今後時間を掛けてブログに記載されている情報などを修正予定です。一時的に更新が滞ったりレイアウトなどが乱れるかもしれません。
アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】メインストーリー9章4話「火の粉舞い上がる」行動前

“風が金色の麦畑を靡いて”
“林と配管が一斉に音を立てる”
“地区の辺縁で私の愛を見つけた、天から降り注ぐ火の光が後を追う”

バグパイプ
バグパイプ

あの歌の後半の歌詞はこうだったべか……

バグパイプ
バグパイプ

……

バグパイプ
バグパイプ

悲しいなぁ。

悲しむ女性
悲しむ女性

ダミアンも逝ってしまった、まともな葬式もしてあげられなかったなんて……

怒れる男性
怒れる男性

連中があいつの身元を俺たちに返してくれるはずもない。ただあいつを灰になるまで焼いて、都市外へ適当に撒き捨てるんだ、なんら使い道のない土を扱うようにな。

悲しむ女性
悲しむ女性

(すすり泣く)

怒れる男性
怒れる男性

最初はローリー、それからクリス、ダミアンも今じゃ見逃してくれなかった。知ってるかグレイン、ショーンが連れ去られた時も、あいつは鉱石病を患ったの一点張りだったんだぞ――

悲しむ女性
悲しむ女性

やめて、もうそれ以上言わないで、ローナン。ショーンは……彼は本当にただうっかり罹っちゃっただけよ。

悲しむ女性
悲しむ女性

彼は勤労で、誠実で可哀そうな人だった、私たち親子にもっといい暮らしを送ってほしかったのが唯一の願いだったわ。

怒れる男性
怒れる男性

グレイン、まだ分からないのか?

怒れる男性
怒れる男性

俺たちはただの釘なんだよ。錆びてしまったら、連中は俺たちを気にも留めないで捨てやがるんだ。

怒れる男性
怒れる男性

錆びてなくとも、この都市というマシンに不都合を生じさせたら、どの道同じ運命を辿るんだ。

怒れる男性
怒れる男性

連中は俺たちが鉱石病に罹ろうが罹らまいがどうでもいいんだよ。

怒れる男性
怒れる男性

工場で毎月配給される薬だって、ほかの労働者は全部もらえるが、俺たちはいつも半分しかもらえてない、三分の一の時だってあった。

怒れる男性
怒れる男性

それに防護服もそうだ。ショーンは自分の防護服を何年着続けてきた?五年か、それとも七年か?お前だって夜中に縫い直してあげてたじゃないか。

怒れる男性
怒れる男性

どんな法律も、どんな基準も、連中だけが有利になってる。その代わり俺たちはどうだ?

怒れる男性
怒れる男性

俺たちは連中が捨てるジャガイモと腐ったリンゴをかじるしかないんだ、これっぽっちの農地に俺たちの汗がどれだけ染み込んでいようがな。

怒れる男性
怒れる男性

俺たちは工場で日に日に自分の命を削るしかないんだ、動けなくなったら連中が思ってるように、一人一人感染した扱いにされるんだよ!

怒れる男性
怒れる男性

そうすれば、連中は俺たちタラト人を全員自分たちの都市から放り出す大義名分を得られるからな――

悲しむ女性
悲しむ女性

……もうやめてちょうだい、お願いだから。ローナン、そうして鬱憤を晴らしても事態はよくならないわよ。

悲しむ女性
悲しむ女性

あそこにいるクレイナたちを見てみなさいよ。今だって自分たちの息子と兄のために泣いてるじゃない。これ以上自分たちの怒りで多くの人に苦しみをもたらすつもり?

怒れる男性
怒れる男性

その苦しみは人殺しどもがもたらしてるんだろうが。連中は次々と俺たちを殺しに来ている、ある時は病を、ある時は砲弾を使ってな。グレイン、もう自分を騙すのはよせ。

怒れる男性
怒れる男性

(声を抑えながら)今朝だって何人も俺のところに来たんだ。オブライエン一家、それとコナー家が俺たちに加入してくれた。

怒れる男性
怒れる男性

お前も子供も辛い日々を送ってることは、みんな理解してる、だからこの節目に、俺たちはもっとお互い助け合わなければならないんだ。

悲しむ女性
悲しむ女性

……なら私たちから距離を取ってちょうだい、ローナン、ショーンがあなたたちと仲良ししていたことに免じてあげる。

怒れる男性
怒れる男性

――!

怒れる男性
怒れる男性

俺はもう行く、グレイン。そこにいる人が見えるか?あの制服だ。

怒れる男性
怒れる男性

お前は俺たちのルールをよく知っているもんな。俺はお前を信じてる、だからお前も少しは俺を信じてくれ。もし考え直すんだったら、シアーシャに伝えてくれ。

(バグパイプの足音)

バグパイプ
バグパイプ

こんにちは!

(怒れる男性が走り去る)

バグパイプ
バグパイプ

えっと……こんにちは。

悲しむ女性
悲しむ女性

……

バグパイプ
バグパイプ

あのバリー、えっと、ダミアン・バリーの親族はご存じないですか?

悲しむ女性
悲しむ女性

(首を横に振る)

バグパイプ
バグパイプ

さっきそちらが歌ってるのを聞いたんで、場所はここで合ってると思うんですけど。

悲しむ女性
悲しむ女性

だ……誰をお探しなのか私には分かりません、ダミアンの母親と姉妹のことなんかまったく知りません。

バグパイプ
バグパイプ

じゃあ彼の特別親しい友人とか、それか一緒に倉庫で働いてた人はご存じですか?

悲しむ女性
悲しむ女性

……なにも知りません……本当です……

悲しむ女性
悲しむ女性

ヒッ……お願いします!逮捕だけは……

バグパイプ
バグパイプ

え?ごめんなさい……ちょっと近づきすぎちゃったかな?あなた達を傷つけるつもりはないから

バグパイプ
バグパイプ

なんかウチに怯えてるみたいだべ。顔になんかついてます?

悲しむ女性
悲しむ女性

い、いえなにも……

悲しむ女性
悲しむ女性

もしお許し頂ければ、家に帰らせて頂けませんでしょうか、今朝買った果物がまだたくさん残ってて、放っておくと、すぐに腐ってしまいますので……

バグパイプ
バグパイプ

はぁ。

ケリー大尉
ケリー大尉

……

バグパイプ
バグパイプ

あれ?あれは……ケリー大尉?

ケリー大尉
ケリー大尉

クレイナ、私はただ一目会いたかっただけなんだ、君もフィオナも元気にしてるかどうか……

ケリー大尉
ケリー大尉

ああ、私が間違っていた、でも――

ケリー大尉
ケリー大尉

……仕方がなかったんだ。

ケリー大尉
ケリー大尉

もちろん、もちろん憶えてるさ。ダミアンは……私の甥っ子だ。

ケリー大尉
ケリー大尉

小さい頃からずっと見てきた。私がペニンシュラ町からモナハン町に戻ったあの日、あの子がジャムを私の帽子に入れたことはよく憶えている。

ケリー大尉
ケリー大尉

あの時のあの子はまだあんなに小さかったのに……私は……

ケリー大尉
ケリー大尉

……すまない、君たちにこんなことを話しちゃダメだな。

ケリー大尉
ケリー大尉

君の言う通りだ……私はなにもできなかった、ここに戻る資格なんてない。

ケリー大尉
ケリー大尉

ダミアンがあの人たちと関わる前に、止められなかった……私も上の命令に背くわけにはいかなかったんだ。

ケリー大尉
ケリー大尉

それに、私はそうしなければならなかった。これもモナハン町のためだ。

ケリー大尉
ケリー大尉

私は君たちのことも、この町のことも愛してる……あの人たちが我が家をズタズタに引き裂くのをただ見てるわけにはいかなかったんだ。

ケリー大尉
ケリー大尉

分かってる、クレイナ、君から許しを乞いてるわけではない。

ケリー大尉
ケリー大尉

……では……もう行くよ。君も……君とフィオナも元気でな。

ケリー大尉
ケリー大尉

明日時間が空いたらまた伺うよ……

(クレイグがケリーに近寄り、ケリーに体当たりをした)

ケリー大尉
ケリー大尉

ゴホッ、ホゴッゴホッ……

ケリー大尉
ケリー大尉

君は――

クレイグ
クレイグ

――

ケリー大尉
ケリー大尉

……子供か。

ケリー大尉
ケリー大尉

怪我は……ゴホッゴホッ、してないかい?あんまり走らないようにな、ここの道はもう何十年も補修されていないんだから……

クレイグ
クレイグ

この裏切者!

ケリー大尉
ケリー大尉

な――なんだって?

クレイグ
クレイグ

裏切者が!!!

ケリー大尉
ケリー大尉

私は……

悲しむ女性
悲しむ女性

クレイグ!なにをしてるの!?はやく戻ってきなさい!

(クレイグが走り去る)

悲しむ女性
悲しむ女性

その手に持ってるボール……まあいいわ、どこに行ってもボールを手放さないんだから。またコナーさん家の人のところに行ったわね?それで……ローナンからなにを言われたの?

 

悲しむ女性
悲しむ女性

もう、手が真っ黒、ストックパイルの山を掘り返したみたいじゃない。

悲しむ女性
悲しむ女性

これからは一緒に朝市に来てもらうわよ。その間あの人たちのところに行ってはいけません……あなたまであの人たちみたいにさせるわけにはいかないもの……

ケリー大尉
ケリー大尉

裏切者?

ケリー大尉
ケリー大尉

……その通りかもな。

大尉はしばらく突っ立ったあと、その言葉を二度ほど呟いて、去っていった。
彼は頭を低く垂らし、誰にも視線を合わせなかった、彼のもとへそそくさに駆けよって来た若き同僚にさえも。

バグパイプ
バグパイプ

お待ちください、大尉……

(部隊の足音と笛の音)

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

貴様ら――ここで集まってなにをしている?さっさと家に帰れ!

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

何度も言ってるだろ、この時間帯での集会は禁止されている!

怒れる男性
怒れる男性

ここは俺たちの家だ、帰るのはお前らのほうだろ!

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

――誰に口を利いているんだ?

(腐った野菜がヴィクトリア兵に当たる)

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

なんだ……これは腐った野菜?

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

とっとと出てこい!

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

このタラトのクズどもめ、痛い目を――

バグパイプ
バグパイプ

町でボウガンを構えちゃ危ないべ!

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

……誰だお前?

バグパイプ
バグパイプ

あ、令状なら持ってるよ、事件を調査しに来たんだべ。

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

バーでの謀殺事件の調査か?

バグパイプ
バグパイプ

えっ、謀殺?

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

このクズどもが、私たちを何人も殺したんだ。

バグパイプ
バグパイプ

……ダミアン・バリーのこと?

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

そうだった、そいつはもう処刑されたと聞いたぞ、ってことは、お前らがそいつを捕まえたのか?そりゃ結構なことだ、感謝してるよ。

バグパイプ
バグパイプ

ウチらが彼を捕まえた時はまだ知らなかった……本当にゴースト部隊の人間だったんだべ?うーん……まあいいや。

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

そいつがどこから来たなんざ知ったこっちゃない、死んでざまあないな!

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

聞こえてるのか?集会は――禁止されている!裏でコソコソ集会なんざしてみろ、全部違法扱いで処分するぞ!

(腐った野菜がヴィクトリア兵に当たる)

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

この※ヴィクトリアスラング※が――

バグパイプ
バグパイプ

お、落ち着いて!ほとんど一般市民みたいだし、家族が亡くなったから、一緒に集まって弔ってるだけだよ、人間なら誰しもこうなるべ。

(腐った野菜がバグパイプに投げつけられる)

バグパイプ
バグパイプ

うわっ――く、腐ったジャガイモ?

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

はは、そら見たことか、そいつらを庇ったとしても、投げつけられるんだぞ?

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

こんな場所に居たけりゃ好きにしな、私はこのクズどもが暴れないように抑えときゃそれでいいんだ、ここの巡回任務が下りたのはアンラッキーだったがな。

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

おいゴミムシども、もう一遍言うぞ、集会は禁止だ!!

(ヴィクトリア兵が笛を鳴らしながら走り去る)

バグパイプ
バグパイプ

ウチは……

(腐った野菜がバグパイプに投げつけられる)

バグパイプ
バグパイプ

はぁ、腐りかけの野菜が積もってくばかりだべ……

ジェニー
ジェニー

こっちよ。

バグパイプ
バグパイプ

えちょっ?

(バグパイプが走り去る)

“報告、第九防衛隊が襲撃され……”
“第十三防衛隊が交戦中……”

(無線音)

ホルン
ホルン

もう一度伝えなさい、ハミルトン大佐に会わせて。

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

大佐は今急用に当たっています。

ホルン
ホルン

二時間前も同じことを言われたわ。

ホルン
ホルン

こちらはすでに厳格なプロセスを経て、昨日モナハン町に入った時点に任務説明をしたはずだけど。

ホルン
ホルン

大佐は私たちに容疑者の尋問へ参加させなかっただけでなく、容疑者を許可もなく処決し、今も面会を拒絶してる――

ホルン
ホルン

第三者からすれば、この一連の行為は私たちの任務遂行の阻害として見れるんじゃないかしら?

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

私にそれを答えられる権限はありません、中尉。

ホルン
ホルン

構わないわ、聞く耳さえ持っていれば。

ホルン
ホルン

言ったはずよ、今回窃盗された源石製品の数量は少なくない、武装すれば小型の町の軍隊を攻め落とすことだって十分だわ、それか中型の移動都市の履帯を切断するこも可能よ。

ホルン
ホルン

その源石製品を手に入れようとしてる人たちが誰だかわかる?

ホルン
ホルン

普通の盗人はこんなもの必要ないわ、リターンが少なすぎるもの。あんな大量のヴィクトリア軍需品よ、クルビアの庇護下にあるサルゴン最大の闇市でさえそれを流そうとは思わないわ。

ホルン
ホルン

じゃあ残りは誰でしょうね?現地で横流しして改造費用を稼いでいる個人の武器商人かしら?けど彼らはそれに興味はないし、やる度胸もないわ。

ホルン
ホルン

あのブツを手にいれようとして、私たちの目から逃れられる人たちなんて、軍の動きに詳しく、訓練された部隊しかいないわ。

ホルン
ホルン

そんな部隊が大量の源石製品を手に入れたとして、何が目的?

ホルン
ホルン

国家転覆かしら、それともロンデニウムから距離を置いて、管理を任されてる財務から金を抜き取り、外部勢力と手を組んで、少しずつ私腹を肥やそうとしてるのかしら?

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

中尉……

ホルン
ホルン

そんな焦らないでよ、これはただの根拠ない推測なんだから、何もやることなくただ私を待たせてる誰かさんのおかげでね。

(無線音)

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

(声を抑えて通信に応える)

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

中尉、大佐がもう間もなく到着されるようです。

タイトルとURLをコピーしました