アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 ケオべの真菌迷界「茫然たる行者」

全てのは手には、広々とした原野があり、埃を被った大地は灰色の霧が立ち込めていた空に包まれていた。そこには密林も無く、騒ぐ荒れ地の人もおらず、何も無かった。

彼女は果てしない原野を見つめ、絶対的とも言える静寂の虚無に浸っていた。これまでの冒険と疲労には意味は無いのだと。彼女は終点に来た、旅が終わったのだ。

一瞬で空が溶け始め、まるで流体のように吹き出し、地面は柔らかくなり、ゆっくりとへこみ始め不規則な形となっていった。

濃霧は綿状となり視野内の万物を拭い去り、地平線は歪み、変形し、混ざり合って、全てがはっきりとしなくなった。

はるか遠く、よく分からない奥には色とりどりのきらびやかで、表しにくい光線が飛び散っていた。

光は次第に人の形となり、上下には混沌とした空間が漂ってきた。それは美しくも狂喜乱舞しており、それは彼女を引きつけ、目に見えない光の中を彷徨い、静けさと混乱が共存していた。

灰色の霧はいくつかの硬い巨石となり、彼女の頭に痛い一撃を与えた。

彼女は自分が落ちているような気がした。あるいは自分が巨石と一体になったのか、それとも自分は巨石なのかもしれません。

彼女が手を伸ばそうとすると、霧と輝く光は消え、静謐と混乱が消えていた。

ケオべは目を開け、よく知っている人たちを見た。自分に仲間たちが自分の事を不審ながら見ていた。

これが現実なのだろうか?彼女の気は頭への一撃による痛みに向いていた。彼女は周囲を見回し、自分の仲間と慣れていない環境を見つめ、笑顔を見せた。

夢の中の全てが彼女の小さな頭から消えていった。

しかし、その刹那、彼女は自分が何かを手に持っていることに気付いた。

――はちきれんばかりの麻袋にははちみつクッキーがぎっしりと詰まっている。

あれは本当に夢だったのだろうか?

タイトルとURLをコピーしました