アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 ヴォルモンドの黄昏 TW-1「沈黙は金なり」前半

2:10P.M. 天気/晴れ

リターニア移動都市ヴォルモンド、かつて商業都市として栄えていたこの町も今では人の影すらまばらである。

町内議事庁

町民代表
町民代表

チェフェリン・ホーソーン長官、先ほどまでどこに行かれていた?

町民代表
町民代表

君が不在の決議会で、我々にどうやって決めごとをしろと?

チェフェリン
チェフェリン

……お前たちが私の息子の運命を決めたときの場に、私はそこにいたか?

町民代表
町民代表

ぐっ……その件だが、もしかしてタジャーナがすでに……

チェフェリン
チェフェリン

ああ、教えてもらった。タジャーナからな。だが今はお前たちがやろうとしていることに注意しに来た。

チェフェリン
チェフェリン

現状はどうなっている?

町民代表
町民代表

……感染者たちは依然抗議をしている、新しくコミュニティに入ろうとする感染者の排斥も始まっているな。

チェフェリン
チェフェリン

彼らの要求はなんだ?

町民代表
町民代表

彼らは……彼らはあの火災は誰かが「わざと」企んだと言っている、アント医師と亡くなった感染者の説明も求めている。

チェフェリン
チェフェリン

……わざと、説明を求めている、か、何者かが彼らを煽動しているかもしれん。彼らは感染者だが、ほとんどはヴォルモンドのかつての住民だ、そんな下劣で人に濡れ衣を着せるやり方はするはずがない。

チェフェリン
チェフェリン

彼らとあの武装した不審者との接触は?

町民代表
町民代表

……今のところはまだだ。

町民代表
町民代表

だが、だがあの不審者どもはずっと村の周辺を徘徊している、やつらが抗議者たちに影響を及ぼすかが心配だ。

町民代表
町民代表

待て、見張り所から連絡が――

チェフェリン
チェフェリン

どうぞ。

町民代表
町民代表

……二人?感染者か?

町民代表
町民代表

ロドスと名乗っている?確かその名は――

チェフェリン
チェフェリン

……アント医師が所属している企業だ、はぁ、とうとう来てしまったか。

町民代表
町民代表

ど、どうすればいい?

チェフェリン
チェフェリン

アント先生は尊敬に値する感染者だ、おそらくはアント先生の行方を調査しに来たんだろう、彼らには真相を知る権利がある。

チェフェリン
チェフェリン

入ってもらえ。

町民代表
町民代表

……聞こえただろ、長官の言う通りに。

町民代表
町民代表

ふぅ、しかしこれで本当に問題はないだろうな?ロドスが俺達に責任を追及してきたら、ヴォルモンドの顔に泥が塗られてしまうんだぞ!

チェフェリン
チェフェリン

……だからなんだ?

チェフェリン
チェフェリン

なら彼らを拒むのか?それとも騙すのか?彼らにアント先生は鉱石病感染者を連れて遠くへ行かれたとでも言うのか?

町民代表
町民代表

隠しきれないのは分かっている、だがこの事件は君の一存でどうこうできるものではない、万が一にも備えておかなくてはならない。

チェフェリン
チェフェリン

真相は誰であろうと決定できない、だが……まあいい、お前たちの好きにしろ。私は先に失礼する。

町民代表
町民代表

失礼する?またどこへ行くつもりだ?

チェフェリン
チェフェリン

……問題を解決しに行く。

チェフェリン
チェフェリン

私の管轄はこの町がちゃんと正規航路に戻すことだ、決議の進行は……お前たちのおままごとに、興味はない。

町民代表
町民代表

待てよ!おい!

町民代表
町民代表

君のつらい気持ちはよくわかる、俺達が良からぬことを沢山してきたこともよく分かっている、だがほかに方法が無かったんだ!

チェフェリン
チェフェリン

方法がないのは私もわかっている、私がお前たちとまだ落ち着いて話せる理由がこれだ。

チェフェリン
チェフェリン

ロドスのことは任せる、そっちのほうが得意だろ。私は町のほかの通りの状況を見てくる。

チェフェリン
チェフェリン

では。

町民代表
町民代表

チェフェリン!チェフェリン・ホーソーン!今の君はここの長官なんだぞ!ほっつき歩くな――

町民代表
町民代表

チッ――いつもこうだよ――

町民代表
町民代表

――はあぁ。

町民代表
町民代表

まあいい、どいつもこいつも哀れなやつってことさ。タジャーナも、チェフェリンも、トールも。

町民代表
町民代表

さっさとここを片付けろ、ロドスの人が間もなくここに来るぞ。

スズラン
スズラン

ヴォルモンドとは、第八の月を意味する、周囲の七つの町と共同してリターニア西部の煌びやかな商業集落を形成している――

スズラン
スズラン

と本に書かれています。

フォリニック
フォリニック

でも目の前の景色とその「商業集落」がまったく一致してないんだけど。

スズラン
スズラン

「大峡谷」の事件が原因ですかね?

フォリニック
フォリニック

そうね。あの規模の天災はめったに起こらない、活性オリジニウムが露出した岩壁、数千メートル以上の深さ、うわぁ、思い出しただけでゾッとする。

スズラン
スズラン

でもフォリニックお姉さん……あの時砲弾を一発そこに投げ捨てたらどうなるかすごく気になるって……

フォリニック
フォリニック

いいえ、あれは活性オリジニウムに対しての研究精神の現れよ、でももしかすると、本当にあの高地を丸ごと二分割にできたかもしれないわよ?

フォリニック
フォリニック

私たちはなんとか回り込んで到着できたけど、この町は動くにも動けないでしょうね。

???
町民

こんな時に旅客?変な恰好だな、危ないやつらなんじゃないか?

???
町民

見てあの尻尾、あ、彼女の肩に結晶があるわ、感染者よね?

???
町民

でもあの格好、どっかで見たことがある……よう……な?

スズラン
スズラン

……フォ、フォリニックお姉さん、堂々と町を歩いて本当に大丈夫なんですか?

フォリニック
フォリニック

オリジニウムアーツを普及してきたリターニアではほかでは見られない特色を二点もたらしてきた、音楽と芸術の繁栄、それと、感染者への寛容な態度よ。

フォリニック
フォリニック

移動やその他諸々の自由は制限されてしまうけれど、でも自分が生きていきたいと思ったときに、それらの代償を払えば生活できる権利を勝ち取れるのよ。

スズラン
スズラン

……代償?

フォリニック
フォリニック

払う価値がある代償のことね。

フォリニック
フォリニック

町の中心から離れたとしても、衝突と小競り合いは消えない、でもヴォルモンドはそれでも変わらず感染者に居住の町を与えた……少なくとも彼女は私にこう教えてくれた――

フォリニック
フォリニック

――あ、誰か来た。

チェフェリン
チェフェリン

……ん?

スズラン
スズラン

(あれ?あのおじさんの服装……)

フォリニック
フォリニック

(ヴォルモンドの憲兵かしら?道を尋ねてみたらどうかしら?)

スズラン
スズラン

(こっちに向かってきてますよ、私たちをお迎えしに来たんでしょうか?)

フォリニック
フォリニック

(さあ……)

スズラン
スズラン

(あ、タバコを付けましたよ。)

スズラン
スズラン

(ライターをポケットに戻して、タバコの持ち手を変えて、また持ち手を変えて――)

スズラン
スズラン

(――こちらを見向きもせずに行ってしまいました!フォリニックお姉さん!)

フォリニック
フォリニック

あの――!

チェフェリン
チェフェリン

ん。

フォリニック
フォリニック

こんにちは、あの私たちは――

チェフェリン
チェフェリン

あぁ、ロドスの、だよな?

チェフェリン
チェフェリン

政府議事庁はすぐそこだよ、一番高い塔の下、見えるかい、迎えがそこで君たちを待っているから。

フォリニック
フォリニック

えっ、ありがとうございます、あのどちら様か伺っても……?

チェフェリン
チェフェリン

私か?すまないが仕事終わりなんだ。

フォリニック
フォリニック

えっと、はい?

チェフェリン
チェフェリン

仕事終わり、仕事以外で人と話を交わすのはあまり好きじゃないんだ……それにまだ急用があるんでね。

チェフェリン
チェフェリン

それじゃ、また。

(チェフェリンが去っていく足音)

フォリニック
フォリニック

……行っちゃった。

スズラン
スズラン

ちょっと失礼ですけど、でもあのおじさん何か考え事があるみたいです……

フォリニック
フォリニック

ったく……こっちだって疲れてるのよ!

フォリニック
フォリニック

でもちょうど道は教えてくれたし、やっぱり先に現地の人たちに聞いて――

(タジャーナが駆け寄ってくる足音)

タジャーナ
タジャーナ

長官!ここにいましたか!

タジャーナ
タジャーナ

感染者たちがまた抗議し始めました、ほかの憲兵はすでに向かわれています、でも現場はあなたの指揮が必要で――

タジャーナ
タジャーナ

あ!またタバコを吸われて!店長たちにまた何か言われたんですね?ちゃんと見た目は保ってください、でないと住民たちに示しがつかない――

タジャーナ
タジャーナ

――うん?どうされました?

チェフェリン
チェフェリン

……

フォリニック
フォリニック

……

スズラン
スズラン

……長官って、言いましたよね?

タジャーナ
タジャーナ

どうされましたか、長官?

チェフェリン
チェフェリン

……なんでもない。お前はずっと職に誇りを持っているんだな。大したもんだ。

タジャーナ
タジャーナ

え?お褒めいただきありがとうございます――

タジャーナ
タジャーナ

あ、そちらのお二方、服装を見るに現地の方ではないですね?もしかしてロドスのお医者様ですか?

フォリニック
フォリニック

え?あ、はいそうです。ロドスから来た医者です。私はフォリニックと申します、こちらはスズラン。

スズラン
スズラン

(お医者さん?)

フォリニック
フォリニック

(私たちも一応……ほら医者でしょ?)

スズラン
スズラン

(私もそうなんですか?)

フォリニック
フォリニック

(私は医療部門の正式オペレーター。リサちゃんは……ケルシー先生の下で習ってる研修医かな、たぶん。)

タジャーナ
タジャーナ

そうでしたか……あ!お二人は議事庁に行かれる途中でしたよね?私の勝手でお二方の足を止めてしまって、申し訳ありません!

タジャーナ
タジャーナ

本来であれば長官がお二人をお迎えするはずでしたが、でもドデカフォニー通りは長官の助けが必要ですし……

タジャーナ
タジャーナ

えっと……

フォリニック
フォリニック

いえ、実は彼は――

チェフェリン
チェフェリン

おほん!よし、ではタジャーナ、彼女らの案内を頼む、私は先に感染者たちの様子を見に行く。

チェフェリン
チェフェリン

お二方。

フォリニック
フォリニック

――なんですか?

チェフェリン
チェフェリン

あなた方の目的はわかっている、だが今は状況が状況なんだ。

チェフェリン
チェフェリン

ヴォルモンドの現状はご存じで?

フォリニック
フォリニック

大峡谷ですよね。

チェフェリン
チェフェリン

……うむ、話が早くて助かる。

チェフェリン
チェフェリン

現状感染者住民の反発がかつてないほどに激烈なんだ、巻き込まれたくなければ、ドデカフォニー通りには近づかないほうがいい。

フォリニック
フォリニック

私たちは感染者対策の専門家でもあります。

チェフェリン
チェフェリン

承知している、御社のアント先生にはお世話になっている。

フォリニック
フォリニック

では存じ上げてるのでしたら、助けにはなれます。

チェフェリン
チェフェリン

必要はない。

フォリニック
フォリニック

……では、アントはここで何をやっているのですか?

タジャーナ
タジャーナ

あ……

チェフェリン
チェフェリン

……今彼女は村にはいない。

フォリニック
フォリニック

ではどちらへ?

チェフェリン
チェフェリン

彼女は――

???
町民

ま、まずい!おっぱじめたぞ!

???
町民

あ、あの感染者たち武器を持っているぞ!どういうことだ?

???
町民

刀、刀も持っているぞ!?死人が出るんじゃないのか?

タジャーナ
タジャーナ

長官!

チェフェリン
チェフェリン

……わかっている。

チェフェリン
チェフェリン

感染者対策の専門家、なんだな?

チェフェリン
チェフェリン

ついてきてくれ。

この記事を書いた人
おーちゃん

アークナイツのチェンが好きだけどいない(無慈悲)

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました