今後時間を掛けてブログに記載されている情報などを修正予定です。一時的に更新が滞ったりレイアウトなどが乱れるかもしれません。
アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】メインストーリー9章3話「賭け」行動後

7:11a.m. 天気/曇り
ロドス駐モナハン町事務所

(扉のノック音)

ジェニー
ジェニー

皆さんおはようございます!今日はいい天気ですね、ね、オリバーさん?

オリバー
オリバー

お前だったか、朝っぱらからここに来るヤツなんてお前ぐらいしかいないよ。でもよ、今日は曇りだぜ、どこがいい天気なんだよ?

ジェニー
ジェニー

雨さえ降らなければ、いい天気じゃないですか。ここはモナハン町ですよ。それに、晴れないとは限らないじゃないですか?

オリバー
オリバー

わかったわかった、お前には敵わねぇな。おいシュレッダー、ソワソワするなって、今日はジェニーが来ただけだ、お客人が来てねぇよ。

ジェニー
ジェニー

もうオリバーさんったら。ほらシュレッダーさんも、こっち来ましょうよ。

ジェニー
ジェニー

今日はバノフィーパイを持ってきましたよ、それとスコーンも。先週父がお茶っ葉を送ってくれたので、それも持ってきちゃいました。オリバーさん、ミルクは置いてますか?

シュレッダー
シュレッダー

……ここの置いてあるヤツは全部腐ってる。こいつはまったく、買い出しになんかいかないからな。

オリバー
オリバー

あれはお前の番だったろ?俺の記憶違いとでも言いたいのか?

オリバー
オリバー

フレッド!ウィル!お前らからも言ってくれよ!

ジェニー
ジェニー

はいはい、そんな小事でケンカしないでくださいね。ほら、ジャジャーン。新鮮なミルクとチーズですよ、朝市を通った時に買ったんです、先に渡しておきますね。

ジェニー
ジェニー

ふふ、前からミルクティーを作ってみたかったんですよね、オリバーさんも喜ぶんじゃないかって。

オリバー
オリバー

はぁ、やっぱジェニーちゃんは気遣いができて偉いよ。ウィル、お前も少しは学べよ、少なくとも隣にいるシュレッダーとかいうコードネームを付けてるヤツみたいにはなるな。

ウィル
ウィル

このスコーン美味しいですね……そうだ、ウィローさん、毎日ボクたちに朝ご飯を届けてくれてますけど、軍から怒られたりしないんですか?

シュレッダー
シュレッダー

……ヴィクトリアの軍規は、確か割と厳しいはずだろ。

ジェニー
ジェニー

あ……それなら、大丈夫す。私は儀仗兵ですので、重要な活動や徴兵宣伝とかない限り、お呼ばれされませんよ、長官も普段なら私のことを思い出したりしないので。

ジェニー
ジェニー

だからといって、何もやることがないわけじゃありませんよ。

ジェニー
ジェニー

毎朝起きたら最初は、この旗を棚から下ろしてるんです。

ジェニー
ジェニー

パン生地が発酵するまでとかコーヒーができるまでの間、丁寧に丁寧に旗の皺をアイロンで伸ばしてるんです。

ジェニー
ジェニー

スコーンが出来上がったら、身体についちゃった麦粉を落したりもします。髪が自然に乾くまでにも時間がかかりますので、それまで旗を修繕して、新品みたいにピカピカにしてるんです。

ジェニー
ジェニー

オリバーさん、そんな急がないでください――まだ熱いですよ。

ジェニー
ジェニー

円満な朝を迎えて、一つ一つ物事を誠実にこなしていく、そうすれば自分もみんなも嬉しい気持ちでいられる――それが私の人生における信条なんです。

ジェニー
ジェニー

今日のパイのお味はどうですか、シュレッダーさん?おかわりはいかが?

シュレッダー
シュレッダー

……パーフェクトだ、昔とまったく変わらない。

ジェニー
ジェニー

ホントですか?私もちょっと味見を……少し砂糖を多めに入れちゃいましたね。明日から気を付けますね。

ウィル
ウィル

もうこの人たちと一緒にウィローさんはサボってるなんて言えた口じゃなくなりましたよ、ウィローさん。

ジェニー
ジェニー

――ジェニーでいいですよ。みんなからそう呼ばれていますので。

ウィル
ウィル

わかりました、えっと……ジェニーさん。今じゃこの人たちにボクの朝のスケジュールがジェニーさんぐらいに変更されないかヒヤヒヤしてるところですよ。

ジェニー
ジェニー

そんな大したことしてませんよ。私は皆さんと違って、ここにいる人たちにしてやれることなんて限られてますから。あっ……ポットのお湯がそろそろですね、それと飲む前に少し混ぜてくだ――

(ガラスが割れる音)

ジェニー
ジェニー

キャァァッ!

???
焦ってる子供A

お前またボール飛ばしやがったな、クレイグ!

グレイグ
クレイグ

……

グレイグ
クレイグ

拾ってくる。

???
焦ってる子供A

やべぇよ……家の中に飛んで行っちまった。

???
焦ってる子供A

万が一あの人たちに当たったら、マジやばいって!この前だってカロール姉ちゃんが……

???
焦ってる子供A

シッ、シーッ……誰か出てきた、逃げるぞ!

(ジェニーの足音)

ジェニー
ジェニー

ボールを投げたのは誰?

グレイグ
クレイグ

あっ……

グレイグ
クレイグ

うっ……

ジェニー
ジェニー

あなたなの、ボクくん?

???
焦ってる子供A

おいクレイグ……はやく逃げろ!ボールなんかもういいから……

グレイグ
クレイグ

ダメ……このボールは父さんが残してくれたものだから……

ジェニー
ジェニー

そんな人見知りだとお友だちになれないよ。ほら、手出して。

グレイグ
クレイグ

……

グレイグ
クレイグ

ボクを……殴るの?

ジェニー
ジェニー

なんで殴らなきゃならないの?

グレイグ
クレイグ

……服汚したから。

ジェニー
ジェニー

あぁ、これは自分で汚しちゃっただけ。気にしないで。

グレイグ
クレイグ

お姉さんと同じあの人たちは、汚したのがどっちだろうがお構いなしだった。

グレイグ
クレイグ

いつもあいつらにぶたれてきた。手じゃなくて、足で蹴ってくるけど。それに大声で叫んで、消えろって言ってくるんだ。

ジェニー
ジェニー

はぁ。

ジェニー
ジェニー

じゃあその人たちはあなたのお友だちとは呼べないわね。

ジェニー
ジェニー

ボクくんはこの近くに住んでるの?見覚えがあるわ。あなたのお母さんって毎朝十七区付近の路地でリンゴを売ってる人?

ジェニー
ジェニー

とっても美味しかったよあのリンゴ。シャキシャキしてないけど、すごく甘かった、パンに塗るジャムとしては最適だね。

ジェニー
ジェニー

こうしよっか。お姉さんがボールをこの窓に置いておくから。あとで取ってくれるかな?

ジェニー
ジェニー

あら?

(ジェニーがグレイグに駆け寄る)

ジェニー
ジェニー

ちょっと待って、私手にお茶がついてたから、あなたの髪にもついちゃった。拭いてあげるね。

グレイグ
クレイグ

うん……

ジェニー
ジェニー

私はジェニー。あなたの名前は?

グレイグ
クレイグ

ボクは……

???
焦ってる子供A

クレイグ!お前の母ちゃんが探してるぞ。は、はやく行こうぜ!

オリバー
オリバー

なんか外が賑やかだったな?

ジェニー
ジェニー

子供たちがボールを遊んでいたんです。

オリバー
オリバー

あのチビたちか、毎日朝っぱらから街中を走り回ってるんだよ。この前ここのガラスが割れてたのも、どうせあいつの仕業だろうな。

ジェニー
ジェニー

あはは……まあ子供ですから。私も小さい頃よくお隣さんの鉢植えを壊しちゃって、それでよく父にこっぴどく叱られてました。

シュレッダー
シュレッダー

……あの子を手で触れてたか?

ジェニー
ジェニー

さっきですか?はい、はやく髪を拭いてあげないと、ベタベタになっちゃうので。

シュレッダー
シュレッダー

あの子は父親を亡くしてるんだ。半年前に。可哀そうにも、鉱石病でな。

シュレッダー
シュレッダー

だからみんな、それのせいで、あの子に触れたがらないんだ。

ジェニー
ジェニー

そう……

シュレッダー
シュレッダー

労働者は、金がない。あの異鉄副産物加工工場とアンリカンは、提携を結んでいる。だが予防薬は、十分な数を用意できていない。

シュレッダー
シュレッダー

君が躊躇うのも、正しい。あの子の居住区、そこにいる五分の一の家庭は、感染者を出してるんだから。

シュレッダー
シュレッダー

そこにいる人たちはまだ比較的お互い助け合ってる。あの兵隊さえいなければな……

オリバー
オリバー

おいシュレッダー!余計なことを言うな。

ジェニー
ジェニー

……いいんです、事実ですから。聞いたことがあります……私の同期がその鉱石病患者を……いいえ、患者だけじゃない、彼らはそこの住民たちを誤解してるんです。

ジェニー
ジェニー

けど……私は違う。だってみんなヴィクトリア人じゃないですか?彼らの生活がひどいものなのも、り、理解しています。けど私は彼らも笑顔でいてほしいんです。

ジェニー
ジェニー

だから……私だけでもあの子たちをもっと優しく接してあげたほうがいいんじゃないですか?

シュレッダー
シュレッダー

……あまり無理はするな。

ウィル
ウィル

みんな苦い顔しちゃってどうしたんですか?ジェニーさん、トランプ持ってきました。お茶しながらポーカーしようって言ってましたよね?

ジェニー
ジェニー

ええ。そうですね、せっかく太陽が顔を覗かせようとしてるんですもの、こんないい天気を無駄にしちゃいけませんね。

ジェニー
ジェニー

皆さんは座っててください、お茶を入れてきますね、まだまだ残ってますから。

ウィル
ウィル

もしかしてまたボクの勝ちですか?

オリバー
オリバー

調子に乗るにゃまだはやいよ、お前今日の夜当番な。

ウィル
ウィル

えぇ?なんでまたボクなんですか!

オリバー
オリバー

分からないのか?賭けてんだよ!勝ったヤツはな、掃除、ファイルの整理、みんなの分の午後ティーも買ってもらわなくちゃな……

ウィル
ウィル

……下りてもいいですか?

ジェニー
ジェニー

オリバーさん、冗談キツすぎてウィルさんが泣きそうですよ。

オリバー
オリバー

ポーカーの楽しみ方なんてこんなもんだろ?はははは!

Outcast
Outcast

少しアドバイスなんだが――今度カードをチェンジする時、背後に気を付けたほうがいいよ。

オリバー
オリバー

なっ――!?誰だ?

(足音)

Outcast
Outcast

ついでに言うと、いい茶だ。

ジェニー
ジェニー

……ど、どうもこんにちは!えっとどちら様で?

ジェニー
ジェニー

(いきなり部屋に現れたのに、誰も気づかなかったなんて……)

Outcast
Outcast

みんなからOutcastと呼ばれているよ、ヴィーヴルのビューティーさん。

Outcast
Outcast

申し訳ない、断りもなくお茶を味見させてもらった。遠路はるばるかけつけて来たことに、免じてくれないかな。

ジェニー
ジェニー

えっと……

ジェニー
ジェニー

あ……ど、どうぞお構いなく。もし朝食もまだでしたら、私が焼いたパイはいかがですか?ちょっと甘すぎるかもしれませんが……

Outcast
Outcast

もちろん頂くよ。古い付き合いならみんな知ってるんだ、私が大の甘党だとね――特に可愛らしく見事に焼きあがったヴィクトリアのデザートなら言わずもがなだ。

ジェニー
ジェニー

あはは……ミス・Outcast、お褒め頂き光栄です。

Outcast
Outcast

――Outcastでいい。ミスと呼ぶ必要も、つける必要もないさ。

オリバー
オリバー

――!

オリバー
オリバー

あ、あなたでしたか!思い出した……おいウィル!は、はやく机を片付けろ――

シュレッダー
シュレッダー

……あと二日後に到着すると思ってましたよ。この前の連絡では、まだ辺境に入ったばかりだと。

Outcast
Outcast

仕方がない、十年ぶりのヴィクトリアなんだ。狭苦しくなった場所もあれば、私みたいに相変わらず古いままの場所があったのでね。

Outcast
Outcast

ペニンシュラ町で車を拾った時に道を間違えなければ、昨日の時点で会えたはずなんだ。

オリバー
オリバー

お、オホン、すいません、モナハン町は地味な場所でして、俺たちの事務所もエリートオペレーターがよく来てくれるような場所じゃないんですよ。

オリバー
オリバー

昔俺がミノス付近の外勤でStormeyeさんを見かけてから――もう二年経つぐらいなんで。

ジェニー
ジェニー

エリートオペレーター?なんだかすごそうな名前ですね。

Outcast
Outcast

――ロドスオペレーターの違う部署程度のものさ。それに、今の私はほぼただの事務員みたいなものだからね、今回モナハン町に来たのも資料を幾つかもらいにきただけだ。

オリバー
オリバー

なにをご謙遜を。

オリバー
オリバー

資料ですと、財務帳簿ですか、それともここ半年間の入出荷の在庫明細でしょうか……(ウィルに目配りする)

Outcast
Outcast

まあ待て。

Outcast
Outcast

私みたいなやつれた哀れな人がすぐ仕事に投入されるほど、急いでるわけではない。せっかくの出張だ、少しはサボってもバチは当たらないだろ?

ジェニー
ジェニー

あはは……そうですね。

Outcast
Outcast

君たちの細やかな楽しみの邪魔になっていなければいいのだが。

Outcastはついでとばかりカードを一枚手にした。薄いカードは彼女の指先で三回ほど回転したあと、忽然と姿を消した。

ジェニー
ジェニー

わあ!カードがどこかへ消えちゃいましたよ?

Outcast
Outcast

まだここにあるよ。

ジェニー
ジェニー

また出てきた!それってなんかの空間アーツなんですか?

Outcast
Outcast

ただの小細工さ。いつも暗い顔をした同僚から教わったんだ、みんなの注意を私の指先に集めたい時、こうしたほうが有効的なんでね。

Outcast
Outcast

少しは肩の力が抜けたかな?さあ座ってくれ、オリバー、シュレッダー、ウィル、それと隅っこに立ってるそちらの若い方も――確かフレッドだったね。

Outcast
Outcast

手に持ってるその資料ファイルを置いて、私たちと一緒にせっかくのお暇を楽しもうじゃないか。

フレッド
フレッド

ほ……本当にいいんですか?

Outcast
Outcast

それともこのやつれ顔の異邦人がここで十分間つまらないマジックを見せたほうがいいのかな?

オリバー
オリバー

オホン、みんな座ってくれ。

Outcast
Outcast

君たちはそのままでいてくれ。

Outcast
Outcast

私は、このミルクが入った美味しそうな紅茶とパイを頂くとしよう。

ジェニー
ジェニー

あ、ここにまだたくさんスコーンが残ってますよ、もし量が足りないのでしたら……

Outcast
Outcast

ありがとう。

Outcast
Outcast

おお、この見事なデザートで私の空っぽだった胃袋が久しぶりに満足したよ。舌がもっと刺激的な味を求めるようにもなってしまった。

Outcast
Outcast

こちらのビューティーさん――

ジェニー
ジェニー

あ、えっとジェニーです、ジェニー・ウィロー。

Outcast
Outcast

名前も可愛らしいものだ、まさか酒が飲めない年じゃないだろうね?

ジェニー
ジェニー

とっくに成年ですよ、ミス……Outcast。なんせ軍に務めてますので。

Outcast
Outcast

ほう?灰被りなヴィクトリアの軍服より君の輝かしいブロンドヘアーのほうが上回ってるよ。オリバー、君たちはラッキーだったね、いくら憂鬱とした日でも、部屋には太陽がいるのだから。

オリバー
オリバー

あはは……そうですね、ジェニーちゃんはいつもたくさんの喜びを運んできてくれているんで。

ジェニー
ジェニー

もう、オリバーさんったら、いつもこっそり軍営を抜け出してきた私を受け入れてくれてる皆さんのおかげですよ。

Outcast
Outcast

君たちの仲がいい関係を見ると、少しばかり驚きが隠せないよ――

Outcast
Outcast

ジェニー、ヴィクトリア兵の誰もが君みたいに愛おしければ、今頃この大地に伝わってる恐ろしい噂も半減するだろうに。

ジェニー
ジェニー

ありがとうございます、もし間違ってなければ、褒めてくれてるんですよね……

Outcast
Outcast

ここにくる途中、少し不愉快なものを見てしまったんだ。だが、私がここで君たちと出会えた喜びになんら差し支えもないさ。

ジェニー
ジェニー

こちらこそ……お会いできてうれしいです!

Outcast
Outcast

では、私たちの出会いに乾杯しても?

Outcast
Outcast

今回はちょっと慌ただしくてね、普通のジンしか持ってこれなかったよ、私の好みでレモン汁を多めに入れてしまったから、君たちからすれば酸っぱいかもしれないが――

シュレッダー
シュレッダー

……今は就業時間なんで、飲めません。

オリバー
オリバー

お前ちょっとは空気読めよ!

Outcast
Outcast

いいんだ、私が疎かった。同じロドスのオペレーターとして、自分だけを例外扱いしてはダメだね、やはりお茶にしよう。

(トランプのシャッフル音)

Outcast
Outcast

それじゃあ――次は誰が手札をオープンするんだい?

ウィル
ウィル

……ぼ、ボクです。

Outcast
Outcast

――

Outcast
Outcast

サンクタの祝福はいかがかな?

タイトルとURLをコピーしました