アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】R6Sコラボ OD-2「防衛範囲拡大」後半

アッシュ
アッシュ

撃ち方止め!一般人に気を付けて!

タチャンカ
タチャンカ

奴らが逃げた、コーエン!

アッシュ
アッシュ

放っておきなさい、ほかの人の保護が優先よ!

フロスト
フロスト

誰かこっちに来て、ケガ人が出た。

ブリッツ
ブリッツ

とりあえず彼らを中に運ぼう。

アッシュ
アッシュ

先生!ケガはないわよね!

ミアーロ
ミアーロ

ここにいます!ぼくなら大丈夫です!

感染者の町民
感染者の町民

足がッ!足が折れちまった!俺の足がッ!

ミアーロ
ミアーロ

落ち着いて、足ならまだついてます、脱臼しただけですから、歯を食いしばってくださいね。

???
感染者の少女

ママ……ママ……

ミアーロ
ミアーロ

アルージャの母親を見かけた人はいませんか!

???
重傷を負った町民

助けて……くれ……

ミアーロ
ミアーロ

包帯が足りない……

アッシュ
アッシュ

クソッ、※スラング※!

ブリッツ
ブリッツ

あっち火が上がってないか?

アッシュ
アッシュ

あっちの方角って、町の中心街?

タチャンカ
タチャンカ

どうやら襲撃されたのはここだけじゃないらしいな。

ミアーロ
ミアーロ

どうして、領主衛兵隊は何をしているんですか?

タチャンカ
タチャンカ

領主衛兵隊のことは一先ず置いとけ。

タチャンカ
タチャンカ

あちこちで争いが聞こえる、厄介なことになったぞ、ここにいちゃまずい、開けすぎている。

タチャンカ
タチャンカ

先に負傷者を建物の裏に運ぶんだ!

???
感染者の町民

バケモノ!バケモノがまた来たぞォ!

???
感染者の女性

助けてェ!

アッシュ
アッシュ

次から次へと!

アッシュ
アッシュ

アレキサンドル!屋上に行って私たちの援護を!

タチャンカ
タチャンカ

了解した。

アッシュ
アッシュ

もう間に合わないわ先生、ここを離れましょ。

ミアーロ
ミアーロ

行くにしてもどこに行けばいいんですか?

アッシュ
アッシュ

先生の診療所へよ。

ミアーロ
ミアーロ

でもあの感染者たちは……

アッシュ
アッシュ

今はそれどころじゃないわ、とりあえず今いる全員をあなたの診療所まで行かせるわよ。

ミアーロ
ミアーロ

……わかりました。

ミアーロ
ミアーロ

誰か手伝ってください!動けない人がいます!

アッシュ
アッシュ

ケッツ、屋内に隠れている人がいないか見に行って、それとこの区域内の人を全員診療所まで連れていくわよ。

アッシュ
アッシュ

気を付けて!

ブリッツ
ブリッツ

了解。

アッシュ
アッシュ

……

アッシュ
アッシュ

……ホント災難ね。

アッシュ
アッシュ

四十数人……全員いるわね?

ミアーロ
ミアーロ

はい……

ミアーロ
ミアーロ

ぼくたちが助けた人たちなら……全員ここにいます。

アッシュ
アッシュ

見失った人数は?

ミアーロ
ミアーロ

見失った人たちはそれなりに、たぶん町のほうに逃げたんじゃないかと。

ミアーロ
ミアーロ

でも一部のお年寄りたちは……間に合わず……

ブリッツ
ブリッツ

気を落とすな、お前の落ち度じゃないさ。

ブリッツ
ブリッツ

あのバケモノ、どっから来たんだ?訓練された戦闘用の獣なのか?

ミアーロ
ミアーロ

わかりません……今まで見たことがありませんでした。

アッシュ
アッシュ

あの暴徒たちが武器を取り出した直後、バケモノたちが地面から現れたわね。

(銃撃音)

タチャンカ
タチャンカ

どこから来たかなんてのはいい、数が多すぎる!

アッシュ
アッシュ

周囲の状況は?

タチャンカ
タチャンカ

ハチャメチャだ。

タチャンカ
タチャンカ

町のほうも騒がしかった、何が起こったかまではわからんが。

アッシュ
アッシュ

私たちに残された弾薬はあとどのくらい?

フロスト
フロスト

もう多くはない、私はマガジンが残り四つ、アレキサンドルの弾薬が尽きてしまったら、おしまいよ。

タチャンカ
タチャンカ

弾薬の問題はいい、それよりこの小屋がもうもたなくなるぞ。

フロスト
フロスト

あんな図体のバケモノよ、穴が一つ二つでも空いたりしたら、壁をぶち破ってくるわ、私たちじゃ防げない、方法を考えないと。

アッシュ
アッシュ

先生、病人の容体はどう?

ミアーロ
ミアーロ

ケガを負ってしまった人が少なくありません、ぼくは簡単に包帯を巻くことしかできませんが。

ミアーロ
ミアーロ

それに包帯もアルコールももう足りてません。

フロスト
フロスト

先に町を離脱する方法はないの?

タチャンカ
タチャンカ

町から離脱したところでどうする?しかもこんなに大所帯を連れて?

アッシュ
アッシュ

水も食料もなければ、彼らが荒野に逃げても死ぬだけよ。

アッシュ
アッシュ

あのバケモノどもがこちらを襲うことを諦めてくれるとは思わない、荒野に逃げ込めば状況はさらに悪化するわ、遮蔽物がないから、身を隠すこともできない、それにアイツらは地面に潜ることができる……

ミアーロ
ミアーロ

避難先なら一つだけ心当たりがあります……安全かどうかはわかりませんが。

ミアーロ
ミアーロ

町の南にすごく特殊な建築物があります、あそこが町で一番安全な場所だと思います、領主の邸宅と大差ありません。

アッシュ
アッシュ

詳しく。

ミアーロ
ミアーロ

以前ロドス・アイランドという医療組織が来て、町のはずれに土地を借りてきたんです。

ミアーロ
ミアーロ

それから大工たちを雇って、地面を掘り始めて、そこにすごく頑丈な建物を建てました。

ミアーロ
ミアーロ

……もしかしたらここで一番頑丈な建物かもしれませんよ?まるでお城のようでしたし。

アッシュ
アッシュ

どうしてその「ロドス・アイランド」が私たちに協力してくれるってわかるの?

ミアーロ
ミアーロ

そこの建物には門番さんが一人だけいて、顔見知りなんです、彼から医薬品を買ったことがありましたから。

タチャンカ
タチャンカ

地面を掘ったということは、十中八九地下室だろうな。

タチャンカ
タチャンカ

傭兵用のセーフハウスかもしれん。

アッシュ
アッシュ

信用できないわ。

タチャンカ
タチャンカ

俺たちにいい選択がない以上、一見する価値はあると思うぞ。

タチャンカ
タチャンカ

水も食料もなし、このボロ小屋に籠城しても死ぬようなもんだろ。

ミアーロ
ミアーロ

その建物は町のはずれにあるので、町の外から出ましょう、そうすればほかの人から見つからずに済みます。

アッシュ
アッシュ

……わかったわ……

アッシュ
アッシュ

ケッツ、盾はまだ使える?

ブリッツ
ブリッツ

半分なくなった盾だ、殴る用として使えば……まだなんとか。

アッシュ
アッシュ

私以外にもう一人同行してほしいわ、先生を守ってやらなくちゃいけないいから。

ブリッツ
ブリッツ

なら俺が同行しよう、いざとなりゃ俺が先生の弾受けになるさ。

アッシュ
アッシュ

バカなことは言わないで。

アッシュ
アッシュ

私とケッツが先生と一緒にその「セーフハウス」を見てくる、ティナはここに残ってアレキサンドルをサポートしてやって。

フロスト
フロスト

了解。

アッシュ
アッシュ

先生、これから何が起きても、絶対私の指示に従うのよ。

ミアーロ
ミアーロ

わかりました。

アッシュ
アッシュ

ケッツ、ちゃんと先生を守ってやって。

ブリッツ
ブリッツ

ちゃんと盾になってやるさ。

ブリッツ
ブリッツ

光がついてないな、留守か?

アッシュ
アッシュ

まだ接近しないほうがいい、建物のドアがこじ開けられてるわ。

ミアーロ
ミアーロ

ここも……

ブリッツ
ブリッツ

あの暴徒連中の目的は何なんだ?火事場泥棒に興じようってか?

???
オックフェン

た……助けて……

???
オックフェン

助けてくれ!誰でもいい!助けてくれよォ!

???
オックフェン

ま……まだ死にたくねぇんだ……チクショー……

ミアーロ
ミアーロ

門番さんです!

アッシュ
アッシュ

待ちなさい、あなたはここでジッとしてて。

アッシュ
アッシュ

私が見に行くわ。

オックフェン
オックフェン

……こうなると知ってりゃこんな仕事受けるんじゃなかったぜ……

オックフェン
オックフェン

こんなとこで死にたくねぇよ……

オックフェン
オックフェン

誰だアンタ!

アッシュ
アッシュ

動かないで、足が折れてるわよ。

オックフェン
オックフェン

よ……傭兵……

オックフェン
オックフェン

殺さないでくれ!頼むッ!本当にカギの居場所はわからねぇんだ!俺はただの門番だからッ!

オックフェン
オックフェン

信じてくれ!本当に知らないんだッ!

アッシュ
アッシュ

落ち着いて!私は助けに来たのよ。

オックフェン
オックフェン

アンタ……あいつらの仲間じゃなかったのか……

オックフェン
オックフェン

助けてくれ!助けてくれェ!

アッシュ
アッシュ

だから!落ち着いてって!

アッシュ
アッシュ

ケッツ!先生を連れてきて!

ミアーロ
ミアーロ

オックフェンさん……足が……

オックフェン
オックフェン

アンタは……あの感染者の先生じゃないか!

オックフェン
オックフェン

神に感謝だ!

ミアーロ
ミアーロ

動かないで、まずは足を診させてください……

ブリッツ
ブリッツ

こりゃあいい、屋内が何もかもしっちゃかめっちゃかに漁られてる。

アッシュ
アッシュ

外から見るより屋内がだいぶ狭いわね。

ブリッツ
ブリッツ

隠し扉に、仕切り、それに強化外壁、セーフハウスなんてどこもこんなものだろ。

アッシュ
アッシュ

これはなにかしら?

ブリッツ
ブリッツ

無線設備じゃないか?こんなグチャグチャになるまで叩き壊されちまって。

ブリッツ
ブリッツ

でかい上に、ちょっと古いな。この世界にもこんな設備があったとはな。

アッシュ
アッシュ

ここには車だってあったのよ、無線があってもおかしくはないでしょ。

アッシュ
アッシュ

私たちが以前住んでたボロ小屋にも別の「廃品電機」もあったじゃない、冷蔵庫、扇風機に、湯沸かし器……あの廃品に電気が通るものは一つもなかったけど。

アッシュ
アッシュ

この無線設備も、私たちが以前手に入れた車同様ね。

ブリッツ
ブリッツ

そのマシンにはどれも黒い結晶を入れた装置が備わってた、きっとあれが機器類のエネルギー源なんだろう。

オックフェン
オックフェン

イテテテテテ!もうちょい優しくしてくれ先生!

ミアーロ
ミアーロ

我慢してください!

ミアーロ
ミアーロ

……これでよし、そんなにひどいケガじゃなかったです、骨も折れてませんでしたよ。

アッシュ
アッシュ

あなたはここの責任者なの?

オックフェン
オックフェン

ここは……ロドスの出先事務所だ。俺は……俺はここの門番ってだけだ。

ブリッツ
ブリッツ

当ててやろう、あの暴徒たちがここに突っ込んできて、お前に地下室を開けるように迫ってきた、しかし門番の責務を全うするべく、ずっとバカなフリをしていたら、タコ殴りされて、連中がお前をここに捨て去ったってことだろ?

オックフェン
オックフェン

……そんなもんだよ。

オックフェン
オックフェン

待て、なんで地下室のことを知ってるんだ?

ブリッツ
ブリッツ

引っかかったな、実は俺たちはその暴徒の仲間だ、わざわざお前を仕留めるために来た。

オックフェン
オックフェン

へ??

アッシュ
アッシュ

ケッツ!

ブリッツ
ブリッツ

そうカッカしないでくれ、ちょっと雰囲気を正そうとしただけだ。

オックフェン
オックフェン

アンタら……アンタらは一体なにモンなんだよ?

ミアーロ
ミアーロ

安心してください、コーエンさんたちはいい人です、ずっと感染者区域の住民たちを守ってくれたんです。

オックフェン
オックフェン

感染者区域も襲われたのか??

オックフェン
オックフェン

クソ……もうめちゃくちゃだ。

オックフェン
オックフェン

領主の衛兵隊は?トゥーラ領主の衛兵隊はどうしたんだよ?

ミアーロ
ミアーロ

衛兵隊はずっと現れませんでした、きっと彼らにも何かあったんじゃないかと……

アッシュ
アッシュ

門番さん、あなたの助けが必要なの。

オックフェン
オックフェン

俺に何ができるってんだよ?今じゃ立つこともままならないってのに。

アッシュ
アッシュ

病に罹った町民たちも襲われたの、感染者区域の人員も建築も損傷が激しい。

アッシュ
アッシュ

だからここのセーフハウスを開けて、彼らを避難させてほしいの。

オックフェン
オックフェン

それは……

ブリッツ
ブリッツ

その代わり、お前たちの安全は俺たちが守る、信用してくれ。

オックフェン
オックフェン

でも……でも……

オックフェン
オックフェン

俺はロドスと契約を結んだんだ、このセーフハウスはすべてロドスの資産に属してる。

オックフェン
オックフェン

俺にそんな権利は……

オックフェン
オックフェン

……

オックフェン
オックフェン

……クソォ……感染者だもんな……

オックフェン
オックフェン

わかったよ、職より命のほうが大事だもんな。

ミアーロ
ミアーロ

ありがとうございます!オックフェンさん!

タイトルとURLをコピーしました