アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】サイドストーリー 孤島風雲 MB-2「もう一つの視点」後半

A区囚人A
A区囚人A

いててて……

ロビン
ロビン

我慢してね、すぐ済ませるから。

A区囚人A
A区囚人A

ぐわあああああ!

看守
看守

黙れ!静かにしろ!

看守
看守

傷を負ったのなら安置所に行け、ここで叫ぶな。

ロビン
ロビン

ごめんなさいごめんなさい、今あっちすごく列が並んでいるから、先に応急措置させてるんです、すぐに終わりますから。

看守
看守

チッ。

ロビン
ロビン

……彼が言ってたのって医務室のことだよね、どうして安置所って呼ばれてるの?

A区囚人A
A区囚人A

ああ、それはここの医務室と安置所は繋がってるからだよ、それに医者も納棺師も同じ人だからな。

A区囚人A
A区囚人A

それにその人もなんか不気味なんだよ、看守はおろか、俺たちだって普段からあそこには行きたくねぇんだ。

A区囚人A
A区囚人A

ただ集団ケンカのあとは仕方なくあそこで治療を受けに行ってるだけなんだよ。

A区囚人A
A区囚人A

そんでいつしかあそこは安置所って呼ばれるようになったってわけだ。

(ドゥーマが何処からともなく現れる音)

ドゥーマ
???

お手伝いが必要かしら?

A区囚人A
A区囚人A

ひぃ!ドゥーマさん、い、いたのかよ。

A区囚人A
A区囚人A

いや、さっきのは冗談つうか、なんつうか……

ドゥーマ
ドゥーマ

いいのよ、気にしてないから。

ドゥーマ
ドゥーマ

それよりも、医務室に来たらどう?

A区囚人A
A区囚人A

い、いや大丈夫だ、このお嬢ちゃんが手当てしてくれたからよ。

ロビン
ロビン

うん、この人は私に任せてくれればいいから。

ドゥーマ
ドゥーマ

……いい腕してるわね、じゃああなたに任せるわ。

(ドゥーマが消え去る音)

ロビン
ロビン

分かった。

A区囚人A
A区囚人A

ふぅ……

ロビン
ロビン

彼女が怖いの?

A区囚人A
A区囚人A

怖いってんなら……そこまでじゃねぇ、なんせドゥーマさんに借りがある連中は大勢いるからな、だがやっぱりちょっと不気味なんだよ、だからあんまり近づきたくねぇんだ。

ロビン
ロビン

そうなんだ。

ロビン
ロビン

これでよし、腕動かしてみて。

A区囚人A
A区囚人A

……おぉ、だいぶマシになったぜ。

A区囚人A
A区囚人A

中々いい腕してるじゃねぇか、ロビン、昔なんかやってたのか?

ロビン
ロビン

昔は……個人警備会社で働いていただけだよ。

A区囚人A
A区囚人A

個人警備会社?だったら結構稼いでたんじゃねぇの?

A区囚人A
A区囚人A

それに優しい性格もしてるしよ、お前みたいな人が犯罪で刑務所に入れられるなんて想像つかねぇぜ。

ロビン
ロビン

……私の父さんが失業してからずっと落ち込んでて、ずっとお酒ばっかり飲むから、肝臓に大きな病気が見つかっちゃったんだ、とても払えそうにない医療費だから、イチかバチかでそれで……

A区囚人A
A区囚人A

そうなのか、チッチッ、お前も大変だったな。

ロビン
ロビン

あなたは?

A区囚人A
A区囚人A

俺か?へっ、俺は商売人だったんだ、でも女房が色男とつるんで俺を殺して俺の財産を根こそぎ奪うつもりだったから、逆に殺してしまったってわけ、単純だろ。

ロビン
ロビン

……

A区囚人A
A区囚人A

とにかく、借りができちまったな。

A区囚人A
A区囚人A

俺はここに入れられてもう何年にもなる、多少ここの事情も知ってるから、何かあったら俺に聞いてきてくれ。

ロビン
ロビン

普段A区かB区の人がC区の塔に入るところを見かけるけど、どうやって入ってるの?

A区囚人A
A区囚人A

ん?ああ、あいつらか。

A区囚人A
A区囚人A

あいつらはC区にいる旦那たちの独房の掃除当番にさせられてるんだよ。

ロビン
ロビン

独房掃除?

A区囚人A
A区囚人A

ああ、ここって実は看守以外のスタッフがすげー少ねぇんだ。

A区囚人A
A区囚人A

州立の刑務所で、待遇の悪くはないんだが、なんせ刑務所で働きたい人なんてそうそういねぇだろ、それに年がら年中荒野を走る刑務所にだからさ。

A区囚人A
A区囚人A

普段なら刑務所の仕事は、都市に停留してる時、スタッフを何人か雇って、停留してるスキにちゃっちゃと終わらせてるんだ。

A区囚人A
A区囚人A

終わらなかったらそいつらも連れて行かなきゃならねぇ、そんで終わったら迎えがそいつらを都市に返す、あるいは次の都市に下ろして返すとかだな。

A区囚人A
A区囚人A

前回からセントソフィー市に停留していた時に何人か雇って内装工事してるが、もうセントソフィー市を出て半月になるのにまだ工事してやがるんだよ。

ロビン
ロビン

あ、じゃああのあちこち行ったり来たりしてる人って実は刑務所の人じゃないんだ。

A区囚人A
A区囚人A

そういうことだ、ちょうどいい、あそこを見てみろ。

カフカ
カフカ

(コソコソ)

パインコーン
???

(コソコソ)

看守
看守

ミーナさん、なんでこんなところにいるんですか?

パインコーン
???

あ、ごめんなさい、お手洗いを探してたんですけど、迷子になっちゃって。

看守
看守

あ、大丈夫ですよ、立ち入り禁止の場所じゃなければ、お好きに移動していいって、隊長も言っていましたから。

看守
看守

だが貴様!用がなければこんなところでボケっとするな、さっさと自分の牢に戻れ!

カフカ
カフカ

へーい――

A区囚人A
A区囚人A

見てみろ、あいつらは刑務所の人間ではないから賓客として扱われてるんだ、所長だって、しっかりとおもてなしするようにって命令を出すぐらいのな。

A区囚人A
A区囚人A

いい気になってる看守どもがあいつらを見かけるなりにヘコヘコしやがるんだ、見るたびにいい気分だぜ、へへ。

看守
看守

チッ、そこの二人何をまだベラベラと喋っているんだ?

A区囚人A
A区囚人A

へへ、看守殿、新入りがいるんです、もうちょい勘弁してくれませんかね。

(A区囚人Aが賄賂を看守に渡した)

看守
看守

ふん、ならあと5分くれてやる。

(看守が立ち去る足音)

ロビン
ロビン

どうしてそんなものを……

A区囚人A
A区囚人A

へっ、ここに長くいれば、何かしらは手に入るもんなんだよ。

A区囚人A
A区囚人A

欲しいんだったら、少しだけ分けてあげてもいいぜ。

ロビン
ロビン

いや大丈夫、それより、C区に入っていく囚人たちのことだけど……

A区囚人A
A区囚人A

ああそうだったな、とにかくここは人手が不足してるんだ、でもだからといって清掃をほったらかしにするわけにもいかねぇだろ。

A区囚人A
A区囚人A

それにあの看守どもが自分たちで掃除すると思うか?

ロビン
ロビン

だから彼らに掃除させているの?

A区囚人A
A区囚人A

そういうことだ。

A区囚人A
A区囚人A

C区だけじゃねぇぜ、ほかの区だって同じさ、刑務所の清掃は全部俺たち囚人がやってるんだよ。

A区囚人A
A区囚人A

だが勘違いしないでくれ、いいことだってあるんだ。

A区囚人A
A区囚人A

工場で仕事しなくていい上に、息抜きに歩き回れるんだぜ。

A区囚人A
A区囚人A

外の景色が見える看守でしか通れない廊下にだって行けるんだぜ。

ロビン
ロビン

廊下?

A区囚人A
A区囚人A

へへ、知らねぇだろ、ここの二階には廊下があるんだ、関連スタッフしか入れない廊下だな、あそこからだと外の景色が一望できるんだぜ。

A区囚人A
A区囚人A

一回行ったことがあるんだ、いやいや、中々のモンだったよ。

A区囚人A
A区囚人A

でもここの看守どもは本当にムカつくよな。

A区囚人A
A区囚人A

ある時俺を見張ってた看守が外に立ててあった看板を俺に見せて、わざわざ囚人たちのために立ててやったんだって言ったんだ。

A区囚人A
A区囚人A

そんであの時口が滑っちまって誰に立てたんだって聞いたんだ、そしたら、「脱獄」した囚人のために立てたんだって答えたんだ。

A区囚人A
A区囚人A

ここには自分の実力で脱獄できる奴もいれば、あいつらにわざと釈放された奴もいるんだ。

ロビン
ロビン

なんでそんなことをするの?

A区囚人A
A区囚人A

逃げ出したとしても全員最後は荒野で野垂れ死ぬからだよ。

ロビン
ロビン

……都市に停泊してる時に脱獄すればいいんじゃないの?

A区囚人A
A区囚人A

へっ、お前の言う通り、だがほかの連中がそんなこと思いつかねぇわけねぇだろ?しかしな、毎回都市に停泊してる時期の看守どもは、いつもよりとんでもなく目が冴えてるんだ。

A区囚人A
A区囚人A

だからあのアンソニーだろうと逃げ出すことはできねぇ。

ロビン
ロビン

アンソニー……

A区囚人A
A区囚人A

へへ、だがまあ俺が言うのもなんだが、あいつは逃げ出す必要なんてまったくねぇんだよ。

ロビン
ロビン

それはどうして?

A区囚人A
A区囚人A

アンソニーも囚人だが、ここであいつを上に見ない奴なんていると思うか?あの看守どもだってあいつと話すときは声がか細くなるぐらいだ。

A区囚人A
A区囚人A

あいつは揉め事は起こさねぇが、実力とカリスマは確かなものだ。

A区囚人A
A区囚人A

知ってるか、地下にある図書館はあいつが所長に提言して建てさせたんだぜ?

ロビン
ロビン

すごい……

A区囚人A
A区囚人A

へへ、あんまり言いふらさないでくれよ、実は俺たちみんな心の中ではこう思ってるんだ、アンソニーがずっとこの刑務所に居続けたいってんなら……

A区囚人A
A区囚人A

所長さえいなければ、あいつこそがこの刑務所の主だってな。

ロビン
ロビン

……

A区囚人A
A区囚人A

だがお前と同じように、アンソニーみたいな人が、なんで刑務所にぶち込められたんだろうな、それにあんなに長く居座ってんのに何も起こしてないときた。

ロビン
ロビン

……

看守
看守

お前達会話時間が長すぎるぞ、さっさと自分の牢に戻れ。

A区囚人A
A区囚人A

へいへい、すぐに、すぐに戻りますから。

看守
看守

傷もだいぶマシになっただろう。

A区囚人A
A区囚人A

え?ああ大丈夫だ大丈夫だ、ロビンがいい腕してたんで、だいぶマシになりましたよ。

看守
看守

……

看守
看守

ならもたもたしてないでさっさと戻れ。

ロビン
ロビン

(あの人、さっきチラッと私のほうを……)

A区囚人A
A区囚人A

へ、あの看守が俺を心配したとはな、鳥肌が立っちまったぜ。

A区囚人A
A区囚人A

んじゃ今日はこの辺にしておこう、何かあったら俺のところに来な。

ロビン
ロビン

分かった、ありがとう。

ロビン
ロビン

……父さん、あのアンソニー、噂よりもよっぽど手強そうだよ。

(無線音)

ロビン
ロビン

誰?

???
???

今日どこかで金を手に入れたんじゃないのか?

ロビン
ロビン

あんたが「嘆きのJ」?

???
???

そうだ、その金をお前の父の治療代にでも使ってやれ。

???
???

もちろん、もっといい生活を送るために使っても問題ない。むしろ、個人的にはそっちのほうをおすすめがね。

ロビン
ロビン

……どうして私にこのお金を?

???
???

私はとても嘆いているからだ。

???
???

だが、父親を治療したくとも、おそらくそれだけでは足りないだろう。

ロビン
ロビン

……要求はなに?

???
???

察しがいいねぇ、ミス・ロビン、そういう人と話すのは好きだよ。

???
???

なら単刀直入に言おう、君に――

???
???

マンスフィールド刑務所に入って、一人の男を殺してほしい。

ロビン
ロビン

マンスフィールド?あそこは決して脱出できない刑務所って噂だけど。

???
???

その点についてはご心配なく、依頼を終えれば、こちらが必ず君を脱出させよう。

???
???

受けるか受けないかじっくり考えるといい、ミス・ロビン。

ロビン
ロビン

危険なのは承知しているよ、よくないってことも。

ロビン
ロビン

でも……父さんの病気のためにも、私頑張るから。

タイトルとURLをコピーしました