アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】メインストーリー8章 R8-3「麦藁、容易く燃ゆる」後半

感染者治安維持隊
感染者治安維持隊

うわあああああ!!

感染者治安維持隊
感染者治安維持隊

ああ……あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!

タルラ
タルラ

……

アリーナ
アリーナ

タルラ……!あなた何を……うっ……!

アリーナ
アリーナ

あなたが火を放ったの!?あなたが彼らを焼き……うっ!

タルラ
タルラ

アリーナ、ごめん。これだと村にとてつもない災いをもたらしてしまうね。でも私はもう我慢できないんだ。

タルラ
タルラ

こんなこともう我慢できない……

タルラ
タルラ

……アリーナ?

タルラはアリーナを見てハッとした。アリーナはタルラが今まで見たこともない目で彼女を見ていたからだ。

アリーナ
アリーナ

あなたの目には炎が宿っているわ。

アリーナ
アリーナ

あなたがこの村にやってきたときから知ってる、あなたはいつまでもこの村には留まらないって。

アリーナ
アリーナ

あなたには自分の来たところがあるはずよ、あなたはその来たところに帰らなければならないわ、この村にあなたの居場所なんてないわ。

タルラ
タルラ

私はもうあそこには戻らない。だからそんな目で私を見ないで……

アリーナ
アリーナ

それでもあなたの目に炎が宿っているのは確かよ。

アリーナ
アリーナ

あなたは何かを燃やしたい、何かを焼き尽くしたい、あなたはこの世のすべてが間違っていると思っているのね、それに我慢してたけど、もう限界……

アリーナ
アリーナ

今じゃないわ、タルラ。今するべきことじゃないわ。

アリーナ
アリーナ

村人たちは無関係なのよ。あなたの一時的な怒りの炎は彼らすらも焼き尽くしてしまうわ。

感染者治安維持隊
感染者治安維持隊

何ごとだ――うわああ!一体何が起こったんだ!誰だ!誰の仕業だ!

老婦
老婦

タルラ!タルラ!!逃げて、逃げるのよ!!もうここには戻るな!!戻ってはダメよ!!

老婦
老婦

ああ陛下、どうか我が娘同然のあの子をお守りください、どうか生き延びるよう、生き残っていけるようお守りください!!

アリーナ
アリーナ

タルラ、はやく逃げるわよ!

タルラ
タルラ

ダメだ……あの感染者治安維持隊どもめ!

アリーナ
アリーナ

私たちは感染者だけど、村の人たちはそうじゃないのよ!

タルラ
タルラ

……今何て言ったの?

 

アリーナ
アリーナ

私も感染者よ、タルラ。あなたと一緒。

アリーナ
アリーナ

ふぅ……ふぅ……ここが……村を移す予定地ね。建物もだいぶ建ててるわね……でも……

タルラ
タルラ

村人たちが……お爺ちゃんたちが……

タルラ
タルラ

もう好きにやらせてたまるか……好きには……

アリーナ
アリーナ

お爺さんはあなたを、私を、村人全員を救おうとしたのよ。

アリーナ
アリーナ

でもあなたが……お爺さんの計画を台無しにしてしまったわ。

タルラ
タルラ

何を言っているの?あの村人たちが、あいつらが密告――

タルラ
タルラ

……ちょっと待って。つまり、お爺ちゃんを密告した、のは……

アリーナ
アリーナ

お爺さん自身よ。そうすれば、治安維持隊もこれ以上捜査を行わなかった、計画通りなら、そのはずだった。

アリーナ
アリーナ

あなたにいくら実力があろうと治安維持隊に対抗するのは無理よ。

タルラ
タルラ

私ならできる。

アリーナ
アリーナ

じゃあその後はどうするの?憲兵が来たらどうするの?都市に駐留してる軍と貴族たちの私兵が来たらどうするの?

タルラ
タルラ

私たちはただ力が足りてないだけだ、対抗できる力さえ蓄えられていれば……

タルラ
タルラ

あんなのは間違ってる。間違ってるんだ、あんなことを見過ごせるわけがないでしょ!

タルラ
タルラ

悪事が目の前で起こっているというのにそれを保身のために、見過ごすなんて、そんなの間違っている!

タルラ
タルラ

……あんなものはただのエゴだ、情のかけらもない行為だ。

タルラ
タルラ

多くの暴力によって成り立った正義など、そんなもの正義と言えるとでも?

アリーナ
アリーナ

その問いについては私ではまだ答えられないわ、タルラ。あなたは私よりもたくさん本を読んできたんでしょ、私には分かる。

アリーナ
アリーナ

でも私たちの村ではもうすでに人が一人死んだ。だからこれ以上人を死なせるべきじゃないわ。

アリーナ
アリーナ

あなたは賢い子だから、分かるわよね。

アリーナ
アリーナ

だから逃げましょう、タルラ!

タルラ
タルラ

……必ず戻る。

アリーナ
アリーナ

それは自分に言い聞かせて、タルラ。自分自身に問うのよ。

タイトルとURLをコピーしました