アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 密林猛将の帰来 RI-7「先客」後半

ケオべ
ケオべ

こんなに強いレユニオンがいただなんて、ふんっ、でもケーちゃんは負けないよ!

ガヴィル
ガヴィル

チッ、まったくこのおバカは。

(ガヴィルがケオべをひっぱたく音)

ガヴィル
ガヴィル

いい加減目を覚ませ!

ケオべ
ケオべ

うーん?ここはどこ?

ケオべ
ケオべ

あっ、ガヴィルだ!それにみんなも!

プレイヤー
プレイヤー

・おはよう。

・……

・(ケオベの頭をコツンっと叩く)

おはよう。……(ケオベの頭をコツンっと叩く)
ケオべ
ケオべ

えへへ、ドクターおはよう。

ケオべ
ケオべ

うぅ、顔が怖いよドクター、おいら何か悪いことでもしたの?

ケオべ
ケオべ

うううぅ、痛いよ、ドクター。

ケオべ
ケオべ

なんで急においらの頭を叩くの……

ガヴィル
ガヴィル

少なくとも正常には戻ったな。

ガヴィル
ガヴィル

ケーちゃん、どうやってここに来たのか憶えてるか?

ケオべ
ケオべ

……うーん、忘れた!

ガヴィル
ガヴィル

だよな。

ケオべ
ケオべ

ほら、ゴロンしな、身体に傷がないか診てやるよ、それと次は勝手にいなくなるんじゃねぇぞ。

ケオべ
ケオべ

は~い、あれ、ここってどこ?

ガヴィル
ガヴィル

ここは……チッ、もうどっから説明してやればいいかわかんねぇよ、とにかくとりあえず寝っ転がってな!

ケオべ
ケオべ

うん――

ユーネクテス
ユーネクテス

ガヴィル、何をやってるんだ?

ガヴィル
ガヴィル

チッ、お前に説明すんのもめんどくせーな、とりあえず待ってろ。

ユーネクテス
ユーネクテス

……

十分後

ガヴィル
ガヴィル

よし、問題はなさそうだな、ドクターのそばでじっとしてろよ、勝手にいなくなるんじゃねぇぞ、そしたらもうはちみつクッキーやらねぇからな。

ケオべ
ケオべ

わかった!はちみつクッキー!

ユーネクテス
ユーネクテス

もういいか?

ガヴィル
ガヴィル

もういいぞ。

ユーネクテス
ユーネクテス

では、ガヴィル、何しに来た?

ガヴィル
ガヴィル

あー、話すとちと複雑なんだが、とにかくお前に用があって来た。

ユーネクテス
ユーネクテス

エンジンは返さないぞ。

ガヴィル
ガヴィル

エンジンのこともあるが、今は別のことで話がある。

ユーネクテス
ユーネクテス

別のこと?

ガヴィル
ガヴィル

お前手下に鉄鉱を採掘させに行かせてるのか?

ユーネクテス
ユーネクテス

ああ。

ガヴィル
ガヴィル

……チッ。

(殴り合う音)

ユーネクテス
ユーネクテス

ガヴィル、お前がそんな負けず嫌いなやつだったとは思わなかったぞ。

ユーネクテス
ユーネクテス

ビッグアグリーに負けてそんなに悔しいのか?

ガヴィル
ガヴィル

違う、あのビッグアグリーってのは確かにすごかった、完全にアタシの負けだ。

ガヴィル
ガヴィル

だがお前の手下が鉱石病に罹ったにも関わらず鉱石を採掘させているのであれば、アタシは医者として、絶対にお前を阻止しなきゃならねぇ。

ユーネクテス
ユーネクテス

ん?鉱石病?ああ、石の病のことか。

ユーネクテス
ユーネクテス

そんなことはさせていない。

ガヴィル
ガヴィル

あ?

ユーネクテス
ユーネクテス

あいつらには何度も鉱山区の奥には近づくなとくぎを刺している。

ガヴィル
ガヴィル

だが鉱石病に感染したお前の手下がいるんだぞ!

ユーネクテス
ユーネクテス

言うことを聞かないやつだっている、私ではどうにもできない、そうだろ、ヨギー?

アダクリス人
ヨギー

ああ、兄ちゃんは大首長のために危険を冒してまで鉱山区の奥に入っていったんだ。

ガヴィル
ガヴィル

あ?だったらそういうのは先に言えよ!

アダクリス人
ヨギー

聞いてこなかっただろ。

ガヴィル
ガヴィル

こんな大事なことを……!

プレイヤー
プレイヤー

・自分でも言っていたじゃないか、鉱石病はここでは重く見られていないって。

・……

・確かに聞いていなかったな。

自分でも言っていたじゃないか、鉱石病はここでは重く見られていないって。……確かに聞いていなかったな。
ガヴィル
ガヴィル

チッ、わぁーったよ。

ガヴィル
ガヴィル

ドクター、アタシは本当に聞いてなかったのか!?

ガヴィル
ガヴィル

チッ、ドクター、お前までアタシに難癖つけやがって!

 

ユーネクテス
ユーネクテス

それに……

ガヴィル
ガヴィル

お、おい、なに急に服を脱ぎはじめたんだ?

ガヴィル
ガヴィル

ん!?お前その身体って……

ユーネクテス
ユーネクテス

私も小さい頃から鉱山区をウロチョロしていたからな、石の病をもらってもおかしくはない。

ユーネクテス
ユーネクテス

それに、鉱山区のどこに病をもたらす鉱石があることなど、私以上に理解してる人はいない。

ガヴィル
ガヴィル

……

ガヴィル
ガヴィル

そうだったのか。

ガヴィル
ガヴィル

わかった、アタシが誤解してた、すまなかった、ズーママ。

ユーネクテス
ユーネクテス

平気さ。

ウタゲ
ウタゲ

えっ、これで和解!?

ウタゲ
ウタゲ

普通こういう状況ってお互い意見が譲れず三回戦までバトるとこでしょう?

クロワッサン
クロワッサン

そないなことは期待せんでええ!

プレイヤー
プレイヤー

・ガヴィルはそんなやつじゃない。

・……

・確かに残念だ。

ガヴィル
ガヴィル

じゃあもう一つ聞きたいことがある。

ガヴィル
ガヴィル

アタシらのエンジンはお前が持ってるんだよな?

ユーネクテス
ユーネクテス

ああ。

ガヴィル
ガヴィル

返してくれないか?じゃないとアタシら帰れないんだ。

ユーネクテス
ユーネクテス

だめだ。

ユーネクテス
ユーネクテス

帰りたいのであれば、そこまで送ってやる。

ガヴィル
ガヴィル

それじゃあダメだ、ケルシーに殺されちまう。

ガヴィル
ガヴィル

どうしてもダメなのか?

ユーネクテス
ユーネクテス

どうしてもダメだ。

ウタゲ
ウタゲ

おっ、これはやっぱり始まっちゃうやつだね。

ガヴィル
ガヴィル

どうやら結局手を出さないとダメなようだな。

ユーネクテス
ユーネクテス

私は最初からそのつもりだ。

ガヴィル
ガヴィル

へっ、こいつとやるってのか、面白ぇ!

(ビッグアグリーが現れる音)

大司祭
大司祭

やあやあ、こんにちは諸君!

ユーネクテス
ユーネクテス

……大祭司、どうしてビッグアグリーを持ち出したんだ?

大司祭
大司祭

なんじゃ?ガヴィルとやるのではないのか?使わんのか?使わんのじゃったら戻すぞ、まだエンジンをテストせねばならんからな。

ユーネクテス
ユーネクテス

……使うさ、だが今じゃない、まだこいつと話すことがある。

大司祭
大司祭

おう、わかった、じゃあ話を済んだら、わしを呼ぶんじゃぞ!

ユーネクテス
ユーネクテス

ああ。

ガヴィル
ガヴィル

なぁ、お前らさっきエンジンがどうたらこうたらって言ってなかったか?

ユーネクテス
ユーネクテス

ああ、ビッグアグリーは今お前たちのエンジンを装着させている、取り戻したいのであれば、お前の武力をもって取り戻せ。

ガヴィル
ガヴィル

へっ、じゃあ遠慮なくそうさせてもらうぜ!

ユーネクテス
ユーネクテス

ついてこい、広場で決着をつけよう。

この記事を書いた人
おーちゃん

アークナイツのチェンが好きだけどいない(無慈悲)

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました