アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 ストーリー7章20話「??:??:??」

コシチェイ
コシチェイ

この子を君に返してやってもいい、ウェイ。

ウェイ
ウェイ

――

ウェイ
ウェイ

やめろ!

ウェイ
ウェイ

……その子に手を出すな。

コシチェイ
コシチェイ

ああ。お前ほどの人斬りが相手だ、本当に苦労した。

コシチェイ
コシチェイ

もちろんこの子は返してやってもいい……だがこの子に付けてある手錠は龍門の半分を吹き飛ばしてしまうことになるぞ。

ウェイ
ウェイ

貴様……

コシチェイ
コシチェイ

ウェイ、これはかつてお前がやっていた方法だ、お前が私を龍門から追放させた方法だ。

コシチェイ
コシチェイ

そして今、私たちの立場は逆転した。今度は私が客人となり、こちらが一服盛る番だ。

ウェイ
ウェイ

コシチェイ。貴様は私の兄弟を殺した。

コシチェイ
コシチェイ

違う、違うぞ、ウェイ。お前が自分の兄弟を殺したんだ。

コシチェイ
コシチェイ

私の存在はさして重要ではない。お前の兄弟の悲劇は、もしかしすれば一匹の一角獣の密令から、あるいは真龍の憤怒から来ているのかもしれない、だが情報を漏らしたのが私なのかどうかは、そう、重要ではない。

コシチェイ
コシチェイ

重要なのは、ウェイ、唯一正しい真実は――お前がその手に持つ赤霄剣で、自ら自分の兄弟を殺したことだ。自らだ。

コシチェイ
コシチェイ

斬龍の剣か?お前たちが鋳造したその剣は、同類を殺すためにあるだけだ。

ウェイ
ウェイ

よくもベラベラと減らず口を。

コシチェイ
コシチェイ

よし。ではお前に選ばせてやろう。

コシチェイ
コシチェイ

選びたまえ。私を殺して姪を取り戻し、この街を滅ぼすか、私たちを何事もなくこの街から出すか。

ウェイ
ウェイ

――

コシチェイ
コシチェイ

剣は仕舞いたまえ。君ならどうなるかはわかるはずだろう。

ウェイ
ウェイ

(歯をきしむ音)

コシチェイ
コシチェイ

落ち着きたまえ、ウェイ。お前に選択肢を与えてやったんだ。選ばないのなら、私も、お前も、お前の市民たちも、それとこの愛らしい姉妹たちも、みんな死ぬ。

ウェイ
ウェイ

何を企んでいる?

コシチェイ
コシチェイ

ウェイ、ウェイよ……わかるぞ、とてもよくわかる。

コシチェイ
コシチェイ

お前は常にどちらかを選べた、違うか?

コシチェイ
コシチェイ

お前の大事な市民たちが、自分たちの命を天秤に置かれ、もう一方は名も知らぬ幼い龍を置かれて量られていると知ったら、彼らは何を思うだろうか?

コシチェイ
コシチェイ

私にこの子を傷つける理由がないことも加味してもだ。

ウェイ
ウェイ

……私が貴様をこの街に足を踏み入れることを許してしまった以上、貴様を再びこの街から出す理由はない。

???
チェン

タルちゃん!

コシチェイ
コシチェイ

本当にそう思っているのか?

ウェイ
ウェイ

……

ウェイ
ウェイ

私自ら貴様を殺す。

コシチェイ
コシチェイ

いいや、その必要ない。

コシチェイ
コシチェイ

私は相応しい人の手によって死のう。

コシチェイ
コシチェイ

そうだな、私がこの子に手錠をかける前に、この子を助けることはできるぞ。

コシチェイ
コシチェイ

だがお前は私を防ごうとする、私に勝とうとしている、私を倒し、私を滅ぼそうとする……私が何をするか知ろうとしている。

コシチェイ
コシチェイ

ウェイ、お前は私を恐れている、違うか?

タルラ
タルラ

来た。

タルラ
タルラ

彼女がやってきた。

タルラ
タルラ

この手で彼女を殺してやろう。

???
???

赦罪師、答えよ。

???
???

レユニオンの首領と、結盟する価値はあるのか?

聴罪師
聴罪師

ご自分がよく存じてる以上私に問う意味などありましょうか、摂政王殿下?

聴罪師
聴罪師

経験も、背景も、資本も持たぬ若者に、己の力のみでウルサスの重要都市を奪えることなど出来はしないでしょう。

聴罪師
聴罪師

非感染者である統治者たちは、彼女の行為のロジックをはっきりと分かっていません。

聴罪師
聴罪師

彼らは恐怖を抱き、過激に反応し、破壊的行為を用いて混乱な局面を解決しようと試みるのです――感染者がもたらした混乱の局面を。

聴罪師
聴罪師

我らサルカズにとってこの上なく身に染みることでございましょう。

摂政王
摂政王

では彼女とここに残った隊は、お前はどう考える?

聴罪師
聴罪師

見込みはありません、殿下、殿下が予見したように、なんの見込みもございません。彼らは正規な軍ではございませんゆえ、我らに必要なのは十分な暴力で事足ります。

摂政王
摂政王

彼らを取り除いてもタルラの力を弱めることはできない。我々には彼女を滅ぼす機会が一つ少ないのだ。

聴罪師
聴罪師

その通りでございます、殿下。彼女がもたらした局面、彼女が局面を動かすための力は、まさに彼女がただの感染者を率いる頭領ではない証明でございます、あるいは彼女は王冠を引き継ぐ継承者なのかもしれません。

聴罪師
聴罪師

ですが、彼女は陰謀家でございます。

摂政王
摂政王

だとしても、私にはサルカズ全体の呼応が必要だ。

聴罪師
聴罪師

では、いい知らせが二つございます。一つは、「魔王」の捜索に、目途がつくこと。

聴罪師
聴罪師

ロドスは一度たりとも手放してはおりませんでした。

摂政王
摂政王

それでは間に合わん。すぐ彼女に始めてもらわなければならん。

聴罪師
聴罪師

どうか怒りをお鎮めになって、私に二つめのよい知らせを言わせてくださいませ。

聴罪師
聴罪師

「彼女」はすでに準備を完了しております。

摂政王
摂政王

これこそが我らが持つべき力。

摂政王
摂政王

サルカズの正統なる王は、どこぞのいかなる名も知れぬ継承者よりも強い。

タイトルとURLをコピーしました