アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 ヴォルモンドの黄昏 TW-3「高塔の煙火」前半

スズラン
スズラン

こ……これは……

フォリニック
フォリニック

……

フォリニック
フォリニック

ロドスの物資箱で間違いないわね、番号と、日時が書いてある。

フォリニック
フォリニック

……前回の定期連絡の時に、私自ら送った……

フォリニック
フォリニック

……

スズラン
スズラン

フォリニックお姉さん……

フォリニック
フォリニック

火災はどのように起こったんですか?

タジャーナ
タジャーナ

事故――と本来はそう決定づけられていました、しかし……

タジャーナ
タジャーナ

しかしここに明らかにアーツの痕跡が残っています、アント先生はすごく真面目な人でしたから、危険な可燃物を置いてくはずがありません。

タジャーナ
タジャーナ

私たちでも明らかな発火原因は見つけられませんでした、テントの金属ポールも融けてました、死体すらも……

タジャーナ
タジャーナ

あ……

フォリニック
フォリニック

……大丈夫、続けてください。

タジャーナ
タジャーナ

遺体の状況分析の結果、被害者たちはほとんどテントから離れることができませんでした、足掻いてた痕跡もありません、おそらくは一瞬だったのでしょう。

タジャーナ
タジャーナ

私はアント先生や患者たちが普通の火災で簡単にやられるなんて思っていません……アーツによるものを、除いては、炎は一般のものとは違って、おそらくはある手段に頼って瞬時に高温に達したものかと……

フォリニック
フォリニック

――ここに感染者は何名いましたか?

タジャーナ
タジャーナ

え?あ……町の感染者は三名です、ケヴィン、ヴィットマン、エックハルト、彼らはここで治療を受けていました、それと……

フォリニック
フォリニック

……

タジャーナ
タジャーナ

それと……トール、トールヴァルトも。

タジャーナ
タジャーナ

彼は長官の一人息子で、私の昔からの友人でした……彼は感染者ではありません、ただ手伝いしに来ただけなんです、善意による。

スズラン
スズラン

……タジャーナさん、つらいのでしたら、吐き出したほうがスッキリしますよ。

タジャーナ
タジャーナ

え?

スズラン
スズラン

私感じるんです、ここには悲しみに満ちています。

スズラン
スズラン

ここには……ここにはたくさんの悔しさ、楽しさ、苦しみがありました、でも今はどれも消えてしまっています。

タジャーナ
タジャーナ

それって……それも何かのアーツなんですか?

スズラン
スズラン

いいえ――ただたくさんこれらの感情を見てきただけです、皆さん自分の思いを隠したがっていますけど、良くないですよ。

スズラン
スズラン

私の思い過ぎなのかもしれません、でも、自分に無理をしてしまったら、周りの人に心配されちゃいますよ?

スズラン
スズラン

泣いてもいいんですよ、誰だって同じ気持ちですから。

タジャーナ
タジャーナ

うん、ありがとうございます、私自身もわかっているんです、でも今はまだ……気を緩めてはいけませんから。

スズラン
スズラン

うん――

フォリニック
フォリニック

……わ、私を見ないでよ、わかってるよ、心配しないでリサ。

スズラン
スズラン

うん!

フォリニック
フォリニック

えっと……その、ごめんなさい!

タジャーナ
タジャーナ

へ?どうしたんですかいきなり……?

フォリニック
フォリニック

……私はロドスから出発するときに覚悟はしていました、アントはとてもまじめな人だから、時間もいつもきっちり守っていた。

フォリニック
フォリニック

オペレーターと音信不通になることが何を意味するのか分からなかったわけじゃない、ロドスは今までこういった別れを何度も何度も経験してきた、私はただ信じたくなかっただけ。

フォリニック
フォリニック

ふぅ……つまり、その、さっきは気持ちを抑えれなかった、本当にごめんなさい。

フォリニック
フォリニック

この謀殺で何かを失ったのは、ロドスだけじゃありませんもんね。

タジャーナ
タジャーナ

……八体の遺体は全てチェフェリン長官に持っていかれました。

タジャーナ
タジャーナ

町には感染者処理の専門家がいませんので、彼らを埋めてあげることしかできません……

タジャーナ
タジャーナ

彼はヴォルモンドと共にいることができないんです、彼らは町の外にある廃土に埋められます、ヴォルモンドがここを離れれば、永遠に故郷を失ってしまう。

タジャーナ
タジャーナ

本来、私たちの伝統に則れば……少なくともこうはしなくていいんです……

スズラン
スズラン

そういうことなら……よく見かけます。

フォリニック
フォリニック

八体の遺体?

タジャーナ
タジャーナ

八体です、さきほど話した五人以外は、おそらくここで治療を受けていた流浪人かと思われます……

タジャーナ
タジャーナ

大峡谷が崩壊する時、ヴォルモンドは完全に退避することができませんでした、そのため周辺の多くの商人や、旅人も天災に巻き込まれてしまいました。

タジャーナ
タジャーナ

その後、ヴォルモンドの状況が日を追うごとに悪化してたとしても、廃土を辛うじて進むこの町の後を追いことしか、彼らには方法がなかったんです。

タジャーナ
タジャーナ

その間、難民の集団も変化していきました……けどアント先生はみんな同じように扱ってくれました、彼女は助けを求めている人に限りなく手を差し伸べくれてたんです。

フォリニック
フォリニック

だから、非感染者が一名、感染者が七名というわけですね……

フォリニック
フォリニック

感染者の遺体はどうしたんですか?バイタルが停止した数分から数時間内、体内オリジニウム融合率の割合次第で、二次拡散の恐れがあります、専門的な処理をしなければすごく危険です。

タジャーナ
タジャーナ

あっ、その、チェフェリン長官は感染状態が比較的軽いと判断し、高温で瞬時に遺体を焼却したため、危険はないと……

フォリニック
フォリニック

……専門人員がいないと言ったはずなのでは?

タジャーナ
タジャーナ

えっと、チェフェリン長官はご自身の経験で判断してただけで、十分に把握しきれていないと言っていました……

フォリニック
フォリニック

経験……どういう仕事をしたら感染者の遺体処理を経験できるの……

フォリニック
フォリニック

でも、そうね、肉親が亡くなっても冷静に保たれるのなら、彼は上っ面だけの男ではないということね。

フォリニック
フォリニック

戻って各感染者の遺体を検査したいです……アントにも会いたい。

タジャーナ
タジャーナ

もちろん大丈夫ですよ、私が長官に説明しておきます、でもほとんどの遺体がかなり炭化しており、私たちでは判別できません……

フォリニック
フォリニック

大丈夫です――

スズラン
スズラン

あ――!

フォリニック
フォリニック

リサ?

スズラン
スズラン

このタグは……

フォリニック
フォリニック

あ……アントのIDカードね、焼かれていなかったなんて……

フォリニック
フォリニック

……そうだったわね。

フォリニック
フォリニック

彼女は仕事の時、いつもカードが邪魔だって文句を言ってた。おかしいな話よね?ほかのみんなは首に掛けているのに、一体何が邪魔だっていうのよ……

フォリニック
フォリニック

行きましょ、彼女に……彼女に会いたい。

(爆発音)

フォリニック
フォリニック

爆発音――?

タジャーナ
タジャーナ

町の――町の方角です!

スズラン
スズラン

フォ、フォリニックお姉さん!誰かが近づいてきます!

武装感染者
武装感染者

……ん?

武装感染者
武装感染者

あ、そのロゴは……ロドス……?いつの間に……

フォリニック
フォリニック

その装い……普通の感染者ではないようですね。

フォリニック
フォリニック

リターニア人?それとも前に話していたサルカズ人ですか?

タジャーナ
タジャーナ

……彼らは身元不明のサルカズ人をリーダーとした、ここ最近町の周辺に出現するようになった感染者の武装集団です、現地の多くの感染者も接収されてしまいました……

タジャーナ
タジャーナ

自称――「マドロック小隊」です。

この記事を書いた人
おーちゃん

アークナイツのチェンが好きだけどいない(無慈悲)

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました