アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 ストーリー7章6話「忘却の地」後半

流れ出す血。突き刺された身体。引き裂かれた四肢。

プレイヤー
プレイヤー

・間違っている。

味方。敵。人。

呻き。叫び。嘆き。

プレイヤー
プレイヤー

・こんなの間違っている!

・……!

・納得できない。

ケルシー
ケルシー

……

ケルシー
ケルシー

聞きたいことがあるのなら、そう言え。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

ドクター……ローズマリーが戦うところを見るのは初めてですよね?

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

納得できないのは分かりますよ、ですが――

ケルシー
ケルシー

私に任せろ。戦闘能力を失った敵負傷者を診てやってくれ。あと、通信兵も。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

……了解しました。

プレイヤー
プレイヤー

彼女はいくつだ?

ケルシー
ケルシー

14だ。

プレイヤー
プレイヤー

なのに戦闘に行かせるのか……!?

アーミヤ
アーミヤ

みなさん……通してください!

アーミヤ
アーミヤ

……何が起こったんですか?現場の処理を終えたばかりなので……

アーミヤ
アーミヤ

ドクター?

ローズマリー
ローズマリー

…どうしたんですか?

ローズマリー
ローズマリー

ドクター、呼びましたか?

プレイヤー
プレイヤー

誰がお前を戦場に向かわせた?

アーミヤ
アーミヤ

……

プレイヤー
プレイヤー

誰がお前を戦場に向かわせたんだ!

アーミヤ
アーミヤ

ドクター!

プレイヤー
プレイヤー

・こんなひどいことを!

・……恐ろしい……

・これはお前が担うべきことじゃない。

プレイヤー
プレイヤー

……どうしてお前にやらせるんだ?

プレイヤー
プレイヤー

・ケルシー!

・……!

・こんなことしちゃいけない。

ローズマリー
ローズマリー

自分の意思です。

プレイヤー
プレイヤー

・何を言ってるんだ!?

・……

・どういう意味だ……?

ローズマリー
ローズマリー

自分で戦うことを選んだんです。戦いたいんです。

ローズマリー
ローズマリー

戦場でしか見つからない感覚があったから。

ローズマリー
ローズマリー

友だちと家族を守ったときに満足感が得られるから。

ローズマリー
ローズマリー

……ロドスは私を必要としてくれてるんです。

ローズマリー
ローズマリー

私みたいな人生を送るような人を二度と出さないように、この大地が私の名前を呼んでるんです。

プレイヤー
プレイヤー

だとしても、こんなこと……

プレイヤー
プレイヤー

・こんなことしては…

ローズマリー
ローズマリー

死は、子供を見逃してくれますか?

ローズマリー
ローズマリー

戦争も感染も、子供だったら、生きながらえさせてくれるんですか?

ローズマリー
ローズマリー

私とアーミヤさんが戦場に立ってたとき……誰が、どっちが「子供」に見えましたか?

ローズマリー
ローズマリー

ドクター、私たちは「ばけもの」なんですよ?

プレイヤー
プレイヤー

・違う!!

・……

・君がそう思ってるだけだ。

ローズマリー
ローズマリー

ドクター、違うんです。

ローズマリー
ローズマリー

Dr.○○○、そうじゃないんです。

ローズマリー
ローズマリー

自分が何なのかなんて、どうでもいいんです。

ローズマリー
ローズマリー

私はただ家族と一緒に有意義なことをしたいだけなんです。

ローズマリー
ローズマリー

Scoutは知ってますか?

プレイヤー
プレイヤー

・誰だ……?

ローズマリー
ローズマリー

…ではAceさんは?

プレイヤー
プレイヤー

知っている。

ローズマリー
ローズマリー

……私、もう何日も彼らのことを見てないんです。

ローズマリー
ローズマリー

忘れてしまったこともたくさんあります。

ローズマリー
ローズマリー

でも、私は忘れただけ、何もかも失くしたドクターとは違うんです。

アーミヤ
アーミヤ

ローズマリーさん。

ローズマリー
ローズマリー

……あ、そういう意味じゃないですよ。でもわかりますよね、アーミヤさん。

アーミヤ
アーミヤ

……わかりますよ。でも……そんな風には言わないでください。

ローズマリー
ローズマリー

うん……わかった、ごめんなさい。

ローズマリー
ローズマリー

私が失くしたのは細かいものだけ、見てきたたくさんのものとか、聞いてきたたくさん言葉とか。

ローズマリー
ローズマリー

あの感情は、あの……言葉では言い表せないけど、アーミヤさんにしかわからないあの感情は……

ローズマリー
ローズマリー

私から離れたことはないんです。

プレイヤー
プレイヤー

……

ローズマリー
ローズマリー

ドクター……あなたはよくわからない人です。

ローズマリー
ローズマリー

彼らが言う以上にわからないんです。

ローズマリー
ローズマリー

私がよくわからないって言う人もいます。私を見て怖がる人もいれば、私にこんなことするべきじゃないって言う人もいます。

ローズマリー
ローズマリー

でも彼らもどうして私がこんな風なのかは知らないんです、私は感じ取ってるものも知りません。

ローズマリー
ローズマリー

どうしてこんなときに心が痛いのでしょう?どうしてこんなときに泣きたくなるのでしょう?

ローズマリー
ローズマリー

もう何も憶えていないのに……どうして目がまだにじむのでしょう?どうして唇が乾くのでしょう?

ローズマリー
ローズマリー

廊下のあの汚れは誰が付けたのでしょう?どうして拭き取らないのでしょう?どうして花瓶を割ってしまった時は心配になるのに、楽しいって感じるのでしょう?

ローズマリー
ローズマリー

目に入った花がいやになり、虫が気になるのは、どうして?

ローズマリー
ローズマリー

私が忘れたことに、何が起こったの?どうしてこんな感情が湧き出てくるの?

ローズマリー
ローズマリー

オペレーターのみなさんからはそれぞれ違う感覚を感じるんです。

ローズマリー
ローズマリー

みなさんを失ったとき、あの感覚も、当然消えてしまいます。

ローズマリー
ローズマリー

でもどうして……どうして感情なんてものがあるのでしょうね?

ローズマリー
ローズマリー

もう何も感じないのに、どうして涙が出て、止まらないのでしょう?

ローズマリー
ローズマリー

もう全部、忘れたんじゃなかったんでしたっけ?

アーミヤ
アーミヤ

……

アーミヤ
アーミヤ

でもローズマリーさんはその感情を私に取り払ってほしくないんですね。

アーミヤ
アーミヤ

突然湧き出る感情が、どんなものであれ、それはローズマリーさんのものですよ。

アーミヤ
アーミヤ

私は干渉できません。ローズマリーさんの記憶の中にまだ優しい希望がある限り……私は取り出したりしません。

アーミヤ
アーミヤ

何故なら何をするべきかは、ローズマリーさんが決めることですから。忘れることもローズマリーさん自身がそうするべきならば。

アーミヤ
アーミヤ

他人に委ねるのではなく、自分自身で。

プレイヤー
プレイヤー

・ローズマリーに何があったんだ?

・……

・彼女をまだ理解しきれていないんだが。

アーミヤ
アーミヤ

Dr.○○○……戦場に赴いたオペレーターはロドスがひとりひとり厳格に選別した方たちです。

アーミヤ
アーミヤ

たくさんのオペレーターが戦場派遣に申請しましたけど、却下されました。ロドスは様々な角度からそのオペレーターが作戦任務に適合するか判断します。

アーミヤ
アーミヤ

作戦能力、戦術への考慮、規律遵守や身体の素質は参考要素です。でもこれらは表層的な条件に過ぎません。

アーミヤ
アーミヤ

実際の任務では、相手を信頼しきれるかわからないオペレーターがたくさんいます。

アーミヤ
アーミヤ

ローズマリーさんがここにいるのは、彼女が私たちの指揮と目標を信頼しているから、私たちも彼女の能力と判断を信頼しているからなんです。

アーミヤ
アーミヤ

だからドクター、私を、いや、私たちをどうか信じてください……

アーミヤ
アーミヤ

彼女の感情の表情が……ゆっくりと、見えてきますから。

ローズマリー
ローズマリー

……

ローズマリー
ローズマリー

ドクター。ブレイズさんと一緒に戦ってくれてありがとうございます。

プレイヤー
プレイヤー

・どうした?

・……

・礼には及ばないさ。

ローズマリー
ローズマリー

ブレイズさんはもっとみんなと一緒に戦いたいんです。彼女が笑ってるところが見たかった。

ローズマリー
ローズマリー

あなたのことも見てみたかった。AceさんやScoutさんが言っていたあなたがどんな感じなのか、見てみたかった。

ケルシー
ケルシー

ここにいたのか。

プレイヤー
プレイヤー

・君も私を探していたのか。

ケルシー
ケルシー

重苦しい大型機器を使って迅速に敵勢力を殲滅、同時に驚異的な自制力と適応能力にはいつも驚かされる。

ケルシー
ケルシー

ローズマリーはロドスで最も抜きんでた殲滅戦要員の一人だ。

ケルシー
ケルシー

ただ、彼女の接し方やあの話しぶりから彼女を案じてしまうかもしれない。彼女が戦う姿は、その外見からしては、残酷に思ってしまうのは仕方がない。

ケルシー
ケルシー

チェーンソーを振り回して暴れまわるブレイズはまだマシかもしれないが、彼女が放つ破片は、確かに人を不安に感じさせる。

ケルシー
ケルシー

お前が少しでも納得できるのであれば、納得できる話をしよう。納得できればの話だが。

ケルシー
ケルシー

――ローズマリーは敵を殺すことは少ない。見る側かしたらそうでないかもしれないが、彼女の戦術の旨は敵戦闘能力の解除にある。

ケルシー
ケルシー

例えば、先ほどの戦闘で、敵全員の武装解除に成功している。ローズマリーの攻撃で死んだやつはいない。

ケルシー
ケルシー

彼女の武器を操る技量は昔に比べて、だいぶ進歩した。

ケルシー
ケルシー

もちろん、我々が鹵獲した敵が助かるかどうかは、レユニオンを指揮してる頭を潰せるかどうかにかかっている。その時でないと、救援部隊をセントラルシティに送りこめないからだ。

ケルシー
ケルシー

ただ、こちらが致死性の攻撃を与えないと戦術目標を達成できないときは、死傷はま逃れないがな。

ケルシー
ケルシー

……そのしかめっ面は変わらないか。戦闘で浮き彫りになった事態がお前の想像以上に残酷だったからか?

プレイヤー
プレイヤー

・納得できない。

・……

・理解不能だ。

ケルシー
ケルシー

事実もお前の想像以上らしいな。

ケルシー
ケルシー

身の毛もよだつアーツと驚異的な適応能力が、ローズマリーをエリートオペレーターにのし上がらせたわけではない。

ケルシー
ケルシー

私たちは「彼女を戦場に送るべき」だからここに送り込んだのではない、「彼女を戦士にしなければ結末は見るに堪えない」からここに送り込んだのだ。

プレイヤー
プレイヤー

どういう結末だ?

ケルシー
ケルシー

真面目に話そう。彼女の身体からにじみ出るアーツが無意識にあるいは意識的に命の殺戮を起こす可能性があるからだ。

ケルシー
ケルシー

人類が互いを殺し合うことはもはや常識だ、この大地で頻繁に起こっていても、大多数の人間は理性を以て自分で兵器やアーツの杖を手に持っている。

ケルシー
ケルシー

自我を失った人が、人であるのかどうかなど今は興味ない。だが人類がこの問題の先に直面しているのは事実だ。

ケルシー
ケルシー

「人から自我を奪ったら何が残り、また何が生まれるのか?」

ケルシー
ケルシー

「それが殺人を犯したとき、その罪は誰にあるのか?」

ケルシー
ケルシー

武器を作った人か?武器を握っていた人か?あるいは武器として利用された人か?

プレイヤー
プレイヤー

・また謎かけか。

・……

・それは自分で見つける。

ケルシー
ケルシー

この戦いの続きで、お前に説明すべきことが色々出てきそうだ。

ケルシー
ケルシー

ついでだ、年齢のことについても言っておこう。

ケルシー
ケルシー

アーミヤが大人を装ってることはお前に誤解を生んでるかもしれない。私にはどうでも良いことだが。

ケルシー
ケルシー

恐ろしい兵器として扱われる幼い命が、幼稚だからと言って、普通の子供としてみられることはない。

ケルシー
ケルシー

――ましてや彼女はあまりに多くを経験してしまった。

ケルシー
ケルシー

……自分の装備を整えろ。まもなく地上に向けて出発する。

プレイヤー
プレイヤー

・ではアーミヤは?彼女も兵器だというのか?

ケルシー
ケルシー

……彼女に聞けばいいだろう。

ケルシー
ケルシー

それと、そろそろ彼女からお前に伝えるべきだ。

ワルファリン
ワルファリン

ケルシー!待て!

ケルシー
ケルシー

ワルファリンか。もうすぐ出発する、言いたいことがあるなら、簡潔にしてくれ。

ワルファリン
ワルファリン

あの預言は知っておるな?いや、そなたが知らぬことはない、知ってるはずだ。

ケルシー
ケルシー

預言?

ワルファリン
ワルファリン

これが原因でアーミヤを向かわせたのか?

ケルシー
ケルシー

アーミヤは今回の作戦の総指揮官と発起人だ、行かせて当然だろう。

ワルファリン
ワルファリン

まだあんな小さな年齢で、総指揮なんぞできるわけ――

ケルシー
ケルシー

ワルファリン、私たちがカズデルから離れてどれぐらい経った?

ワルファリン
ワルファリン

……

ケルシー
ケルシー

言ってくれないのなら、私は行くぞ。

ワルファリン
ワルファリン

……二か月?

ケルシー
ケルシー

ワルファリン……冗談はよせ。

ワルファリン
ワルファリン

言いたいことはわかっておる。彼女は成長した。

ケルシー
ケルシー

そうだな、ワルファリン。光陰矢の如しだ。

ケルシー
ケルシー

コータス人の生理変化とブラッドブルードの生理変化には信じられないほどの差がある。私たちがカズデルから離れて、もう三年だ。

ケルシー
ケルシー

お前の時間は少ししか経ってないかもしれないが、アーミヤは大きく成長した。

ワルファリン
ワルファリン

先に妾の問いに応えろ。預言は知っておるな?

ケルシー
ケルシー

……「最後のウェンディゴは魔王の手中に死す」か?

ワルファリン
ワルファリン

それだ。あの遊撃隊とそのボスは知っている。彼で間違いない。

ケルシー
ケルシー

預言の全文は「フルティクスの子、サルカズの反逆者とその血脈の名誉無き者はサルカズの君主の手によって罰せられる」だ。

ケルシー
ケルシー

あれは預言とは呼べない。彼らの「血脈」が続いたとしても、依然とたくさんのウェンディゴはサルカズやコロンビアで生活している。

ケルシー
ケルシー

…その数十の支族を「たくさん」に入れてるのをお前が流してくれるのであればな。

ケルシー
ケルシー

それと、当時の言語統一の際のものは脅迫と見なしたほうがよかったかもしれない。ウェンディゴがカズデルを離れてほしくない人が大勢いたからだ。

ワルファリン
ワルファリン

最初にこの言葉を言い出したのは妾でもそなたでもない、そなたも憶えているのであれば、とても重要なことだと認識しているということだ、違うか?

ケルシー
ケルシー

年を重ねたな、いつから「預言」などというサルカズ呪術の戯言を信じるようになったんだ?

ワルファリン
ワルファリン

――年だと?そ、そなたが言うことか!?

ケルシー
ケルシー

私は鉱石病に感染している、死は常に隣り合わせだ、時が来るのを待つだけでいい。ワルファリン、私の命はお前が想像するよりもはるかに短い。

ワルファリン
ワルファリン

ああもう!

ワルファリン
ワルファリン

こうも重々しく言う話題か?妾はクロージャのような小娘ではない、軽く話題を流すようなことは妾にはできないのだぞ。

ケルシー
ケルシー

君が重々しく言い出したからじゃないか。

ワルファリン
ワルファリン

……とにかくだ。

ワルファリン
ワルファリン

ケルシー、よく聞け。ほかの人はそなたに言わないかもしれないが、妾ははっきり言うぞ。

ワルファリン
ワルファリン

彼は妾の支族の最後の数人の一人だ。妾は慈善家でも、お人よしでもないが……妾たちはサルカズ人だ。

ワルファリン
ワルファリン

妾がブラッドブルードでも、あの爺さんがウェンディゴでも、同じサルカズ人だ。

ワルファリン
ワルファリン

……サルカズ人がこの大地で受けた迫害はもうさんざんだ。できれば、彼をカズデルに帰してやりたい、ここに連れてきてもいい。

ケルシー
ケルシー

――

ケルシー
ケルシー

私は違う。ワルファリン、私はサルカズ人ではない。

ワルファリン
ワルファリン

だから許可は下りないと?

ケルシー
ケルシー

いや……

ケルシー
ケルシー

最善は尽くそう。

ケルシー
ケルシー

……彼のことは憶えているよ、ワルファリン。

ワルファリン
ワルファリン

そなたの頷きがあればもう憂うことはない。

ケルシー
ケルシー

ことが順調に進むこととは限らない、期待するな。

ワルファリン
ワルファリン

だが今回はそなたが動いてくれる。Dr.ケルシーがやったことなら、どのような結果であれ、妾は受け入れよう。

ケルシー
ケルシー

君はまだ情報を得ていないかもしれないが、この提案は遅すぎた。不幸な出来事がもうすでに起こってしまった。

ケルシー
ケルシー

少し前にチェルノボーグの感染者診療所の「アザゼル」が我々と情報交換をした。

彼がレユニオンに尽くしているという情報だけではない。

ケルシー
ケルシー

それと、彼と交戦するのならウルサスの最も暴虐な刃にこびり付いた味が汗の味なのかそれとも血が錆びた味なのか知ることにもなる。

ケルシー
ケルシー

ロドスの人員をあえて危険にさらそうとする人はひとりもいない。

ワルファリン
ワルファリン

患者の命の限界は、その主治医によって決まることだ。事在人為、ことが成るか成らないかは人の努力によって決まるものだ。

ケルシー
ケルシー

….事在人為か。

ケルシー
ケルシー

前にも注意したが、君はまた忘れたのかもしれない。

ケルシー
ケルシー

それで君を罰したりはしない、不安分子の排除は正しいだろう。

ケルシー
ケルシー

私は恐れているのではない、ワルファリン。約束したはずだ。

ケルシー
ケルシー

「いかなる時でも――たとえロドスであっても――“魔王”の二文字を語るな」。

ケルシー
ケルシー

決してだ。

アーミヤ
アーミヤ

停止。

アーミヤ
アーミヤ

全員、休め!

アーミヤ
アーミヤ

ローズマリーさん……思い違いでしょうか?

ローズマリー
ローズマリー

ううん、私も感じました。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、想定外の事態です。

プレイヤー
プレイヤー

何が起きたんだ?

アーミヤ
アーミヤ

確かではないです、ただ……

アーミヤ
アーミヤ

セントラルシティが……速度を落とした?

この記事を書いた人
おーちゃん

アークナイツのチェンが好きだけどいない(無慈悲)

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました