アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】覆潮の下で SV-6「拒食」行動後

女の子は素直に目を閉じ、手を放した。

彼女の足に纏わりついていた力もすぐさま消え失せた。様々な細かい物が水に落ちる音も彼女の耳に届く。海面に触れる直前、彼女はとある力に引っ張り上げられ、地面へと落ちた。

――顔から落ちたのだ。

アニータ
アニータ

ゴホゴホゴホ……

スカジ
スカジ

……相手が人だと、力加減と角度の制御が難しいわね。

アニータ
アニータ

わ、私は大丈夫だよ……

スカジ
スカジ

(自分の匂いを嗅ぐ)

スカジ
スカジ

血でも流れたのかしら。

スカジ
スカジ

なんでアイツらはまだ興奮してるのかしら?ここにいる恐魚の数って元からこんなに多いの?

アニータ
アニータ

昨日のバケモノのこと?

スカジ
スカジ

そんな感じ。

アニータ
アニータ

前まで見かけなかったけどなぁ。

スカジ
スカジ

数日間はここに近づかないほうがいいわ。はやく戻りなさい。

アニータ
アニータ

詩人さん。

スカジ
スカジ

……スカートを引っ張らないで。小さい子供じゃないんでしょあなた。

アニータ
アニータ

そうじゃなくて……自分の欲しがってるモノが何なのかが分かったの。私あなたの歌が聞きたい。

スカジ
スカジ

そう……

アニータ
アニータ

だって……私歌が何なのか分からないんだ。あなたが寝てる時鼻ずさんでいたのを聞いたぐらいだよ。それでも全然何を歌ってるのか分からなかったけど。

スカジ
スカジ

分かったわ。

アニータ
アニータ

それって、歌ってくれるってこと?じゃあ約束ってヤツになるのかな?

スカジ
スカジ

そうかもね。

スカジ
スカジ

(眉をしかめる)

スカジ
スカジ

私のハープはどこ。

アニータ
アニータ

あれ?ホントだ、詩人さん、ハープをどこにやったの?

スカジ
スカジ

……戻って探すわ。

アニータ
アニータ

分かった、じゃあ一緒に探してあげるね。

アニータ
アニータ

もしかして、私と一緒に戻ってくれるってことなの?や、やったぁ!

スカジ
スカジ

……

スカジ
スカジ

それって……そんなに嬉しいことなの?

男性住民B
男性住民B

……

(アニータの足音)

アニータ
アニータ

やっほー、セニーザ、おはよう!

男性住民B
男性住民B

プランチャ……

アニータ
アニータ

そうだ、プランチャはどこ?あなたたちってずっと一緒にくっついてたじゃん。

男性住民B
男性住民B

プランチャ。

アニータ
アニータ

あなたがジッと見つめてる方向って……海……だよね?

アニータ
アニータ

まさか、昨日赤い貝殻を引き当てた人って、プランチャなの?

アニータ
アニータ

はぁ……

男性住民B
男性住民B

フエゴ、俺の病気がまたひどくなったみたいなんだ。

男性住民B
男性住民B

胸がずっと苦しい、張り裂けそうだ。

男性住民B
男性住民B

食欲もまったくない。だから俺に話しかけないでくれ。

アニータ
アニータ

……はぁ。

(スカジの足音)

アニータ
アニータ

詩人さん、再びようこそ我が家へ!

老齢の住民
老齢の住民

うっ……あっ……

スカジ
スカジ

お婆さんが……

アニータ
アニータ

ペトラお婆さんはまだお休み中なんだ。昨日一緒に戻ってから、ずっとこうして寝てるんだよ。

アニータ
アニータ

たぶんだけど、彼女も体力を消耗してたから、疲れたんだと思う。まさか割り込んできて、審問官にあんな激昂するとは思わなかったよ、いつもと全然違ってた。

スカジ
スカジ

そうね。彼女は……すごい人だわ。審問官を撃退したんだもの。

老齢の住民
老齢の住民

ふっ……はっ……

アニータ
アニータ

審問官を……撃退した!?詩人さん、そんなことを言って、もしあの審問官さんに聞かれたら、きっとまたすっごく怒っちゃうよ。

スカジ
スカジ

そんなの知らないわ。

スカジ
スカジ

もしまた来るというのなら……

アニータ
アニータ

またあなたに突っかかってくるのかな?

スカジ
スカジ

……誰に突っかかっても同じよ。

スカジ
スカジ

(箱を撫でる)

アニータ
アニータ

そうだ、ハープを探さなくちゃ!

スカジ
スカジ

ちょっと待って。

アニータ
アニータ

え?

スカジ
スカジ

あなたの頭の上。

アニータ
アニータ

わ!緑色のネバネバがいっぱい……な、なにこれ?

スカジ
スカジ

海藻ね。

アニータ
アニータ

さっきズッコケた時に引っかかっちゃったのかな?

スカジ
スカジ

たぶん。

アニータ
アニータ

この海藻って……使えるの?海草とそれほど変らないようだけど。風干ししたらベッドに敷けるのかな?ペトラお婆さんは腰が悪いから、ちょうど使えそうだね。

スカジ
スカジ

……貸して。

スカジ
スカジ

貝殻を使って海藻を摺りつぶすの。この粘液は洗い流さないで。

スカジ
スカジ

それから海水を入れて、海藻が浸るぐらいに。この小瓶に入れて、封をする。そして半年間寝かす。

スカジ
スカジ

瓶の液体が淡い緑色になったら、発酵できたことになる、そしたら飲めるわ。

アニータ
アニータ

……詩人さん。

スカジ
スカジ

どうしたの?どこか聞き逃したところでもあった?

アニータ
アニータ

あなた……今まで私にそんな一気に話してくれなかった!

スカジ
スカジ

そうね。

スカジ
スカジ

貝殻も捨てないで、綺麗に洗って干したら、お酒の受け皿になるから。

アニータ
アニータ

おさけ?それって何?

スカジ
スカジ

そこに書いてあるわ。ここって元は酒場だったのよ。

アニータ
アニータ

この文字ってさけって意味だったんだ!

スカジ
スカジ

みんな飲んだ酒は快楽をもたらしてくれる、悩みを打ち消してくれると言ってるわ。

アニータ
アニータ

ホントに?

スカジ
スカジ

……まあ無駄だけど。

スカジ
スカジ

ただ、味は中々よ。

アニータ
アニータ

詩人さんも昔それを飲んでたの?その故郷……エーギルで?

スカジ
スカジ

ちょっと違うわ。

スカジ
スカジ

……時折一緒にそれらしいものを飲むの、ダンスを踊る前に。

アニータ
アニータ

じゃあきっと楽しかったんじゃないかな。あ、分かった!きっと飲んだおさけが快楽をもたらしてくれるんじゃなくて、楽しいから、おさけを飲むんだよ。

アニータ
アニータ

外で暮らしてる人たちって、えっと、みんなおさけを飲むの?じゃあみんな楽しいのかな?

スカジ
スカジ

そうとは限らないわ。

アニータ
アニータ

なるほどね。じゃあ彼らはきっと今の私よりそんな楽しくなさそうだね。詩人さん、そのおさけの作り方を教えてくれてありがとう。今すぐにでも詩人さんと飲みたいよ。

スカジ
スカジ

あなたいい筋してるわね。

スカジ
スカジ

そんな風に磨っても、磨りつぶせないわよ。角度を変えるの、一番尖った部分で海藻の筋模様を狙うのよ。

スカジ
スカジ

一定のリズムで、呼吸を整えて……あなたの腕と、身体と、あなたに触れる潮風と一体になるように。

スカジ
スカジ

こんな風に――一撃で、潰す。

男性住民B
男性住民B

……

スカジ
スカジ

私をジッと見つめて、まだ突っかかってくる気?あなた一人だけなら、すぐ終わっちゃうわよ。

男性住民B
男性住民B

いや……そんなつもりはない。

男性住民B
男性住民B

これ、返す。

男性住民B
男性住民B

ん?

男性住民B
男性住民B

プランチャが拾ったんだ。

男性住民B
男性住民B

昨日の夜にお前がこれを外に落したのを見かけてな。

スカジ
スカジ

……

アニータ
アニータ

おお、良かったじゃん!詩人さん、私たちが探さずに済んだよ!

男性住民B
男性住民B

プランチャは、あいつはこれを俺たちの家にこっそり持って帰って、俺に……俺にこいつをお前に返すようにと。

男性住民B
男性住民B

それだけ言ってあいつは行っちまった……

スカジ
スカジ

ありがとう。

男性住民B
男性住民B

あ?あぁ……

スカジ
スカジ

(ハープを弾く)

アニータ
アニータ

そのフレーズ……あれ、昨日詩人さんが寝てる時に鼻ずさんでたヤツだ。

スカジ
スカジ

よく頭の中に響くの。

アニータ
アニータ

それってあなたとあなたのお仲間さんが、以前歌ってた歌?

スカジ
スカジ

故郷にいた時、こういう風の歌はほかにもたくさんあったわ。私たちは歌声で……お互いコミュニケーションを取っていたの。

スカジ
スカジ

でも離れた後、ほかの歌声も消えて行った。残ったのは私と、これだけ。

アニータ
アニータ

どうりで、聞いてると悲しくなるような歌だね。

スカジ
スカジ

(ハープを弾く)

アニータ
アニータ

詩人さん、約束!ハープが戻ってきたんだし、私たちに歌を歌ってくれない?

アニータ
アニータ

みんな待ちわびてたんだから、だよね、ペトラお婆さん?

老齢の住民
老齢の住民

うっ……うぅ……

アニータ
アニータ

お婆さん今日は喋れないみたい。じゃなきゃきっと彼女も歌いたがってるはずだよ。

老齢の住民
老齢の住民

あ……あぁ……

アニータ
アニータ

詩人さん、ペトラお婆さんも聞きたいって。

スカジ
スカジ

……

スカジ
スカジ

分かった。

赤いスカートを纏った吟遊詩人が人混みの真ん中に座った。彼女は目を閉じ、竪琴の弦に指をかけた。

琴の音色と歌声が彼女から湧き上がり、このボロボロな酒場に木霊った。響き、増幅し、まるでソレらは本来ここにあるべきはずのようだった。

一人の狩人が海岸を行く♪
故郷は背に、道は目の前に♪
父母と子らは彼と引き離され♪
愛すべき人も海へと葬られた♪

グレイディーア
グレイディーア

……

主教
主教

表情が一瞬だけ変わったな。何か感じ取ったのか?

グレイディーア
グレイディーア

なんでもありません。

主教
主教

意外には思わんよ、なんせ君の精神は相も変わらず鈍いままだからな。目の前にある水を見てみろ。起伏する水位、広がる波紋、躍動する光沢。これらはすべてがメッセージだ。

主教
主教

じきに満潮となる。そろそろ行くとしよう。

一人の狩人が海岸を行く♪
故郷を背に、嘆きながら♪
彼の道に果てはなく♪
ただ霧が覆い被さるのみ♪

審問官
審問官

あのエーギル人が歌ってる。

審問官
審問官

まさか、あのボロ小屋で、あの人たちの前で歌を歌うだなんて。

審問官
審問官

あの人たちも耳を傾けているだなんて。

審問官
審問官

首を垂れてる人は相変わらず首を垂れてる。喋らない人は相変わらず舌を躍らせないでいる。どう考えても歌声は彼らの凝り固まった身体に染みわたってないというのに。なのに彼らの目は……

審問官
審問官

住民たちには、歌が分かるっていうの?

一人の狩人が海岸を行く♪
……

詩人は琴にかけた指を止めた、だが琴の音色と歌声がすぐさま消え失せることはなかった。

ソレらは依然と詩人の身を纏わり、分厚い土に隙間を生じさせた。

そこに葉の芽が入り込み、本来そこあった芽たちが抜け落ちていった。

スカジ
スカジ

……

男性住民C
住民

……

男性住民D
住民

……

アニータ
アニータ

ペトラお婆さん?

スカジ
スカジ

どうかしたの?

アニータ
アニータ

眠った……みたい。

アニータ
アニータ

こんなに穏やかに眠ってるのは久しぶりに見たよ。昔なら目を閉じた瞬間叫んで、手足をばたつかせて何を掴もうとしていたからね。

アニータ
アニータ

あなたの歌を聞いたら、お婆さんも踊り出すんじゃないかって思っていたよ、いっつも踊りたいって言ってたからね。

男性住民B
男性住民B

……

アニータ
アニータ

セニーザ?

男性住民B
男性住民B

俺は死ぬんだ。俺の目に……海水が入り込んじまった。しょっぱい、飲んでも全然美味しくない。

アニータ
アニータ

え、あなた……泣いてるの?

男性住民B
男性住民B

泣く?泣くってなんだ?

スカジ
スカジ

……あなたの身体の奥底から感情が湧き上がることよ。

アニータ
アニータ

詩人さん、その歌とっても好きだよ。詩人さんは口数は少ないけど、歌ではいっぱい話しかけてくれた。

アニータ
アニータ

もう一回歌ってくれないかな?もっとあなたの話が聞きたいの。

スカジ
スカジ

……

スカジ
スカジ

(ハープを弾く)

詩人の指に纏わりついていた潮風が、鼻孔をかすり。匂いを変えた。

満潮の合図だ。

男性住民C
男性住民C

食い物……

男性住民D
男性住民D

食べ物が出た……

男性住民C
男性住民C

海岸に行こう。

男性住民D
男性住民D

司教様!

部屋を続々と出る人々。

琴の音色と歌声が消えて去った。

タイトルとURLをコピーしました