アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】メインストーリー8章 R8-8「戦場、蔓延して止まず」前半

ファイギ:
私たちはひたすら南に向かった。
遊撃隊は感染者絶滅計画が執行される前になるべく多くの感染者を救出したいと考えている。
駐在軍はひたすら退き、私たちはひたすら前に進んだ。
よそからは私たちがウルサスの軍隊を追い掛け回してるように見えるだろうが、実際そんなことはない。
私たちはウルサスの常備軍を避けながら、彼らの見えないところで感染者を救出してきたのだから。
こうする理由は、「こうするべきだ」としか言いようがない。
しかし、より多くの感染者を吸収し、ほかの部隊に許容空間を作り出すことは、パトリオット殿の戦略の内に含まれていると思う。
しかしパトリオットは一本のラインを引いた、跨いではならない一本のラインを。
そのラインを跨げば私たちはウルサスの駐在軍と正面衝突するか――そんなことは絶対になってはならないが――あるいは、身を潜めなければならないことを意味する。
つまり、雪原を離れることは、ウルサスの真の辺境に、厳格な法律で管轄された移動領土に足を踏み入れることを意味する。
そのときになれば、我々が新たな反撃のチャンスを得るまで、遊撃隊は武器を収めなくてはならなくなる。
荒野にはウルサスの軍艦が闊歩するようになり、都市での感染者の扱いもよりいっそう残忍になるだろう。きっと辛い日々になることは間違いない。
その一歩を踏み出すには、確かにあまりにも困難だ。
しかし北西凍原には……雪しかない。
雪しかない大地ではみんなを活かすことはできない。

11月3日
X年目

スノーデビル隊員
ペトロワ

兄弟姉妹たち、無事か!?

スノーデビル隊員
ペトロワ

無事で何よりだ。

スノーデビル隊員
ペトロワ

……今回は本当にひどい戦いだったな。

タルラ
タルラ

ありがとう、スノーデビルたち。君たちが共に先鋒を務めてくれたおかげで、かなりやりやすかったよ。

スノーデビル隊員
ペトロワ

タルラが傍にいてくれたから、俺たちもやりやすかったよ。あなたとのコンビネーションはよく合う、どうりで姐さんが安心してあなたに私たちと作戦を任せたわけだ。

スノーデビル隊員
ペトロワ

それに、アーツもどんどん上達してきたじゃないか。冷気の間に火をすり抜けさせ起爆するなんて、よく思いついたな?

タルラ
タルラ

実を言うと……あれは火じゃないんだ。説明すると色々と複雑なんだ。

スノーデビル隊員
ペトロワ

姐さんもきっと喜ぶぞ。俺たちももう昔みたいに姐さんばかりに頼ることもなくなったからな。

スノーデビル隊員
ペトロワ

ここでまた多数のウルサス軍と遭遇するのか、タルラ?

タルラ
タルラ

この都市は本来ウルサスが三年前の解体計画に含まれていた都市だ。

タルラ
タルラ

汚職、もしくは非正規な活動で、あの部隊はこの都市を占拠するようになったに違いない……現地住民も奴隷にされ、あるいは、駆逐されたんだろう。

タルラ
タルラ

だが少なくとも目の前にいる奴らはもうどうってことない。

スノーデビル隊員
ペトロワ

奴らは言ってるほど弱くはないぞ。

タルラ
タルラ

ウルサスの正規部隊と比べて、だ。パトリオットだって君たちをよりハードな戦闘には参加させなかっただろ?

スノーデビル隊員
ペトロワ

あ。確かに親父にはまだまだって思われているところはあると思う。だが今はもう大丈夫だ、俺たちも姐さんももう実力はバッチリだからな。

タルラ
タルラ

しかし正規のウルサス軍は、こんな規律もなく、訓練にもろくに受けてない……ましてや編制から除外された部隊なんかより、よっぽど手強い。

タルラ
タルラ

たとえ一撃を食らって怯むようなウルサス軍を相手にしても、私たちが勝ってる点はほんの少しの戦術しかない。

スノーデビル隊員
ペトロワ

……じゃあ今はそんな喜ぶべきときでもないのか?

タルラ
タルラ

そうでもないさ。私たちが生存していく上で欠かせないものを獲得できたからね。

タルラ
タルラ

これらの物資を得られなかったら、今年の冬は越せなかっただろうね。だから必ず奪取しなければならなかった。

タルラ
タルラ

それに、たとえこの移動都市が古くてボロボロで小さくても……

スノーデビル隊員
ペトロワ

俺たちにとっては十分すぎるものだもんな。

スノーデビル隊員
ペトロワ

移動都市なんて一度も住んだことがなかったな。

感染者戦士
感染者

タルラ!

タルラ
タルラ

どうした?

タルラ
タルラ

君は確か……ソグヌティーウシ村の感染者だったな。

感染者戦士
感染者

俺たちの隊も大きいんだ!あんたら遊撃隊と大差ないと思うぜ。

タルラ
タルラ

残念だけど、私は遊撃隊ではないよ。

感染者戦士
感染者

だが今回俺たちと共にする人数はあんたらよりはるかに多い。

タルラ
タルラ

……では何か用があるのか?

感染者戦士
感染者

ここでお別れだ、タルラ。

タルラ
タルラ

本気か?

感染者戦士
感染者

俺たちはあんたらと一緒にいろんな戦いをしてきた!あんたらのために色んなこともしてきた。

感染者戦士
感染者

この都市にある物資は半々で分けよう。そっちが多くもらっても構わねぇ。

感染者戦士
感染者

だがこの都市は俺たちに譲ってほしい。

感染者戦士
感染者

この都市があれば……俺たちは色んな場所に行けるようになる。氷原であちこちを走れば、治安維持隊やウルサス軍に見つからずに済む。

タルラ
タルラ

もう戦いたくなくなったのか?

感染者戦士
感染者

死んじまうからな。

感染者戦士
感染者

俺たちは……言いにくいが……

感染者戦士
感染者

敵が……どんどん強くなってきているからな。

タルラ
タルラ

ここの連中はパトリオットが歩んできたどの旅路にも敵わないような相手だぞ。

感染者戦士
感染者

だが俺たちにはもう無理なんだよ!

感染者戦士
感染者

タルラ、頷いてくれるよな、な?

スノーデビル隊員
ペトロワ

さっきから何をほざいてやがるんだ?

感染者戦士
感染者

スノーデビル……!

感染者戦士
感染者

……生き物の温かさを持たないお前らは死を恐れてなくて当たり前かもしれねぇけどよ、俺たちは……

スノーデビル隊員
ペトロワ

てめぇ――

タルラ
タルラ

(ペトロワの前に腕を出しやめるよう意思を示す)

スノーデビル隊員
ペトロワ

タルラ……

タルラ
タルラ

ペトロワ、戦士たちを召集してくれ。物資を整理しよう。

タルラ
タルラ

(それと、鹵獲したウルサス通信端末を出してくれ。)

スノーデビル隊員
ペトロワ

(それって……)

タルラ
タルラ

(彼らはパトリオットの遊撃隊がここにいないことを知って話を持ち掛けたんだ。)

パトリオット
パトリオット

どこに行っていた?

タルラ
タルラ

パトリオット殿?ちょうどあなたと合流するつもりでした。

パトリオット
パトリオット

お前、都市をタダで譲ったのか?

タルラ
タルラ

どうやらもう私のメッセージを受け取ったようですね。

パトリオット
パトリオット

――奴らの行いは裏切りに等しい。お前の許しで奴らは正当な理由を得た。お前は規律を破ったのだぞ。

タルラ
タルラ

彼らが去ると求めた時点で、彼らを留めることなんてできません。

パトリオット
パトリオット

信念無き者、力無き者は、始めから、戦うべきではない。

タルラ
タルラ

その言葉通りであれば、最初から戦う資格を持つ人などいません。

パトリオット
パトリオット

規律は鋼よりも固し。

パトリオット
パトリオット

奴らを殺し、都市を奪い返せ。お前の隊とお前の同胞の期待を無にするな。

タルラ
タルラ

奴らに感染者は廃棄された都市なんぞのために、逃げ場を失ったものたちを殺し、同胞の血で奴らの歯車に滑りを加えてくれることを知らせることをですか?

パトリオット
パトリオット

奴らは規律を犯したのだ。

タルラ
タルラ

彼らは初めから規律のために戦っていたわけではありません。

パトリオット
パトリオット

お前と初めて会ってから、はや四年が経った。お前に命令してことなど一度もなかった、作戦への参加も、拒否もお前の好きなようにさせた。

パトリオット
パトリオット

だが今、お前が以前より成熟したか、あるいは軟弱になったかなど見るよりも明らかだ。

タルラ
タルラ

私があなたの価値観に反対してきたからですか?

パトリオット
パトリオット

お前はほかの感染者を召集し、奴らが感染者の規律を裏切ったと宣告し、即刻奴らに刑を下せばよい。

パトリオット
パトリオット

奴らの行いを見せしめにするのだ。

タルラ
タルラ

できません。

パトリオット
パトリオット

戸惑ったな。奴らも感染者だから、戸惑ったのだな。

パトリオット
パトリオット

栄誉あることとは思わんのか?

パトリオット
パトリオット

お前は謀殺も、権力にも固執しない、それはいいことだ。だがお前が取り仕切らないにしてもそれらを全うする人が必要になる。

タルラ
タルラ

パトリオット殿、私は手を下せないわけではありません、他人より道徳心に溢れているとも自負しておりません。

パトリオット
パトリオット

ならば私と遊撃隊がやる。

パトリオット
パトリオット

お前が奴らの悪を断じないのであれば、私が行く。

パトリオット
パトリオット

どうした?そんな表情をして?私が奴らの言うような……潔白で崇高な人物とでも本気で思っていたのか?

パトリオット
パトリオット

そんな人は戦争が始まる前からとっくに死んでいるのだ。

パトリオット
パトリオット

戦争の勝利と勝利の果実の守護以外に、栄誉あるものは何だと思う?憎き敵を討ち滅ぼすこと、それこそが栄誉だ、だが私は決してより多くの犠牲を誇りに思うことなどない。

パトリオット
パトリオット

もしあることの勝利を掴むことで、同胞を少しでも犠牲にせずに済むのであれば、それこそが正しい。

タルラ
タルラ

あの修理修繕されていない都市など数年もすれば動かなくなります。あの都市は本来持つべき寿命よりはるかに長い年月人類に奉仕してきましたから。

タルラ
タルラ

お互いよくご存じのはず、彼らの運命は最後になっても凍原に足を止められるのです、彼らは依然自分たちの足で道を切り拓かなくてはなりません。たとえその三年少しの間しかなかろうと、彼らは自分たちに一つの希望を灯したのです。

タルラ
タルラ

私はその希望を消したくはありません。

パトリオット
パトリオット

奴らの独断で我らの隊が分裂してしまう事態を放っておくつもりか?

タルラ
タルラ

違います。言ったはずです……彼らは最初から私たちの者ではありません。

タルラ
タルラ

「軟弱な人は軟弱さゆえに戦えない」のではありません、「私たちの考えを尚も理解できない人もいる」だけです。

タルラ
タルラ

私たちはいずれより多くの同行者を持つようになります。しかし彼らは全員が全員私たちと同じ目標を持ってるわけではありません。

タルラ
タルラ

私たちは彼らの力を借りるだけであって、彼らを徴用してはならなんです。徴用は彼らを自分たち本来の目標と背反し……猜疑と離反をさらに加速してしまうだけです。

パトリオット
パトリオット

……

パトリオット
パトリオット

隊の純潔か。

タルラ
タルラ

あなたのお好きなように呼んでください。私は好きではありませんが。

パトリオット
パトリオット

お前は確かに筋が通っている人だ。

パトリオット
パトリオット

ここ付近にはさらに訓練された通商ルート防衛軍が駐在している。不幸はま逃れないだろう。

タルラ
タルラ

認めたくはありませんが、しかしあなたの言う通り、彼らがそうする可能性も否めません、なのでこちらも準備を整えましょう。

タルラ
タルラ

スノーデビルが……情報をキャッチしました。

タルラ
タルラ

そうです、この区域にいるウルサスの駐留軍宛ての、移動都市から発した情報です、私たちの位置が軍にバレてしまいました……

タルラ
タルラ

……彼らが私たちを利用してウルサス軍を引き離すつもりなのでしょう。

タルラ
タルラ

こんな戦い、誰も望んでいないと言うのに。

パトリオット
パトリオット

奴らの愚昧さが奴らを徐々に滅びに導くだろう。

タイトルとURLをコピーしました