アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 往昔の風を求めて「エリジウム ~ 帰り知らず」

ぼくたちは一生飛び続けている、自分が最後はどこかに留まるかなんて、思う人はいるのかな?故郷の湿った風を帯びながら、口の中にはいつも塩のしょっぱい味が消えずに残り続けている。皮膚に差し込む烈日、耐えがたい高温、そして皮膚に刻まれた繁栄の印と広々とした都市に籠った気流。体験した、全部この身をもって体験した。そしておそらくいつか、ぼくはあの場所に帰るんだろう。 10:10a.m. 天気/晴れロドス艦船、第二船室 オペレーター休息区
セイリュウ
セイリュウ
じゃ、みんなへのお知らせはエリジウムさんにお願いね!
セイリュウ
セイリュウ
仕入れる食材はもうすでに後方支援部門に伝えてあるから、そのときのメニューはエフイーターお姉さんと一緒に考えてみるね。
セイリュウ
セイリュウ
家庭料理なら一応作れるけど、複雑なものはお手伝いさんが必要かな……
セイリュウ
セイリュウ
あっ、そうだ、レイズお姉さんが招待状書くの手伝ってくれるって、彼女の字ってすごくきれいだよね、動きも滑らかでカッコよくて、見てると私も書道を習いたくなっちゃったよ。
エリジウム
エリジウム
へぇ、用意周到だね、まさかあのレイズさんが手伝ってくれるなんてね。
エリジウム
エリジウム
連絡を入れるのはこのリストに載ってる外勤任務中の炎国と龍門のオペレーターたちでいいんだね?任せて、絶対一人も漏らさないから!
セイリュウ
セイリュウ
エリジウムさんがお手伝いしてくれるんだったら、もう安心だよ!
セイリュウ
セイリュウ
ロドスでこんなに多くの同じ出身の人たちに会えるなんて、すごく意外かも。へへ、みんなが集まってるときの雰囲気私好きなんだよね、人が多ければそれだけ賑わう、いいよねぇ。
セイリュウ
セイリュウ
任務で外に行ったみんなは帰ってきてくれるかな、間に合うといいんだけど……うーん、たぶん難しいよね、でも万が一もあるわけだし!
セイリュウ
セイリュウ
あっ、もちろんみんなもじゃんじゃん参加していいんだよ!エリジウムさんもどうかな?お友だちも一緒に来てもいいよ、こういうイベントは人数が少ないと面白くないからね!
エリジウム
エリジウム
いいのかい?それはよかった、絶対たくさん連れて来るよ、せっかくの機会なんだし見逃すわけにはいかないもんね。
エリジウム
エリジウム
盛り上がれるだけ盛り上げればいいんでしょ?そういうのはぼくたちの十八番だから任せて!
セイリュウ
セイリュウ
あはは……もちろん大歓迎だよ、でも、あまりはっちゃけ過ぎないでね、あとでケルシー先生に怒られちゃうから。
エリジウム
エリジウム
大丈夫大丈夫、ちゃんとわきまえるから!
???
???
怒られたくないんだったら、こいつを誘うのはやめておいたほうがいいぞ。
エリジウム
エリジウム
おいおい、相棒、それは違うでしょ、厄介ごとを憑けてくるって言うんだったら君も大差ないじゃないか?
エリジウム
エリジウム
前回の接舷区の船板を壊したのは君なんだからね、なんでぼくが逆にクロージャさんに引きずられてお説教されなきゃならないのさ!
ソーンズ
ソーンズ
さあな。
ソーンズ
ソーンズ
お前が彼女のロボットちゃんを甲板に持って行って遊んだあげく、落として壊したからだろ?
エリジウム
エリジウム
……うっ。
エリジウム
エリジウム
じゃ、じゃあ誰のせいなんだよ!ぼくだってアンドレアナが急にそこら中に撃ってきたインク弾に、一瞬反応できなかったから手を滑らせたんだけだからね!
セイリュウ
セイリュウ
えっ、ちょっと待って、どうしてアンドレアナさんが甲板で射撃してたの?彼女がそんなことをするような人には見えないけど……
ソーンズ
ソーンズ
テストしてたんだろう。俺が彼女のクロスボウに新しいものを付けたんだ、ラテラーノ銃の射撃効果に似せたものをな。
エリジウム
エリジウム
結局やっぱりきみのせいじゃないか!どうりであのラテラーノ銃オタクが急に興奮するもんだよ!
アブサント
アブサント
……
ソーンズ
ソーンズ
ん?
エリジウム
エリジウム
どうしたんだい……あれ、そこにいるのは誰だい?
アブサント
アブサント
セイリュウ
セイリュウ
あっ、アブちゃんだ!
セイリュウ
セイリュウ
なにこそこそ隠れてるの、こっちにおいでよ!
セイリュウ
セイリュウ
あ、まさか人見知りなの?大丈夫、この二人はちっとも怖くないから、それに私がいるじゃない!
アブサント
アブサント
あの、セイリュウ姉、引っ張らないで、自分でそっち行くから。
アブサント
アブサント
……ごめんなさい、邪魔でしたか?ちょっとソーンズさんに用事があっただけ、もし空いてなかったら、また後で……
エリジウム
エリジウム
全然邪魔なんかじゃないよ?空いてる空いてないなんか関係ないさ、みんな同僚なんだし邪魔とか邪魔じゃないとかないだろ、水臭すぎるよ。
エリジウム
エリジウム
相棒、きみにご用だ。
エリジウム
エリジウム
いっつも仏頂面してるから、きみと会話しようとする女の子なんていないのかと思ってたよ、羨ましい限りだね。
ソーンズ
ソーンズ
……黙ってろ。
ソーンズ
ソーンズ
俺に用事か?
アブサント
アブサント
はい。ごめんなさい、突然お邪魔して。
アブサント
アブサント
実は武器のメンテナンスについて、ソーンズさんに教えてもらいたいところがあって……
エリジウム
エリジウム
えっ、こいつの武器メンテナンスってそんな有名なの?
エリジウム
エリジウム
言われてみれば、ぼくの発信機もそろそろやってもらったほうがいいかなぁ。
エリジウム
エリジウム
ねぇ、ぼくが次の任務から戻ってクロージャさんにプレゼントをあげたら、彼女、僕を許してくれて、発信機もグレードアップしてくれると思うかな?
ソーンズ
ソーンズ
お前が彼女の嫌うニンニク風味の菓子をプレゼントしなければ、な。
ソーンズ
ソーンズ
武器は持ってきたか、見せてみろ。
アブサント
アブサント
持ってます、どうぞ!
アブサント
アブサント
私が使ってる武器と一般の術師が使ってるアーツユニットが少し違くて、中のパーツのメンテナンス方法も複雑で……あっ、気を付けてください、ここのトリガーがちょっと緩くなっています。
ソーンズ
ソーンズ
古いタイプだな。
ソーンズ
ソーンズ
このアーツユニットのタイプは、ウルサスのか?
アブサント
アブサント
……はい、そうです。元々の使用者は私の父でした。
アブサント
アブサント
ヘラグさんにも聞きました、このアーツロッドはよくメンテナンスをしたほうがいい、でないとあとで性能に影響が出るかもしれないって。
アブサント
アブサント
それにソーンズさんは武器メンテナンスの試薬調合に長けていると聞きました。
アブサント
アブサント
その…突然お願いするのは申し訳ないんですけど、もし可能であれば、武器の――
ソーンズ
ソーンズ
わかった。
アブサント
アブサント
ソーンズさんのお力を……えっ?
ソーンズ
ソーンズ
わかった、と言ったんだ。
ソーンズ
ソーンズ
ちょうど俺も新しい方法を思いついたんだ、俺に任せてくれれば、試してみたいんだが。
アブサント
アブサント
えっ、あっ、はい。あ、ありがとうございます。
セイリュウ
セイリュウ
よかったね、アブちゃん!
エリジウム
エリジウム
変なものを持ち出して実験するのはやめてくれよ、君が調合した試薬を疑ってるわけではないんだけど、毎回出来上がったものの効果がアレだからさ……
ソーンズ
ソーンズ
今回は問題ない。
エリジウム
エリジウム
自信ありありだね?
ソーンズ
ソーンズ
お前の武器で試したからな。
エリジウム
エリジウム
ちょっ?えええ!?
ソーンズ
ソーンズ
冗談だ。
アブサント
アブサント
……
アブサント
アブサント
二人はいつもこうなの?……仲いいんだね。
セイリュウ
セイリュウ
そうだよ、二人とも同じ出身だからね、彼らみたいなイベリアから来たオペレーターたちって、みんな関係がいいみたいなんだよね。
セイリュウ
セイリュウ
外にいれば、他郷故知に遇うことってやっぱり特別でしょ?
セイリュウ
セイリュウ
当時のビッグスターだったエフイーターお姉さんが私にサインくれたときなんかもう嬉しすぎてどうにかなっちゃいそうだったよ、彼女は私の実家のほうではすごく有名なんだよ、おじさんおばさんたちもみんな彼女のことが大好き!
セイリュウ
セイリュウ
今は彼女とは一緒に街ブラするぐらい仲良しなんだよ!
セイリュウ
セイリュウ
あっ、そうそう、それとレイズさんも、目つきはちょっと怖いけど、でもすごいいい人なんだよ。
セイリュウ
セイリュウ
彼女が壊れたビデオカメラをどうやって直したか見たことある?こう「バチバチ!」ってなって、「ドン!」って叩いたんだよ、叩いたら壊れちゃうよって思ってたけど、まさか直るなんて!
アブサント
アブサント
電子機器類はそうやって治すものなんじゃないの?接触不良を起こしたときはちょっと叩けばすぐ直るよ。
セイリュウ
セイリュウ
それもそうだね、私の実家のみんなもそうしてたし。結構効果あるんだね。
アブサント
アブサント
うん。だめになったときは叩けばいいからね。
セイリュウ
セイリュウ
その通りだね!
アブサント
アブサント
そっか、お二人は同じ出身なんだ……
アブサント
アブサント
……
セイリュウ
セイリュウ
もう、元気出して、そんな表情しないでよ!
セイリュウ
セイリュウ
ズィマーたちのことがやっぱり気になるんでしょ、違う?
セイリュウ
セイリュウ
今度一緒に行ってあげるから、私リェータとは結構仲いいんだよ、彼女すっごくお喋りなの!なんであれ、まずはみんなお互いを知ってから交流したほうがいいもんね。
アブサント
アブサント
……うん。私もそう思う。いずれ彼女たちとも話をしてみたいし……
アブサント
アブサント
ありがとう、セイリュウ姉さん。
セイリュウ
セイリュウ
もう……やめてよ、そんなマジマジと感謝されたら、こっちが恥ずかしくなっちゃうよ。
エリジウム
エリジウム
うーん、いいねぇ、眩しい友情って、そうでしょ?やっぱりこういうシーンはいいもんだね。
エリジウム
エリジウム
自分がまだロドスに来て間もない頃を思い出すよ、ぼくもこんな感じの恥ずかしがり屋だったなぁ……
ソーンズ
ソーンズ
本当にそんな頃があったと思うか?
エリジウム
エリジウム
あるに決まってるだろ!毎回毎回冷やかすのはやめてくれよ!
エリジウム
エリジウム
ぼくにも適応する期間は必要なんだからね、当時の状況は今とは違って、ロドスでの人が少なかったから、みんな今以上に厳しかったんだからね。
セイリュウ
セイリュウ
え、そうなの?ケルシー先生だったら、いつも厳しいとは思うけど、ほかのみんなもそうだったの?クロージャさんも?アーミヤもそうだったの?
エリジウム
エリジウム
そりゃあケルシー先生はいつだってああだったよ!当時のクロージャンさんは多忙過ぎて本人を見かけない日もしょっちゅうだったよ、艦内をそこそこ整理し終えてから、少しだけ休憩に入って、またいつものように機械をイジり出してたんだよ。
エリジウム
エリジウム
うーん……そうだなぁ、ぼくが来始めた頃は、もう二年前か。
エリジウム
エリジウム
あのときのアーミヤはまだまだ子供だったよ、今よりもずっと小っちゃくて、まるでもやしみたいだったなぁ。
エリジウム
エリジウム
はは、ぼくからすれば、彼女は今でも大人とは言えないけどね、でも彼女の表情を見比べてみると、まったくの別人のようになったな。
アブサント
アブサント
二年前の、ドクターはどんな感じでしたか?
セイリュウ
セイリュウ
えっ、ドクターもいたの?
ソーンズ
ソーンズ
あの人は俺たちより来るのがあとじゃなかったか?
アブサント
アブサント
そうなんですか、でも、ドクターは元からロドスの一員だったって聞きましたけど?
エリジウム
エリジウム
あー……その疑問なんだけど、ちょっと答えづらいかな。
エリジウム
エリジウム
実を言うと、ぼくもその前に何が起こったのかよくわからないんだ、ぼくが来る以前に何かがあったらしいんだよね、知ってる人も少ないし、隊長もぼくに話してくれないんだ。
エリジウム
エリジウム
とにかく龍門の件以前は、ドクターは見なかったかな。Aceの兄貴たちがたまにドクターがなんとかーって話すときはあったけど……
エリジウム
エリジウム
何はともあれ、今のロドスもいいもんじゃない?アーミヤと、ケルシー先生、それとドクターの三人も仲良くやってるようだし、新しく入ったオペレーターも徐々に増えてきたから、きっとこの先もっと賑やかになると思うよ。
エリジウム
エリジウム
そう考えると、あの時ここに残ると決心したのは正解だったね、あんなつまんなくて抑圧的な場所はもうこりごりだよ。
エリジウム
エリジウム
今はトランスポーターを辞めたとしても、機会があれば色んなところを散策するつもりかな、色んな違う景色を目にしたとしても、最後には帰れる場所がある、うんうん、それで十分だよ。
ソーンズ
ソーンズ
なら、お前はあそこを出て行ってから戻ったことはあるか?
エリジウム
エリジウム
どこだい?
ソーンズ
ソーンズ
イベリアだ。
エリジウム
エリジウム
全然戻ってないよ!
エリジウム
エリジウム
他はともかく……あそこは今帰れないんじゃなかったっけ?
セイリュウ
セイリュウ
確か、エリジウムさんとソーンズさんの故郷ってイベリアだったよね?
セイリュウ
セイリュウ
前からあそこがどんな場所なのか聞いたことないんだよね、あそこってどんな場所なの?もし帰れないんだったら、みんな帰りたいって思わないの?
ソーンズ
ソーンズ
思わない。
エリジウム
エリジウム
あー、うん、それはぁ、帰りたいっちゃ帰りたいかな。
セイリュウ
セイリュウ
あっ、ごめんなさい、もしかして聞かないほうがよかった?
エリジウム
エリジウム
いや気にしないで、そんな大したことじゃないから、ただまあなんて言うか、うーん、よく考えてみると、特に話すような内容もないかな。
エリジウム
エリジウム
あっ、そんな顔しないでくれよ、悲痛な思い出があるわけじゃないんだ、ただそうだな……うーん、ぼくにとってイベリアは退屈な場所だったかな。
セイリュウ
セイリュウ
故郷が退屈……だったの?
エリジウム
エリジウム
退屈だったね。あそこはあまりにも抑圧的だったんだ、息ができないほどに。
エリジウム
エリジウム
ぼくはそこで暮らせそうになかった、だから出て行った、ただそれだけ。ほかは、そんなに悪くはないかな。
ソーンズ
ソーンズ
それはお前の感想だろう。
ソーンズ
ソーンズ
エーギル人にとって、イベリアはそんな友好的なところではない。
エリジウム
エリジウム
あー……確かにそんなこともあったね、ぼくはあんまり多くは知らないんだ、ぼくが暮らしていた町に、エーギル人は少なかったからね。
ソーンズ
ソーンズ
都市周辺をうろつくか、あるいは封鎖ラインの傍に居を構えるか裁判所に追放される人が大半だった。安定した生活が送れる人はごく少数だ。
ソーンズ
ソーンズ
あいつらはたくさんの人を逮捕した、あいつらにとって、脅威になりえる人たちをな。
エリジウム
エリジウム
……
セイリュウ
セイリュウ
えっ、そうなの?
アブサント
アブサント
聞くだけで寒気がします。確か、セイリュウ姉もエーギル人でしたよね?
セイリュウ
セイリュウ
うん……でも炎国にはどんな人もいるから、そんなのあんまり気にしないんかな、エーギルが官職に就けないなんてことも聞いたことないし、みんな同じように暮らしていたよ。
セイリュウ
セイリュウ
そう言われてみれば、ロドスもそんなこと気にしていなかったね、私が来たばかりの頃もみんなからすごく歓迎されていたし、初めての外勤任務も確かエリジウムさんと一緒だった!
アブサント
アブサント
私も同じです。前回の任務のとき、私は隠れていた敵にまったく気が付きませんでした、エリジウムさんのおかげです……本当にありがとうございます。
エリジウム
エリジウム
ああ、どういたしまして、ぼくってばいつもチームをころころ変えられちゃうんだよね、みんなチームメイトなんだし、お互い助け合うのは当然だよ。
アブサント
アブサント
だとしても、恩義にはちゃんと感謝を伝えないと。
エリジウム
エリジウム
はぁ、アブサントちゃんって、こういうときは本当に頑固だよね。なんでぼくの傍にこういう人たちが多いんだろ……
ソーンズ
ソーンズ
お前の隊長とかか?
エリジウム
エリジウム
隊長もそうだけど、きみも自分が岩みたいに頑固だって自覚してるかい?
セイリュウ
セイリュウ
あの隊長さん全然喋らないから、すごくクールに見えるんだよ……ちょっと申し訳ないけど、実は少し怖いんだよね。
エリジウム
エリジウム
わかる、すごくわかるよ、あの人は見た目からして怖いもんね。
エリジウム
エリジウム
でもね、隊長は見た目も怖くて、普段もみんなと交流する機会がないだけで、実はあの人すごくおしゃべりなんだよ。
エリジウム
エリジウム
今度もし隊長に会ったら、彼女にあいさつしてやってみたらどうかな、あの人きっと喜ぶと思うよ、顔には出さないからわからないと思うけど、でもぼくが保証するよ!
アブサント
アブサント
お二人とも仲がいいんですね。
エリジウム
エリジウム
たぶんそうかな……まあとにかく、ぼくの命はなんだって隊長が救ってくれたからね。
エリジウム
エリジウム
それに、あの人ってぼくのサポートがなくてはならないんだよ、そうでなければぼくも最初の頃の第一志望は色んなところに行けるトランスポーターだったんだからね。
エリジウム
エリジウム
はは、モテすぎるのも悩ましいもんだね。
ソーンズ
ソーンズ
今回の任務は彼女一人で行ったが?
ソーンズ
ソーンズ
お前のサポートなしでだぞ?
エリジウム
エリジウム
……今回の任務は違うんだよ!ああいう潜入任務は隊長だけじゃないと務まらないんだよ、ぼくがついていくと逆に目立ってしまうからね。
エリジウム
エリジウム
ぼくが就く前、彼女はいつも単騎だったろ?最初に組み始めたころはそれりゃあもう大変だったよ、当時の彼女はぼくがうざったいからってだけでぼくに手を出したんだよ、ひどくない?
エリジウム
エリジウム
隊長のアーツもなかなか凶悪でさ、ちょっとくらっただけで、帰還するルートすら忘れそうになるぐらい意識が混乱したんだよ、それからしばらく自分が誰なのかすらもわかんなくなっちゃったよ。
アブサント
アブサント
意識にまで影響されてるのに……記憶があるんですか?ロドスにはそんな危険な能力を扱ってる人もいるんですか?
アブサント
アブサント
初めて聞きました……
エリジウム
エリジウム
あっ、うーん、確かにこういうのはみんなが普段話題にしないからね。一応機密情報扱いだから、二人ともくれぐれも口外しないようにね。
エリジウム
エリジウム
とにかく、アブサントちゃんはそんな強張らなくていいんだよ、みんな仲良くやってるんだから、わからないことがあったらいつでもぼくに聞きに来て、喜んで務めよう。
アブサント
アブサント
……ありがとうございます。
セイリュウ
セイリュウ
その通りだよ!絶対自分を無理しちゃダメだからね!
セイリュウ
セイリュウ
ちょうど良かった、アブちゃんも私たちのパーティに参加しない?エリジウムさんとソーンズさんも一緒に来てくださいよ、私が故郷の家庭料理を振舞ってあげますから!
セイリュウ
セイリュウ
年に一度の祝日なんだから、ご馳走を食べないでどうするの!
エリジウム
エリジウム
おお!期待してるよ!
セイリュウ
セイリュウ
へへっ、こうご期待、絶対ガッカリさせないからね~
(セイリュウとアブサントが去っていく足音)
ソーンズ
ソーンズ
灰白色の町。抑圧。退屈。本当にそれだけか?
ソーンズ
ソーンズ
お前のあそこへの印象は本当にそれだけなのか?
エリジウム
エリジウム
はぁ……ぼくたちそれぞれの状況は違うからね。
エリジウム
エリジウム
でも確かに話すような話題はないじゃないか、ぼくにとってあそこは単調で退屈だった、本当にただそれだけ。
エリジウム
エリジウム
それに、彼女たちにマジマジと詳細に語るわけにもいかないだろ、未成年の子だって一人いたんだからね!
ソーンズ
ソーンズ
……
エリジウム
エリジウム
まさか忘れてたりはしてないよね?
エリジウム
エリジウム
あのお嬢ちゃんはまだ学生だ、それに祝日関連の話題だったろ、人が嬉しく楽しそうに話してるときに、興ざめするようなことは言わないでおこうよ。
エリジウム
エリジウム
故郷……か。そこは今どうなってるんだろうね?
エリジウム
エリジウム
建物は変わらず聳え立っていて、風は相変わらず湿気と塩味を帯びているのかな?街は相変わらずガランとしていて、人々は口を紡いでいるのかな?
ソーンズ
ソーンズ
誰と話しているんだ?俺に分かるわけないだろ。
エリジウム
エリジウム
はは、それもそうか。
エリジウム
エリジウム
なぁ、相棒、ぼくたちみたいに出て行った人に、また帰れる機会が訪れると思うかい?
エリジウム
エリジウム
ぼくは帰りたいとは思わないけども。
エリジウム
エリジウム
でも予感がするんだ、いつかある日……ぼくはまたあの場所に戻るんだってね。
この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました