アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】覆潮の下で SV-4「海」行動前

スカジ
スカジ
……
審問官
審問官
長官!
大審問官
大審問官
下がっていろ。ヤツはお前の相手ではない。
審問官
審問官
しかし……
大審問官
大審問官
下がっていろ。
審問官
審問官
了解しました!
スカジは目の前の人と十数メートルの間隔があり、お互い静止し睨み合っていた。
スカジ
スカジ
あなた、彼女より強いのね。
大審問官
大審問官
お前はこの町に踏み入るべきではない。
スカジ
スカジ
もう踏み入ってしまってるわ。
大審問官
大審問官
なら規則違反だ、代償は支払ってもらう。
スカジ
スカジ
そんなの知らないわ。
大審問官
大審問官
ここに残るつもりだな。
スカジ
スカジ
……あなたと戦いたくないのだけれど。
審問官
審問官
フン。邪悪なエーギル人め、きっと恐れおののいてるのですね!長官がいる限り、もう逃げられませんよ。
スカジ
スカジ
でも、もしどうしてもというのなら――
スカジ
スカジ
(エーギル語)あなたたちを倒すわ。
一歩踏み出し、加速し、突撃した。
審問官
審問官
速い、さっき私と戦ってた時よりよっぽど速い!
審問官
審問官
あんな速さだと、彼女のスカートにすら攻撃を当てられない……一体まだ何かを隠しているというの!?
大審問官にぶつかる前に、スカジは距離を空けた。彼女は波に打ち上げられた魚のように、空中に高く飛び上がり、そしてボロボロな屋根に落下していった。大審問官はまるで影のようにスカジを捕らえていた。二人は身体をぶつけ合い、後退し、そして再び衝突する。元から満身創痍だった町がこれほどの衝撃を耐えられるはずもなく、街道上の建物が次々と崩れていった。
審問官
審問官
攻撃と回避がどんどん速くなっている、先生も同じだ。私じゃ到底追いつけない。
審問官
審問官
私って……こんなに差があったの!?
審問官
審問官
ダメだ、こんなんじゃダメだ。あれはエーギル人、エーギル人に負けるわけにはいきません。
審問官
審問官
でもあのエーギル人、なんだか、まだあの箱を武器として扱ってるような……何なんですかあの箱は!いくらなんでも頑丈すぎます!
審問官
審問官
でも、先生も拳銃を使っていない。もし使ってたら……一瞬でケリがつくはずですよね?この街もろとも、粉々になるはず。
審問官
審問官
それにしても……あれってエーギル人ですよね?彼女の見た目、あのバケモノとは全然違う……
審問官
審問官
彼女は……何かのアーツを使ってるのでしょうか?全然分からない。私たちのランプも……まったく彼女の力を抑えられていない。
審問官
審問官
――このエーギル人、秘密が多すぎる。
(爆発音) 街全体の振動が徐々に治まった。土埃と煙の中から、年長の審問官が再び姿を現した。
大審問官
大審問官
……
審問官
審問官
長官!やっぱり長官が勝ったんですね。私なら信じてましたよ、誰だろうとあなたには敵いませんからね。
審問官
審問官
あれ、あのエーギル人はどこへ?
大審問官
大審問官
逃げた。
審問官
審問官
え?そんな……まさか?
大審問官
大審問官
怪我をした、そう遠くへは逃げられん。
審問官
審問官
なら私が探して――
大審問官
大審問官
お前じゃ相手にらん。
審問官
審問官
お言葉ですが……だとしてもあのような人を海岸で野放しにするわけにはいきません!
審問官
審問官
向かった方向を見るに、彼女はきっと住民の集合住宅地に向かったんでしょう。おそらく人混みに紛れたと思います、住民の中には彼女を助ける人もいましたから。あとで私が一軒一軒探してきます。
大審問官
大審問官
それが正しいと思っているのなら、好きなようするといい。
審問官
審問官
わかりました――
審問官
審問官
……
審問官
審問官
長官、この町の異常事態は、彼女がもたらしたものなのでしょうか?
大審問官
大審問官
私はお前に状況を見てこいと言ったな。何を見たんだ?
審問官
審問官
この町の人々ですが、みんな異常な行動をとっていました。毎日眠気が覚めていないような様子で。彼らの行動は、目標を達成するための行為じゃありません。食事だって、満腹を得るための行為じゃありませんでした。
審問官
審問官
彼らはみんな海へ向かっていました、しかしみんな入水自殺とは思ってないようです。
大審問官
大審問官
住民たちを制止したのか?
審問官
審問官
はい。けど間違った行動なのは確かです。
大審問官
大審問官
我々が注目すべきは、結果だ。お前は自身の正す行為が正しい結果をもたらしてくれると思っているのであれば、続けるといい。
審問官
審問官
正しい結果ですか……
大審問官
大審問官
もし違ったのであれば、それ相応の選択をするんだ。
大審問官
大審問官
審問官よ――お前は自身の双眼、自身の剣を以て、このイベリア最大の脅威に目を光らせておけ。
審問官
審問官
はい、長官!
審問官
審問官
最大の脅威とは……あの岸に上げってきているバケモノたちのことですよね。
審問官
審問官
まさか、あの海に入ろうとした人たちは、バケモノと何か関係があるというのでしょうか?
審問官
審問官
いや……きっと関係はあるはずですね。
審問官
審問官
先生も言ってました、異常は往々にして単一の現象ではない。この恐ろしい異常には、必ず何か関連性があると。
大審問官
大審問官
問題を解決する前に――まずはその問題の在処を見定めるんだ。
審問官
審問官
わ、分かってますよ!
審問官
審問官
――きっと裏で隠れながら企みを考えているエーギル人に違いありません!
審問官
審問官
ヤツらは岸に潜みながら、私たちの法律の隙間にかいくぐり、私たちの都市の血肉を腐らせ、私たちの同胞の志を動揺させ、私たちの国の根幹を蝕もうとしています。
審問官
審問官
ヤツらの陰謀がことを為す前に、この町が絶望の深淵へ引きずり込まれる前に――
審問官
審問官
私たちで必ず、ヤツらを見つけ出し、抹消します!
(アニータが駆け寄ってくる足音)
アニータ
アニータ
詩人さん……詩人さん?ここにいるの?
スカジ
スカジ
……
アニータ
アニータ
ずいぶん探したよ。審問官もきっとここは見つからないだろうね、なんせ部屋が多すぎる、夜になると、それこそ一苦労だよ。
アニータ
アニータ
分かるよ……私たちを避けてるんでしょ。あなたは私たちが住んでる場所からできるだけ遠くへ離れたいんでしょ。
アニータ
アニータ
ここを見つけ出すのにはホント骨が折れたよ……ふぅ……ここって海岸からすごく近いのね。
アニータ
アニータ
これは波の音かな?こんなに大きかったんだ。それに……呼吸の音も聞こえる。
アニータ
アニータ
詩人さん、ここで何をしてるの?呼吸の音がいつもと全然違うよ。
スカジ
スカジ
あなたたちに危険が迫っているわ。
アニータ
アニータ
それってどういう……あれ、それ、怪我してるの?
スカジ
スカジ
血が流れてる。逃げるわよ!
(審問官が駆け寄ってくる足音)
審問官
審問官
逃げる?させませんよ。
アニータ
アニータ
審問官!?まさかずっと私をついてきて……ぜ、全然分からなかった。
審問官
審問官
一般人にまんまと見つかるような私じゃありませんのでね。オホン、もちろん、あなたを尾行しなくとも、ここを見つけられますけどね!
スカジ
スカジ
またあなた。
審問官
審問官
なんです、怖気づきましたか?
審問官
審問官
さっきのは、オホン、認めましょう、私の落ち度で、危うくあなたを取り逃がすところでした。
審問官
審問官
しかし、エーギル人、今度こそあなたを捕らえますよ!
アニータ
アニータ
で、でも、彼女は怪我を――
審問官
審問官
ん?あなたは私を妨害して、その危険なエーギル人を守ろうとするつもりですか、市民?だったら、あなたも彼女と同罪になりますよ!
アニータ
アニータ
わ、私は……
審問官
審問官
あなたはほかの人とは違いますね。少なくとも、恐れている目をしています。
審問官
審問官
今のところ、あなたはまだ過ちを犯していませんよ。さっさとどきなさい!私もあなたに剣を向けたくないんです。
スカジ
スカジ
まだよ――
審問官
審問官
何がまだなんですか?あなた……私を舐めてます?私じゃあなたを捕まえられないと?
審問官
審問官
ふん、まあ私は確かに長官ではありませんからね。けどこっちもすでに準備はしてきたんです。
審問官
審問官
私は全力で、あなたを対処します!
剣が鞘から出る前に、スカジは審問官の腕を掴み――自身の背後へと引っ張っていった。
審問官
審問官
なっ、どういうつもりですか?
スカジ
スカジ
声を出さないで。
審問官
審問官
放してください、この生臭いエーギル人め、私の手を抑えれば剣は使えないと思わないでください、こっちにはまだ拳銃が――
スカジ
スカジ
うるさい、アレに見つかる。
審問官
審問官
むごご……もう一本の手も……抑えられて……
アニータ
アニータ
ねぇ、聞こえるかな、何か音がするよ?
アニータ
アニータ
聞こえるわ……粘っこい何かが地面を這ってるような……それにたくさんいる……外にいるらしいね。
アニータ
アニータ
これって……何なんだろ?私たち人間が出した音じゃなさそう、今まで聞いたこともないし……
スカジ
スカジ
近づいてくる。
大審問官
大審問官
数が、増えてる。
大審問官
大審問官
原因はなんだ、ここの人たちか、それとも彼女たちか?
(斬撃音)
大審問官
大審問官
十匹――
(斬撃音)
大審問官
大審問官
二十匹。
大審問官
大審問官
――まだまだ増えている、そして進んでいる。何かがヤツらを海岸へ上がらせ、町に誘い込んでいるんだ。
大審問官
大審問官
そして来ている方向には――
大審問官
大審問官
教会か。
(斬撃音)
???
主教
ふむ、彼らも興奮しておるな。
???
グレイディーア
……本当にこんなモノを愛でるつもりですか?
???
主教
言葉遣いに気を付けろ。彼らは“こんなモノ”などではない。彼らはすでにこの海の一部、海の嗣子となったのだ、君なんかよりよっぽど純粋だよ
???
グレイディーア
……
???
主教
ああ……潮汐は至った。今晩は特別な夜になるぞ。
???
主教
彼らはきっと匂いを嗅ぎつけたのだろう。同胞が加わった時、彼らはいつも躍起になり、焦り出す、あまつさえ海面に浮上して、陸に上がって迎え入れようとする。
???
主教
まあいたって普通のことだ。我らはみな己の兄弟と姉妹たちを愛しておるからな。
???
グレイディーア
本当にヤツらをご自身の兄弟と思っているのですか?
???
主教
違うとでも言いたいのかい?必要があれば、私はあの陸で今も二足歩行せねばならない連中のことも兄弟と称するさ。
???
主教
もし君が最も汚れた雑種の血が流れていなければ、いずれ君もその機会を得ただろうに。
???
グレイディーア
ほう?それは誠に遺憾だこと。
???
主教
(海水に触れる)
???
主教
面白い。今夜は……彼らも予想外に元気なようだ。きっとたくさんの新旧の友人が訪れてきたからなのだろうな。
???
主教
気にならないかい?上で一体何が起こってるのかを。
男性住民C
男性住民C
……うるさい。
男性住民D
男性住民D
本当にうるさい。寝つけられない。
男性住民C
男性住民C
頭に布団を被せよう。
男性住民D
男性住民D
何も聞こえない。
男性住民C
男性住民C
何も見えない。
男性住民B
男性住民B
……
男性住民B
男性住民B
うぅ……腹が減った……
男性住民C
男性住民C
腹が減った。
男性住民D
男性住民D
減った。
男性住民B
男性住民B
プランチャ……
(打撃音)
アニータ
アニータ
きゃ!
審問官
審問官
うわあああ――
スカジ
スカジ
来た。
審問官
審問官
な、何なんですかこれは!?黒い……花?それとも魚?なんで動いてるんですか?気持ち悪い、うえ……
審問官
審問官
まさか……いやでも、それじゃ辻褄が合いません!
アニータ
アニータ
窓を叩いてる!もしかして……入ろうとしているの!?
(打撃音)
審問官
審問官
は、入らせてはダメです!
審問官
審問官
戸締りをしっかりと――
アニータ
アニータ
無駄だよ、ここの窓は元から壊れてるんだから、ほら上を見て、あちこち隙間だらけ……
審問官
審問官
――なんか伸ばしてきた!
(窓が割れる音と斬撃音)
審問官
審問官
うわぁ、まだ動いてる!こんな小さい一塊にも関わらず、地面をビチビチと這いながら、私たちに向かってきている!?
審問官
審問官
こんなモノ……なんでこんなにしぶといんですか!
アニータ
アニータ
数が多すぎるよ……外にもまだたくさんいる。
(斬撃音)
審問官
審問官
斬っても斬っても終わりが見えません!
審問官
審問官
私のランプ……はダメみたいですね、ヤツらになんの効果もない。
審問官
審問官
……弾丸もあと一発しかないし。
アニータ
アニータ
し、審問官さん!?
審問官
審問官
動かないでください!銃を撃ちますので、そしたら二人は奥へ逃げてください。廃墟なら少なくともこんなボロ窓よりは頑丈かと思います。
アニータ
アニータ
でも手が震えて……
審問官
審問官
聖なる経文よ……私に力をお与えください。
審問官
審問官
こ、コイツらなんかもう怖くありませんよ!
審問官
審問官
すぐに外に出て、殺せるだけ殺します、たぶん少しは時間稼ぎになるかと思いますので、二人ははやく逃げてください……
スカジ
スカジ
……
スカジ
スカジ
あなた、この子を連れて奥に逃げて。
審問官
審問官
へ?何を言ってるんですか!あなたの目は節穴ですか?私じゃこんな数――対処しきれないんですよ!もうすぐコイツらが押し寄せてきます。屋内も屋外も大差ありませんよ!
スカジ
スカジ
よく聞いて、ドアや窓からはなるべく離れるのよ。
審問官
審問官
ちょっとは人の話を聞き――
スカジ
スカジ
私が行くわ。コイツらを引き離す。
審問官
審問官
なんですって!?
アニータ
アニータ
詩人さん、出ちゃダメだよ……
アニータ
アニータ
あなたはすごいよ、私が今まで見てきた誰よりも強い、でも今は怪我をしてるじゃない!それにあの変なヤツら、か、数が多すぎるよ!
アニータ
アニータ
審問官さんも、どうか行かないで……
アニータ
アニータ
一緒に隠れよ?わ、私ここに食器棚があるの知ってるんだ、しかもちゃんと閉められるよ、すぐ後ろの部屋にあるから、三人で頑張って詰めたら、たぶん……
スカジ
スカジ
私が行かないとダメなのよ。そうしないと、あなたたちを死なせてしまう。
審問官
審問官
ちょっと、エーギル人、英雄気取りならまだあなたの番じゃありませんよ!
スカジ
スカジ
よく聞いて。これはあなたたちとはなんの関係もないことなの。
スカジ
スカジ
だって――アレらの目当ては私だから。
スカジはドアを開けた。久しぶりの匂いが潮風に運ばれて脳裏へと入り込んでいった、未だかつて陸には属さない生き物たちがぎっしりと街道を埋め尽くしていた。生き物たちは上下に蠕動し、呼吸し、委縮した、腐敗と長命を模したその行いで、文明という岸が生き物たちの身躯によって陥落した。
???
バケモノA
……
???
バケモノB
……
???
バケモノC
!!!
スカジはまた一歩足を前に出した。
この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました