アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 ヴォルモンドの黄昏 TW-8「沈みゆく月光」前半

(爆発音)

住民
住民

タジャーナ!最後の「蓄音機」が破壊された!もうあの巨人たちの対抗手段がないぞ!

町民代表
町民

おい!暴徒たちが家を焼き始めたぞ!クソ、あいつら……火がどんどん広がってる!

町民代表
町民

おい、タジャーナ、チェフェリンはどうした!こんな肝心なときに、どこにいるんだ!?

タジャーナ
タジャーナ

チェフェリン長官は……ケガをされて、休んでいます……

住民
住民

こんなときにまだ休んでいるの!?私達が命を冒してまで――

町民代表
町民

黙れ!今は内輪もめしてる場合じゃないだろ、こっちが劣勢なのが見えないのか!

住民
住民

あなたのアーツが使い物にならないからでしょ!?このやくたたず!

タジャーナ
タジャーナ

け、ケンカはやめてください!各自の管轄区域を制御してください、防御性アーツで必ず各区域を――

町民代表
町民

東だ!東の術師が倒れたぞ!はやく誰か代われ!

(爆発音)

タジャーナ
タジャーナ

あぶない――!

住民
住民

火――!火が燃え移ってきたわ!

町民代表
町民

た――助けてくれえええ――ああ――!

住民
住民

は、はやく消火して!火を消せる術師はいないの!!

町民代表
町民

たすけ――い、いてええ――!

町民代表
町民

タジャーナ――た――すけ――

タジャーナ
タジャーナ

あ……あぁ……

先ほどまではっきりと話していた言葉はすぐさま惨叫に遮られた。
焼きこげた皮膚のにおいは、どんな悪趣味なイタズラよりもおぞましい。
炎に包まれた人は徐々にその形を失っていき、黒い影のような人の形をしたものしか残らなかった……
黒こげの皮膚と血、口を大きく開けたさまは――
痛い、苦しい、助けてくれと私に訴えているようだった。
でも――
でも――トールも、こんな感じに苦しんでいたのかな?

???
町民

タジャーナ!ボケっとするな、離れすぎだ!あぶない!

タジャーナ
タジャーナ

え?

武装感染者
武装感染者

願ってもない機会!お前も焼け死ね!貴族の飼い犬が!

タジャーナ
タジャーナ

――

(爆発音と崩れ去る音)

マドロック
マドロック

……

武装感染者
サルカズの戦士

混沌と化してるな。この町は最初から一枚岩じゃなかったんだ、ケーキみたいに、一皿一皿切り分けられている。

武装感染者
サルカズの戦士

そして今、最後の一皿もじきに砂みたいに崩れていく、あいつらだけじゃどうしようも出来ないだろう。

武装感染者
サルカズの戦士

俺たちが手を引いて、撤退したとしても、あいつらは生き延びれるのかね?

武装感染者
サルカズの戦士

リターニアも必然とあいつらを切り捨てるだろう。

武装感染者
サルカズの戦士

ここから最も近い二つの移動都市も、二十四の塔も、お偉いさんの誰一人とて冬霊山脈で死にあがいてるちっぽけな町に目を向けるやつはいないさ。

マドロック
マドロック

――悲哀だ。

マドロック
マドロック

俺たちはこの悲哀に嫌気がさして、ここに立っているんだ、忘れるな。

マドロック
マドロック

勝手なことを言うな。

武装感染者
サルカズの戦士

……はいはい。なぁ、どうして普段からそう喋らないんだ?俺はただちょっとぼやいただけなんだが。

武装感染者
サルカズの戦士

俺たちがこんなに我慢して待ち続けたのに、結局は何も変わらない。むしろより最悪になった。

武装感染者
サルカズの戦士

少しばかり悔しさのある……愚痴だ。

(爆発音)

住民
住民

あいつらが突っこんでくるわ!

スズラン
スズラン

――くっ!!

スズラン
スズラン

か、加勢します!

(爆発音)

武装感染者
武装感染者

クソっ!せっかくこじあけた突破口が!

武装感染者
武装感染者

あのヴァルポはどっから来たんだ!?し、尻尾が九本?

武装感染者
武装感染者

違う!お前感染者じゃないか!なぜそっち側に立っている!?

武装感染者
武装感染者

そんな幼い年齢で――お前は自分の不幸や苦痛のために、抗おうとは思わないのか!?

スズラン
スズラン

――

武装感染者
武装感染者

同胞たちよ!やつらに抗え!騙されるな!

武装感染者
武装感染者

あいつらこそ俺たちを欺いて搾取し続けた罪人だ!

スズラン
スズラン

何を――

武装感染者
武装感染者

あ?

スズラン
スズラン

何を――言ってるんですか!

(爆発音)

町民代表
町民

あ、あいつらを吹き飛ばした?

町民代表
町民

周りのアーツ反応を遅らせているのか?どこの国のアーツなんだ、こんなの教わっていなかったぞ……

スズラン
スズラン

勝手に人の運命を決めつけないでください、ロドスの先輩方も、お父さんもお母さんも、みんな私に優しくしてくれてるんですから!

スズラン
スズラン

それとあなたたち!こそこそと逃げようとしても無駄です!

武装感染者
武装感染者

うおっ――!か、身体が……!

スズラン
スズラン

はあ――!

スズラン
スズラン

いつもいつも――

スズラン
スズラン

――目先の事だけを見て先のことを悪くしないでください!

グレースロート
グレースロート

……それで、あなたはどうするつもり?

フォリニック
フォリニック

ヴィットマンが……元凶は死んだ。

フォリニック
フォリニック

エアースカーペとカシャが戻ってくるまで、まだ確定したわけじゃないけど……

フォリニック
フォリニック

……じゃあ本当の元凶は一体誰なの?私の目の前で起こってることは一体なんなの?

グレースロート
グレースロート

今はそんなことを話してる時間はない、先のこの暴動を鎮圧しないと。

フォリニック
フォリニック

……

グレースロート
グレースロート

――フォリニック?

フォリニック
フォリニック

私……もうどうすればいいか分からない……

グレースロート
グレースロート

……私にもわかる。

グレースロート
グレースロート

感染者を救治していた医師が、感染者の暴動で死んでいったときの無力感と現実味がない感じ……

グレースロート
グレースロート

私もかつて……心底憎んでいたから。

スズラン
スズラン

むぅ――!

スズラン
スズラン

どうして、どうしてこんなことをするんですか?皆さん今の状況を分かっていますよね?

スズラン
スズラン

殺し合っても良いことなんて一つもありません!みんな死んでしまうだけです!

武装感染者
武装感染者

どけ!さもないと子供だからって、容赦しないぞ!

スズラン
スズラン

――イヤです!

スズラン
スズラン

話を聞いてくだ――

(爆発音や殴る音)

武装感染者
武装感染者

ならお前は何を言いたいんだ?最初にもどって誰が正しくて誰が間違っていたことをもう一回整理でもするのか?

武装感染者
武装感染者

だれが俺たちをここまで追い込んだと思っている?時代も、国も、人の心も、なにもかも腐りきっている、解決策があると思い込んでいるヤツはみんな口をそろえてそう言うんだ。

武装感染者
武装感染者

だがな、仮にお前が道を歩いてたときに、刃物を持った暴徒が道をふさいでこう問い詰んできた、どうすれば生き残れるんだと――

武装感染者
武装感染者

そのときお前はどこから話すんだ?リターニアの腐敗した制度からか、それともレムビリトンの血なまぐさい開拓の歴史からか?

武装感染者
武装感染者

違う!

(爆発音)

スズラン
スズラン

くっ――!これ以上は――もたない――!

武装感染者
武装感染者

その棒が考えてるのはどうやってお前を殺して活路を切り開くかだ、そしてお前が考えてるのはすぐに暴徒に銃を撃つかそれとも距離を空けてから撃つかだけだ――

武装感染者
武装感染者

生き残ろうとする人の考えなんて、どれも単純なんだよ。

武装感染者
武装感染者

いつも弱い立場の人が犠牲になる、偶然にもいつも俺たちと同じ人がだ、お前たちではなく。

武装感染者
武装感染者

お前らは悠々自適で、理想を語り合い、時代を背負い、話題を拡大し、敵を対岸の火事として扱い、いつも目の前の問題を避けてきたんだ――ハアッ!

(爆発音)

武装感染者
武装感染者

――効いたぞ!防衛線を攻め続けろ!

スズラン
スズラン

……みんななんの罪もないのに……感染者だって好きでそんなことをしてるわけじゃ……!

武装感染者
武装感染者

罪がない?はっ、同情なんていらねぇ。俺たちに罪がないわけがねぇ。んなもんクソくらえだ。

武装感染者
武装感染者

自分たちは生き延び、ほかは生き残れない、そんな弱肉強食の戦いに、慈善なヤツなんているわけがねぇんだよ!

スズラン
スズラン

――!

武装感染者
武装感染者

おい!あのヴァルポはもうダメそうだ、九尾のあいつ!

武装感染者
武装感染者

そいつを狙え!はやく!

(ボウガンで射る音)

武装感染者
武装感染者

うあッ――ア、アーツロッドが折れた?どこから撃たれた!?

グレースロート
グレースロート

助けにきたよ。

グレースロート
グレースロート

エアースカーペとカシャは外周で巻き込まれた民衆を疎開させている、私たちは――

グレースロート
グレースロート

――フォリニック?

フォリニック
フォリニック

……レユニオン。

フォリニック
フォリニック

確かに聞こえた、人の群れのなかで高らかに、レユニオンが彼らを解放したって。

グレースロート
グレースロート

でも彼らは……

フォリニック
フォリニック

違う――!

フォリニック
フォリニック

支柱を失えば、この暴動だって自然と収まるはずだった!

フォリニック
フォリニック

それに、あいつらのせいで、アントが――!

グレースロート
グレースロート

フォリニック!

フォリニック
フォリニック

――

グレースロート
グレースロート

落ち着いて。

フォリニック
フォリニック

……ごめんなさい。

フォリニック
フォリニック

あなたにとってこんなことは初めてじゃありませんもんね、私も……同じです。

フォリニック
フォリニック

どうすればいいか……分からないんです。

フォリニック
フォリニック

……行きましょう、この暴動をロドスでどうにか阻止しないと。

武装感染者
サルカズの戦士

……ロドスが見えた、お前が期待していた連中は、ただのガキたちじゃねぇか。

武装感染者
サルカズの戦士

あいつらはまだまだ未熟だ、阻止しようにもどうしようもできねぇ、何もかももう遅いんだ。

マドロック
マドロック

……だがあいつらは、もうれっきとした戦士だ。

武装感染者
サルカズの戦士

へえ――?

マドロック
マドロック

戦士が、戦場という相応しき舞台に上がった。

マドロック
マドロック

ほかの人を下がらせろ。

マドロック
マドロック

行くぞ。

サルカズの一団がレユニオンのシンボルマークを引き外した。マドロックは手を掲げ、岩を瓦解し、再びつなぎ合わせた。
戦場に静寂が訪れた、暴動者たちは自ずと道を譲り、それに抗う者たちは恐れおののき退いた。
マドロックはただ前へと、一歩を踏み出した。

この記事を書いた人
おーちゃん

アークナイツのチェンが好きだけどいない(無慈悲)

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました