タイムライン風サイトがとりあえず完成しました
アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】レッドパイン「独り ユスティナ」

ユスティナ、また藁ぐまに登っちゃって。
あなたはいつも向こうを眺めているわね、また大騎士領を見ているの?
わかってるよ、大騎士領のことなら、あそこはとてもすごい騎士たちが試合で競う場所、なんでしょ?
もういっつもあなたが言うものだから、とっくに覚えさせられたわよ!
……
ねえ、ユスティナ、本当にそこに行く気なの?
あなたっていつも農作業してない時は練習してるもんね。うん、村中あなたが騎士になりたがってるの知ってるんだからね、あなたはあの強盗たちを退治してくれる、あいつら全然あなたの相手じゃないもの。
でもユスティナ、大騎士領ってどのくらい遠いのかしら……そこに行ったら、また帰ってきてくれる?
帰ってくるって?ホントに?騎士になったら帰ってきてくれる?
……じゃあ約束だよ。みんなあなたの凱旋を待ってるんだから、そしたらみんなでそこら中に宣伝してあげる、ここは騎士ユスティナの故郷なんだってね!

無冑盟構成員
無冑盟の殺し屋

足跡はありませんでした、このあたりに人が通った痕跡も……

無冑盟構成員
無冑盟の殺し屋

奴らはここを通っていません。

無冑盟構成員
無冑盟の隊長

病院にいる小隊がターゲットをロストした、あいつらが逃げるとしたら必ずこの近くを通るはずだ。

無冑盟構成員
無冑盟の隊長

そのまま警戒態勢だ、なにかあったら随時報告しろ。

無冑盟構成員
無冑盟の殺し屋

了解。

(無冑盟の隊長が立ち去る)

無冑盟構成員
無冑盟の殺し屋

……

無冑盟構成員
無冑盟の殺し屋

ん?

(クロスボウの矢が無冑盟の殺し屋を射る)

無冑盟構成員
無冑盟の殺し屋

うぐっ、がはっ……

(無冑盟の殺し屋が倒れる)

???
???

……

ユスティナ
ユスティナ

……行こう。

ユスティナ
ユスティナ

あいつらがもうすぐここの異変に気付く、今のうちにはやく、私と一緒に。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

お前に指図される筋合いはない、感染者。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

あの距離からいとも容易くこのゲスどもを片付けられるとは、少しは実力があることを認めてやろう。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

だが勘違いするな、だからといって俺がお前の指図に従う道理にはならん。

ユスティナ
ユスティナ

……

ユスティナ
ユスティナ

ここら一帯は、すでに無冑盟に包囲されてる、一人で抜け出すのは困難だと思うけど。

ユスティナ
ユスティナ

ずっと追われることになるよ。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

だからどうした?

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

そしたら自分たちの愚かな行いを後悔させてやるさ。

ユスティナ
ユスティナ

……それは難しいと思う。

ユスティナ
ユスティナ

まだ傷も治ってないでしょ、今彼らの監視の目を避けるのは極めて困難だよ。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

ふん……無冑盟め。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

お前たちと協力することには応えてやったが、憶えておけ、これはただ単にお互い同じ敵対相手を抱えているからにすぎない。自分たちがやった行為のツケをあのゲスな犯人どもに払わせてやる!

ユスティナ
ユスティナ

そういう話は後でいいから、まだ完全に包囲から抜け出したわけじゃないんだし。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

これ以外にお前たちと話せるものはないと思うがな。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

小娘、あのふざけた要求を言い出したチャンピオンに感謝するといい、さもなければ、お前はその甲冑を身に纏ってここで俺と会話すらできなかったんだからな。

ユスティナ
ユスティナ

……

ユスティナ
ユスティナ

そうだね。

ユスティナ
ユスティナ

私も、すごく血騎士に感謝していたよ。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

ああ?

ユスティナ
ユスティナ

……

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

どうした、それだけか?

ユスティナ
ユスティナ

……試合。

ユスティナ
ユスティナ

君とマリア・ニアールの対決を見たことがある――“合成樹脂”のシェブチック。

ユスティナ
ユスティナ

君のことは嫌いだ。

ユスティナ
ユスティナ

試合の時の君なら、今よりは少しだけマシだったよ。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

お前がどう思うが知ったこっちゃないが、態度には気を付けろ。そんなに嫌いなら、俺を病院から連れ出さなければよかっただろ。

ユスティナ
ユスティナ

ソーナはそうする必要があるって思ってたからやっただけ。それに――

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

それになんだ?ソーナとは、お前らのボスの名前か?ふん、名前を聞く限りまた小娘か……

ユスティナ
ユスティナ

……ソーナは仲間だよ。

ユスティナ
ユスティナ

今から拠点に戻る、ソーナとほかの仲間たちがあなたを待ってるから。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

……俺がしばらく協力するからといって、お前たちと一緒くたにするな、感染者の騎士め。

ユスティナ
ユスティナ

いいや……一緒くたにはしないよ、君は私たちとは違うもの。

ユスティナ
ユスティナ

ただし、“合成樹脂”のシェブチック、自分も分かってると思うけど、君一人じゃ無冑盟に抗うことは不可能だよ。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

……

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

フッ…そうだな、お前の言う通りだ。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

おかしな話だ、今のカジミエーシュは、感染者ですら騎士を名乗れる、無冑盟みたいな裏でコソコソするしか能のない連中も好き勝手に横行してやがる。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

まったく笑えてくる話だ……

ユスティナ
ユスティナ

……一先ずほかの人と合流しよう。

ユスティナ
ユスティナ

今のままじゃ、なにもできないから。

(男たちがクロスボウに射られ倒れる)

十日前

ユスティナ
ユスティナ

君たち一般人じゃないね、一体誰!?

ユスティナ
ユスティナ

まったく次から次へと……

不審な通行人?
不審な通行人?

……

ユスティナ
ユスティナ

人混みに紛れて奇襲しようってわけ!?

ユスティナ
ユスティナ

舐められたものね――

???
???

待ってください!とりあえず手を止めて!

???
???

……あちゃ~、来るの遅過ぎちゃったかな、なんかもう大乱闘に発展してるけど。

???
???

まずいです、これはまずいことになりましたよ。

???
???

もうモタモタしてられません、こうなった以上、連れて行きましょう。

???
???

そうするっきゃなさそうね。

ユスティナ
ユスティナ

君たちは……

焔尾騎士
焔尾騎士

こんばんは、“遠牙”騎士、騎士称号を獲得した時のお祝いがまだだったわね、いや~めでたいめでたい。

焔尾騎士
焔尾騎士

あなたに関するニュースを見たわよ、人気急上昇だってね?

灰豪騎士
灰豪騎士

独立騎士団設立の宣言、世間はその話題で持ち切りになり、人気も急上昇ですって?ふん、その結果このハエどもにたかられてるじゃないですか。

不審な通行人?
不審な通行人?

感染者騎士か……

灰豪騎士
灰豪騎士

黙っててください。

(灰豪騎士が不審な通行人?を殴る)

不審な通行人?
不審な通行人?

うっ……

焔尾騎士
焔尾騎士

まあいいや、もうおっぱじめちゃったもんは仕方ないし、尾っぽもすでに捕まえられちゃってるし、はぁ。

ユスティナ
ユスティナ

焔尾、それに灰豪……どうしてここに?

ユスティナ
ユスティナ

……こいつらが何者かがわかるの?

焔尾騎士
焔尾騎士

そりゃ丸分かりよ。けどここは話す場所としてはちょっと場違いかな……こいつらの目的は騒ぎを大きくすること、あとでパパラッチにまでたかられるから、いいことないよ。

焔尾騎士
焔尾騎士

それに、あなた今ケガしてるでしょ?

焔尾騎士
焔尾騎士

もしアタシたちを信用してくれるのなら、一緒についてきてもらうわ、そしたらじっくり説明してあげるけど、どう?

ユスティナ
ユスティナ

……

灰豪騎士
灰豪騎士

ソーナ、それ別の誘拐の手口にしか聞こえませんよ。

焔尾騎士
焔尾騎士

え?そう?

灰豪騎士
灰豪騎士

そうです。

ユスティナ
ユスティナ

……信じる。

焔尾騎士
焔尾騎士

え?なに?

ユスティナ
ユスティナ

君たちがどこに行こうが構わない、私も連れて行って。信じるから。

ユスティナ
ユスティナ

君たちと私は……

ユスティナ
ユスティナ

みんな同じだから。だから信じる。

ユスティナ
ユスティナ

ここは……

焔尾騎士
焔尾騎士

こらこら!そんなすぐ出てきちゃって、傷がもう平気なの?

ユスティナ
ユスティナ

うん。

ユスティナ
ユスティナ

ここにいる人たちって、みんな感染者?

焔尾騎士
焔尾騎士

そうだよ。ここに住んでるのはみんな感染者、ほとんどは色んな不運や事故に見舞われて、仕事も家もなくして、どこにも居場所がなくなっちゃった人たち。

焔尾騎士
焔尾騎士

食べ物とか住居とか見ずぼらしいけど……ないよりはマシでしょ?

ユスティナ
ユスティナ

……

(灰豪騎士が近寄ってくる)

灰豪騎士
灰豪騎士

ソーナ、イヴォナが困ってるみたいなので、様子を見に行ってきます。

灰豪騎士
灰豪騎士

無冑盟はおそらくまだ活動してると思いますので、ほかの人にも用心するよう伝えておきます。

焔尾騎士
焔尾騎士

わかってるって。大丈夫、アタシが見てるから。

ユスティナ
ユスティナ

……

灰豪騎士
灰豪騎士

……

灰豪騎士
灰豪騎士

……ええ。ではお願いします。

(灰豪騎士が立ち去る)

ユスティナ
ユスティナ

……あの人……

焔尾騎士
焔尾騎士

ん?ああ、カイちゃんのことね、いいヤツなんだけど、ちょっと話すとき目つきが悪くてね。

ユスティナ
ユスティナ

会ってから今まで、一度も話したことがない。

焔尾騎士
焔尾騎士

あはは……たぶんちょっと人見知りなところがあるんだよ。

焔尾騎士
焔尾騎士

……

ユスティナ
ユスティナ

……

焔尾騎士
焔尾騎士

(溜息)はぁ、わかったわかった……

焔尾騎士
焔尾騎士

実を言うとカイちゃんはあんたのことを警戒していてね、アタシらとは違う風に見てるっていうか。

焔尾騎士
焔尾騎士

ほら、あなたって今回のトーナメントのスター選手でしょ、しかも騎士称号ももらったばっかで、今一番ホットっていうか!

焔尾騎士
焔尾騎士

どっからどう見ても明るい未来しかない!

ユスティナ
ユスティナ

……そんなことない。

ユスティナ
ユスティナ

感染者に……感染者騎士に、明るい未来なんてないよ。

焔尾騎士
焔尾騎士

ついこの間試合に勝った人が言うセリフには聞こえないね。

ユスティナ
ユスティナ

騎士になれる機会があるのなら、まだ希望は残ってるとは思ってたよ。もし試合に勝てたら、あるいは……

焔尾騎士
焔尾騎士

あるいは人々から尊敬も得られるうえに、本物の騎士として扱われて、過去の暮らしを取り戻せたはずだった、とか?

ユスティナ
ユスティナ

……そう思ってた。

ユスティナ
ユスティナ

でも、そんなものはありえない。感染者が騎士になろうが結局は感染者、なにも変わらない。

焔尾騎士
焔尾騎士

……うん。カイちゃんにもそう言ったよ。

焔尾騎士
焔尾騎士

だって――騎士だろうがなんだってね?人混みに紛れてあんたを襲った人たちとか、あいつらはあんたが感染者騎士だろうが、貴族騎士だろうがお構いなしだったしね。

ユスティナ
ユスティナ

あの人たちって、無冑盟のこと?

ユスティナ
ユスティナ

ナイトキラー……嫌な名前。

焔尾騎士
焔尾騎士

そ、まさしくあいつら。

焔尾騎士
焔尾騎士

商業連合会のためなら命だって投げ捨てて、裏で言うことを聞かない騎士たちを抹殺する……あまつさえそれを誇りにすら思ってる。

焔尾騎士
焔尾騎士

それもそっか、観客の歓声の前でしか真っ当な騎士とは呼べられないのに、尊厳なんか残ってるはずないがないもの、まあアタシたちが言えた口じゃないけど。

ユスティナ
ユスティナ

……

ユスティナ
ユスティナ

今回私を襲ったのも、商業連合会から指示なの?

焔尾騎士
焔尾騎士

そうかもね。あんたは最近目立ってるし、誘ってきた騎士団にも入りたがらないし、あんな宣言までしちゃうし……遅かれ早かれ襲われてたわよ。

焔尾騎士
焔尾騎士

あいつらの金のなる木になりたがらないってんなら、“不名誉”にご退場させるしかない、商売の邪魔はされたくないからね。

ユスティナ
ユスティナ

……

焔尾騎士
焔尾騎士

どうかしら、そんな理由で襲われたんだって、あんまりだと思わない?

ユスティナ
ユスティナ

……あれは二つの三週間の話。

焔尾騎士
焔尾騎士

ん?

ユスティナ
ユスティナ

大騎士領に向かう途中、私は感染してしまった。

ユスティナ
ユスティナ

お前は感染者だからって、騎士への登録を拒否された、泊まれる旅館もホテルもなかったから、辺境地帯を三週間ほど徘徊してた。

焔尾騎士
焔尾騎士

そう……

ユスティナ
ユスティナ

その三週目の時、血騎士がトーナメントに勝った。

ユスティナ
ユスティナ

それからまた三週間後、感染者向けの騎士登録受付が正式にオープンした。

ユスティナ
ユスティナ

あの時、私は一文無しになってたから、闇市場にある競技場に行った、そこでようやく登録に必要な手続きの費用を稼げた。

焔尾騎士
焔尾騎士

そりゃまた……大変だったね。

ユスティナ
ユスティナ

感染者騎士の地下競技場なんて、闇市場とそんなに変わらなかった。

ユスティナ
ユスティナ

地下競技場からトーナメントまでの間、色んな信じられないことを見てきたから、もうよっぽどのことじゃ驚かなくなったよ。

焔尾騎士
焔尾騎士

あはは、そうだよね……無冑盟なんかより地下闘技場のほうがよっぽどやばいもんね。

焔尾騎士
焔尾騎士

みんな多かれ少なかれそういう経験をしてきたから、こうして今ここに集まってるんだろうね。

ユスティナ
ユスティナ

……ここにはまだ普通の感染者がたくさんいるんだね。

焔尾騎士
焔尾騎士

うん……なんて言えばいいかな、騎士競技ってあれだけどやっぱりそれなりに稼げるじゃん、少なくともどこにも宛てがないこの可哀そうな人たちを養うことぐらいならできる。

焔尾騎士
焔尾騎士

だから、そこで稼いだお金もまだ価値はあると思う、だよね?

ユスティナ
ユスティナ

……うん。

焔尾騎士
焔尾騎士

えへへ、よかった。

ユスティナ
ユスティナ

焔尾騎士
焔尾騎士

最初にと比べてあなたは性格がかなり柔らかくなった……一番最初に話しかけた時なんか、なんだかめちゃくちゃ冷たい人だなって思ってたんだからね。

ユスティナ
ユスティナ

……

焔尾騎士
焔尾騎士

あれ、また黙っちゃってどうしたの?

ユスティナ
ユスティナ

……わからない。

ユスティナ
ユスティナ

こういう時なんて言えばいいか、わからない……

焔尾騎士
焔尾騎士

えっと。

焔尾騎士
焔尾騎士

なるほど……今ようやくわかったよ、あなたもカイちゃんよろしく結構人見知りなんだ。

焔尾騎士
焔尾騎士

あとあなたのその話半分で黙っちゃう癖も、いい加減慣れたよ。うん、たまにわかりづらい時もあるけど、まあ悪くないと思うよ。

ユスティナ
ユスティナ

……とにかく、今回助けてくれて本当にありがとう。

焔尾騎士
焔尾騎士

いいっていいて、当然のことをしたまで。

焔尾騎士
焔尾騎士

そうだ、これからどこに行くつもりなの?すぐ復帰しても、またあいつらに狙われるだけだと思うけど?

焔尾騎士
焔尾騎士

今日の事件もすぐニュースに載ると思うよ、あいつらはニュースをどんな風に描くんだろうね?

ユスティナ
ユスティナ

……さあ。好きに書けばいいと思う。

ユスティナ
ユスティナ

私……どこに行けばいいかわからない。行く宛てなんてもうとっくにないから。

焔尾騎士
焔尾騎士

うーん……

焔尾騎士
焔尾騎士

じゃあさ、ちょっと恩着せがましくてイヤだけど……言っておくけどこれはぱっと思いついたことじゃないんだからね、最初からこのつもりだったんだ、誓ってもいい!

焔尾騎士
焔尾騎士

アタシとカイちゃん、それとイヴォナ、会ったことあるでしょ、あの声がやたらデカい人。

ユスティナ
ユスティナ

……うん、彼女のことなら憶えてる。

焔尾騎士
焔尾騎士

実を言うとね……あなたが世間に向けて独立騎士団を設立するって宣言した時、アタシたちも同じことを考えてたの。

焔尾騎士
焔尾騎士

名前ももう決めてあるんだ、レッドパイン、名前はレッドパイン騎士団、アタシたちの騎士団。

ユスティナ
ユスティナ

――!

焔尾騎士
焔尾騎士

もしほかに行く場所がないのなら、ユスティナ、ちょっとだけ考えてくれないかな、アタシたちに加わって、アタシたちと一緒にこない?

ユスティナ
ユスティナ

それって……私を招待してるの?

ユスティナ
ユスティナ

……本当に?

焔尾騎士
焔尾騎士

ありゃ、わかりづらかったかな?

ユスティナ
ユスティナ

……

ユスティナ
ユスティナ

レッドパイン騎士団……

ユスティナ
ユスティナ

いいよ。私入る。

ユスティナ
ユスティナ

――君たちと……一緒なら。

ユスティナ、もう行くの?
じゃあもう一回草笛を吹いてくれないかな、なんだっていいよ、みんなあなたの草笛は大好きだから。
……
本当にいい音色ね。
これからもう聞けなくなるんだよね、みんなきっと寂しがると思うな。
あなたは一人であんな遠い場所に行くんだよ、心配しない人なんていると思う?自分だって今も寂しがり屋でしょ、そのくせ全然口で言わないし、いつも黙ってみんなの傍に座っちゃってさ。
ねえ、風ってあなたの声を届けてくれるかな?
あなたなら騎士になれるよ。みんなあなたなら立派な騎士になれるって信じてる、そう、あなたが大好きなあの耀騎士のようにね。
元気でね、ユスティナ。
たまには帰ってきてね。

ユスティナ
ユスティナ

ここなら大丈夫なはず、この先迎えの人がいるから、もう安全だよ。

ユスティナ
ユスティナ

怪我は大丈夫?

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

問題はない、こんなもんかすり傷程度だ。それよりお前たち感染者騎士の拠点が、まさか市街地にあったとはな、辺境や田舎の村じゃないだと?

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

感染者が市街地に住むことなど世間が許すがずがない――どういう小細工をした?

ユスティナ
ユスティナ

小細工なんてしてない。

ユスティナ
ユスティナ

お金さえあれば、そんな難しいことじゃないよ。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

ハッ、金か……そうだな、金さえあれば、こんな場所などいくらでも食っていける。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

だがそれが表に出れば、お前たちは全員違法で捕まえられるけどな。

ユスティナ
ユスティナ

それを言いだす人がいれば、喋る前に私の矢が片付ける。

ユスティナ
ユスティナ

レッドパイン騎士団に危害を加える人は誰だろうとこの私が許さない。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

ならさっさと道案内しろ、あの無冑盟のクズどもが街で跋扈してると思うと、堪忍ならん。商業連合会に歯向かうと決まれば、なるべくはやく動いたほうがいいからな。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

お前みたいな実力を持った感染者騎士の意志をも捻じ曲げ、俺を病院から連れ出したお前たち感染者騎士のリーダーに会わせてもらおう。

ユスティナ
ユスティナ

……

ユスティナ
ユスティナ

……捻じ曲げてなんかいない。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

――なに?

ユスティナ
ユスティナ

合成樹脂騎士救出の任務は、ソーナが言い出したことじゃない、私が自分からやったこと。私の意志でやったことだよ。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

……どういうことだ、俺たちはお互い好感に思ってないとばかり思っていたが。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

それとも、お前たち全体の利益になる行為だから俺を救出したのか?

ユスティナ
ユスティナ

違う。

ユスティナ
ユスティナ

君には……家族がいるからだよ。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

どういう意味だ……まさか!?

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

あの虫けらどもめ、俺の息子に手を出したのか!?

ユスティナ
ユスティナ

心配しないで、すでにソーナが監視の目を送った。無冑盟の殺し屋ならすでに撤退してるよ、息子にもなにもされていない。

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

]……

合成樹脂騎士
合成樹脂騎士

それについては礼を言おう。

ユスティナ
ユスティナ

それはソーナに言って。全部彼女がしたことだから。

ユスティナ
ユスティナ

それと私は、私個人の君への印象のせいで君を危険な目に晒したくないってだけ。

ユスティナ
ユスティナ

私はただ、君の息子が……

ユスティナ
ユスティナ

君がいなければ、あの子は家を失うからね。

ユスティナ
ユスティナ

騎士ユスティナには故郷が、彼女を待ち望む家族が、友人がいた。

ユスティナ
ユスティナ

けど感染者となったユスティナにもうそれらはない。

ユスティナ
ユスティナ

……感染者に行き場などないのだから。

ユスティナ
ユスティナ

いいや、感染者だけじゃない、ここには、その他大勢の人も行き場を失ってる。

ユスティナ
ユスティナ

私はもう帰れない。

ユスティナ
ユスティナ

もし本当に風は私の声を届けてくれるのなら……

ユスティナ
ユスティナ

……

ユスティナ
ユスティナ

なら私は押し黙ろう、草笛の音を除いて、なにもかも。

ユスティナ
ユスティナ

ユスティナを、単純で平凡な……騎士を夢見るただの女の子のままでいさせるために。

タイトルとURLをコピーしました