タイムライン風サイトがとりあえず完成しました
アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】覆潮の下で SV-2「吟遊詩人」行動後

スカジが意識を失った現地の住民たちに目をくれながら、地面に置いていた箱を引っ提げた。

女性住民
女性住民

……こ、こんにちは。

スカジ
スカジ

ん?まだ一人いたの。

女性住民
女性住民

ま、待って……私は彼らとは違う。あなたが悪い人じゃないのも分かるから。

スカジ
スカジ

私の話が通じるのね。

女性住民
女性住民

あなたはバンコを追いかけてここに来たのよね。

???
幼い住民

う、ううぅ……フエゴ、フエゴの……

スカジ
スカジ

この子が逃げるから、追いかけただけ。

女性住民
女性住民

私たちに悪意はないのね。

スカジ
スカジ

この子が私のものを返してくれればね。

女性住民
女性住民

え?

女性住民
女性住民

ば、バンコ……何を盗んだの?

???
幼い住民

キラキラ……キラキラしてる……硬い……痛い……うううぅ……

女性住民
女性住民

それは食べちゃダメだよ!は、はやくペッしなさい!

女性住民
女性住民

ごめんなさい、バンコは見たことないものがあると取っちゃう癖があるの。取っちゃいけないものが彼には分からないの。

スカジ
スカジ

(ネックレスを受け取る)

女性住民
女性住民

うわ、よだれまみれ……手を汚しちゃってごめんなさい。

スカジ
スカジ

取り戻せたから気にしないわ。

女性住民
女性住民

見ない顔ね。外から来たの?

スカジ
スカジ

ほかのイベリアの町から来たわ。

女性住民
女性住民

ほかの場所から来た人なんて珍しいね。

女性住民
女性住民

それにその衣装……変ね。こんな布生地見たことないわ。外の人たちはみんなこんな服を着てるの?

スカジ
スカジ

こんな装いをするのは吟遊詩人だけよ。

女性住民
女性住民

ぎんゆう……しじん?プランチャたちにもそんなこと言ってたけど、それって何なの。

スカジ
スカジ

私みたいにあちこち行って、たまにその地に留まって、ハープを弾いて、歌を歌う人のことよ。

女性住民
女性住民

じゃあその箱はなに、何が入ってるの?

スカジ
スカジ

サックス。

女性住民
女性住民

さっくすって何?

スカジ
スカジ

楽器よ。

女性住民
女性住民

本当に吟遊詩人なの?

スカジ
スカジ

ええ。

女性住民
女性住民

(ボソボソ)

女性住民
女性住民

じゃああなたは何しに来たの?歌を歌いに来たの?

スカジ
スカジ

人を探しに来たの。

女性住民
女性住民

その人って誰?同じ吟遊詩人なの?

スカジ
スカジ

そうよ。私の仲間であり、僚友なの。

女性住民
女性住民

その人も塩風町に来ているの?

スカジ
スカジ

そうよ。見かけてないかしら?

女性住民
女性住民

その人がどんな見た目してるのかすら教えてくれてないじゃない……まあいいわ!さっきも言ってたけど、私一度もあなたみたいな人を見たことがないの。

スカジ
スカジ

ほかの人にも尋ねたいわ。案内してくれる?

女性住民
女性住民

案内?私……あのトラップを仕掛けた人なのよ。とっくに知ってるのかと思ってた。

スカジ
スカジ

気にしないわ。

女性住民
女性住民

私を責めないの?少なくとも……私も懲らしめるのかと思ってたわ。

スカジ
スカジ

行きましょ。時間が惜しいわ。

女性住民
女性住民

わかった……

スカジ
スカジ

……

女性住民
女性住民

きゃ!

女性住民
女性住民

きゅ、急に立ち止まってどうしたの……箱にぶつかっちゃった、いたた。

スカジ
スカジ

言いい忘れてたわ。この箱に入ってる中身だけど、あなたの役に立たないわよ。

スカジ
スカジ

私の人探しを手伝ってくれたら、これ以外であなたの欲しいものなら、何だったあげるわ。

女性住民
女性住民

いやそんな、ただちょっと気になってただけだよ……そんなに分かりやすかった?

スカジ
スカジ

あなたが仕掛けたトラップ同様分かりやすかったわ。

女性住民
女性住民

へぇ……詩人さん、腕利きだけじゃなくて、察しもいいんだね。

男性住民
住民

九十八……

男性住民B
住民

九十九……

スカジ
スカジ

……

スカジ
スカジ

あなたたちって、どうやって尋ねればいいの?

女性住民
女性住民

え?あなたは普段外でどうやって尋ねてるの?

スカジ
スカジ

(ドンっと背負ってる箱を下ろす)

スカジ
スカジ

これで尋ねてる。

女性住民
女性住民

え?さ……サックスで?楽器で人に尋ねてるの?

スカジ
スカジ

……ええ。

スカジ
スカジ

ブーブー、ブォン、パフ。

女性住民
女性住民

……結構変な音色を奏でるんだね。

スカジ
スカジ

効率はいいわ。普通ならすぐにあっちから聞いてくる。

スカジ
スカジ

それでも喋らないのがいたら、曲を変えて、もう一回吹けばいい。

女性住民
女性住民

じゃあここだと通用しないと思うなぁ。

スカジ
スカジ

かもね。

スカジ
スカジ

(箱を撫でる)

スカジ
スカジ

でなければ、さっきの二人も、もう口を割いてるかもしれない。

女性住民
女性住民

プランチャたちのこと?あの二人もきっと楽器のことは知らないと思うよ。ここの人たちって、普段自分のやることしかやらないの、あんまり他人のことも気にしないし。

女性住民
女性住民

それにみんな、えっと、口数が少なくてね。知ってても、あんまり答えてくれないよ。

スカジ
スカジ

あなたは私に話しかけてきたじゃない。

女性住民
女性住民

……まあ私は他と比べてちょっと違くて、変だから。

スカジ
スカジ

あなたは彼らより流暢に話をしてるわ。

女性住民
女性住民

そうなの?それは嬉しいわ。これもペトラお婆さんのおかげね。

女性住民
女性住民

そうだ、まだほかの人を尋ねたいのなら、ペトラお婆さんのところまで案内してあげるよ。彼女はここ一番の年長者だから、知ってることも多いと思うよ。

スカジ
スカジ

じゃあ頼むわ。

女性住民
女性住民

わかった、じゃあ詩人さん、こっち行こ。

スカジ
スカジ

こっち?

男性住民
住民

九十九、九十九……

男性住民B
住民

九十九……

女性住民
女性住民

彼らのことが気になるの?放っておいても大丈夫だよ、みんなただ立ってるだけだから。道はちょっと狭いけど、彼らに触れちゃっても大丈夫だよ、特に反応することもないし、だよね、メサ?

男性住民
住民

……

スカジ
スカジ

……

女性住民
女性住民

えぇ?ジャンプして――頭上を飛び越えた?ど、どうやったらそんなことができるの?全然下の人に触れなかったし。

女性住民
女性住民

外の人たちってみんなそんな感じなの?すごーい!

女性住民
女性住民

ついたよ!

女性住民
女性住民

ペトラお婆さん!ペ――ト――ラ――お婆さん!

(女性住民が駆け寄る足音)

老齢の住民
老齢の住民

大声を出さないでおくれ、あたしの鼓膜を破裂させたいのかい?

女性住民
女性住民

えへへ、お婆さん、今日も元気だね!相変わらず――えっと、日向ぼっこしてるの?

老齢の住民
老齢の住民

日向ぼっこね……フッ、ここに太陽なんかあると思うかい。何年も待ち続けてきたのに、太陽なんて一度も現れたことないよ。

老齢の住民
老齢の住民

アニータ、あんたはまた何をしてるんだい?いっつもあちこち走り回って、まるで大事でも起きたようじゃないかい。

老齢の住民
老齢の住民

……こんな場所に、大事なんてあるもんかい?

女性住民
女性住民

ペトラお婆さん、私は別に用はないよ、ただあなたに会いたい人がいるわ。

女性住民
女性住民

――あれ、詩人さんは?

スカジは町の向こう側を眺めていた。
そこに人影は一人もいない、少なくともそう見える。

スカジ
スカジ

……

(女性住民が寄ってくる足音)

女性住民
女性住民

急にここに来てどうしたの?

スカジ
スカジ

誰かが見てる。

女性住民
女性住民

そう?どこにいるの?私には見えないけど。

スカジ
スカジ

うまく身を隠しているわ。でも、まだまだね。

女性住民
女性住民

なんでそんなに警戒しているの?吟遊詩人なんでしょ?歌を歌ってる時とか、みんなに見られるのは慣れてるはずなんじゃないの?

スカジ
スカジ

……そうね。

女性住民
女性住民

なら行こ!今日のペトラお婆さんは機嫌がいいから、何か聞いたら分かるかもしれないわよ。

街の片隅で、老女は一本の柱の周りをぐるぐると回っていた。
身はよろけていて、足取りもふらついていた。

老齢の住民
老齢の住民

天の赤き霞よ、我が紅の装束に映えらん……愛しい人よ、あたしを青き海へと連れて行っておくれ……

女性住民
女性住民

ペトラお婆さん、何をしてるの?

老齢の住民
老齢の住民

アニータ、ああ、悪い子のアニータ!あたしがダンスを踊ってるのが見えないのかい?

老齢の住民
老齢の住民

女子がダンスを踊ってる時は、誰だろうと邪魔しちゃいけないのよ。あんたも一緒にどうだい、アニータ?

女性住民
女性住民

わ……私は分からないからいいや。

女性住民
女性住民

ゆっくり踊ってね、めまいを起こしちゃったら大変だから。

老齢の住民
老齢の住民

お黙り!あたしがめまいを起こすわけあるかい?一気に十数ターンを回ることだってできるのよ、そしたら町中から拍手が起こるわ!

老齢の住民
老齢の住民

あたしは……ゴホゴホッ……

女性住民
女性住民

少し休んだほうがいいよ。吟遊詩人さんがあなたを訪ねてきたのよ、あなたに聞きたいことがあるって。

老齢の住民
老齢の住民

吟遊詩人?ここ数十年一度も吟遊詩人なんか見たことない。

老齢の住民
老齢の住民

この日差し……日差しが長すぎるわ。どうして夜はまだ来ないのよ。日が暮れたら、酒場でハープを弾く人が現れるわ……あんたもそこに行って弾くのかしら?

老齢の住民
老齢の住民

あたしたちは広場でダンスを踊る、そう、ここで……ああ、まだまだターンを回れるわ。

老齢の住民
老齢の住民

あたしは赤いスカートを持ってるんだけど、お嬢ちゃん、あたしに言わせれば、あたしのスカートはあんたのなんかよりもよっぽどキレイだよ。

老齢の住民
老齢の住民

たくさんの男たちがあたしと踊りたがっていたわ。彼らの中で、あたしはマヌエルが一番好きだった、若い頃なんかとてもハンサムだったのよ。

女性住民
女性住民

はいはい、ペトラお婆さん、それもう何回も聞いたよ。

老齢の住民
老齢の住民

もう一度聞いておくが、誰があたしを尋ねてきたって?

老齢の住民
老齢の住民

あたしを探してると言うのはあんたかい、その赤いスカート、綺麗だねぇ。

老齢の住民
老齢の住民

赤色の……いや、いやだ……赤色はいやだ。

老齢の住民
老齢の住民

海だ!海は生きているんだ!

女性住民
女性住民

ヤバッ、また始まっちゃった……

老齢の住民
老齢の住民

……突如湧き上がってきたんだ。みんな死んだ!普通に……みんな普通に暮らしてただけのいい人だったのに。生き残った連中は食い物にもありつけなくなった。

老齢の住民
老齢の住民

マヌエル……マヌエルはあたしを連れて行ってくれるって言った。でも後で彼は後悔した。出て行った連中はみんな帰ってこなかった、みんな外で死んだって言ったんだ。

女性住民
女性住民

それももう聞いたよ。

老齢の住民
老齢の住民

そしたら彼はあたしを守ると言ってくれた。あたしに約束もしてくれたんだ――あたしを守ってくれるって!でも彼はあたしを騙してたんだ――

老齢の住民
老齢の住民

彼はあたしが隠していた食い物を全部騙し取ろうと――ゴホゴホッ、あたしはいいよと彼に嘘を言った、母が残してくれた銀の花瓶を拾って――ゴホゴホッゴホゴホッ――

老齢の住民
老齢の住民

赤色……あたしの好きな赤色の……いや、いやだ……

女性住民
女性住民

ペトラお婆さん、ペトラお婆さんってば!もういいよ、それを話し出すと、いっつも息絶え絶えになっちゃうんだから。

女性住民
女性住民

今日私が連れてきたこの人は、別のことを聞きたいんだって。

老齢の住民
老齢の住民

何を?誰が?

女性住民
女性住民

彼女だよ、外からやってきた吟遊詩人さん。

女性住民
女性住民

人探ししてるんでしょ、はやく聞いちゃいなよ!まだペトラお婆さんが答えられる今のうちにさ。

スカジ
スカジ

こんにちは――

老齢の住民
老齢の住民

あんたは誰だい?

スカジ
スカジ

吟遊詩人。人を探してるの。私と同じ感じで、外からやってきた人を。

老齢の住民
老齢の住民

外――外からやってきた人だと!ウソを言うな!

老齢の住民
老齢の住民

外からこんな場所に来る人なんているはずもない、彼らはとっくにあたしらを見捨てたんだ……

老齢の住民
老齢の住民

あたしの食い物を奪いに来たんだろ?あたしの食い物を、服を奪いに来たんだ、あたしの肉を、あたしの血を啜りに――

老齢の住民
老齢の住民

バケモノ!このバケモノめ!

スカジ
スカジ

(眉をひそめる)

女性住民
女性住民

お婆さん、ここにバケモノなんていないよ。彼女はただの吟遊詩人だってば。

老齢の住民
老齢の住民

赤いスカート……赤い……見つけた、歌声が……聞こえてきた……マヌエルがあたしを待っているんだ、行かねば、もう行かねば……

老齢の住民
老齢の住民

……愛しい人よ、我が赤き装束に映えらん……紅の装束……

女性住民
女性住民

はぁ。

女性住民
女性住民

ごめんね、今日のペトラお婆さんは調子が悪いそうなの、ここに連れてくるべきじゃなかったかもね。

女性住民
女性住民

先にお婆さんを部屋に連れて行くから、詩人さん、ちょっとだけ待っててね。

(女性住民が寄ってくる足音)

女性住民
女性住民

お待たせ詩人さん、まだあなたを見てる人を探してたの?

斜め向こう側に黒い影がいたがより暗い陰影の中へ隠れていった。

スカジ
スカジ

平気。

スカジ
スカジ

まだ表に出てない面倒事は、牙を出してない小さな獣みたいなもの。放っておくわ。

女性住民
女性住民

ペトラお婆さんどうしちゃったんだろ……

スカジ
スカジ

彼女はハープも、ダンスも知っていた。話し方からして外の人っぽかったわ。

女性住民
女性住民

そうなの?どうりで、彼女色んなことを話してくれるけど、聞いてもわかんない話ばっかりだったよ。

スカジ
スカジ

私をバケモノとも言っていたわ。

女性住民
女性住民

わざとそんなことを言ってるわけじゃないよ。お婆さんはよく目に見えないものが見えるの、まるでいつも夢を見ているようなのよ。

スカジ
スカジ

……みんなそうよ。

女性住民
女性住民

ちょっと気分がすぐれないから、探してる人のこと聞けなくなっちゃったね。

スカジ
スカジ

残念だわ。

女性住民
女性住民

詩人さん、焦らなくても大丈夫だよ。

女性住民
女性住民

私が住んでるところにはまだほかにも兄弟たちがいるから。あとで彼らのところに連れてってあげるよ。彼らが口を利いてくれるかは分からないけどね。話が通じない時とかしょっちゅうあるからさ。

スカジ
スカジ

兄弟?

女性住民
女性住民

うん、兄弟。あなたもイベリア人なんでしょ、そっちもこんな風に呼ばないの?

女性住民
女性住民

私のお母さんは私以外の子供がいなかったの、でもね、私にはほかにもたくさんの兄弟や姉妹がいるのよ。町のみんなは兄弟姉妹、法律でそう書かれているから。

スカジ
スカジ

……

スカジ
スカジ

まだそんなのを信じているのね。

女性住民
女性住民

でも実際そうでしょ?私の小さい頃とか、あとペトラお婆さんから聞いた話だと、昔のあの暗い日々で、私たちはみんな間違いを犯したの。

女性住民
女性住民

あの時はみんな自分のことしか考えてなくて、自分の家に引きこもって、全然人と話もしなかったよ。缶詰を掘り出して、それに、えっと、喧嘩をしょっちゅうしてたわ。

女性住民
女性住民

でもそれから状況がどんどん良くなっていったの。みんな一緒に住むようになって、たまに話を交わすようにもなった。みんな、えっと、喜びを分かち合うようになったのよ。

女性住民
女性住民

――「みな生き延びたい、だからお互いをより愛そう。愛ゆえに、我々は密接な関係にあり、強盗も、争いもしてはならない。」

女性住民
女性住民

「己を強くし、さらには一族をより強くする、そこからより良い生活を送れるようになる。」ってね。

スカジ
スカジ

耳に馴染む言葉ね。

女性住民
女性住民

そうなの?司教様が言ってたわ、外にいるみんなもこれを信じているって。

女性住民
女性住民

言い忘れたけど、これは全部司教様が私たちに教えてくれた言葉だからね!

女性住民
女性住民

毎回色んなことを教えてくれるんだ……ほとんど理解できないけど、でもさっき言ったことを除けば、みんなを兄弟として扱うこと、みんなに優しくすることだけは憶えているよ、いいことなんだし当然だよね?

スカジ
スカジ

司教が?

女性住民
女性住民

そうだよ。彼もあなたと同じ、外からやってきたんだよ。まあ大分昔のことになるけどね。

女性住民
女性住民

あの方が来てくれたからこそ、私たちの暮らしも良くなったの。あの方も私たちの兄弟みたいなものよ。

スカジ
スカジ

その人はいつも一人なの?

女性住民
女性住民

ほとんど一人でいることが多いかな。ああ、プランチャたちによれば、もう一人いるらしいよ。

スカジ
スカジ

それって誰?

女性住民
女性住民

見たことないから分からないかな。彼女もそんな顔を出すような人じゃないし。昔司教様が私たちに教えてくれたんだけど、その人は司教様の背後に立ってるんだって。だから私はチラッと見かけただけかな。

スカジ
スカジ

そう。

女性住民
女性住民

どうしたの……そんな焦っちゃって、どこか行きたいところでもあるの?

スカジ
スカジ

教会に行くわ。

女性住民
女性住民

教会への道は分かる?

スカジ
スカジ

あなたたちの教会、そんな見分けがつかないような建物じゃないわ。

女性住民
女性住民

でも道はちょっと難しいよ。ここからずっと海辺まで行かないといけないからね。じゃあ、私が方向を案内してあげるよ。

女の子はスカジを連れて長い長い道を歩んだ。
教会の尖塔がすぐ目の前に見えるところまで、二人は海岸に近づいてきた、しかし実際はまだまだ遠い距離があった。

(スカジ達の足音)

女性住民
女性住民

立ち止まってどうしたの?

スカジ
スカジ

……

スカジ
スカジ

ついてきてる。

女性住民
女性住民

なに?何の話?

スカジ
スカジ

あのしつこい獣たちが。

女性住民
女性住民

おかしいなぁ、その獣だけど、動物のことを指してるんだよね?ここに生きてる動物なんていないよ、とっくに全部いなくなったからね!

スカジ
スカジ

気にしないで、進みましょ。

女性住民
女性住民

まあいいか、外から来たお客さんだし、お好きなように。

(スカジ達の足音)

女性住民
女性住民

見えた?あそこだよ。

女性住民
女性住民

でも私たちこの時期に教会には行かないよ。

スカジ
スカジ

入る方法ならあるわ。

女性住民
女性住民

そりゃ入れるよ、私たちもね。教会の門はいついかなる時でも信じる者ために開かれる、あの司教様が言ってたからね。でも……人を探しているんだよね?

女性住民
女性住民

司教様ならこの時期に教会にはいないよ。

スカジ
スカジ

いつここに来るの?

女性住民
女性住民

毎回同じ時期になると、あっちから私たちの目の前に現れてくれるんだ、そして親切に誰とでもお話を聞いてくれるの。

女性住民
女性住民

聞きたいことがあるんだったら、その時に彼を尋ねるといいよ。どんなことでもきっと答えてくれるはずだよ。

女性住民
女性住民

現れた当日から、二日目の太陽が昇る時まで、ずっと教会にいてくれるから。

女性住民
女性住民

そうだ、人探しも助けてくれるんだった!あの司教様なら、きっと私たちより知ってること多いはずだしね!

スカジ
スカジ

その時期っていつなの?

女性住民
女性住民

うーん、暫くの間司教様を見てないからなぁ。私は彼らと違って、あんまり日数とか数えないし。でもたぶんこの二日ぐらいじゃないかな?みんなの食べ物ももうすぐ尽きそうだしね。

スカジ
スカジ

そう。

女性住民
女性住民

変だなぁ、いっつも“そう”って言うけど、本心で答えてるようには聞こえないんだけどなぁ。

女性住民
女性住民

いやダメダメ、司教様も言ってた、人を疑っちゃダメだって。はぁ、みんないっつも私は考えすぎだって、そんなんじゃ良い暮らしのためにはならないって言ってくるしなぁ。

スカジ
スカジ

それも彼から言われたの?

女性住民
女性住民

あはは、司教様はそんなこと言わないよ、じゃないととっくに説教の途中で抜け出してるよ。

女性住民
女性住民

プランチャたちに言われたんだよ、みんなうるさいって言ってくるんだよ。私だって好きで考えてるわけじゃないし。ここにいる人たちはみんな、静かすぎるんだよ。

女性住民
女性住民

みーんな黙っちゃってる時とか、つまんないから、一人でベラベラ喋るしかないんだから仕方ないじゃない。

女性住民
女性住民

昔はペトラお婆さんしか話し相手はいなかったなぁ。でも今はあなたもいるから、私嬉しいよ。あ、もしかしてあなたもうるさいって思ってる?

スカジ
スカジ

……

スカジ
スカジ

私が来たところは、あなた以上に口が止まらない人がいるわ。

女性住民
女性住民

じゃあ、そこはきっといい場所なんだね。

スカジ
スカジ

……そうかもね。

女性住民
女性住民

あなたがいた場所って、みんなダンスが踊れるの?さっきペトラお婆さんが言ってたように、広場でダンスパーティーが開かれるの?

スカジ
スカジ

たまにはね。

女性住民
女性住民

じゃあなんであなたは踊らないの?ハープは持ってるのに。

女性住民
女性住民

ペトラお婆さんが言ってた。あなたたちって歌いながら踊るんじゃないの?

スカジ
スカジ

私のダンスは……あなたたちには見せられないわ。

女性住民
女性住民

どうして?

スカジ
スカジ

時も、場合も、目の前に人も、全部違うから。

女性住民
女性住民

あなたって変わってるね、私よりも変わってるよ。あなたのお家は一体どこにあるの?あなたが来た場所にいる人たちって、みんなあなたみたいに変なの?

スカジ
スカジ

(ハープを弾く)

スカジ
スカジ

私が来た場所は、家ではないわ。

スカジ
スカジ

私は自分の家すら見失ってしまった、お家はもうないの。

女性住民
女性住民

そんなの気にしなくていいよ。私もとっくに失くしてるよ、数年前にすごい風が吹いて、家が崩れちゃったから。お母さんは当時部屋にいたから、それで亡くなっちゃったんだけど。

スカジ
スカジ

……

女性住民
女性住民

でも大丈夫。みんな同じようなもんだから。家がなくなったのなら、人が住んでないところをまた探せばいいし。ここは部屋ならたくさんあるからね。

女性住民
女性住民

そうだ、ダンスはダメなんだったら、歌を聞かせてもいいかな?

女性住民
女性住民

私ほかの人の歌なんて一度も聞いたことがないの。

スカジ
スカジ

いつかね。

女性住民
女性住民

やったぁ!

女性住民
女性住民

あ、こんなに歩いたから、お腹空いちゃった。

女性住民
女性住民

あなたもお腹空いたんじゃない?お腹を空かせちゃうと、歌も歌えないでしょ?

女性住民
女性住民

食べ物を探しに行こっか。

スカジ
スカジ

そうね……

女性住民
女性住民

私が速く歩きすぎたせいかな?詩人さんはまだ道がわからないものね、忘れてたよ。

女性住民
女性住民

そうだ、私の名前はアニータ!これから私の名前を呼んでくれれば、もう置いて行ったりしないから。私を呼んでくれれば、いつでも足を止めて待ってあげるからね。

タイトルとURLをコピーしました