アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 マリア・ニアール 「セントラルジャーナル#2」

スポンサーリンク

感染者買収事件の問題の性質:慈悲は黙認という訳ではない

今年は感染者参加制度が推進されて3年目だ。この人道的措置は著しい成果を得ており、各地の感染者問題は著しく減少、感染者が生きるために戦う姿は独特な尊重と確実に生きていく富を獲得するものとなったと喜んでいる。

しかし,感染者数の年々増加に伴い、様々な問題に遭遇することは避けられないものとなっている。

感染している騎士が良好な治療を受ける事を確保できないほか、競争や闘技で高額な富を稼いだ感染者の一部が富を利用して感染者の同胞を大量に買収、騎士協会に認められない組織を勝手に組織している。

これらの組織は社会安定の破壊、非感染者への報復を目的としており、不法資金集めや不法な武装集会など様々な疑いがある。現在、騎士協会は法的手段に則って国民院に訴訟を起こし、感染者騎士団には大量の不法な感染者を収容することを求めている。

カジミエーシュで「四都市大遮断」事件が再び発生しないようにするために。

関連記事

  • 合法的騎士階級の人数が過去最高を更新、議論の的に
  • 一人辺りの富の総生産数がここ10年で100倍近くに上昇
  • ミェシュコグループ:大騎士領に今年5つの小規模移動ブロックを追加
タイトルとURLをコピーしました