アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】ドッソレス・ホリデーDH-3「助太刀」行動前

D.D.D
D.D.D

試合が開始してすでにおおよそ30分以上が経過した、だが驚いたことに、銅金を手に入れても試合を終えようとするチームはまだ一つも現れていない。

D.D.D
D.D.D

どうやら、今回のグランプリに参加した選手たちは非常にデカい野心を抱いてるようだ!

D.D.D
D.D.D

パンチョさん、どうお考えですか?

パンチョ
パンチョ

今年のグランプリはとても盛り上がりそうだな、期待しているよ。

D.D.D
D.D.D

ええ、きっと観客のみんなもパンチョさんと同じ心境でしょう。

D.D.D
D.D.D

それぞれの小舞台でも引き続き各チームの追跡を行っているぞ、観客たちのためならどんな鮮やかな場面でも逃しはしないさ。

D.D.D
D.D.D

それにみんなも暇を持て余さないように、みんなのソワソワした気持ちを投票への原動力に変えて、心から応援する選手たちに貴重な一票を投じてくれよ!

D.D.D
D.D.D

その人のために金を使うことこそ、その人を愛することになるのだから!

女性観光客
気怠げな女性観光客

ハニー、助けて!

???
忙しない男性観光客

大丈夫だ、ベイビー、今すぐ助ける!

(忙しない男性観光客が落ち着かない参加選手にタックルする音)

参加選手
落ち着かない参加選手

チッ、てっきりただのネタカップルかと思ったのに、相当の実力者じゃねぇか!?

観光客
忙しない男性観光客

ベイビー、よかった、もう少しで君を失うとことだったよ。(小声)自分でなんとかできないのか!?

女性観光客
気怠げな女性観光客

ううう、怖かったよ~。(小声)※ボリバルスラング※、こっちはか弱い女の子って設定でしょ!

観光客
忙しない男性観光客

安心してくれ、もう大丈夫だ、私がコテンパンしてあげよう!(小声)チッ、だとしても少しは頑張ってくれよ。

女性観光客
気怠げな女性観光客

ハニー、最高~。(小声)あんたに言われたくないわよ!

ユーシャ
ユーシャ

(あの二人、中々やるわね、それに軍の気質を感じる、きっと元軍人ね。)

ユーシャ
ユーシャ

(カップルというのは、おそらくウソ、観客の好感度を狙ってるんだわ。)

ユーシャ
ユーシャ

(大袈裟だけど、方法としてはアリかもね。)

ユーシャ
ユーシャ

(大袈裟だけど。)

ユーシャ
ユーシャ

(スワイヤーがあんなものを見たら、きっと興奮しながらアタシも試合でこういうキャラをやってみたいって言いそうね。)

ユーシャ
ユーシャ

(……知られたら厄介だから言わないでおこう。)

ユーシャ
ユーシャ

(とりあえず、あのカップルは安定して勝てそうね、それに見飽きちゃったし、ここを大方探したけど銅金もなかったし、そろそろ退散しますか。)

ユーシャ
ユーシャ

(二十個の銅金、おそらく多くは目立つ場所に置かれているわ、例えばランドマークとか、ああいう場所は簡単に争い合いになる。)

ユーシャ
ユーシャ

(わざわざそこで奪い合う必要なんてないわ。)

ユーシャ
ユーシャ

(こっちは見つけにくい場所に置いてある残りの銅金を探せばいい。)

ユーシャ
ユーシャ

(でも……もし本当に試合中に事件を起こそうと企んでいるヤツらがいるとしたら、少なくともドローンとカメラの死角で行動を起こすに違いない。)

ユーシャ
ユーシャ

(両方片付けないといけないわね……さきにチェンと相談するべきだった、チッ、私ったら焦り過ぎよ。)

ユーシャ
ユーシャ

(まあいいわ、あの幼稚な女と相談なんかゴメンよ、その時になったらまた考えればいいわ。)

エルネスト
エルネスト

チェンさん、一つ聞いてもいいですか?

チェン
チェン

なんだ?

エルネスト
エルネスト

あなたとリンさんは友だちだったんですか?

チェン
チェン

……なぜそう思う?

エルネスト
エルネスト

仇にしては、ちょっと雰囲気が丸すぎますからね。それにいざこざを抱えてるにしては、お互いのことを明らかに理解してるようですし。

チェン
チェン

……まあそんなもんだな。

チェン
チェン

小さい頃同じ小学校だったんだ、それに共通の知り合いがいる。

チェン
チェン

だから君の推測はかなり近い。

チェン
チェン

だが私と彼女が仲悪くなった理由なら教えるつもりはない。

エルネスト
エルネスト

大丈夫です、お二人のような人は、よく色々事情を抱えてるので、踏み込んだりしませんよ、話題がちょっと欲しかっただけですので。

エルネスト
エルネスト

でも、お二人ともお互いがここにいるとは思ってもいなかったようですね。

エルネスト
エルネスト

ただどうであれ、これも一種の縁です、これを機にリンさんと持ち直すつもりはないんですか?

チェン
チェン

そんなに気になるのか?

エルネスト
エルネスト

そうではないですけど……いやそうかも、この街は朝から晩まで金のことしか考えてません、だから友情ってもんは贅沢品なんですよ。

チェン
チェン

……これは私や彼女が仲直りしようと思っても簡単に仲直りできるような問題じゃないんだ。

エルネスト
エルネスト

待ってください、チェンさん、あそこの路地を見てください。

ミヅキ
ミヅキ

うーん……困った。

 

ミヅキ
ミヅキ

こんな数のカメラの前で万が一手加減できなかったらまずいなぁ。

参加選手
落ち着かない参加選手

チッ、なんでか知らねぇが、このガキに全然攻撃が当たらねぇ、どうなってんだ。

参加選手
ムカついてる参加選手

俺たちを弄ぶとはいい度胸だ、まとめてかかれ!

エルネスト
エルネスト

どうやらあのソロで参加した選手、罠にハマっちゃったようですね。

エルネスト
エルネスト

どうします、チェンさん?あっちが終わるまで待ちますか?

チェン
チェン

……いや。

エルネスト
エルネスト

彼を助けるおつもりで?

エルネスト
エルネスト

だとしたらなんのメリットもありませんよ、グランプリで相手を助ける人なんていないんですから、ここじゃ正々堂々って考えは通用しませんよ。

チェン
チェン

わかってる。君はここでしばらく待っててくれ。

(チェンが走り去る足音)

言った傍から、チェンは突っ込んでいった。

エルネスト
エルネスト

……

エルネストは黙ったまま、ついてはいかなかった。

ユーシャ
ユーシャ

(こんな路地裏にもカメラがあるなんて、試合のためだけに設置したもんじゃないわね。)

ユーシャ
ユーシャ

(でも、住宅地内にある住宅の中ならまだカメラはないはず、あったとしても住宅に入った選手を撮影するドローンだけね。)

ユーシャ
ユーシャ

(てことはつまり、住宅に入るところさえ撮られなければ、運営に発見されることは極めて低い。)

ユーシャ
ユーシャ

(この点を利用すれば……ん?)

(参加選手が走る足音)

ユーシャ
ユーシャ

(……フッ、言った傍から現れたわね。)

ラファエラ
ラファエラ

どうだった?

参加選手
参加選手?

こっちの爆弾はセット完了だ、ラファエラ。

ラファエラ
ラファエラ

いいね、こっちも終わったよ。

ラファエラ
ラファエラ

じゃあ次のポイントに向かおっか。

参加選手
参加選手?

ちょっと待て、さっきC小隊から救援の連絡が入った、どうやら厄介な相手に手こずってるらしい。

ラファエラ
ラファエラ

誰?

参加選手
参加選手?

あのチームLUNG wRAThのチェンだ。

ラファエラ
ラファエラ

……お兄ちゃんが言ってた、触らぬ神に祟りなしって。

ラファエラ
ラファエラ

近くにいる部隊をそっちに派遣しといて、あんまり目立たないようにしてね、敵わないなら諦めてもいい、とにかく深追いしないこと、今やるべきことが肝心なんだから。

参加選手
参加選手?

わかった。

ラファエラとその他が離れていった後、リン・ユーシャは彼らがさっきいた位置に、天井からこっそりと飛び降りてきた。
この道に長けていた彼女からすれば簡単にラファエラが言っていた爆弾を手にすることができた。

ユーシャ
ユーシャ

(……まさかホンモノに出くわすとはね。)

ユーシャ
ユーシャ

(あの女の子があの連中の一員とは思いもしなかったわ。)

ユーシャ
ユーシャ

(彼女たちが言ってたやるべきことってきっと爆弾の設置でしょうね、それに話を聞くとまだほかの部隊もいるらしい。)

ユーシャ
ユーシャ

(運営側は通信の使用を禁止してるけど、彼女たちは独自の方法で裏から連絡を取り合ってるようね。)

ユーシャ
ユーシャ

(相手がまだ奥の手を隠してるかはわからない、今尾行してもあんまり意味はなさそうだし、見つかる危険性もある。)

ユーシャ
ユーシャ

(それに、爆弾、お兄ちゃん、私たちを把握してたこと、これらのキーワードさえあれば十分ね。)

ユーシャ
ユーシャ

(……そろそろ集合時間だわ、チェンの様子でも見に行ってみましょう。)

大会で空きにしなくとも、いつもは寂れた路地であったが、今はめっぽう騒がしい。

屋上、窓際、ベランダ、壁際、悪意を持った選手たちは路地中央に立ってるチェンに冷たい目線を向けていた。
だがチェンは手に握る高圧水鉄砲を握りしめるだけで、ちっとも怯えずにいる。
路地の入口には、先ほどチェンに助けられたミヅキがエルネストと一緒に立っている、一面嬉しそうな顔を見せるミヅキに反して、エルネストは戸惑いを見せていた。
しかし今この時、もはや彼らに目をやる人など誰もいない。
沈黙は路地を漂い、凝縮した空気が凝り固まる。
ただ潮を帯びた熱風によって靡いた髪だけが、このひと時が静止画でないことを証明していた。

「ポタッ」

どこからか、緩んでいた蛇口から水が一滴滴り落ちた、だがその水滴が水槽に落ちた時の音は、まるで静かな湖に石を投げ入れるようであった。
そしてその瞬間、周りの選手たちが一斉に押し寄せてきた、チェンも構えた。

途中からその場に間に合ったユーシャは屋上で冷静に周りの状況を確認していた。

ユーシャ
ユーシャ

(アイツ、またカッコつけてる。)

ユーシャ
ユーシャ

(まったくいつまで経っても学習しないわね、助けるのも面倒だわ。)

ユーシャ
ユーシャ

(でも、周りのチームも騒ぎを聞きつけてこっちに向かってきてるわね。)

ユーシャ
ユーシャ

(……少しは防いであげましょうか、目を引きすぎてもいいことないし。)

ユーシャは手をほぐしたあと、屋上から飛び降り、路地の入口に着地した。
遠くからすでに、人影が見え始めている、彼女も小さく息を吐き、そして構えた。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました