アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 密林猛将の帰来 RI-5「得意も色々」前半

ガヴィル
ガヴィル

ドクター、ジャングルの奥地に入ってきたぜ。

ガヴィル
ガヴィル

ここはさっきより更に湿度が高い、木々もより生い茂っている。

ガヴィル
ガヴィル

足元に気を付けてくれ、躓くなよ。

ガヴィル
ガヴィル

目の前に部族が見えるな、行ってみようぜ。

イナーム
イナーム

ふあ~、暇ねぇ、昼寝でもしちゃお……

ガヴィル
ガヴィル

イナーム!

イナーム
イナーム

ガヴィル?祭典でズーママに負けたって聞いたけど、どうして私のところに来たの?

ガヴィル
ガヴィル

やっぱ情報が早いな、イナーム。

イナーム
イナーム

でも、トミミが言うまで信じられなかったぜ、まさかお前が本当に部族のボスになったとはな。

イナーム
イナーム

なりたくてなったわけじゃないわよ、この人たちが勝手に私についてくるんだもの、ほかの方法があるんだったら私が知りたいわ。

ガヴィル
ガヴィル

どうして祭典に来なかったんだ?

ガヴィル
ガヴィル

ドクター、こいつがトミミが以前紹介していたイナームだ。

プレイヤー
プレイヤー

・こんにちは。

・……

・やあ!

こんにちは。……やあ!
イナーム
イナーム

わお、生きてる外の人じゃないの。

イナーム
イナーム

ガヴィル、この人が外から連れてきたお友だち?なんだか照れちゃってるみたいよ。

イナーム
イナーム

よっ!ガヴィル、このお友達、あなたと同じように明るいわね。

 

ガヴィル
ガヴィル

ん?イナーム、お前までサルゴン語が話せるのか?

イナーム
イナーム

私の正式な役職はここら一帯のトランスポーターなのよ。

ガヴィル
ガヴィル

トランスポーターだと?ハァ?

イナーム
イナーム

あなたね……はぁ、まあいいわ、その反応を見るに、トランスポーターが何なのかは知ってるようね。

イナーム
イナーム

ほかのヤツらとは違って、彼らにトランスポーターって言っても、まったくなんなのか知らないって反応されるからね。

ガヴィル
ガヴィル

ちょっと待て、いつからトランスポーターになったんだよ?

イナーム
イナーム

はじめっからトランスポーターよ……

イナーム
イナーム

ここは腐ってもサルゴン領内なのよ、あなたまさかサルゴンはここの区域をまったく認知していないとでも思っているのかしら?

ガヴィル
ガヴィル

なんだよ、違うのか?

イナーム
イナーム

もちろん違うわよ、私が知るには、数百年前までここは、サルゴンのとある集落の採掘場だったのよ。

イナーム
イナーム

でも当時は天災が原因で、その移動都市は離れちゃって、採掘場も廃棄されちゃったけど。

イナーム
イナーム

当時残った人やあとからやってきた人たちが現在の人口の基礎を創り上げたってわけ。

イナーム
イナーム

本来は政府も一番近くにいる移動都市を呼びこんで新たに再利用しようと考えてたんだけどね。

イナーム
イナーム

十数年前のあれよ、あなたも知ってるでしょ。

ガヴィル
ガヴィル

ああ、あの時のか、アタシもズーママも見たことがあるぜ、あいつはあの時からおかしくなっちまったな。

イナーム
イナーム

そうなの?はぁ、でも最終的に何かの原因で諦めざるを得なかったらしいわ、おそらくはその鉱山区にあんまり価値が見いだせなかったんでしょうね。

イナーム
イナーム

もし都市をこの区域に停泊させるんだったら、ほかの都市との距離が離れ過ぎちゃうからね。

イナーム
イナーム

昔はこの無人区域もだいぶ栄えていたらしいんだけど、どのくらい昔かまでは知らないわ。

イナーム
イナーム

まあ、とにかく、私がまだ、ん?何歳だったかしら?まあいいわ、とにかくトランスポーターになってからここに派遣されたのよ。

ガヴィル
ガヴィル

へぇ。

イナーム
イナーム

はぁ、せっかくこの話題を話せる人が現れたっていうのに、あなたはもう少し興味津々なフリぐらいできないのかしら?

ガヴィル
ガヴィル

めんどくせ。でも、お前がトランスポーターなんだったら、アタシの記憶違いじゃなかったらさ、どうしてお前は一度もここから出て行ってないんだ?

イナーム
イナーム

そりゃもちろん、こんな閉鎖的な場所じゃ、私が都会に買い物しに行く時ぐらいしか、手紙を届けにいかないわよ!

イナーム
イナーム

私がトランスポーターになってから今まで、出て行ってもまだここと連絡を取っているのは、あなた一人だけよ!

イナーム
イナーム

本当にやることがないから、じゃあいっそう都会からモノを買ってきてみんなと商売でもしようと思いついたのよ。

イナーム
イナーム

そして時が経って、私はみんなが口に言う商売のイナームになったってわけ。

ガヴィル
ガヴィル

なるほどな、まったく気がつかなかったぜ。

イナーム
イナーム

昔と変わらないあなたじゃ気がつくほうがおかしいわよ……

イナーム
イナーム

でも、私は都会育ちだけど、今はこっちの生活のほうが好きよ。

イナーム
イナーム

単純でいちいち悩まなくていい、いいところよ。

ガヴィル
ガヴィル

アタシもずっとお前をジャングルにいるほかのリーベリとなんの違いもないって思ってた。

イナーム
イナーム

誉め言葉として受け取るわ、それで私に何の用かしら?

ガヴィル
ガヴィル

まず聞きたいんだが、AUSのあれはどういうことだ?お前が連れてきたのか?

イナーム
イナーム

AUS?そんなことあるわけないじゃない、彼女たちは私みたいなファンでもない人でも名前ぐらい聞いたことがあるバンドよ、連れてこれるわけないじゃない。

イナーム
イナーム

むしろ、彼女たちを見て一番驚いたうちの一人よ私は。

イナーム
イナーム

彼女たちは本当にたまたまここを経由したついでってだけ、あの期間は私が彼女たちの通訳を務めていたわ。

イナーム
イナーム

話し出したら元気が湧いてきたわ、あなたが来てくれてちょうどよかった、彼女たちを知らない人に自慢したところで意味なんかないもの。

イナーム
イナーム

]彼女たちのサイン付きのアルバムだって持ってるのよ、見たい?

ガヴィル
ガヴィル

いやいい、アタシファンじゃねぇから、ただちょっと不思議に思っただけだ。

イナーム
イナーム

あら、外に長い間居ても、見識は広がっていないようね、ガヴィル。

ガヴィル
ガヴィル

一発殴ってやろうか?それより、アタシとドクターはズーママに会いに行く途中なんだ、ここに寄ったのは、ちょっと補給がしたかったからだよ。

イナーム
イナーム

いいわよ。ここでの常識は物々交換だけど、でもあなたは外がどんなのか知ってるから、流通貨幣で私とトレードしてもいいわよ。

イナーム
イナーム

……おっと、待って、あなたの質問攻めで頭がマヒしちゃってたわ、私もあなたに聞きたいことがあるのすっかり忘れていたわ。

ガヴィル
ガヴィル

あぁ?

イナーム
イナーム

あなたクロワッサンってお友だちを知ってるかしら?

ガヴィル
ガヴィル

クロワッサン?アタシらの仲間だ、ちょうど今探してるところなんだが、彼女を見かけたのか?

イナーム
イナーム

マーケットのほうに行けばわかるわ。

アダクリス人
アダクリス人

寄ってらっしゃい見てらっしゃい!彫りたてホヤホヤの原木彫刻でっせ!

アダクリス人
アダクリス人

さあさご覧くだせぇ、俺の爺さんの代から受け継がれた鉱石だ!こいつで武器を作れば、鋭いこと間違いなしだよ!

プレイヤー
プレイヤー

・結構まともなマーケットがあるんだな。

・……

・賑わってるな。

イナーム
イナーム

アハハ、ああいう呼びかけは全部私が彼らに教えたのよ、結構らしいと思わない?

イナーム
イナーム

ほらっ、クロワッサンならあそこにいるわよ。

マーケットの一角で、クロワッサンはちょうど一人のアダクリス人となにやら対峙していた。

クロワッサンは相手が手に持つ鉱石と、自分の手に持つ貝殻を交互に指さしたが、相手は頭を横に振るった。

クロワッサンは眉をひそめ、手を一振り、手放すのがなんとも惜しい様子を見せた。

彼女はポケットから石を一つ取り出し、貝殻を指さしたあと、また相手が手に持つ鉱石を指さした、相手は少し考えこんだあと、頭を縦に頷いた。

トレードの過程で、クロワッサンは終始苦い顔を見せていたが、相手が身を翻した途端、彼女の表情はすぐさま笑顔へと変わった。

クロワッサン
クロワッサン

見栄えがええ鉱石がぎょうさんやなあ、うんうん、今回は儲けたで~

ガヴィル
ガヴィル

クロワッサン、こんなとこで商売していたんだな。

クロワッサン
クロワッサン

ガヴィルはん、旦那さん!いやぁ、やっと会えたわ!

プレイヤー
プレイヤー

・大丈夫だったか?

・……

・ここの人たちと交流ができるのか?

大丈夫だったか?……ここの人たちと交流ができるのか?
クロワッサン
クロワッサン

平気平気、ピンピンしとるで~

クロワッサン
クロワッサン

アハハ、旦那さん、そないな表情せんといてぇな。

クロワッサン
クロワッサン

ウチもちょうどイナームはんに神殿まで連れてもらって旦那さんたちを探すところやったんや

クロワッサン
クロワッサン

出来ひんよ、でも商売っちゅーもんは、言葉が通じんでも問題無いんよ!

 

イナーム
イナーム

この間道すがら偶然彼女を拾ったのよ、ここの人じゃなさそうだったから部族に連れてきたのよ。

イナーム
イナーム

この子ったら商売がすごく上手なのよ、言葉は通じてないけど、商人の言葉と私の手下たちが見つけた交流の方法を使ったら、すぐここに溶け込んだわ。

ガヴィル
ガヴィル

見りゃわかるよ。クロワッサン、ほかの人に会ったか?

クロワッサン
クロワッサン

いいや、イナームはんにも聞いてみたんやけど、そういった情報はまだ聞いてないって。

ガヴィル
ガヴィル

そうか、お前は無事で何よりだ、残りはウタゲとブレイズか。ブレイズのやつについては、真っ先に飛び降りたから、そんなに心配しなくてもいいが、問題はウタゲだな……

アダクリス人
アダクリス人

イナーム、大変よ、アダクリスの集団がアタシたちの部族に攻めてきたわ!

イナーム
イナーム

なんですって?そんな考えなしの部族はどこのどいつよ?

アダクリス人
アダクリス人

巨木部族らしいわ!でもそこのボスが刀を持った変人なのよ!

イナーム
イナーム

はぁ?変人?

プレイヤー
プレイヤー

どうかしたのか?

イナーム
イナーム

私の手下が刀を持った変人がアダクリスの一団を連れて攻めてきたって言ってるわ、刀を持った変人って一体なんなのよ!?

クロワッサン
クロワッサン

ちょい待ち、刀を持った、変人やて……それってまさか、ウタゲちゃうんか!?

イナーム
イナーム

あなたたちのお仲間さん?チッ、何がどうあれ、どうやらもう攻め入ってきたようね、ガヴィル、それとそこのフード被ってるあなたも、手伝ってちょうだい!

クロワッサン
クロワッサン

あっ、ウチも行く!

ウタゲ
ウタゲ

オマエたち、やっちゃいな!

ウタゲ
ウタゲ

えーっと、あたしが何言ってるかさっぱりわからないと思うけど、でもまあがんばって~

ウタゲ
ウタゲ

アハッ、最初はちょっと嫌だったけど、でもこいつらを連れてそこら中にケンカ売るのも結構楽しいじゃん。

ガヴィル
ガヴィル

おい、ウタゲ、この野郎何をやってんだ!

ウタゲ
ウタゲ

あれぇ、ガヴィルじゃん、クロワッサン、それにドクターまで、やっほ~!

ガヴィル
ガヴィル

やっほ~って言ってる場合か!人を連れて村を襲うとはどういうつもりだ!

ウタゲ
ウタゲ

あれっ、ここガヴィルの家なの?じゃああたしは強奪やめる。

ガヴィル
ガヴィル

ほかの連中にもやめさせろ!

ウタゲ
ウタゲ

えーっと、それが、そのぉ、あたしの言ってることがわかんないみたいなんだよね~

ガヴィル
ガヴィル

チッ、しゃーねぇ、このアホどもを全員倒すぞ。

この記事を書いた人
おーちゃん

アークナイツのチェンが好きだけどいない(無慈悲)

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました