アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 ケオべの真菌迷界「荒野に帰る」

神殿の果てには、はちみつクッキーで舗装された道が深い空に落ちており、甘い息がケオべを前に進ませていく。彼女は顔を上げて、急に明るくなった。

彼女が歩いて深い空へと向かった瞬間、景色は変わり、虚無の中から悠久のささやきが聞こえてきた――帰ってきた、帰ってきた!

凍土と砂利が消えていく。過去に見た多くの山々と川がパズルのように、彼女の足の後ろに勝手に寄せ集められていった。

彼女の目の前には玉座が佇んでいた。彼女はそれが自分の玉座であるという事を何故か分かっていた。

彼女は玉座に座った。少し硬く、座り心地が悪く、キノコで作った王冠が目の前に浮かんでいる。彼女は手に取り、それを頭の上に乗せた。次の瞬間、彼女の目の前は突然変わった。

見渡す限りの荒野、黄砂が空いっぱいに広がり、草も生えず、まるでそれは彼女がロドスに来る前に最も慣れていた光景のようだ。

彼女は頭を下げ、自身が獣の懐に横たわっていることに気付いた。

獣、巨大な獣、それが嫌なのであれば誰にもその姿は見えない。しかしケオべはそれを見た。混沌とした思考の中で見た。

彼女は好奇心からその毛に触れた。野性的な触感だ。獣は慈悲深く彼女を見つめており、まるで自分の子供に応えているかのようだった。ケオべは突然血の繋がった気配を嗅ぎつけ、突然悟りを開き――彼女は家に帰った。

獣は彼女を乗せて、地平線に向かって走っていった。四散した風景は完全に理性的な視野から置き去りにされ、偽りの大地は認知することが出来る原野に残されていった。

彼女は次第に荒野の一部になっていった。大地の血に溶け込み、彼女は土となり、彼女は道となった…

彼女は永遠にこの大地で生きてきた。

タイトルとURLをコピーしました