アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 密林猛将の帰来 RI-EX-1「声東撃西」

(自動車のエンジン音とタイヤが鳴る音)

Dan
Dan

烈日、荒野、黄砂、熱風!wohoo!さっそく新曲が思いついたぜ!

Frost
Frost

(solo)

Aya
Aya

二人ともうるさい。

Alty
Alty

そうよ。せっかくの誰もいない広々とした場所で、追われる心配がないんだから、少しは静かに休ませてもらえないかしら?

Aya
Aya

でもさ、Alty、ここでも海の気配が匂うんだけど、ホントに安全なの?

Alty
Alty

Ayaったら、天然なところは相変わらずね。

Alty
Alty

この大地に安全な場所なんてないわよ、でもたまにはリラックスしないと息が詰まっちゃうわ、そうでしょ?

Aya
Aya

そうかもだけどさ。

Aya
Aya

じゃあこれからは、どうやって道を切り拓いていけばいいの、また手ぶらで帰るわけにはいかないでしょ。

Alty
Alty

少なくとも、今回ばかりはあの医者から答えを得ているわ。

Altyは手に持っている「鍵」に目を向けた。

Dan
Dan

\ホントかホントか?普通のカギには見えねぇが、彼女がまさかお前にくれてやったのか?何で交換したんだよ?

Alty
Alty

知識よ。

Dan
Dan

知識とこれの価値は同じなのか?

Alty
Alty

さあね、でもあの医者は私たちにその知識を使いなさいって促してるんだと思うわ。

Aya
Aya

彼女は知らないと思う?

Alty
Alty

私たちが何を知ってるかなんて、彼女からしてみれば……

Alty
Alty

……よくよく考えてみると、本当のトレードした内容って、私たちの好奇心で私たちの行動を交換したんだと思う。

Dan
Dan

えっ、じゃあ彼女は何も出してねぇじゃん?

Aya
Aya

だよね……

Alty
Alty

そうね……

Aya
Aya

騙されたね。

Alty
Alty

いいや、誘導されたって言うべきね。

Dan
Dan

操られたのか?

Frost
Frost

導かれたんだ。

Aya
Aya

ホントにそんなに重要な人物なの、あの医者って?

Alty
Alty

重要ではないわね。あの医者が私たちに伝えたい本当のことは、彼女のふるまいはそんな重要ではないこと。

Alty
Alty

重要なのは私たちが何を考え、何をするか。

Aya
Aya

じゃあこの鍵は?行かなきゃならないの?

Dan
Dan

え~、めんどくせー。行きたくねぇ。

Alty
Alty

音楽と一緒ね……私たちは人を強制的に変えさせる力を持つべきではなかった、ただ歌を歌っていればよかったのよ。

Aya
Aya

人々に歌を歌ってあげよう、もしいいと思ってくれたのなら――

Dan
Dan

人々も自然と歌い出す。

Frost
Frost

(solo)

Alty
Alty

ふふ、じゃあさらなる知識とこの鍵をしかるべき人に渡してあげないとね。

Aya
Aya

一体誰なんだろう?

Alty
Alty

さあね。

Aya
Aya

まだ生まれてきてないのかもしれないね。

Dan
Dan

そいつぁいい、まだ生まれてませんように!

Alty
Alty

そんなこと期待しちゃだめよ、Dan、私たちは……あら?

Aya
Aya

どうしたの、Alty?

Alty
Alty

車のエネルギーが切れちゃったわ。

Aya
Aya

準備してこなかったの?

Alty
Alty

したわよ、寄り道で余分にエネルギーを使っちゃったのかもね。

Alty
Alty

それに、こういう車道も標識もない荒野で運転すると、簡単に方向を失っちゃうって、素直に認めないとね。

Aya
Aya

つまり、迷子になっちゃった?

Alty
Alty

そうとも言い切れないわ、大まかな方向からすれば、私たちはただ道から少しズレただけ、今は新しい道を切り開いているのよ。

Frost
Frost

道に迷った。

Dan
Dan

迷子!こりゃあいい題材になるぞ!

Aya
Aya

正直に言うと、Dan、こういう時はアンタのポジティブを見習いたいよ。これからどうする?

Alty
Alty

あっちの方向にジャングルがあるらしいわ、行ってみましょう。

Aya
Aya

じゃあ、誰が車を押すの?

Alty
Alty

順番に押しましょっか。

Aya
Aya

Alty。

Alty
Alty

なにかしら。

Aya
Aya

周りに人がたくさん集まってたんだけど。

Alty
Alty

そうね。

Alty
Alty

言葉が通じないんだからしょうがないでしょ。

Aya
Aya

だからこうやって彼らについていってるの?

Alty
Alty

もっといい方法があれば教えてくれる?

Aya
Aya

全員やっつけちゃうとか?

Alty
Alty

FrostとDanを説得できればね。

Frost
Frost

(弾きながら歌う)

アダクリス人
アダクリス人

&*……%\……&(な、なんだぁこの音は、めっちゃいい歌じゃねぇか!?)

アダクリス人
アダクリス人

&%……%(私今までこんな音聞いたことない……)

Dan
Dan

ハァイ、こんにちは!

Dan
Dan

お前らなんの言葉を話してるんだ、教えてくれよ!

Dan
Dan

あっ、話してもわかんねぇけど。

アダクリス人
アダクリス人

……%&\(この人達どこからやってきたの!?)

アダクリス人
アダクリス人

\……&#(こいつらなんでこんな変な恰好をしてるんだ?)

Aya
Aya

まあいいや、少なくとも人が住んでるってことで。

Alty
Alty

もし補給させてくれる場所があればもっといいんだけどね。

Aya
Aya

目覚ましたほうがいいよ。

(ユーネクテスが歩いてくる足音)

ユーネクテス
ユーネクテス

異郷の者たちか?

Alty
Alty

あら?あなたサルゴン語が話せるの?

ユーネクテス
ユーネクテス

ああ、どうやら確かに外の人のようだな。

ユーネクテス
ユーネクテス

どうしてここにやってきたんだ?

Alty
Alty

私たちの車のエネルギーが尽きちゃったのよ、ここに来たのはアーツがわかる人を探して補給させてほしかったからよ。

ユーネクテス
ユーネクテス

……ついてこい。

Alty
Alty

ほらぁ、Aya、希望が見えてきたじゃない?

Aya
Aya

そうね、この大地ってホントになんでもアリだね。

Dan
Dan

おいおいおい、おいおいおいおいおい、どういうことだ、どういうことだよ!

Dan
Dan

こんな原始的なジャングルの中に、村みたいなのがあるぞ!

Frost
Frost

(鼻ずさむ)

Aya
Aya

確かに驚いた、大部分の建物は現代建築の面影が見えるけど、原始的な美も保たれてるね。

Alty
Alty

ちょっと変だけど、でも独特ね。

ユーネクテス
ユーネクテス

私はこの部族の族長、ズーママだ、私の部族の人は大体お前たちの言葉が理解できる。

ユーネクテス
ユーネクテス

部族の祭司たちに交通ツールにエネルギーを補給するよう頼んでやろう、ただし条件がある。

Alty
Alty

なにかしら?

ユーネクテス
ユーネクテス

お前たちの車の内部構造が見たい。

Alty
Alty

……それだけでいいの?

ユーネクテス
ユーネクテス

ああ。

Aya
Aya

アタシたちの車を壊さないって約束してくれる?

ユーネクテス
ユーネクテス

たぶんしない。

Aya
Aya

Alty?

Alty
Alty

ほかに選択肢はないようね。

ユーネクテス
ユーネクテス

それでどうなんだ?

Alty
Alty

OKよ。

ユーネクテス
ユーネクテス

よし。大祭司のじいや。

大司祭
大司祭

なんじゃ!……ん?

大司祭
大司祭

んんん?

大司祭
大司祭

お前たちは……

Alty
Alty

あなたは……

Alty
Alty

まさかこんなところであなたみたいな人に出会えるなんてね。

大司祭
大司祭

うむ、そうじゃな、わしもそう思うてた。

大司祭
大司祭

じゃが今はお前たちより、お前たちの車のほうに興味があるんでな!

Alty
Alty

お好きなように。

Aya
Aya

もう一回言うけど、この大地ってホントになんでもアリだね。

Alty
Alty

そればかりは同意見よ。

ちょうどその頃、Frostはギターを祭祀用のスピーカーにつなげ、即興のソロ演奏を始めた。

Alty
Alty

やるじゃない、Frost。

Frost
Frost

この独特な村からインスピレーションを受けた。

Dan
Dan

かっけー、Frost、メロディに少しだけ変化を加えてるな。

Frost
Frost

灼熱、抑圧……

Frost
Frost

この曲を……『D』、と名付ける!

???
アダクリス人

どっからか音が流れてるぞ?

???
アダクリス人

なんだこの音は?全身に力が湧いてきてるようだぞ!

???
アダクリス人

さっきの異郷人が出してるらしい!行ってみようぜ!

Aya
Aya

どんどん人が集まってきてるよ、Alty……

Alty
Alty

まずいわね。

Frost
Frost

ここの命たちは音楽を渇望している!力を渇望している!それと……

???
アダクリス人

この音って!

???
アダクリス人

異郷の方よ、もっとその音を奏でてくれ!

Aya
Aya

Alty……急だとは思うけど、ちょうど今の雰囲気もマッチしてるからさ。

Aya
Aya

私たちも自分たちのスピーカーを出してさ、一緒に一曲ぐらい演奏しようよ。

Alty
Alty

異論はないわ。

Dan
Dan

いいじゃんいいじゃん、Frostだけいいとこ取りはずるいぜ!

Dan
Dan

こんなマジ最高な編曲に、アタシが参加しないでどうするってんだ!

Aya
Aya

じゃあここにいる人たちに私たちAUSのミュージックを感じてもらいましょ!

???
アダクリス人

ただの音なのに、なんで俺の興奮が止まないんだ!

???
アダクリス人

これってまさか祭司たちが使ってる祭楽と同じ、いわゆる「楽曲」ってやつなんじゃねぇのか?

???
アダクリス人

俺今までこんな楽曲聞いたことねぇぜ!彼女らは一体何モンなんだ!

???
アダクリス人

わかったぞ、きっと彼女らは「クイカトル」なんだ!

Dan
Dan

「クイカトル」?なんだそりゃ?

大司祭
大司祭

うむ、それはそいつらの言葉で「歌う人」という意味じゃ。

大司祭
大司祭

ここは長い間「クイカトル」が出現してこなかったもんでな、お前たちの音楽がここのみんなを虜にしたんじゃよ。

大司祭
大司祭

正直に言うとな、お前たちの音楽はわしが過去に聞いたクイカトルの音楽とまったく異なっておるけどな!

大司祭
大司祭

じゃが問題ない、お前たちの音楽のほうがよっぽど面白くて興味深いわい!

???
アダクリス人

「クイカトル」よ、俺たちにもう一曲奏でてくれ!

???
アダクリス人

欲しいものがあれば何でもあげよう、だからもう一曲頼むよ!

Aya
Aya

どうする、Alty?

Alty
Alty

私たちの目的を忘れないでって言いたいところだけど……

Alty
Alty

まっ、しょうがないわね、時間はたっぷりあるし。

Aya
Aya

こんなところにもトランスポーターがいるんだ。

イナーム
イナーム

こっちもまさか雑誌でしか見ないAUSがこんなところに来るとは思わなかったわ。

Alty
Alty

ズーママはどこかしら?

イナーム
イナーム

あなたたちからお願いされたスピーカーを今作ってるところよ、だから私が道案内にきたわけ。

イナーム
イナーム

あなたたちはここでどのくらい滞在するつもりかしら?

Alty
Alty

一週間かもしれないし、一か月かもしれない、あるいは一年かもしれないわね。

Alty
Alty

ここは私たちのハートを熱く燃やしてくれたわ、だったら思う存分ここを楽しまないとね。

イナーム
イナーム

だったらあなたたちにとってもお似合いな場所があるわ。

Dan
Dan

超クールな場所じゃんここ!

Alty
Alty

ここは……神殿かしら?

イナーム
イナーム

その通り、ここは前まで全部族が集まって「マーウィゾッティア」が行われた場所よ、でもガヴィルって子がここから出て行ってから、すっかり使われなくなっちゃった。

Aya
Aya

「マーウィゾッティア」?

Alty
Alty

ガヴィル?ロドスでその名前を見たような……まあいいわ、きっと同名なんでしょう。

イナーム
イナーム

ここで好きに演奏して構わないわよ。

Frost
Frost

ここの人たちに最高のミュージックを楽しんでもらおう。

Dan
Dan

ハハ、そうだな、ここにAUSの爪痕を残してやろうぜ!

二か月後

イナーム
イナーム

AUSって本当に不思議な人たちね……

イナーム
イナーム

まさか二か月もここに滞在してるだなんて。

イナーム
イナーム

こりゃいつかガヴィルが戻ってきたらきっとビックリしちゃうかもしれないわね、こんな辺鄙な場所にも、ミュージックがあっただなんて。

イナーム
イナーム

ここの人たちがまさかロックにハマっちゃっただなんてね。

イナーム
イナーム

さてさて、今日はまたどんな演奏をしてくれるのかしら?

イナーム
イナーム

AUSのみなさーん……

イナーム
イナーム

あれ?

部屋の中はもぬけの殻だった、各種の日用品と寝具はきれいに整頓されていて、中央の簡易机に、一枚の手紙が置いてあった。

イナーム
イナーム

まさか出て行っちゃったのかしら?

イナーム
イナーム

机に手紙がある、どれどれ……

イナーム
イナーム

「とても惜しい気持ちではあるけれど、もう行きます。私たちの音楽がここのみんなを楽しませてあげていれば幸いです。それと、私たちのアルバムを全部残してあります、いっぱい楽しんでね。――AUSより」

イナーム
イナーム

……ふふっ、ほんっと不思議な人たちね。

Alty
Alty

アカフラって場所は一生忘れることはないわ。

Frost
Frost

(鼻ずさむ)忘れがたい思い出になった。

Aya
Aya

でもそこの人ってやっぱちょっとうるさかったかな、それにちょっと野蛮だったし。

Dan
Dan

そうか?アタシは好きだけどな!

Aya
Aya

そりゃあ好きでしょうよ、アンタをそこに置いていっても文句言わなさそうだし。

Dan
Dan

確かに残るか残らないかすげー迷ったぜ。

Dan
Dan

あそこの人たちにはなんつーかナチュラルで、原始的な活力があるって思わねぇか?

Dan
Dan

アタシらは今までいろんな国とか都市に行ってきたけどよ、あんなところは初めてだったぜ。

Dan
Dan

アタシはあいつらが大好きだ!

Frost
Frost

彼らは私たちの音楽を理解してくれた、最高の観客だ。

Alty
Alty

Frostも彼らを気に入ったようね。

Alty
Alty

やっぱり他人の生きざまをあれこれ弄んじゃうのはよくないわね、私たちは歌を歌っていればいいのよ。

Aya
Aya

人々に歌を歌ってあげよう、もしいいと思ってくれたのなら――

Dan
Dan

人々も自然と歌い出す。

Aya
Aya

これ前にも話さなかったっけ?

Alty
Alty

さあね、今まで知らないだけで何度も同じ話をしてるかもよ。

Alty
Alty

さっ、私たちの旅を続けましょ。

Alty
Alty

はたして大地は私たちの歌声に、耳を傾けてくれるのかしらね?

彼女らは車内で、少しだけ冗談を交わした。
Altyは手中の鍵を見てこう思った、ケルシー先生、あなたたちロドスはこの大地が欲しがっている答えを導き出せるのかしら?

この記事を書いた人
おーちゃん

アークナイツのチェンが好きだけどいない(無慈悲)

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました