タイムライン風サイトがとりあえず完成しました
アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】覆潮の下で SV-2「吟遊詩人」行動前

3:23p.m. 天気/曇り
イベリア、塩風町

とっくに生気を失ったその町は、潮の匂いがする土地に半ば埋もれていた。

スカジ
スカジ

地図の場所は、ここね。

スカジ
スカジ

……空気中の匂いは、そんないいものではないわね。

スカジ
スカジ

こんにちは。

男性住民
男性住民

……

スカジ
スカジ

あの――

男性住民
別の男性住民

(うなだれながら一言も発さない)

返事をする者は誰もいない。それどころか振り向いてくれる人もいない。みんな目を見開いてはいるが、ピクリとも動かなかった。
彫刻との唯一の区別は、彼らの呼吸だった、みんなとてもゆっくりと呼吸していた。

スカジ
スカジ

……

スカジ
スカジ

……バケモノかしら?

その場にいる人はみな人間の面貌をしていた、あまりにも痩せこけ、ズタボロの衣服をまとっていることを除けば、道半ばに出会ったイベリア人と大差ない、ホセが描述したバケモノとはあまりにもかけ離れていた。

スカジ
スカジ

みんな人だ。

スカジ
スカジ

(イベリア語)

スカジ
スカジ

今は言葉が変わったのかしら?

スカジ
スカジ

(少し訛りを加えたイベリア語)

スカジ
スカジ

……

それでも誰からも返事はなかった。
スカジは箱を握っている手の力を強めた。
外でなら、彼女には他人の口を割れさせる方法なんていくらでもある。しかしその前提として、相手が彼女の言葉を理解している必要がある。

スカジ
スカジ

……まあ、今の私は吟遊詩人だし。

スカジ
スカジ

詩人はこんなことはしない。ホセさんも言っていたわね。

???
???

九十九……

一つの小さな影が街を横切った。

スカジ
スカジ

誰かが話している。

(スカジの走る足音)

スカジは急いで追いかけた。

???
???

九十九。

(スカジの走る足音)

……子供?数字をブツブツ言ってるわね。

スカジ
スカジ

聞き間違いじゃないわ。

スカジ
スカジ

ねぇあなた――

スカジ
スカジ

私のネックレスが……

スカジ
スカジ

待ちなさい!

子供は彼女の手からするりと抜け出した。その子は身を翻し、より奥の路地へと走っていった。

???
幼い住民

九十九、九十九……

(スカジの走る足音)

スカジ
スカジ

逃がさないわよ。

???
幼い住民

うっ……うぅ……

スカジ
スカジ

どうして私のものを盗むの?私をここに連れて来させるため?

スカジ
スカジ

ん?

地面にはトラップが設置してあったがスカジはそれを踏み壊してしまった。

スカジ
スカジ

穴一つに、縄数本。外にいるしつこい連中が仕掛けたもののほうがこれより数倍はマシね。

スカジ
スカジ

あなたたち、出てきなさい。

スカジ
スカジ

私もそっちに用があったからいいけど。早くしてちょうだい。

陰になってる場所で、数体の“彫刻”が息を吹き返し、ゆっくりとスカジへ近づいてきた。

男性住民
男性住民A

彼女怪しい。

男性住民B
男性住民B

そうだな、プランチャ、こんな人、見たことがない。

男性住民
男性住民A

私も見たことがない。

スカジ
スカジ

喋れるじゃない。

男性住民
男性住民A

お前は誰だ。

スカジ
スカジ

流浪する吟遊詩人。

男性住民
男性住民A

吟遊詩人、何だそれは。

男性住民B
男性住民B

プランチャ、そいつと喋るな。

男性住民
男性住民A

見ない顔だな。その格好も、変だ。ここの者じゃないな。何しに来た?

スカジ
スカジ

一つ聞きたいことがあるんだけれど。

男性住民
男性住民A

お前のその服、新しい。

スカジ
スカジ

私の仲間に会ったことはないかしら?

男性住民
男性住民A

お前いい身体をしているな。飯をたらふく食えているのだろう。

スカジ
スカジ

彼女は私が来る前に来たんだけど。

男性住民
男性住民A

その箱、重いみたいだな。

スカジ
スカジ

楽器だから軽くはないわ。

男性住民
男性住民A

お前のその手に待ってるの、怪しい。

スカジ
スカジ

あなたたちが持ってるハープじゃない、見た目もほとんど一緒でしょ。

スカジ
スカジ

(ハープを弾く)

男性住民
男性住民A

耳、辛い。武器に違いない。

スカジ
スカジ

言えなくもないわ。

男性住民B
男性住民B

プランチャ、こいつ、怪しい。放っておけ。話すの、疲れる。

男性住民
男性住民A

バンコを。放せ。

スカジ
スカジ

バンコ……それってこの子のこと?

スカジ
スカジ

彼に何かするつもりはないわ。私からものを盗んだの。とても、大事なものを。

男性住民
男性住民A

その子のものを奪いに来たのか。

スカジ
スカジ

……

スカジ
スカジ

自分のものを取り返しに来ただけよ、それと話が通じる人もほしいわ。

男性住民
男性住民A

私たちの子に、触るな。

男性住民
男性住民A

私たちのものを、奪うな。

スカジ
スカジ

ん?

男性住民
男性住民A

私たちの規則を、破るな。

男性住民B
男性住民B

プランチャ、お前どんどん近づいて行ってるぞ。何をするつもりだ。

男性住民
男性住民A

こいつは私たちの子を傷つけようとしている、私たちのものを奪おうとしている、私たちの規則を破ろうとしている。

男性住民B
男性住民B

こいつは俺たちの姉妹じゃないのか?もしそうだったら、彼女にも分け前があるはずだ。

男性住民
男性住民A

こいつは違う。

スカジ
スカジ

……話が通じないわね。

スカジ
スカジ

ほかをあたるわ。

男性住民
男性住民A

行かせない。

男性住民B
男性住民B

待て、プランチャ……

男性住民B
男性住民B

うわぁ!

(男性住民Bが穴に落ちてコケる音)

男性住民B
男性住民B

こ、ここに穴があるぞ。

男性住民
男性住民A

フエゴが掘った穴だ。忘れたのか。

スカジ
スカジ

へぇ、それが役に立つとは思わなかったわ。

男性住民
男性住民A

よそ者、ここは私たちの場所だ、お前が来ていい場所ではない!

タイトルとURLをコピーしました