アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】遺塵を歩む WD-3「サボテンの砂丘」行動前

十三年前
8:09p.m. 天気/大雪
ヴィクトリア辺境自治区、ダラム、ヴィンセント荘園

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

なんて美しい雪の夜なのだろうか、紳士淑女たち、ようこそおいでくださった、さあさお入りください、使用人たちに雪を払わせましょう、そして暖炉のところで暖を取ってくださいませ。

???
煌びやかに纏った商人

伯爵様、ご機嫌麗しゅう、盛大なパーティですことね。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

これはこれは、ミス・ダイアナ、新年の前夜でお会いできて、こちらも至極光栄でございます。

???
煌びやかに纏った商人

恐縮でございますわ。伯爵様、こちらカジミエーシュからもってきたプレゼントでございます。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

なんと美しいペンダントなんだ!ありがとうございます、ミス・ダイアナ、そちらの旦那様にもぜひよろしくお伝えくださいませ、ささ、屋内へどうぞ、雪であなたの美貌を隠すわけにはいきますまい。

???
煌びやかに纏った商人

まあ、お世辞がお上手だこと。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

おお、これはこれは、“麦畑男爵”ではございませんか!

???
慎み深い男性貴族

私は伯爵のお目にかかれるような人ではございませんが、それでも厚かましく参加させて頂きますぞ!

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

]何をおっしゃいますか、私たちはみな心の底からあなたを尊敬しておりますとも、ご自分を養える人を尊敬しない人などいませんよ、ははは!

???
慎み深い男性貴族

はは、伯爵の言う通りですな、来年の収穫時期の際は、また是非とも拙宅にいらしてください、ダラム最大の風車と小麦粉の香りがあなたをお出迎え致しましょう。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

もちろんですとも、この雪が過ぎた来年には、きっとまた大豊作間違いなしでしょう。

???
慎み深い男性貴族

ありがたいお言葉です。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

ささ、はやく中へ入って暖を取ってくださいませ、夜にはあなたが最も愛する香ばしいパンをご用意しております――もちろん、そちらの農場から出た最も細やかで最も香ばしい小麦粉で作られたものですよ。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

伯爵は?入られないのですか?時間もそろそろ頃合いかと……残りのお客人は使用人たちに任せればよいじゃないですか。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

そうですね、けど大丈夫です、私自らお客人を出迎えることがめっぽう好きでございましてね、みな麗しいお方ばかりだ、貴族だろうと商人だろうと、修道士だろうと兵士だろうとね。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

ダラムはなんと素晴らしいところなのでしょうね、そう思いませんか?

???
慎み深い男性貴族

やれやれ、あなたというお方は……

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

おや、どれどれ、あちらはアリゾナ家のご夫妻、それに灯台の見張り役のお方も、それと……

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

ん?

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

オホン。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

私が最も尊敬する同級生、演説の天才であるトムソンが病を患ったと聞いた、雪風に耐えながらこちらに赴くには忍びないと思い、トランスポーターに私からの祝福を預け送り出したはずだが――

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

なのに、どうしてここに――コソコソしてる可愛らしいトランスポーターがいるんだろうね!

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

それッ!

ハイジ
???

キャッ!

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

やあ、ハイジ、お久しぶりだね?

ハイジ
ハイジ

ヴィンセント叔父様、髪をかき乱さないでくださいまし!せっかく時間をかけてセットしたのに!

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

おお、これはすまん。しかし、ハイジも大きくなったな、今じゃ立派なレディじゃないか。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

しかし!君のお父上から君が今日来るとは知らされていないんだがね、おじさんに正直に話してごらん、また抜け出してきたんだね?

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

それと、君はまだ若いんだ、その恰好をお父上に見られたら、また色々言われてしまうぞ?

ハイジ
ハイジ

もう叔父様ったら!わたくしはグチグチ言われたくないから、こっそり抜け出してきましたのよ!

ハイジ
ハイジ

それに今日叔父様は色んな名だたる方たちをお呼びしてるらしいじゃないですの、気になって仕方がありませんでしたわ。それに、お父様もいつまでも教室に引きこもってないで見識を広めてこいと言われてますの、ちょうどよい機会じゃありませんか。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

本当はここでナイスガイとの出会いを期待していたんじゃないのかい?お父上から聞かされているぞ、最近何やら低俗な恋愛小説にハマってるらしいじゃないか、いつもそれに悩まされていると嘆いていたぞ。

ハイジ
ハイジ

そ、そ、そんなことありませんわ、わたくしはもうそんな幼稚な女の子じゃありませんのよ、あはは、はは。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

君のお父上はいいことを言う、ロマン主義はよいものだが、消費を目的とした生活を欺瞞せんとする真相や、題材を搾取するために読者に媚びへつらう文字など、一文にも値しないとな。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

この点に関して、ダラムは君のお父上を見習わなければいかんな。

ハイジ
ハイジ

オホン、叔父様、もうその辺で勘弁してくださいまし、恥ずかしいですわ……

ハイジ
ハイジ

お父様もお父様ですわ、若い頃は他人にグチグチ言ってたくせに、結局自分も最後は商人になってしまわれて……学会のわたくしの先輩が、いっつもそれを持ち出してきますのよ、もううんざりですわ。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

それも生活のためさ、仕方ない。まあ、君たち親子のためでもあるんだ、彼が若かった頃も、人から認められないといつも私に悩みを打ち明けていたよ、それで彼の様子は最近どうなんだい?

ハイジ
ハイジ

相変わらずですわ、冬が過ぎたら、また元気になりますわ。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

つまり君はご両親が忙しい時を狙って、母上の衣服を拝借し、私の宴会にやってきたというわけだね?

ハイジ
ハイジ

そうで――あ、いやそうじゃなくて、学習を目的とした、お父様のご指導に沿ってやってきただけですわ。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

ハイジ……

ハイジ
ハイジ

あはは、目をつむって頂けませんか?

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

君も相変わらずわがままだね、こんな大雪の日に、万が一来る途中で事故にでも遭ったら、どうやって君のお父上に説明してやればいいんだい?

ハイジ
ハイジ

あ、あはは……ほら叔父様、もう日が暮れてますのよ、わたくしを突っ返すわけにもいかないんじゃなくて?

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

まったく君という子は、ならはやく屋内へ入りなさい、風邪を引いちゃうからね。

ハイジ
ハイジ

やったぁ!叔父様大好きですわ!

ハイジ
ハイジ

あれ、でも叔父様、まだ誰かを待っているのですの?叔父様を雪だるまにさせてまで待つに相応しい賓客がまだいらして?

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

ああ、ラテラーノから素敵な修道士様がいらっしゃるんだ。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

去年君の叔母様がなんの病に罹ったのか、熱がまったく引かなくてね、その修道士様のおかげで治ったんだよ。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

その後仲良くなってね、よくそちらに訪ねに行ってたよ、その方は医療分野だけでなく、各ジャンルにもとても精通していてね、本当に見識が広がるよ。

ハイジ
ハイジ

へぇ……叔父様がそんなに評価されるのでしたら、さぞかしご立派なお方なのでしょうね?

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

そりゃもちろんさ、もしああいう方をヴィンセント家に尽くしてくれるのであれば、この地はより一層発展するに違いない。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

この前ロンデニウムに赴く際、その修道士様も友人としてご同行に誘たんだ、君の叔母様の退屈しのぎも兼ねてね、ただ生憎、彼女はちょうど別件があっていけなくてね。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

そのため今日は、何としても皆さんにこの有識者を紹介したいと思いパーティに招いたんだよ。

ハイジ
ハイジ

叔父様……そのラテラーノの修道士様は……紳士の方なのでしょうか?慇懃無礼なサンクタなのですか?年齢はいくつでいらして?

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

まったく君は、やっぱりそういう下心を抱いていたね!

ハイジ
ハイジ

聞いてみただけですわよ!

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

]生憎だが、聡明な女性の方だ。サンクタでもないよ。珍しくも、おそらくはフェリーンの修道士だ。ああいう人はとても気に入ってるよ。

ハイジ
ハイジ

オホン……!

ハイジ
ハイジ

お、叔父様、さっきのは聞かなかったことにしておきます、叔母様にも絶対に言いませんので、ご安心くださいまし。

ヴィンセント伯爵
ヴィンセント伯爵

そういう意味で言ったわけではない!まったくそろそろトムソンに君を躾てやったほうがいいらしいな!

ケルシー
ケルシー

申し訳ない、ヴィンセント閣下。

ケルシー
ケルシー

遅れてしまっただろうか?

ハイジ
ハイジ

――――

タイトルとURLをコピーしました