アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 ケオべの真菌迷界「序幕」

ケオべの顔に温かい感触があった、何かが彼女を舐めているようだ。

彼女は目を開いたが、目の前には何も無く、周囲には色とりどりの色彩しか無かった。

彼女は頭を下げ、自身がはちみつクッキーの上に立っている事を気付き、それは彼女を喜ばせた。

そして、1枚、2枚、3枚とはちみつクッキーが敷かれた道がとある方向に伸び始めた。

冥冥の中で何かの力が彼女を呼んでいるように感じ、彼女は歩き出した。

タイトルとURLをコピーしました