アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】メインストーリー9章7話「鬼ごっこ」行動後

ホルン
ホルン

ゴホッゴホッ……

バグパイプ
バグパイプ

隊長、大丈夫ですか?

ホルン
ホルン

私は大丈夫。それよりあなた、前回のように抑え込もうとしなくてよかったわ。

バグパイプ
バグパイプ

ウチより隊長のほうが反応早かったですよ、隊長のシールドの後ろにあるホールは基本的に無事なんですし。

ホルン
ホルン

……全員を守る事は出来なかったけどね。

バグパイプ
バグパイプ

煙がそろそろ晴れますね、大佐は軽傷だけで済んだようです、今別のドアから撤退しています。

ホルン
ホルン

詩人のミスター・ウィリアムズは……

バグパイプ
バグパイプ

……彼なら爆弾の至近距離にいましたので。

バグパイプ
バグパイプ

残念です、誰しも他人の身代わりになって刃を防ぐことはできません。彼は詩人でしたけど、優秀な戦士にも劣らない勇気を持っていました。

ホルン
ホルン

……

ホルン
ホルン

彼の死が無意味でないことを切に願っているわ。

ホルン
ホルン

敵はまだ入ってきていない、バグパイプ、今のうちに生存者を疎開させるわよ。

ホルン
ホルン

バグパイプ……?

バグパイプは茫然と窓の外を見ていた。

その瞬間、戦火混じる轟音がなかったかのように消えた。
ある巨大な力が暗い夜の底から現れてきたのだ。
炎が広がったわけでもないのに、彫刻から市政庁まで、生きとし生けるものすべてが声もなく灰と化した。
そして続けざまに、とある部隊が音もなく暗闇と灰燼から姿を現してきた。

バグパイプ
バグパイプ

……

バグパイプ
バグパイプ

…………

バグパイプ
バグパイプ

あんな炎……今まで見たことがない。

バグパイプ
バグパイプ

部隊を率いてるあの術師、彼女は一体誰?

ホルン
ホルン

バグパイプ、はやくそこから離れなさい!

(シールドでアーツを防ぐ音とガラスが割れる音)

ホルン
ホルン

窓から近すぎよ。さっきのエネルギーを見るに、次の一撃で壁が簡単に破壊されるわ。

バグパイプ
バグパイプ

はい、隊長。

バグパイプ
バグパイプ

ウチはただ……

野心家の男爵
野心家の男爵

助けて……誰か助けてくれ……

野心家の男爵
野心家の男爵

私の足が……痛ッ!

ホルン
ホルン

救助が最優先。まずは撤退するわよ。

(複数の銃撃音と爆発音)

ダブリン兵
ダブリン兵

誰だ?付近にまだ生き残ったヴィクトリア兵がいるのか!?

(バグパイプがダブリン兵を倒す)

バグパイプ
バグパイプ

そこら中敵まみれです!

ホルン
ホルン

……あの進軍速度じゃ、とっくにゴースト部隊はこの都市に浸透してるわね。

バグパイプ
バグパイプ

十一区から十七区の陥落速度がはやすぎます……まさか……大佐がこの市街地区を捜査してた理由ってこれだったんですか!?

ホルン
ホルン

……

ホルン
ホルン

私たちは第十区よりも南まで撤退するわよ。駐留軍とゴースト部隊がちょうどそこまで交戦してるから。

野心家の男爵
野心家の男爵

せ、戦場には行くな、まずは……まずは私を安全な場所まで運んで匿ってくれ……首領たちに私がまだ生きてることを知られてはならん……

バグパイプ
バグパイプ

安全な場所まで?今のあなたは本当は刑務所にぶち込まれるべきだべ!

野心家の男爵
野心家の男爵

もう少しそっとしてくれ……うっ……痛ッ……

野心家の男爵
野心家の男爵

金が……金が欲しいのならくれてやる……それかお前たちも安全な場所まで送ってやってもいいぞ……お前たちが私を……

バグパイプ
バグパイプ

……隊長、ウチのやり方でこいつを黙らせてもいいですか!?

ホルン
ホルン

まだ目が覚めてるうちに、もう何個か聞いてみましょう。

ホルン
ホルン

さっきの部隊を率いてた術師は誰?

野心家の男爵
野心家の男爵

……あれは……リーダーだ……

バグパイプ
バグパイプ

ゴースト部隊のリーダーってこと!?

バグパイプ
バグパイプ

あの人は……一体どういう人だべ?

野心家の男爵
野心家の男爵

わからん……

バグパイプ
バグパイプ

おめーさんらは同じ仲間じゃないの?じゃあ正体も何も知らないのにそいつらを招き入れたって事だべか!?

野心家の男爵
野心家の男爵

彼女は……公爵のお客人だ……

ホルン
ホルン

……公爵って?どの公爵!?

野心家の男爵
野心家の男爵

それは言えん……

(男爵がバリスタに射抜かれる)

野心家の男爵
野心家の男爵

うぐッ――

(男爵が倒れる)

バグパイプ
バグパイプ

し……死んだ?

バグパイプ
バグパイプ

ゴースト部隊によって……?

(斬撃音)

ダブリン兵
ダブリン兵
[ダブリン兵]――

(ダブリン兵が倒れる)

バグパイプ
バグパイプ

あいつら仲間じゃないの?なんで自分側の人間に手を出したの?

ホルン
ホルン

……先にここを離れるわよ。

ダブリン兵
ダブリン兵

そこのお前、止まれ。

ウィル
ウィル

……

ダブリン兵
ダブリン兵

何者だ?そこで隠れて何をしている?

ウィル
ウィル

ボクは……ただの薬の配達員です……急に戦いが始まったもので。

ダブリン兵
ダブリン兵

薬の配達員?誰宛てだ?ヴィクトリア兵にか?

ウィル
ウィル

その……ふふ……ロドスアイランドの薬品、感染者用です、病人の身分は気にしていないんで……

ダブリン兵
ダブリン兵

怪しいヤツめ。

(打撃音の後にダブリン兵が倒れる)

ウィル
ウィル

あっ……!

Outcast
Outcast

もう大丈夫だ、ウィル。

ウィル
ウィル

Outcastさん!じゃ、ジャストタイミングですよ!

Outcast
Outcast

やれやれ、午後の連絡を聞いていなかったのかい?モナハン町における一切の業務を一時停止するとのお達しがロドスから出ているんだが。

ウィル
ウィル

耳には入れています、でも……

Outcast
Outcast

――残りの薬を届け終えたいのだね?

Outcast
Outcast

君はいい子だ。残りの薬は私が預かろう、代わりに届けるよ。

ウィル
ウィル

Outcastさん、外は今どうなってるんですか?ちょっと瞬きしたら、あちこちで争い合ってます!

Outcast
Outcast

数百年もの間積もった憎しみが何者かに利用され、すべてを焼き尽くす炎に挿げ替えられたんだ。

Outcast
Outcast

それに、これはまだ始まりにすぎない。

Outcast
Outcast

君ははやく戻るといい。私がここにいる以上、最優先にすべきなのが、ロドス人員の安全確保だからね、誰一人漏らすわけにはいかない。

ウィル
ウィル

わかりました、Outcastさん……そうだ、さっき十七区付近でジェニーさんを見かけました……彼女は……彼女はよく事務所に遊びに来てくれたので、もうボクたちみんな彼女を半分オペレーターとしか見ていません!

ウィル
ウィル

彼女はヴィクトリアの兵士です、あの暴徒の様子じゃ、きっと彼女も狙われているはずです。

Outcast
Outcast

わかった。

Outcast
Outcast

さっきの言葉を訂正しよう――ロドスの人員であれば、半分とて漏らしはしない。

バグパイプ
バグパイプ

隊長、移動できる人は全部移動させました。

ホルン
ホルン

結構。怪我はしてない?

バグパイプ
バグパイプ

大丈夫です。一晩交じってみて、少しは安心しました。あのリーダーの術師と、ほかに凄腕の何人かを除けば、残りの大多数の兵士は普通の人です。

バグパイプ
バグパイプ

ちょっと訓練を受けたことがあるみたいですけど、統制は取れてませんでした。もしある程度の頭数までなら、正面衝突したとしても、ウチら小隊の相手じゃないです。

ホルン
ホルン

ある程度の頭数ならね。それに、向こうの主要目標は駐留軍だわ。

バグパイプ
バグパイプ

隊長、その通りです、もしあいつらとやり合えば、駐留軍は劣勢に陥ります。

ホルン
ホルン

ほかには?

バグパイプ
バグパイプ

装備も非常に優れています。さきほど何人かの政府関係者と貴族を救助した際、ウチを死角から奇襲しようとしたヤツがいました。それでウチが気絶してやったあと、その人からこれを奪ってきました。

ホルン
ホルン

ヴィクトリアの制式ボウガン?

バグパイプ
バグパイプ

二年前の型番です、でも改装されています、この二つの丸く囲まれた弦と下にあるレールを見てください。

ホルン
ホルン

破盾弾の加速装置ね。

バグパイプ
バグパイプ

ボウガンにはあまり詳しくありませんが、隊長、軍でも学校でもこんなものは見たことがありません。これってウチらが持ってる技術なんでしょうか?

ホルン
ホルン

それっぽくはないわね。

ホルン
ホルン

バグパイプ、なにか忘れてないかしら……私たちは源石製品の窃盗事件を調査しに来たはずよね?

バグパイプ
バグパイプ

はい、紛れもなく、ゴースト部隊はウチら正規軍と交戦するために、大量の武器を必要としています。

ホルン
ホルン

けど今私たちが鹵獲したこのボウガンで多くの情報を手に入れた。

ホルン
ホルン

まず、敵が裏で画策していた時間は私たちが予想してたよりも遥かにはやかった、その次、私たちから奪っていった過去の物資のほかに、別の勢力が長期にわたって部隊を支援している。

ホルン
ホルン

つまり、今回、ここで、彼らはまだ最新の装備を使って進攻してくるつもりはない。

バグパイプ
バグパイプ

なるほど!それじゃあ、盗まれた武器はどこに行ったんでしょう?

ホルン
ホルン

あなたも問題点に気づいたようね――ゴースト部隊はついに姿を現した、けどモナハン町で消失した源石製品は、どこに行っても未だ見つからない。

ホルン
ホルン

トライアングルが新しい手がかりを見つけてくれるといいんだけど。

(無線音)

???
トライアングル

(小声)お呼びですか、隊長。

ホルン
ホルン

そっちの班の様子はどう?

???
トライアングル

ドラムが少し怪我を負いましたが、全員まだ行動可能です、まあみんな疲れてるしお腹も空かせてるので、いい状態とは言えませんが。

ホルン
ホルン

そっちも昨日の戦いに参加してたの?

???
トライアングル

はい。昨晩から、突如大量の敵が湧いてきました、ずっとビニールハウスと灌漑用の機械の中に潜んでいたようです――

ホルン
ホルン

そこが彼らの潜んでいた場所ってわけね。農用地に詳しくない駐留軍なら、当然鬼ごっこには負けるか。

???
トライアングル

敵の一部と遭遇してしまいましたが、数があまりにも多すぎたので、日が昇るまでずっと隠れていました。

ホルン
ホルン

よくやったわ。都市には戻れそう?

???
トライアングル

あはは、隊長、それがちょっと難しそうです。敵の半数は都市に侵入しましたが、もう半分はまだあちこちをウロウロしています。

ホルン
ホルン

……

???
トライアングル

隊長、班の一致した意見として、最初の任務を継続するべきだと考えています。

???
トライアングル

こちらである輸送車を見つけました、隊長の予想通り、確かに誰かが作物輸送用の通路を利用して源石製品をほかの場所に移しています。

???
トライアングル

毎回少量ずつ運んでましたけど、今回でそれも最後になるかと。

ホルン
ホルン

今回で最後って?あなたたち今どこにいるのよ!?

???
トライアングル

その輸送車の中ですよ。

???
トライアングル

隊長、実はあまり喋りたくないんですよね、バレちゃいそうなので。次通信を入れた時、誰が盗人か教えてあげますからね。

ホルン
ホルン

そんなの危険すぎよ!

???
トライアングル

あはは……では隊長もバグパイプも気を付けてくださいね。

???
トライアングル

トライアングル、通信オーバー。

(無線が切れる音)

ホルン
ホルン

……

ホルン
ホルン

バグパイプ、今すぐチェロに通信、今から軍営に戻るわよ。

(無線音)

“……第三から第九地区をロスト……”
“……市政庁、新聞社、マリー病院が同時に襲撃され……”
“……ボトン男爵の奥方から緊急のお電話です、旦那様が未明時刻を最後に失踪したので、軍に捜索願いを……”

ホルン
ホルン

大佐!お話があります。

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

通せ。

(扉が開く)

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

今度こそ有意義な話を頼むぞ、スキャマンダー中尉。今見ての通り、敵は獰猛に侵攻を進めている、君と言い争っている暇はないんだ。

ホルン
ホルン

大佐、敵は農用地区に潜んでいます。

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

なに?

ホルン
ホルン

ずっとそこに隠れていたのです。それに、今都市内にいるのがすべてではありません、ほかにもまだたくさん潜んでいます。

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

……

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

だろうな。

ホルン
ホルン

すぐ農用地区まで派兵して一般人を疎開させたあと、セントラル地区と農用地区の連結部を緊急切断してください、これ以上敵を都市に侵入させてはいけません!

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

君に言われなくともわかっている。

ホルン
ホルン

大佐!駐留軍と我々突撃部隊の兵力だけでは、すでに市内に浸透した敵軍を殲滅するのは不可能です、敵にこれ以上援軍を確保させては――

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

もう下がっていいぞ。

ホルン
ホルン

大佐!?

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

モナハン町をどう守るかは私の仕事だ。

ホルン
ホルン

ヴィクトリアの国防を担う最重要の任務において、大佐も私も同じ立場にいるはずです!

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

ヒール、お帰り願え。

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

聞いたか、ヒール?農用地区だ、ハッ、農用地区に隠れていたんだぞ!そうだろうと思っていたさ、この世に霊を呼び戻そうとする連中などほかに誰がいる!?

ヒール副官
ヒール副官

おっしゃる通りです、大佐、タラト人どもが手を組んでいるのです。

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

砲兵の準備のほうはどうなっている?

ヒール副官
ヒール副官

計画通りなら、正午あたりに最後の原料が届きます。

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

よろしい、改造を急げと伝えろ。吐き気を催すモノが私の都市で跋扈してる様子を想像しただけで、一秒たりとも待っていられなくなるからな。

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

そうだ、それとスキャマンダー中尉とその部下たちのことだが、ロンデニウムから来たオオカミは噛みついたら一度も放してくれそうにない。お前も聞いていただろ?外で調査してる人がいる。

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

下に伝えろ、どんな方法でもいい、何人たりとも我々の計画の邪魔をさせるな。

ヒール副官
ヒール副官

了解致しました、大佐。

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

それとスキャマンダーだが、事が終わるまで、自由行動をさせろ。

ヒール副官
ヒール副官

了解です。

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

……ヤツにあんなことを言われたものだから、ピンと来たんだ。

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

なぜ昨晩我々が実行したボトン家における行動が敵に知らされていた!?

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

スキャマンダーめ……いや、それはないな。ヤツはあの貴族どもと同じように考えは甘くて軟弱だが、帝国への忠誠心は確かなものだ。

ヒール副官
ヒール副官

……

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

チッ……クズは所詮クズというわけか、腐った性根など簡単には変えられまい。

ハミルトン大佐
ハミルトン大佐

この最後の数時間で、早急に終わらせるべきだった任務を完遂させるぞ。

タイトルとURLをコピーしました