アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 マリア・ニアール 「カヴァレリエルキ スポーツ#1」

スポンサーリンク

耀騎士が再び登場?ニアール家の新たな騎士のデビューで、貴族の栄光を取り戻すことは出来るか?

今シーズンの騎士招待試合はかれこれ数ヶ月異常行われている。特別選手権に直接招待された7つの騎士団と4つの大騎士団を除き、残りの騎士たちは一斉に選抜段階でのポイントの蓄積を行っている。

ところが昨日、西武の騎士上であるロア競技場内にて予想外の騎士が現れた――マリア・ニアールだ。これはいかなる騎士愛好家にとっても大きな話題になるに違い無いだろう。

6年前に優勝をし名声を得た耀騎士は感染者という身分を隠していたため追放され、かつて無限の風光を得ることが出来ていた古い家系は騎主がいないというまずい状況となった。

当時、矢面に立っていたマグナ・ニアールは騎士協会の正体を拒否したため、ニアール家は貴族の地位を失い危機に陥っていた。

国民院は法に基づいて判決を下し、ニアール家に5年以内に新任の騎主が現れず、合法的な騎士号を所持していなかった場合、ニアール家は貴族の地位を剥奪されることとなった。マリア・ニアールの今季の活躍はニアール家の未来の運命を直接決定付けるものとなる。

この若い騎士に注目したいところだ。

関連記事

  • 試合前騒動:カードナイトは待遇に不満を漏らし逃走、ネイルナイトは違反をしたため騎士団から除名
  • ノースウッド大騎士団の訓練内容と新規騎士リスト一覧
  • 今日の議題:独立騎士の人数が大幅に増加、水準も低く

ビックデータから厳選

タイトルとURLをコピーしました