アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 マリア・二アール MN-5「スヴォーマチャンネル」後半

チェルネー
チェルネー

騎士競技とは、一体何なのでしょうね?

チェルネー
チェルネー

ミスターシェブチック、あなたは何だと思います?

プラスチックナイト
プラスチックナイト

……とぼけるな、チェルネー、こっちは忙しいんだ。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

単刀直入に言え、何が欲しい?

チェルネー
チェルネー

残念ですが……クスザイツ騎士団があなたのトーナメント初戦出場を取り下げました。あの新しく加入されたサポート騎士があなたと同じくランキング上位に食い込んでいますからね、団体戦では、彼のアーツが役に立つでしょう。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

……

プラスチックナイト
プラスチックナイト

お前……約束と違うぞ……

チェルネー
チェルネー

もちろん、約束の前金は支払われますよ。ただ騎士団がメンバーチェンジ時にかかる税金の値は違いますからね、あなたもご存じでしょう?

チェルネー
チェルネー

おやおや……落ち着いてください、お子さんがもうすぐ十歳の誕生日を迎えるんですよね、取るに足らない私に危害を加えて仕事を失う道理などないでしょう……

チェルネー
チェルネー

クスザイツ騎士団があなたに支払った額は十分のはず、少なくとも今年は、これ以上精を出す必要はありませんよ。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

俺が必要なのは本選に出場したという名声だ、俺は……

チェルネー
チェルネー

でしたらあなたの働き次第ですね、シェブチック、生活する手段はいくらでもあります、違いますか?

プラスチックナイト
プラスチックナイト

……

プラスチックナイト
プラスチックナイト

……そうだな。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

こんなことを伝えるためなら適当にスタッフを寄越して俺に連絡すればいいだろ、なぜわざわざ俺のところに来た?アンバサダーはみんなそんなに暇なのか?

チェルネー
チェルネー

ふむ……誤解しないで頂きたい、わざわざあなたを訪ねたわけではありません、少しだけ試合スケジュールを確認しに来ただけです。

チェルネー
チェルネー

お互い気を緩めすぎているのかもしれませんね、それぞれの予選地区に少々問題が起こっているうえ、不法分子がこれを機に乗じさせられてしまいました。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

……俺を脅しているのか?この騎士「プラスチック」を脅してお前の汚れ仕事を手伝わせろと?

チェルネー
チェルネー

いえいえそんなとんでもない。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

何をするつもりだ?

チェルネー
チェルネー

私の気になっている騎士二人をすぐに出場できる状態まで持って行く必要がありましてね……ただ残念ながら、彼らのポイントは明らかに合格ラインまで達していなくて。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

ふん……騎士を出場させたければ、いくらでも方法があるだろ……

チェルネー
チェルネー

そう言わずに、たまには規則を遵守してあげませんとね、あることを隠すために――

チェルネー
チェルネー

――法を利用することと違反することはまったく別なのですよ、その本質の違いとは、当事者にその本領があるかどうかです。

チェルネー
チェルネー

あなたが頷いてくれば、メンバーチェンジしたポイント分の余分試合と手続きはすべてこちらがやっておきましょう。もちろん、あなたのクスザイツ騎士団内の問題も少しばかり私が代わりに処理してあげますが……

チェルネー
チェルネー

いかがですか?

(大歓声)

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

――失効!ステップナイトの靴底の加速装置にトラブルだ!!瞬時に減速してゴール直前に転倒してしまった――!

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

ゴール――!!チャンピオンはシャイニングドロップ騎士団のウィステリアナイト!!そしてマリア・ニアールがその後を追って――見事にゴール!

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

靴底の加速を失ってしまったステップナイトは第二位から第七位まで転落――!!残念だったなステップナイト!

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

騎士装備の重要性は言わずもがな!

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

そしてアレンセレクション社ならみんなのために全面的なメンテナンス、修理、グレードアップに設備のスケジュール管理、そして豪華な会員制度、騎士たちに満足いくセット&プランを提供してくれるぜ!!

マリア
マリア

ふぅ……第二位か。

マリア
マリア

(これで……もっとトーナメントに近づくことができた……)

マリア
マリア

(ゾフィア叔母さん……)

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

これはこれは、意外なお客さんだな。

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

お好きな席にどうぞ。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

マーチン……本当にあんたなんだな、過去に一世を風靡した騎士も今ではこんな小さなバーを営んでいるのか?

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

老いぼれマーチンならとっくの昔に騎士身分を剥奪されて、今では貯金を切り崩してなんとか飯を食ってる、それだけだ。

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

それで「プラスチック」のシェブチックはどうやってここを見つけ出したんだ?実を言うとな、うちのバーが現役の騎士を迎えることはめったになくてね。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

今のマリアは超売れっ子だ、あんたのバーもとっくに昨晩のバラエティー番組で紹介された。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

ふんっ……売れっ子か、「レッドエーデルワイス」を一杯。

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

俺の奢りだ。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

それは光栄だ。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

クスザイツ警備の訓練基地はここから遠くはない、無駄足にはせんよ。

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

それで、以前の対戦相手の大本営にやってきたのは、情報を探りを入れて、トーナメントで一矢報いるつもりか?

プラスチックナイト
プラスチックナイト

……トーナメントには出場しない。

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

ほう……それはクスザイツ警備の決定か?お前とスポンサーはプライベートでもそれなりに関係はいいと思っていたが。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

ハッ、プライベート関係か、企業と関係を結ぼうなんざ、天災と恋愛を語るのと一緒だ。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

当然、決めたのはもっと上層部の連中だ……

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

騎士協会か?

プラスチックナイト
プラスチックナイト

それだけじゃない……そうだな、たとえば商業連合会とか。

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

なんと。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

言いたいことはわかる、マーチン、「ただのプラスチックナイトがなぜこうも大事にできるんだ」だろ。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

俺にもまだ覚えはある、素直に言うことを聞く騎士のためにここまでしてくれるヤツなんざいないからな、だから問題は別のところで起こっているんだ。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

街では終始こんな噂が絶えずに流れている、耀騎士は感染者ではなかった、彼女がカジミエーシュから追放されたきっかけは、そう簡単に片づけられることではないとな……

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

なんのことだか。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

そう警戒するな……あんたに探りを入れるつもりはない、マーチン。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

俺はただチェルネーに思い知らせてやりたいんだ、貴族を弄ぶには対価が必要なことをな……それにマリア・ニアールもヤツの目に入ってるはずだ、違うか?

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

騎士たちが手を取り合って協会に抗議しに行くつもりか?ロクな結末にならないぞ。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

俺は人から指図されたくないだけだ。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

ご馳走になった……マーチン、余計なことを言うが……俺は若い頃、あんたの試合を見て騎士になることを選んだんだ。

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

どうやらお前は道を間違えたらしいな。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

そんなことはない、先ほどまた己の新たな道を切り拓こうとしたじゃないか?

プラスチックナイト
プラスチックナイト

また会おう、マーチン。

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

シェブチック、一つ言っておく……気を付けろ。

プラスチックナイト
プラスチックナイト

……ふんっ、予てより騎士が商人連中に頭を下げる必要など毛頭ない、クスザイツ騎士団は俺の考えにきっと同調してくれるさ。

フレイムテイルのソナ
フレイムテイルのソナ

ねぇ、これだけアタシたちの後をついてきたんだから、そろそろ顔を見せたらどう?

フレイムテイルのソナ
フレイムテイルのソナ

おお、そんなグイグイ来ちゃって……そういうファンはあまり好きじゃないのよねアタシ……

フレイムテイルのソナ
フレイムテイルのソナ

「ちょっと待って――アンタたちが持ってる弓って――アンタは!?」

フレイムテイルのソナ
フレイムテイルのソナ

――みたいに驚くとでも思ったの、無冑盟の刺客さん?

フレイムテイルのソナ
フレイムテイルのソナ

うんうん……なるほどアンタたちってそういうタイプなのね、いつもコソコソ隠れて、アンタたちの姿を見たことがある人は今までに誰もいないと、アンタたちってホント陰湿な仕事してるわね……

フレイムテイルのソナ
フレイムテイルのソナ

でもまぁせっかくだし――

グレートグレイナイト
グレートグレイナイト

……へっ。

フレイムテイルのソナ
フレイムテイルのソナ

――一つお手合わせしましょうか。

マリア
マリア

……

マリア
マリア

……

(扉が開く音)

マリア
マリア

あっ――叔母さ――

マイナ
マイナ

……

マリア
マリア

あっ……叔父さん……

マイナ
マイナ

少しの間目を離したと思えば、ますます程度というものを弁えなくなったものだ。

マリア
マリア

……

マイナ
マイナ

お前はいつやめることを知るんだ?

マイナ
マイナ

上司がすでに何度も私にお前のことを聞きに来ている、その上私は毎日宣伝部門でお前の面倒ごとを処理しなければならないんだ……上司に状況を説明するだけで私の勤務時間の半分は消えてしまうというのに。

マイナ
マイナ

今すぐ騎士協会に行って騎士競技の退出申請をしてこい、お前は自分が何をやっているのかがまったく理解していないんだ。

マリア
マリア

でもそれだと……

マイナ
マイナ

自分で自分の墓穴を掘るんじゃない、マリア。

マイナ
マイナ

お前だってニアール家の子だ、いい加減弁えろ。

マイナ
マイナ

トーナメント以前のいざこざなら、好きにさせてやったが、今のお前はあまりに注目され過ぎている。

マイナ
マイナ

本気でトーナメントに入選できると思わないことだな。お前が今対峙している相手が騎士競技の限界とも思わないことだ。

マリア
マリア

でも私はニアール家が貴族身分を剥奪されるところを――

マイナ
マイナ

――そんなものただの虚栄だ。

マリア
マリア

えっ……

マイナ
マイナ

言ったはずだ、ニアール家に下作な騎士協会の許しなど必要ないと。

マイナ
マイナ

奴らの許しがないと、先祖の功績はないにも等しいと言うのか?馬鹿馬鹿しい!悠久の時の中で、ニアール家が他者に己の地位を守護してもらってことなど一度たりともない!

マイナ
マイナ

できないのであれば、諦めればいい。諦めを知らぬものは……破滅あるのみだ。

マリア
マリア

叔父さん……

マイナ
マイナ

お前はマーガレットに影響されすぎだ、マリア、彼女は最後まで己の愚かさに気づくことはできなかった、お前はそんな彼女を妄信するべきではない。

マリア
マリア

……!

マイナ
マイナ

そんな目で私を見るな、私の言ったことに間違いがあるとでも?ルールに従いルールの主に勝てるとでも?寝言は寝て言うものだ。

マイナ
マイナ

マーガレットの性格はお前も知ってるだろう、彼女が一番蔑んでいたのが商業化された騎士競技だ、彼女ならまだ骨っぷしがあると思っていたが……

マイナ
マイナ

結果どうなった?彼女も最後は行き場を失い騎士競技という道を選び己の「信念」を示したではないか、ふん、「信念」か。

マイナ
マイナ

そんな彼女は何を変えられたと思う?

マリア
マリア

叔父さん……お姉ちゃんをそんな風に言わないで……

マイナ
マイナ

何も変えられなかったさ。

マイナ
マイナ

彼女が唯一変えたのが、ニアール家に対する企業の態度だ!唯一成し遂げたことが、彼女の厄介ごとを重病の父に精神を削らせながら処理させるたことだった!

マリア
マリア

叔父さん!

マイナ
マイナ

……

マリア
マリア

じゃあ叔父さんは……?

マリア
マリア

叔父さんだって……企業のために働いているんでしょ?

マリア
マリア

私の騎士競技の参加を許さず、ヘコヘコと企業のために働いて、ニアール家が騎士の地位を失っていくことをただ見ているだけで、そんなことでいいの!?

マイナ
マイナ

……ふんっ。

マイナ
マイナ

お前はまだ若い、だからお前の無知は責めないでおこう……だが年長者の意見は尊重するべきだ。

マリア
マリア

またそんなことを言って……

マイナ
マイナ

カジミエーシュ人は……先代やそのさらに先代が建て上げた高楼に影を蒔いた、家の中で、上の人たちの庇護に隠れていたお前に、何が分かるというのだ?

マイナ
マイナ

まさか本気で、駆け出しで年端も行かない騎士が何かを成し遂げられると思っているのか?

マイナ
マイナ

かつて日の出時の辺境の要塞から、ウルサス人の都市と高楼が地平線にかかる雲を横切るのが見えた。

マイナ
マイナ

塔の従者たちは貴族を一笑いさせるために試合場で敷衍して戦い続けた、若き蒸気の騎士は旧来の甲冑を身に纏い、お互い切磋琢磨し合った。

マイナ
マイナ

賞金稼ぎと強盗たちは一つまた一つと貧しい村々を襲い、各々の大都市はより多くの競技場を建てることのみを考え、一つの村の収入の税金の比率はあっけなく崩れて行った。

マイナ
マイナ

だがこれらすべては床に伏していた父の最後の嘆きには到底及ばない、マーガレットでも、お前の両親のためのものではなく――あれはすべてのカジミエーシュへの嘆きだったのだ。

マイナ
マイナ

お前は私を失望させていないとでも言うのか?

マリア
マリア

……

マイナ
マイナ

お前の言う通り、マリア、お前の言う通りだ、今の私には何もない、企業に飼われた畜生にすぎない。

マイナ
マイナ

だが、お前はどうなんだ?

(携帯電話のバイブ音)

マイナ
マイナ

……部長?いえ、ちょっとした私事がありまして……いえ、もちろん仕事のほうが重要なのは理解しております……

マイナ
マイナ

プロジェクトの会議?今日?いえいえ、忘れてなどおりません……申し訳ありません、本当に、本当に申し訳ありません、はい……

マイナ
マイナ

では……彼を私の代理として出席させますので……ええ……申し訳ありません……責任者のけじめ?それは……はい、今回が最後です、今後二度とこのようなことは。

マイナ
マイナ

今度このようなことがありましたら私をクビにして頂いて結構ですので。はい、必ず、お約束します。

マイナ
マイナ

誠に申し訳ございませんでした、部長。

マイナ
マイナ

……私に無駄にできる時間はない、マリア、答えを聞こう、今すぐ。

マリア
マリア

私の考えは変わらないよ、叔父さん。

マイナ
マイナ

……

マリア
マリア

……

マイナ
マイナ

お前はつくづくマーガレットに似ているな、嫌気がさす。

マイナ
マイナ

お前の両親が今のお前を見てどう思うんだろうな。頭を冷やして、自分が何者かよく反省することだな。

マリア
マリア

……もうやめて!

マイナ
マイナ

世間知らずにも程がある……ならせいぜい励むがいい。

この記事を書いた人
おーちゃん

アークナイツのチェンが好きだけどいない(無慈悲)

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました