アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】R6Sコラボ OD-6「領主邸宅攻防戦」前半

ドラッジ
ドラッジ

こうして会うのはいつぶりだ、俺のかわいい妹よ?

ドラッジ
ドラッジ

半年、一年、それとももっと前か?

ピジャール
ピジャール

ドラッジ、領主衛兵隊への襲撃、領主邸宅への攻め入り占拠、これは謀反だぞ!

ドラッジ
ドラッジ

謀反か、フッ、クク。

ドラッジ
ドラッジ

お前も知っているだろ、ピジャール。

ドラッジ
ドラッジ

あのジジイの腐った頭の中ではまだ自分の感染した……あぁ、劣化した資産を守り抜きたいと思っている。

ドラッジ
ドラッジ

だったらお前は当分そいつの席には座れそうにないぞ。

ドラッジ
ドラッジ

だから落ち着けよ、妹よ。

ドラッジ
ドラッジ

こいつを見てみろ、このオモチャはクルビアの熱心なスポンサーから頂いたものだ。

狡猾なレプロバは自分の背後にある設備を叩いてみせた。

ドラッジ
ドラッジ

TSW-2号超音波衝撃装置、ハイクオリティな工業製品、まだ実戦には投入されていないテスト兵器だ、ちとサイズがでかすぎるのが唯一の欠点だがな。

ドラッジ
ドラッジ

こいつを町に仕込ませるのに、随分と手間がかかった。

ドラッジ
ドラッジ

それとお前を豪邸からおびき寄せるためにも、それなりの時間を費やしてしまったもんだ。

ドラッジ
ドラッジ

それでかわいい妹よ、お前の素晴らしい武術は何か役に立ったか?お前の堅固の意志が何かを起こしてくれたか?

ピジャール
ピジャール

……

ドラッジ
ドラッジ

こっちの友人たちを見てくれ、このサルカズの友人たちを。

ドラッジ
ドラッジ

こいつらは融通が利かない普通の魔族野郎じゃないんだぜ、こいつらもクルビアからやってきて、金のために仕事をしている。

ドラッジ
ドラッジ

これがどういう意味かわかるか?

ドラッジ
ドラッジ

つまりこいつらはさらなる発展を意味しているんだよ、お前もジジイも永遠に理解できないもののな。

ドラッジ
ドラッジ

利益が十分に高ければ、金はお前の想像をはるかに超える力を集めてくれる。

ドラッジ
ドラッジ

ジジイが頑なに続けてきたクソみたいな理念は、今頃どこに行っちまったんだろうなぁ?

傭兵
傭兵

ボス、大きな部屋からこんなものを見つけた。

ドラッジ
ドラッジ

寄越せ。

ドラッジ
ドラッジ

おっ、バイエル酋長の領主委任状じゃねぇか。

ドラッジ
ドラッジ

ペラッペラの紙、ヒョロヒョロなサイン、レンガみたいなバイエル文字、それと黒ずんだハンコ。

ドラッジ
ドラッジ

フンッ。

ドラッジ
ドラッジ

ジジイは?

傭兵
傭兵

いなかった、すべての部屋を隅々まで探したが、屋内には大勢の町民しか見つかってない、お前の言うジジイはいなかった。

ピジャール
ピジャール

父はもう亡くなった、今は私がアインタウィルの領主だ。

ピジャール
ピジャール

領主に歯向かうことは、酋長に歯向かうことと同じ、お前はもうこの大罪から逃れられんぞ!

ドラッジ
ドラッジ

それがお前とあのジジイが考え出した策略ってわけか?

ドラッジ
ドラッジ

ククク……

ドラッジ
ドラッジ

ははははは……

(打撃音)

ピジャール
ピジャール

うぐっ!

ドラッジ
ドラッジ

ジジイはホントますますバカになったもんだ。お前らは酋長に頼れば俺たちをやり込めるとでも思っているのか、ホント甘っちょろくて笑いそうだぜ。

ドラッジ
ドラッジ

死罪だァ?

ドラッジ
ドラッジ

ジジイが誇りに思ってたレプロバ衛兵隊なら町に中で頭と身体がバラバラになって寝転がってるよ。

ドラッジ
ドラッジ

一番厄介な領主衛兵隊はもういなくなった、もう俺を止められるヤツはいないと思うぜ?

ピジャール
ピジャール

このイカレたクズめ!彼らはお前が幼いころからお前を見守ってくれた者たちなんだぞ!それをよくも……

ドラッジ
ドラッジ

俺の道を阻んだのがいけなかったんだ。

ドラッジ
ドラッジ

それはお前も同じだ。

ドラッジ
ドラッジ

俺たちが血の繋がってる兄妹であることに免じて、もう少し分かりやすく説明してやるよ、お前にも理解してもらうためにな、妹よ。

ドラッジ
ドラッジ

ああ、今のお前はサルゴンの一領主だ、それは間違いない。

ドラッジ
ドラッジ

じゃあ俺は?俺は一族に追い出された流浪人だ。

ドラッジ
ドラッジ

だがそこから数年後、お前が不慮の事故で亡くなった後、俺が再び自らバイエル王家に赴いてやる。

ドラッジ
ドラッジ

俺がこの血統と、鉱石産業と莫大な財をもって酋長に忠誠心を見せてやれば、また新たにアインタウィルを俺に分け与えてくれるだろ?

ピジャール
ピジャール

貴様ッ!

ドラッジ
ドラッジ

もう一つだけもしも話を立ててやるよ、お前がもし就任して間もない間に戦場で亡くなってしまった場合だ。

ドラッジ
ドラッジ

俺がお前の遺体を酋長に献上してやる、もしそれでお前が不死の軍団の一員になれたら、俺もそれでより多くのメリットを得られるだろ?

ピジャール
ピジャール

ドラッジ、この卑劣な恥さらしめ!

ドラッジ
ドラッジ

そうカッカすんなって、妹よ。

(シュヴァルツが裏で走る音)

ドラッジ
ドラッジ

当然だが、さっき話したのは全部もしもの話だ、もしもである以上事実にはならない、俺はお前と腹を割って話がしたいんだよ。

ドラッジ
ドラッジ

だって俺はお前に一番ふさわしい結末をもう用意してあるからな。

ドラッジ
ドラッジ

この身体についてる石ころが見えるだろ?

ドラッジ
ドラッジ

そんなに感染者を守ってやりたいのなら、お前もそいつらと一緒になるといいさ。

ピジャール
ピジャール

ドラッジィ!

ドラッジ
ドラッジ

お前がそれで死んだら、山の洞窟に埋めといてやるよ。

ドラッジ
ドラッジ

そうすれば、お前もジジイも俺がどうやって鉱脈から源石を掘り出し、アインタウィルをバイエル鉱業の中心地に変える経緯が見えるってもんだろ。

ドラッジ
ドラッジ

どうした、黙りこくっちまって?

ピジャール
ピジャール

……貴様は自身の家族を、この土地を裏切った!呪ってやる、ドラッジ、苦しみながら死ぬがいいッ!

ドラッジ
ドラッジ

お好きにどうぞ、かわいい妹よ、いくらでも呪うがいいさ、まだ口が話せるうちにな。

ドラッジ
ドラッジ

まあ話はこんなもんだ。

ドラッジ
ドラッジ

(クルビア語)おいお前、ちょっと来い。

(サルカズ傭兵が駆け寄ってくる足音)

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

(クルビア)ボス、用件か。

ドラッジ
ドラッジ

(クルビア)この感染者どもを科学者のところに連れて行け。

ミアーロ
ミアーロ

ゴホッゴホッ……ゲホ……

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

(クルビア語)わかった、俺が科学者のところまで連れて行こう。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

(クルビア語)この若いのはどうする?もうダメそうに見えるが。

ドラッジ
ドラッジ

(クルビア語)生きてようが死んでようが全員連れて行け。

ドラッジ
ドラッジ

(クルビア語)それと俺の妹だが。

ドラッジ
ドラッジ

(クルビア語)こいつは感染者にしちまえ、お前らサルカズ人ならやり方はわかるだろ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

(クルビア語)わかった。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

(クルビア語)だがそれは契約で指定された仕事内容に含まれていない、やってほしいのなら報酬を上乗せしてくれ。

ドラッジ
ドラッジ

(クルビア語)黙って従え。長く見据えるんだ、俺たちの事業が成功して、鉱山の運営が始まった暁には、金をいくらでもわけてやる。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

お前はいいお兄ちゃんを持ったな。

ピジャール
ピジャール

(目を閉じる)

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

(武器をかざす)

(矢で射たれる音とサルカズ傭兵が倒れる音)

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

なっ……

傭兵
傭兵

まだ敵がいたぞ!盾を構えろ、ボスを守るんだ!

(矢で射たれる音と傭兵が倒れる音)

傭兵
傭兵

ぐわぁ!

ドラッジ
ドラッジ

どうした!

傭兵
傭兵

ボス、まだ敵がいた!

ドラッジ
ドラッジ

領主衛兵隊は全員殺ったんじゃなかったのか!

傭兵
傭兵

見えた!見つけたぞ!あれは……

(矢で射たれる音と傭兵が倒れる音)

傭兵
傭兵

ぐあッ!

ドラッジ
ドラッジ

術師、はやくバケモノどもを起こせ!

???
術師傭兵

ちょっと待ってください……えっと……これをこうして……

傭兵
傭兵

はやくしろ!

(矢で射たれる音)

傭兵
傭兵

ああああ!肩が!俺の肩が!

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

慌てるな、敵の所在は?

傭兵
傭兵

わ……わからねぇ!

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

まずは撤退だ、敵はクロスボウを持っている、開けた場所でボケっとするな!

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

ドラッジの旦那を守れ、傷一つつけさせるわけにはいかん!

傭兵
傭兵

見つけたぞ!フェリーンだ!

傭兵
傭兵

気を付けろ!撤退!撤退だ!

シュヴァルツ
シュヴァルツ

……

ピジャール
ピジャール

お前は……ロドスの……

シュヴァルツ
シュヴァルツ

動けますか、レプロバさん?

ピジャール
ピジャール

かたじけない……

???
源石変異体

グルル……

???
術師傭兵

よし、動いたぞ。

???
術師傭兵

もうあいつらに勝ち目はないぜ、ははは。

ドラッジ
ドラッジ

フンッ、あの老いぼれが作ったオモチャでもこういう時にゃ役に立つな。

ドラッジ
ドラッジ

ほかの者もバケモノと一緒にかかれ、あいつらを片付けろ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

了解した。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

ここだと敵が多すぎます、あなたを無事離脱させられる保証はできかねます。

ピジャール
ピジャール

それだけでも十分だ。

ピジャール
ピジャール

私の武器はどこだ?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

何をするつもりですか?

ピジャール
ピジャール

ドラッジをここまで好きにさせたのは私の落ち度だ。

ピジャール
ピジャール

眠る父に合わせる顔がない……

ピジャール
ピジャール

しかしたとえ私が死のうと、必ずあの逆徒の心臓をえぐり取ってアインタウィルへの手向けにしてやる!

シュヴァルツ
シュヴァルツ

落ち着てください、敵が多すぎます、そんなことをしても無駄死にするだけです、あなたはこの町のためにも生き残らなければなりません。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

すでにこちらの仲間に信号を送りました、じきに到着すると思います。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

ボス、例の傭兵とロドスの連中が攻めてきた。

ドラッジ
ドラッジ

ビビる必要はない、この邸宅は難攻不落だ、傭兵数人程度に何ができる。

ドラッジ
ドラッジ

それより術師にバケモノを操ってあのフェリーンを片付けさせろ。ほかの者は入口を死守するんだ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

了解した。

アッシュ
アッシュ

目標の状況を報告。

ブリッツ
ブリッツ

敵は敷地の壁を防衛線として展開、スナイパーも、壁の後ろにもガタイのいい傭兵がゴロゴロいる。

ブリッツ
ブリッツ

いつものアレをやるんだな?

アッシュ
アッシュ

あの程度の壁なんて、私たちもナメられたものね。

アッシュ
アッシュ

それじゃあ彼らにも私たちの実力を見せてやりましょうか。

(爆発音)

フランカ
フランカ

壁に大きな穴が開いた?そんなテクニックもあるのね。

アッシュ
アッシュ

制圧射撃!突入!

タチャンカ
タチャンカ

了解した!

(銃撃音)

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

ヤツらの侵入を許すな、やっちまえ!

リスカム
リスカム

邪魔!

(閃光)

ブリッツ
ブリッツ

まだまだァ!

(閃光)

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

クソ野郎が!スナイパーは!スナイパーは何をやってるんだ!

レンジャー
レンジャー

スナイパーならもうとっくに居なくなっておるぞ。

(打撃音)

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

ぐはッ……

(サルカズ傭兵が倒れる音)

アッシュ
アッシュ

外壁を突破!やるわね、おじいさん。

レンジャー
レンジャー

警戒を緩めるな、まだたくさん残っておるぞ。

フロスト
フロスト

待って、連中が何かを持ち出したわよ?

フランカ
フランカ

あれって……

リスカム
リスカム

伏せてッ!

(爆発音)

情けの欠片もない実験兵器が強烈な衝撃波を放った、巨大な轟音は雲まで響き渡り、粉々になった建物の残骸がそこら中に飛び散った。

フランカ
フランカ

ゴホッゴホッ……アタシの耳が。

リスカム
リスカム

大丈夫?

フランカ
フランカ

大丈夫。

リスカム
リスカム

ほかのみんなは……

フロスト
フロスト

私は平気、まだ内蔵はズキズキするけど……

アッシュ
アッシュ

……なんなのよあの兵器は?

フランカ
フランカ

あいつらなんであんなものまで持ってるのよ。

リスカム
リスカム

ヴォルヴォドコチンスキーの実験兵器……まさかあんなものまで持ってたなんて。

レンジャー
レンジャー

こりゃ厄介じゃぞ。

(爆発音)

アッシュ
アッシュ

また来る!遮蔽物に隠れて!

ブリッツ
ブリッツ

あんなのを食らったら絶対お陀仏だぞ。

傭兵
傭兵

ボス、あ、あいつらに壁を突破されちまった。

ドラッジ
ドラッジ

連中が制圧されてるところが目に見えねぇのか、何をビビってやがる?

ドラッジ
ドラッジ

まずは俺の妹とあのフェリーンを片付けろ、それからこっちで残りを殺る。

ドラッジ
ドラッジ

どう見てもこっち側が有利だ、あとは数人多めにぶっ殺すだけだ。

(斬撃音)

ピジャール
ピジャール

五匹目!これがお前のバケモノとやらか?ドラッジ!私の前に出てこいッ!

(斬撃音)

ピジャール
ピジャール

六匹目!薄汚く醜いバケモノ共め、来るがいいッ!まとめて肉片にしてやるッ!

シュヴァルツ
シュヴァルツ

落ち着いてください、ピジャールさん、体力を無駄に消耗しすぎです。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

数が……多すぎますね。

ミアーロ
ミアーロ

ダメです……ゴホッゴホッ……

ミアーロ
ミアーロ

ピジャール様……シュヴァルツさん……

シュヴァルツ
シュヴァルツ

先生!

ミアーロ
ミアーロ

みなさん……ゴホッ、ゲホッ……逃げてください!

ミアーロ
ミアーロ

バケモノが、来てしまいます……

シュヴァルツ
シュヴァルツ

……何をするつもりですか?

感染者の朝は、太陽と共に死も地平線からやってくる。
ミアーロはこの言葉を決して忘れることはなかった。

ミアーロ
ミアーロ

(い……痛い。)

全身が痛い。

ミアーロ
ミアーロ

(ここはどこ……ぼくは気絶していたのか?)

ミアーロ
ミアーロ

(これは……)

ピジャール
ピジャール

……貴様は自身の家族を、この土地を裏切った!呪ってやる、ドラッジ、苦しみながら死ぬがいいッ!

ミアーロ
ミアーロ

(ピジャール様が……地面に跪いている?)

ミアーロ
ミアーロ

(一体何が起こったんだ?)

ミアーロ
ミアーロ

(ッ……痛い……)

ミアーロ
ミアーロ

ゴホッゴホッ……ゲホッ……

全身が痛い。
鉱石病が発症したのかな……

ミアーロ
ミアーロ

(これは……血?)

ミアーロ
ミアーロ

(あぁ……)

ぼくはもうすぐ死ぬんだ。

ミアーロ
ミアーロ

(痛い……寒い。)

ドラッジ
ドラッジ

(クルビア)この感染者どもを科学者のところに連れて行け。

ドラッジ
ドラッジ

(クルビア語)わかった、俺が科学者のところまで連れて行こう。

ドラッジ
ドラッジ

(クルビア語)この若いのはどうする?もうダメそうに見えるが。

ドラッジ
ドラッジ

(クルビア語)生きてようが死んでようが全員連れて行け。

ドラッジ
ドラッジ

(クルビア語)それと俺の妹だが。

ドラッジ
ドラッジ

(クルビア語)こいつは感染者にしちまえ、お前らサルカズ人ならやり方はわかるだろ。

ミアーロ
ミアーロ

(この人たちは……感染者に何をするつもりなんだ?)

ミアーロ
ミアーロ

(立てない……)

ミアーロ
ミアーロ

(あれは誰だろう……)

邸宅屋敷の壁の影に、こちらを狙っているクロスボウが見えた。

ミアーロ
ミアーロ

(シュヴァルツさん……)

ミアーロ
ミアーロ

(一人だけだ……)

ミアーロ
ミアーロ

(ぼくも力にならないと……)

ミアーロ
ミアーロ

(ハッ……結局最後はやっぱりこれを使うしかないんだね。)

ミアーロ
ミアーロ

みなさん……逃げてください……

シュヴァルツ
シュヴァルツ

何をするつもりですか!

ミアーロ
ミアーロ

ぼくのことはいいですから!はやく逃げて!

シュヴァルツ
シュヴァルツ

あれは精錬された源石錠剤?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

一体何を……

シュヴァルツ
シュヴァルツ

!!

ミアーロ
ミアーロ

アーツを使うのは……久しぶりだなぁ。

「源石製品を爆発させるアーツ?珍しいものだな。」
「そんなアーツを持ってるんだったら、兵隊に入ったほうがいいんじゃねぇの?なんで医者なんかになったんだ?」
「はぁ……まあ好きにしろ、俺からしたらちょっと勿体ないと思うけどな。」

ミアーロ
ミアーロ

(まだやりたいことがたくさん残ってるのになぁ。)

ミアーロ
ミアーロ

(まだ死にたくないなぁ……)

ミアーロ
ミアーロ

(医者の責務は命を救うこと、ぼくは今……救ってるんだよね……)

そして感染者の少年が走り出した。

(爆発音)

傭兵
術師傭兵

目がッ!目がアアアアッッ!アアアアッ!

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

立て!陣形を維持するんだ!

ドラッジ
ドラッジ

ゴホッゴホッ……ゲホッ。

ドラッジ
ドラッジ

一体何が……何が起こったんだァ!

傭兵
傭兵

変異体が、変異体がコントロールを受けなくなった!

ドラッジ
ドラッジ

なんだとォ?

ドラッジ
ドラッジ

超音波発生装置は?

傭兵
傭兵

あのクソガキの爆発で壊された!

傭兵
傭兵

何もかもコントロールが効かなくなっちまった!どうすりゃいい!?

(矢で射られる音)

傭兵
傭兵

ぐわッ!

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

あのフェリーンがまた攻撃し始めた。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

盾を構えろ、ボスを守るんだ!

ピジャール
ピジャール

ドラッジィィィ!

ピジャール
ピジャール

その命で償うがいいィィッッ!

ドラッジ
ドラッジ

お前ら何をモタモタしてやがんだ!

ドラッジ
ドラッジ

今すぐこいつら全員を殺せッ!

ドラッジ
ドラッジ

今度はなんだァ!?

リスカム
リスカム

見つけました、全員ここにいます。

アッシュ
アッシュ

人員救助が先よ、撃て!

タイトルとURLをコピーしました