アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 密林猛将の帰来 RI-1「空からの落とし物」前半

ここにはきみの欲しがってるすべてがある。
ひと時の安寧、争いのない大地、母の抱擁。
きみの意識は無限に拡張し、きみは縛り付けている鎖から抜け出した、きみは自由になった。

プレイヤー
プレイヤー

・自由とはなんだ?
・自由になった!

自由とはなんだ?自由になった!
一般的な意味として、自由とは相対的な状態のことを指す、束縛がないという意味だ、だがこんなことを言う人たちに限って彼らは己の肉体に縛られているんだ。
だがきみは正真正銘自由になった。
そうとも、私の親愛なる友よ、きみは永遠に、永遠に自由になった。

きみは時間という大河に流れる一粒の石のように、それはきみの責任や、宿命、欲望、人とのつながりを流してくれる、だがきみ自身は、永遠にここに残り続けるんだ。
きみは如何なるものも手に入れなくなる、如何なるものもきみを手にすることはない。

プレイヤー
プレイヤー

・これ以上に素晴らしいことはない!
・責任、宿命、欲望、人とのつながり……

これ以上に素晴らしいことはない!責任、宿命、欲望、人とのつながり...
すべて理解したんだね、今のきみはとある未知なる存在と対話しているのだ、恐れ敬い、きみの最も純潔な血を捧げよ。
あるいは、きみはただ衝突によって昏迷状態に入ってしまい、瞑想状態の自分と無意味な会話をしているだけなのかもしれない。
プレイヤー
プレイヤー

・私はここに自分の王国を建てる!
・いや、後悔してるんだ、私は苦痛のほうが好きなんだ。

【私はここに自分の王国を建てる!選択時】
素晴らしい選択だ、私の国王よ、ここは大地よりも広大だ、ここできみが望むすべてを創り上げることができるだろう。
ならまず、先に国を建てよう、国の名前は存在国というのはどうだろうか?
虚無の上に建てられたこの国は永遠に滅びることはないだろう――
おっと、クソ、どうやら私たちの偉業はここで中断しなければならないようだ。
窓に差し込む一筋の光のように、強烈な疲れと痛みが瞬時にきみの全ての意識を占有する。

【いや、後悔してるんだ、私は苦痛のほうが好きなんだ。選択時】
きみは苦痛が好きだ、捧げるのが好きだ、己を犠牲にするのが好きだ、自分を傷つけるのが好きだ。
賢明な人ならいつも正しい失敗を望む、歯止めの効く損失を求める、そうすれば自分たちを最も効率よく成長させれると思っているからだ。
傲慢はよくないよ、私の虚無なる書記よ。
そうだな、ならはじめに、きみが最も好む苦痛を与えてあげよう――
きみの全身の筋肉に、極度な痛みが伝わってくるはずだ。

兵士よ、きみは無数の苦痛を味わった、無数の失敗を目にした、その中にきみを楽しませてくれるものなんて数えるほどしかない。
だがきみをここまで連れてきたのがまさしくそれらだ。それらは毒薬だ、鎖だ、きみから安寧を奪っていくものたちだ。
あるものはもう挽回することはできない、あるものはきみが背負いこむ必要がなくなったのだ。

プレイヤー
プレイヤー

・君の言う通りだ、そろそろ休もう。
・いや、私を待ってくれてる人がいるんだ。

【君の言う通りだ、そろそろ休もう。選択時】
わかった、愛しい人よ、その通りだ。
さあリラックスして、きみのために子守唄を唄ってあげよう、きみは永久に眠り続ける、いかなる邪魔すら入らない。
ああ、だが、眠りに入る前に、強烈な感覚が突然きみを襲い掛かる――苦痛だ!

【いや、私を待ってくれてる人がいるんだ。選択時】
ああ、そうだな、そうとも、あの子らはいい子だ。
でも考えたことはあるか、きみが居なくとも彼らは進み続ける、きみは彼らに責任を負っていないんだ。
きみの責任、きみの宿命、きみの欲望、きみと彼らのつながりは、すべてきみの妄想なのではないか?
……わかった、決心はついてるんだね、なら、きみにサプライズをやろう、そうだ、きみの最も好きな苦痛を与えよう!
きみの全身の筋肉に、極度な痛みが伝わってくるはずだ。

そのあとに聞こえてきたのは、はるか遠くに感じるが耳慣れした声だった。

???
???

……タ―、ドクター!

アーミヤ?いや、違う、アーミヤよりも大人びた声だ。

???
???

こんなに長時間寝込んだのにまだ起きねぇのかよ、めんどくせえなあ。

(殴打する音)

……それと暴力。
自分の顔面に衝撃を数回くらったのを感じた、どうやら相手は有言実行な優秀な人物らしい。

???
???

どうする、これでも起きねえな、どうせアーミヤはいないんだ、ドクターを掴んで大風車でもやってみるか。

???
???

だいふうしゃ?面白そう、おいらもやりたい!

相手はどうやら過激な手段に移るようだ、それに挟んできたもう一つの声には、純粋さを帯びていた。
この場合における純粋という美しい特質が意味することとは、彼女は本気ということだ。

プレイヤー
プレイヤー

・いやだ、私は戻る!
・目を開く。

ああ、残念だ、ある種の旅はきみの意志によって決められるものでは無いんだ、きみはもうこの旅に踏み込むチャンスを失ってしまった。
だが緊張するな、チャンスならまだいくらでもある。今は、ともに目を見開こう……

 

ケオべ
ケオべ

ガヴィル、だいふうしゃってどう遊ぶの?

ガヴィル
ガヴィル

大風車ってのは、自分が相手の足もしくは腕をつかんで、回りだすんだ。

ガヴィル
ガヴィル

そろそろかなーって思ったらそいつを投げ出す遊びさ。

ケオべ
ケオべ

なんかすっごく面白そう!やってみてもいい?

ガヴィル
ガヴィル

いいぞ、アタシがドクターを受け止めて……ん?

ガヴィル
ガヴィル

ドクター、やっと目が覚めたのか?

ケオべ
ケオべ

あっ、ドクターが起きた!

ガヴィル
ガヴィル

ケーちゃん、ドクターが目覚めてすぐ飛び掛かるのはよそう、また気を失うかもしれない。

ケオべ
ケオべ

うん、ごめんね、ドクター!

プレイヤー
プレイヤー

・二人とも大丈夫か?
・……
・さっき私にビンタしなかったか?

二人とも大丈夫か?……さっき私にビンタしなかったか?
ガヴィル
ガヴィル

大丈夫だ、あれぐらいの高さ、どうってことない。

ケオべ
ケオべ

おいらも平気だよ!

ガヴィル
ガヴィル

おいおい、嘘だろドクター、まさかまた記憶が吹っ飛んだじゃねぇだろうな?

プレイヤー
プレイヤー

・記憶を失くした。
・お姉さん、だれ?

【記憶を失くした。選択時】

ガヴィル
ガヴィル

ドクター、忘れんな、アタシは医者だぞ。

【お姉さん、だれ?選択時】

ガヴィル
ガヴィル

冗談を言えるってことは、問題はなさそうだな。

ガヴィル
ガヴィル

した。

ガヴィル
ガヴィル

とりあえず、ドクター、アタシが簡単に状況を説明するよ。

ガヴィル
ガヴィル

簡単に言うと、墜落した。

ケオべ
ケオべ

すごーく高いところから落っこちてきたんだよ!ヒュ――!ボーン!ってね。

プレイヤー
プレイヤー

・もうちょっと詳しく。
・……
・簡単すぎるだろ!

ガヴィル
ガヴィル

チッ、わーったよ、とりあえず、ドクターは運が悪かったな、アタシらが攻撃を受けたときちょうどお前の座席の近くで爆発が起こったんだ、爆発で吹っ飛ばされて壁にぶつかって気を失ったってわけだ。

ガヴィル
ガヴィル

だが安心しろ、お前の傷はもう手当してある、大した傷じゃない、それにロドスに来たばっかの時より、体質が結構良くなってんじゃねぇか。やるな、ドクター。

ケオべ
ケオべ

うぅ、ドクター、ごめんなさい、おいらがドクターを受け止めるべきだった、でも爆発音にびっくりしちゃって……

ガヴィル
ガヴィル

お前のせいじゃねぇよ、まさか、アタシもあの連中が対空武器を持っていたなんて思いもよらなかった。

プレイヤー
プレイヤー

・つまり前から攻撃されるということを知っていたのか?

ガヴィル
ガヴィル

ああ、言ってなかったか、アタシの実家に連中はみんな戦闘狂なんだ、みんなアタシには敵わないけど。

プレイヤー
プレイヤー

ほかの人たちは?

ガヴィル
ガヴィル

墜ちてるときに、高度をコントロールするとかなんとかで、先に途中で飛び降りたぞ。

ガヴィル
ガヴィル

お前を守るために、アタシとケオベは最後に飛び降りたんだ。

ガヴィル
ガヴィル

ああそうだ、Lancet-2はたぶんまだ飛行機に残ってると思う。

プレイヤー
プレイヤー

その飛行機はどこに?

ガヴィル
ガヴィル

見間違いじゃなければ、あっちに墜ちたかな、ほら、あのあそこの山の斜面んとこがたぶんそうだ。

プレイヤー
プレイヤー

先に見に行ってみよう。

ガヴィル
ガヴィル

わかった。

 

ガヴィル
ガヴィル

見ろ、アタシらの飛行機だ。

ガヴィル
ガヴィル

うお、煙を吹いてるぞ、どうやらもう使い物にはならないな

ガヴィル
ガヴィル

でも見た感じ修理すればなんとかなりそうだ。

ケオべ
ケオべ

ドクター、ガヴィル、飛行機のとこに人が!

ガヴィル
ガヴィル

ん?あれは……

Lancet-2
Lancet-2

私に近寄らないでください、私にはロドスの資産を保護する義務はありますが、その前にただの医療ロボットにすぎないんです、うぅ……

アダクリス人
アダクリス人

おい、このロボット喋れるぞ。

アダクリス人
アダクリス人

ああ、まさか空からこんなすげーロボットが降ってくるなんてな、中にまだ喋れるロボットがいるかもしれねぇ。

アダクリス人
アダクリス人

おい、もしかしたら、中に人が入ってるんじゃねぇか?

アダクリス人
アダクリス人

さあな、こいつも持って帰ろうぜ、きっと首長も喜ぶはずだ。

アダクリス人
アダクリス人

そりゃいいな、お前ら、こいつも担いでいくぞ!

Lancet-2
Lancet-2

助けてください――

ガヴィル
ガヴィル

やめろ!

アダクリス人
アダクリス人

……&%(なにモンだ!?)

ガヴィル
ガヴィル

アタシらのモノを奪うたぁ、良い度胸じゃねぇか!

アダクリス人
アダクリス人

……¥%%#(これがお前らのものだって証明できんのか、こいつは空から降ってきたものなんだぞ!)

アダクリス人
アダクリス人

!@#%……&(そうだ、俺たちが先に見つけた、だから俺たちのモンだ!)

ガヴィル
ガヴィル

チッ、確かにその通りだ。

プレイヤー
プレイヤー

ガヴィル、彼らはなんて言ってるんだ?

ガヴィル
ガヴィル

ん?ああそうだった、ドクターがアタシらの言葉わからないのすっかり忘れていたわ。

ガヴィル
ガヴィル

ここもサルゴンだけど、ここの人たちは普通のサルゴン語を話さないからな。

ガヴィル
ガヴィル

じゃあこうしよう、お前に話しかけてるのがあったらアタシが代わりに通訳してやるよ。

ガヴィル
ガヴィル

そのほかの時はなんとなく察してくれ!

アダクリス人
アダクリス人

……&*#(コソコソなに話してやがんだこのヤロー!)

ガヴィル
ガヴィル

アタシらが話してんのは、それがお前らのモノなんだったら、お前らを全員倒してしまえば、アタシのモンになるって話だ!

アダクリス人
アダクリス人

&&……!(なんだとぉ?この女ふざけたこと言いやがってぇ、お前ら、やれ!)

この記事を書いた人
おーちゃん

アークナイツのチェンが好きだけどいない(無慈悲)

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました