アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 マリア・ニアール 「セントラルジャーナル#5」

スポンサーリンク

リアルタイム報道

本日、ミュシェコグループ、ローズメディア連合会社など多くの企業が共同でカジミエーシュ監査会に抗議した。宣発部の担当者によると、監査会政府は一部の征戦騎士を勝手に呼び出したとのこと。これには国民院の法定手続きを通過していないという。

監査会大騎士長参謀は、征戦騎士を呼び出すことは監正会の緊急時の合法的な機能であり、不都合な点は無いとしている。

商業連合会は変わらず監査会政府に合理的な回答を求めており、監査会は国民院はカジミエーシュ監督会政府の最高裁判機関であり、監査会と国民院の間にどんな問題があろうとも、両者は商業連合会に責任を負う義務はないと述べている。

その後、ミュシェコグループの責任者は騎士協会の耀騎士事件での職務怠慢を非難、広報担当者制度と騎士協会の機能の一部を交代することを求めた。これに対して一部の騎士貴族は不満を持っており、商業連合会も献金改正案を撤回する可能性を排除しないと表明している。

なお、現在も会議は行われている。

関連記事

  • 「荒野を越え、道を成す」商業連合会が対外貿易計画の拡張を宣言
  • バウンティ・ハンター問題は効果的にコントロールされている:治安の勝利
  • 国境に謎の組織、ウルサス政府が正式に回答
タイトルとURLをコピーしました