。

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

ウルサスは信用しない、カジミエーシュもだ。

二アール
二アール

――

二アール
二アール

これはカジミエーシュ騎士の過失だ。騎士たちは間違いを正せなかった、カジミエーシュを守ることもできなかった。

二アール
二アール

しかし、今日の私たちは共に戦うことができる、ファイヤーウォッチ。

二アール
二アール

過去の私はあなたを助けることはできなかった。だが、今回は共に戦おう。此度の戦いは我々の祖国のためではない、ウルサスの暴行を阻止するためだ。

二アール
二アール

今回は支援側であろうと私は準備できている。信仰のために戦い、あなたのためにこの身を捧げよう。

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

他人のために死ぬなんて……

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

騎士はみんなあなたのような人じゃない。

二アール
二アール

だが私は騎士とはこうあるべきだと信じている。人のために死ぬのには意味があるからだ。

二アール
二アール

ファイヤーウォッチ殿、この戦いであなたへの謝意を表せていただきたい。

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

……オペレーター二アール。

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

何か私はすべきことはあるだろうか?

二アール
二アール

私達には装置が最大出力になるまでこのエリアを守る必要がある。

4時間前

プレイヤー
プレイヤー

・これが私達の偽装か?
・……
・隠れる方法はもう選んであるのか。

ケルシー
ケルシー

複数の大きな武力衝突の経験から都市への隠密潜入はオペレーターたちの必修課題となった。

アーミヤ
アーミヤ

毎回の状況は違いますが、地形や環境に応じて身を隠すのは変わらず必須ですから。

アーミヤ
アーミヤ

あるときは真っ白な豪雪地、あるときは草原、またあるときは湿地地帯のように……地域に応じて形を変えています。

アーミヤ
アーミヤ

龍門が今いる位置は砂漠と荒野で覆われています。砂塵で足跡を消すのは。一番効果的で効率的な方法でしょう。

プレイヤー
プレイヤー

・これで行けるとは思わないんだが
・これではまだ足りない。
・この戦術に頼り切るのは賢明では無いのでは?

ケルシー
ケルシー

これはただ私たちの足跡を消す方法だ。ロドスは何も考えていないような単純な行動をすることはない。潜入の成功は数々の用意された条件をクリアしてこそ成し遂げられる。

ケルシー
ケルシー

アザゼル診療所からもらった資料がチェルノボーグの見取り図の正確性を確信させてくれた。チェルノボーグの下層構造はすでに十分把握できている。

ケルシー
ケルシー

作戦時間になったら我々はセントラルシティの排水部と基礎部から都市に潜入する。それと同時に餌も必要だ。

ケルシー
ケルシー

餌がなければ獲物は引っかかってこないからな。

プレイヤー
プレイヤー

狩人も一緒にだ。

ケルシー
ケルシー

ふっ……ああ。そうだな。

ケルシー
ケルシー

時間が経つにつれ、いくら拙劣な狩人だろうと獲物と餌の区別がつくようになる。奴らが我々を識別する前に奴らの視界を避けなければいけない。

10:00a.m.

ロドスオペレーター
パイロット

今回の作戦は着陸する必要はないんですよね、教官?

ロドスオペレーター
パイロット

セントラルシティの地盤が斜めになっていますし、レユニオンの装備も見たところ悪くない感じですm術師の数も少なくない、着陸は厄介な事になりそうですよ。

ドーベルマン
ドーベルマン

着陸の必要はない、着陸しそうなふりをしてセントラルシティ上空で旋回するだけでいい。

ドーベルマン
ドーベルマン

戦術小隊もいないんだ、私たち二人が降りても無意味だからな。

ロドスオペレーター
パイロット

確かに、なんで思いつかなかったんだろう。

ドーベルマン
ドーベルマン

……この状況でそれを思いつかないは流石に無いだろう……!

ロドスオペレーター
パイロット

じょ、冗談ですよ、冗談。そう怒らないでくださいよ教官。

ドーベルマン
ドーベルマン

はっ……あの「バッドガイ」のところの慎重すぎるひよっこなんかより、よっぽど率直で単純だな。

ドーベルマン
ドーベルマン

30分前後の飛行だ、問題はないか?

ロドスオペレーター
パイロット

問題ありません!

ドーベルマン
ドーベルマン

できるだけやつらの目を惹きつけろ!廃墟のレユニオンは我々のドローンを知っているが、セントラルシティの連中がそれ知っているかどうかは分からんからな。

ロドスオペレーター
パイロット

安心してください、この「グッドガイ」号はあの「バッドガイ」なんかよりよっぽど目立ちたがり屋ですから!30分間はあいつらの目線を釘付けにしてみせますよ、任せてください教官!

ドーベルマン
ドーベルマン

だが慎重に行け、落とされたりするなよ。

ロドスオペレーター
パイロット

大丈夫ですって教官、アスカロンとブレイズを連れていった時、あれだけ低空飛行をしていたのに落とされたことなんて一度もないんですから!

ドーベルマン
ドーベルマン

……もし落とされたら二度と戻ってこれんぞ……

10:00a.m. セントラルシティ外周

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ん?

レユニオン構成員
レユニオン構成員

空で飛んでるのは……なんだあれ?

レユニオン構成員
レユニオン構成員

飛行物体だと!?敵の新しい兵器か!?どこの国籍マークだ?ええい構うものか、撃て、早く撃て!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

中に何を仕込んでいるかわからないから絶対にここに落とすなよ!

レユニオン術士
レユニオン術士

慌てるな!降りてこようものなら爆撃してやる!俺たちの目の届かないところにいかないようにしてくれれば良い!

ドーベルマン
ドーベルマン

このドローンに安全設備ってあるのか?

ロドスオペレーター
パイロット

高いところが怖いんですか教官?

ドーベルマン
ドーベルマン

……

ドーベルマン
ドーベルマン

少しだけな。

ロドスオペレーター
パイロット

ご安心を!

ロドスオペレーター
パイロット

何か起こったとしても、みなさんが反応する前に落ちて仲良く死体になるだけですからご心配なく!

ドーベルマン
ドーベルマン

それで心配せずにいられるとでも?!

ドーベルマン
ドーベルマン

アーミヤ、こちらは敵の注意力を惹きつけることに成功している。やつらは我々が空挺で何かを仕掛けると思い込んでいるようだ、直ちに作戦を開始しろ!

二アール
二アール

作戦オペレーターに通達!こちらに向かっている敵数人を発見した。おそらく都市からの先遣偵察部隊と思われる!

二アール
二アール

装置は稼働中だ、やつらにこちらの計画を妨害させてはならん。ファイヤーウォッチ殿、援護を頼む!

ファイヤーウォッチ
ファイヤーウォッチ

了解!

この記事を書いた人
おーちゃん

アークナイツのチェンが好きだけどいない(無慈悲)

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました