アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 ヴォルモンドの黄昏 TW-S-2「一束の哀悼」

サルカズの戦士
サルカズの戦士

マドロック、連中が残りの逃亡犯を捕まえにきてるぞ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

……あいつらなら逃亡犯を山に追い込んで生かすも死なすこともできるんだが、連れ戻してるのは、そいつらの命を助けるためなんだろう。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

まったく良かれと思ってやってるのか残忍なのかわかんねぇ連中だぜ。

マドロック
マドロック

……俺たちについてこなかった人たちは俺たちとあまり関わりがないからまだいい、でも……

マドロック
マドロック

あいつらの捜索からはできる限り避けろ、冬に入る前にここから出るぞ。

マドロック
マドロック

もう結構冷えてきている。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ここを離れて、どこに行くっていうんだ?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

こんなにさまよい続けて、結局どうなった?ハッピーエンドなんて永遠に来ないぞ。

マドロック
マドロック

……じゃあ、家に帰ろう。

マドロック
マドロック

帰って、静かな森を探して、そこで生きるんだ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

じゃあオレたちが求めてきた戦いはどうすんだ?

マドロック
マドロック

……しばらくは……生きることに専念しよう。

マドロック
マドロック

生き延びる、生き延びることが、この大地と抗い戦うということになる。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

……じゃあどこに行けばいいんだ?家に帰ろうって、そんなもんどこに?

マドロック
マドロック

――カズデルに行こう。

武装感染者
武装感染者

え……

武装感染者
武装感染者

じゃあ俺たちはどうすればいいんだ?俺たちはサルカズじゃないんだ、あそこは……

マドロック
マドロック

お前たちなら、サルカズの仲間だ。

マドロック
マドロック

カズデル以外のところはサルカズを迎え入れてはくれないだろうね、でもカズデルなら、お前たちも迎え入れてくれるはずだ。

マドロック
マドロック

寛容だから迎え入れてくれるわけではない、あそこはもはや……何も残っていないからだ。

マドロック
マドロック

カズデルというのは……都市の名前ではない、国の名称というわけでもない、厳密に言えば、カズデルというのは一地区の名前にすぎないんだ。

マドロック
マドロック

故郷を作ることを許されない流亡者たちの土地だ。

マドロック
マドロック

あそこは……すべての帰る場所無き人たちが帰るところ。何も持たない人たちが住まうところ。

マドロック
マドロック

お前たちの新しい住処でもある。

武装感染者
武装感染者

……ありがとう。

武装感染者
武装感染者

そこら中にサルカズの感染者がいるカズデルなら、むしろゆっくり静かに暮らしていけそうだ……

サルカズの戦士
サルカズの戦士

リターニアが感染者に対して温厚な態度で接してきたのは血統とアーツの普及から出た副産物にすぎない、本心でお前たちを迎え入れてるわけじゃねぇ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

微笑みの仮面が外れたあと、真っ先に排斥されるのは、結局感染者なんだよ。

武装感染者
武装感染者

……鉱石病だけじゃない、この繁栄した国はもうすでに各地の片隅で起こった悲惨な出来事を忘れ去っているんだ。

武装感染者
武装感染者

ヴォルモンドのような問題でも……貴族と銀行家や宮廷芸術家たちにとってみれば飯のあとにするようなちょっとした話題や少し不機嫌になる程度の問題なんだ。

武装感染者
武装感染者

俺たちはそんなこと……到底受け止められない。受け止めたくもない。

武装感染者
武装感染者

出るならとっとと出て、カズデルに行こう、お前たちの故郷を見に行こう。

マドロック
マドロック

……ああ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

リターニアが追いかけてくると思うか?

マドロック
マドロック

多分な……前後に何があったにしても、サルカズの一団が破壊された町に現れたんだ、きっと俺たちが真っ先に犯人にされる。

武装感染者
武装感染者

チェフェリンは真相を知っている、もしかしてあいつはオレたちに濡れ衣を着せる気か……?

マドロック
マドロック

そうするだろうね。

武装感染者
武装感染者

……

マドロック
マドロック

……それが彼のやり方だからな……彼の知ってる情報をもとに、町の損害を最小限にとどめる判断を出すだろう。

武装感染者
武装感染者

じゃあ早くここから出よう、でないと、リターニアから指名手配にされるぞ。

マドロック
マドロック

ああ、だからできるだけ早くルートを決めないと……あっ……

マドロック
マドロック

すまない、ちょっと待っててくれないか、まだ行くところが残ってた……

マドロック
マドロック

すぐに戻る。

グレースロート
グレースロート

……

フォリニック
フォリニック

ここにいましたか。

グレースロート
グレースロート

フォリニック……

フォリニック
フォリニック

いえ、立ち上がらなくて結構です、これ以上近づきませんから。

フォリニック
フォリニック

……誰かを待っている、ですよね?

グレースロート
グレースロート

うん。

フォリニック
フォリニック

レユニオン事件が起こったとき私はロドス本艦にいませんでしたので……あなた、随分変わったようですね。

フォリニック
フォリニック

噂よりも、だいぶ人が変わっています。

グレースロート
グレースロート

うわさ?

フォリニック
フォリニック

一人のエリートオペレーターと共に戦い、龍門で多くの事件を解決したと。

グレースロート
グレースロート

……あれはそこら中に血をまき散らしてるだけのバカ猫だから。

グレースロート
グレースロート

それに私たちは……何も解決できなかった。

フォリニック
フォリニック

……ありがとう。

フォリニック
フォリニック

もう一度礼を言わせてください、もしあなたとリサちゃんがいなかれば、どうなっていたか。

グレースロート
グレースロート

……

フォリニック
フォリニック

ロドスだって、チェフェリンだって、あのレユニオンだって、誰もこんなことを望んでいなかった。

フォリニック
フォリニック

みんなあの惨劇を食い止めようとしていたようだったけど、でも結局食い止めることはできなかった。

フォリニック
フォリニック

アントも……彼女も……

グレースロート
グレースロート

無理して自分を思い詰めなくていい、もう起こってしまったことだから。

グレースロート
グレースロート

今はただ亡くなった人たちが安らかに眠るように願おう。

フォリニック
フォリニック

……私たちは犯人を捕らえることはできなかった、それだけじゃない、アントが守ってきた町を守り通せなかった。

フォリニック
フォリニック

きっと私アントに責められちゃいますね。

グレースロート
グレースロート

あなたは自分で自分を責めてるだけよ、アントさんは朗らかな人だから。

グレースロート
グレースロート

そうね、きっと彼女ならあなたの肩をたたいたあと、酔いつぶれるまで酒に付き合わされていたでしょうね。

フォリニック
フォリニック

ふふっ……そうね、アントとは結構仲良かったんですか?

グレースロート
グレースロート

ベロンベロンにまで酔いつぶれるあの「エリートオペレーター」のことならよく知ってる。

グレースロート
グレースロート

……すべてを追い求めることに諦めたのは、私たちだけじゃないわ。

(マドロックが歩いてくる足音)

マドロック
マドロック

……

グレースロート
グレースロート

やっぱり来たのね。

マドロック
マドロック

これ、新しく摘んできた花だ……

グレースロート
グレースロート

今の状況をよく見たほうがいい、掃討任務はそろそろ山場に来ている、ロドスも近いうちにここを離れる、物資調達係に連絡して支援はするつもりだけどね。

グレースロート
グレースロート

でもその時になれば……

マドロック
マドロック

俺たちのために口を挟んでくれるやつは誰もいない、わかっているさ。

マドロック
マドロック

……チェフェリンを責めはしないよ。彼は貴族にそう報告せざるを得ない、でないと彼らがひどい目に遭うからね。

マドロック
マドロック

俺たちもできるだけ早くここから離れる、もうじき。でも、ここにはまだ俺たちの死んでいった仲間たちがいるんだ……別れを言わないで離れるのはいやなんだ。

フォリニック
フォリニック

……亡くなった八名の感染者。

フォリニック
フォリニック

今の、ヴォルモンドの死傷者の人数は、「八名」より数百倍も多い――

マドロック
マドロック

……すまない。

フォリニック
フォリニック

いいえ……これはあなたの問題じゃないわ……あなたを責めてるわけじゃありません。

フォリニック
フォリニック

ただ思い返してるだけです、どうしてこんなことになってしまったのかって。

フォリニック
フォリニック

もちろんこの大地でいいことをしたところでよい報いが返ってくるほど甘くはないことぐらい知っています、でも私でも……あんまり見たことがないわ、こんな自滅は。

フォリニック
フォリニック

煽られた怒りと復讐であと少しですべてが破壊されそうになった……私自身も……

グレースロート
グレースロート

やっぱり自分を責めてる。

フォリニック
フォリニック

いえ……もう落ち着きました。私が考えてるのは、きっと「できなかった」じゃなくて、そもそも「できない」なんだと思います。

フォリニック
フォリニック

ロドスが今までずっと……ケルシー先生が今までずっと教えてきてくれたけど……私にはできなかった。

マドロック
マドロック

――誰だってできなかったさ。

マドロック
マドロック

彼らの行き過ぎた行いを止めに入ったことはある、でも一回や二回だけで彼らの復讐の炎を消すことはできなかった。

マドロック
マドロック

だから……やっぱりこうなってしまった。

フォリニック
フォリニック

……

グレースロート
グレースロート

これからどうするつもり?「レユニオン」は今でもほとんどの人にとっては目の上のたん瘤よ、そのマークは徹底的に捨てたほうがいい。

マドロック
マドロック

そうだな……だが「レユニオン」はまだ完全には滅んではいない、この情報はもうすでにリターニアにいる感染者の間で広がり始めている。

マドロック
マドロック

争いの火種が消えることはない……たとえ、形が変わったとしても。それに俺たちも少し休憩が必要だ。

マドロック
マドロック

俺のチームにいるやつらだが戦士じゃないのがあまりに多い、俺の勝手であいつらの運命を決めるわけにもいかないんだ……あいつらはただ、静かに暮らしたいだけなのかもしれないから。

マドロック
マドロック

そうだ……ロドス、ビッグボブを知ってるか?

フォリニック
フォリニック

――いいえ。

フォリニック
フォリニック

何か関連があるんだったら、帰って資料を調べてきますけど。

マドロック
マドロック

いや、いい、ただの友達だちだよ……

フォリニック
フォリニック

レユニオン?それともサルカズ?

マドロック
マドロック

――レユニオンだった。経験豊富なバウンティーハンターでもあった。

マドロック
マドロック

彼らは戦士じゃなかったから、抜け出す理由を持っていた……プレッシャーから解放され、クルビアの開拓チームと一緒にあるべき場所に行けばよかったのに……

マドロック
マドロック

あっ……思い出した、あいつホップも持っていたんだった。

フォリニック
フォリニック

なんですって?

マドロック
マドロック

ホップを見たことがあるのか?あれはどう使うんだ?ビールは植物で作れるのか?

フォリニック
フォリニック

えっと、素晴らしい植物よ……ビールの泡もそれと関係があるみたい、あ―、確か防腐効果もある――

フォリニック
フォリニック

――って、なんでこんなに真面目に説明してるわけ?私は専門家じゃないのに。

グレースロート
グレースロート

……とりあえず結構使えるってこと。

マドロック
マドロック

そっかぁ……うらやましいなぁ。

マドロック
マドロック

ホップ……泡……ビールかぁ……

フォリニック
フォリニック

……ビールでボーっとしないでよね、まったく。これでも敵対してる者同士なんですから。

グレースロート
グレースロート

それと身分も別々。

マドロック
マドロック

あ……ごめん。

マドロック
マドロック

俺たちは、戦士だもんな。サルカズたちは、戦士だから。

グレースロート
グレースロート

とても言いづらいけど……あなたの言動から戦士としての決意がまったく見当たらないわ。

マドロック
マドロック

戦士になる以外に選択肢がないからね。

マドロック
マドロック

もし何か訴えたいことがあれば、広げたい信念があれば、守らなきゃならないものがあれば、俺たちは戦うことしかできないんだ。

グレースロート
グレースロート

戦わなくても解決できる問題もある。

マドロック
マドロック

じゃあ……俺たちの犠牲になった仲間たちはどうするんだ?平和的に主張すれば、あの悪者たちが俺たちのために住処や町を用意してくれるのか?

マドロック
マドロック

そんなことはない

マドロック
マドロック

俺たちは……戦い続けるしかないんだ……感染者の同胞たちを助けるために。

フォリニック
フォリニック

……「感染者の同胞」ねぇ。

フォリニック
フォリニック

行くあてはあるの?

マドロック
マドロック

カズデルに行く。

フォリニック
フォリニック

カズデルか、そんなにいい場所とは言えないわ。

マドロック
マドロック

俺たちもいいやつではないからな、ロドス。

マドロック
マドロック

本当の「いい場所」は、俺たちを受け入れたりはしないさ。

グレースロート
グレースロート

まだ別の選択肢がある、マドロック。

マドロック
マドロック

……そうだな、だが今は、まだだめだ。

マドロック
マドロック

ここのリターニア人と、俺たちサルカズには、それぞれの考え方がある。

マドロック
マドロック

怨念は消えたわけじゃない、あいつらが易々と他人を信じさせるものなんてない、一致団結して生き残ろうとする意志が、あいつらをまとめているだけ。ただそれだけ。

グレースロート
グレースロート

……残念ね。

マドロック
マドロック

いいや、ロドスのツバメ、きっとまた会えるさ……感染者のために戦う者たちよ。

グレースロート
グレースロート

……私をそう呼ぶレユニオンはあなたが最初じゃないわ。

マドロック
マドロック

……そうか。

マドロック
マドロック

ここを離れれば、俺たちは、また敵同士だ。

マドロック
マドロック

でないとリターニアはお前たちを疑う、ここから脱出しづらくなるだろう。

マドロック
マドロック

だから……あんまり敵と仲良くしすぎないほうがいいぞ。

マドロック
マドロック

俺は花を手向けにきただけだ、花も届けたわけだし、俺もそろそろ……行くよ。

マドロック
マドロック

幸運を。

(マドロックが去っていく足音)

グレースロート
グレースロート

……

グレースロート
グレースロート

……これからどうする?

フォリニック
フォリニック

帰りましょう、ロドスに。

フォリニック
フォリニック

アントと……一緒に。

ヴォルモンドの黄昏 完

この記事を書いた人
おーちゃん

アークナイツのチェンが好きだけどいない(無慈悲)

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました