アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 マリア・ニアール 「The RED WINE News#5」

スポンサーリンク

スペシャルトピック――耀騎士が帰ってきた!

四十分前、追放されたはずのマーガレット・ニアール(以下、耀騎士)が突然フレアブレード競技場に現れて進行中の試合を中断させた。数百万人の観客がそれを目撃したとのことだが一体どういうことなのだろうか。

この日フレアブレード競技場で行われた2on2特別決闘が頻繁に行われていたという。まずファーファング騎士は事件で出場出来なかったため、マリア・ニアールは少対多対でスノーウィール騎士団と対戦をさせられた。

スノーウィール騎士団は試合前に腐敗騎士と凋落騎士の二人のサルカズ騎士を一時的に受け入れて二人の出場を仮決定、激戦真っ最中、耀騎士は突然競技場に飛び込み破れそうになった妹を救い、逆転の勝利を収めたとのことだ。

追放された者はカジミエーシュのどの都市にも入ることが固く禁じられている――しかし、感染者の出場が許されなかったのは過去の事であり、騎士に対する観客の態度が明らかだ。

国民院と騎士協会はどのような反応を示すのだろうか?

伝説の続きを見て、耀騎士という「偶然の奇跡」が本当に強い相手に対抗出来るのかどうかを見ることが出来るのだろうか。
耀騎士が新たな奇跡をもたらすのか、それとも今回の公然と騎士協会に反抗する行為が厳罰に処されるのだろうか。無数のカジミエーシュ人たちは首を長くしている中で私達はこの出来事を引き続き追いかけるつもりだ!

関連記事

  • 深夜のバーに出入り、関係は蜜月か!?ニアール姉妹とゾフィアの「家族の秘密」!
  • キャンドルナイトの私生活は贅沢三昧の腐敗?ワイン風呂?100人以上のハンサムな召使い?松露林城の正体を暴露!
  • 昔あなたがあこがれていた退役した老騎士は今何処に!?

ビックデータから厳選

タイトルとURLをコピーしました