アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】ニアーライト NL-1「キンセンカ」行動後 翻訳

代弁者マギー
代弁者マギー

お待ちを、マルキェヴィッチさん。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

あなたでしたか、マギーさん、あの……なにか?

代弁者マギー
代弁者マギー

また会ったな、連合会からメールは届いているかな?

代弁者マギー
代弁者マギー

メジャーリーグ期間に試合進行監督を担当してる代弁者は私たち二人だけだ……割に合わないが、注目は集められる仕事だ。

代弁者マギー
代弁者マギー

もし“代弁者”という肩書きを取ったあとでも平穏な暮らしを送りたいのであれば、今は最大のチャンスだ。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

あはは……お恥ずかしい話ではありますが、注目されるぐらいなら、淡々と現地イベントの企画を担当できたほうが私としてはありがたいです……

代弁者マギー
代弁者マギー

こういうことは得意なのか?

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

得意もなにも、私はただ……

代弁者マギー
代弁者マギー

またご謙遜なさる、あのベテランたちよりあなたのほうがよっぽど適任だ。

代弁者マギー
代弁者マギー

――しかし今日は、別のことを事前に知らせようと思って参った次第だ。

代弁者マギー
代弁者マギー

休憩室でお話しても?

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

あっ、お好きなように……

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

そんな慎重になさるとは何事ですか?

代弁者マギー
代弁者マギー

実は、本来なら私から言うことではないのだ、ただチェルニーさんがあまりにも突然去ったものでな。

代弁者マギー
代弁者マギー

カジミエーシュの中核となる大騎士領本土を除いて、毎回商業が著しく発展を遂げている都市を三つ選び、今の大騎士領へと合併することは知っているな。

代弁者マギー
代弁者マギー

メジャーリーグ終了後の数か月以内に、大騎士領を除いた移動都市は、ルートデザイナーの設計のもと、一か月以内に本来の航路へ帰投する。

代弁者マギー
代弁者マギー

四都市のドッキングは毎回ながらも千載一遇のチャンスだ。大量の人流、隙間なく往来する物流、それと……一部の問題を解決するチャンスにもなる。

代弁者マギー
代弁者マギー

正直に言うと、四都市連合の規模がこうも巨大でなければ、移動が困難になろうが、天災を避けられずにいようが、物資配分や採掘問題は簡単には解決できなかっただろう。

代弁者マギー
代弁者マギー

四都市連合はこのまま永遠に繋がったままでいてほしいものだよ。

代弁者マギー
代弁者マギー

しかし今日話すのは……うぅむ……暗黙のルールというやつだ。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

一体なんでしょう……?

代弁者マギー
代弁者マギー

……感染者についてだ。

代弁者マギー
代弁者マギー

今年ミェシェンコ工業が大騎士領に移動プラットフォームを七台提供してくれる、ほかの国家からすれば都市一個相当の規模だ……もちろん、表ではそう伝えられてる。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

それなら、同僚からも聞き及んでおります。

代弁者マギー
代弁者マギー

だが今注目すべきなのはゼロ号地だ。あれはミェシェンコ工業が交付するリストには載っていない地区になる。

代弁者マギー
代弁者マギー

あの地区は少々特殊でな、とても規模が小さい移動プラットフォームなんだ、今は南西方向にある十七号都市区の外に連結されている。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

あそこって……

代弁者マギー
代弁者マギー

そうだ、あそこは感染者収容治療センターの隣になる。

代弁者マギー
代弁者マギー

無礼を許してくれ、マルキェヴィッチさん、これから私たちが話すことは、すべて記録に残さねばならない。

代弁者マギー
代弁者マギー

これは規則事項だ……発言者が連合会に背く行為をすることは許されないからな。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……わかりました。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……

代弁者マギー
代弁者マギー

顔色が悪いな……わかるさ、私が喋り出した時から、あなたはそんな顔をしていた。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

あまりにも非人道的すぎます……

代弁者マギー
代弁者マギー

……今のあなたは理事会の代行者、そして商業連合会の代弁者なんだぞ、マルキェヴィッチ。

代弁者マギー
代弁者マギー

……そこだけ努々お忘れなく、当然だが、別に警告や脅しをしたいわけじゃない――はは、チェルニーさんからもよくこういった印象を抱いたのではないかな?

代弁者マギー
代弁者マギー

すべては手の内。彼の言うことに背くことなんてできないはずだ。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……

代弁者マギー
代弁者マギー

私にそういう意図はないよ、マルキェヴィッチ、お互い助け合おうじゃないか。

代弁者マギー
代弁者マギー

さっき話したことをもうしばらく考え込むといい、私はこれから何個かの騎士団とスケジュールを確認しないといけないのでな。

代弁者マギー
代弁者マギー

では、また後程。

ゾフィア
ゾフィア

……ムリナール?

ゾフィア
ゾフィア

いるの?ムリ――

(マーガレットの足音)

マーガレット
マーガレット

……ゾフィアおばさん?

ゾフィア
ゾフィア

あら……マーガレット、まだ家にいたの?

ゾフィア
ゾフィア

マリアから騎士協会に行ったって聞いたけど?

マーガレット
マーガレット

ちょっとした手続きにすぎない、そんな時間は掛からなかったからな。

ゾフィア
ゾフィア

……ふふ、あなた本当に変わったわね。

ゾフィア
ゾフィア

“ロドス”って場所のせいかしら?昔のあなたはあんな事務作業なんか得意じゃなかったのに。

ゾフィア
ゾフィア

あなたが騎士へエントリーしたばかりの頃を憶えてる?独立騎士のマーガレット・ニアールは、いっつも証明書類や手続き書類をごちゃ混ぜにして……

マーガレット
マーガレット

ああ……あの時は君に助けられたよ、おばさん。

ゾフィア
ゾフィア

はぁ……マリアならともかく、私とあなたの年齢なんてそう大して変わんないでしょ?

ゾフィア
ゾフィア

以前は必死に名前で呼ぶようにしてやったのに、こうやって何年も合わないうちに、また元に戻ったわね?

ゾフィア
ゾフィア

もしかして疎くなっちゃった?ん?

マーガレット
マーガレット

……ふふ、そんなことないさ、ゾフィア、ただこうして面と向かって家族と話をするのは久ぶりだったからな。

マーガレット
マーガレット

おじさんに会いにきたのか?

ゾフィア
ゾフィア

ええ……まだ仕事中だったかしら?

マーガレット
マーガレット

まだ戻ってきていないんだ。

ゾフィア
ゾフィア

……ムリナールは……

マーガレット
マーガレット

……わかっている。

マーガレット
マーガレット

彼を敵視したりしないし、恨んだりもしないさ、ゾフィア。

マーガレット
マーガレット

絶対にな。

マリア
マリア

あっ……もうすぐ試合が始まるよ。

老騎士
老騎士

……相変わらず、人でごった返しじゃな。

老騎士
老騎士

あっちにいるブレードヘルメット騎士団のヤツ、去年も見なかったか?

老工匠
老工匠

はぁ、そんなヤツ放っておけ、左腕騎士でさえマリアに敗れたくせに、ブレードヘルム騎士団がなんだって言うんだ?

マリア
マリア

えっ……いやあれはたまたまだよ、たまたま、それ言われるとまだ恥ずかしくなるから……

ハゲのマーティン
ハゲのマーティン

……うぅむ。今晩の試合、どうやら“錆銅”のオルマー・イングラも出場してるようだな……

老騎士
老騎士

ハッ、見慣れた顔ばっかじゃな、マリア――

老工匠
老工匠

――お前は少し黙っておれ。

マリア
マリア

いいよ、コーヴァル師匠。

マリア
マリア

私はもう競技騎士になることは諦めたから、私には合わなかったんだ。

老騎士
老騎士

そうじゃそうじゃ!自分の目指す方法なんていくらでもある、どれかを無理して選ぶ必要なんてない!これ歳を食ったジジイからのアドバイスな!

老騎士
老騎士

それに、お前はもう十分頑張ったじゃないか、この一杯はお前のためじゃ!

老工匠
老工匠

そういえば、マーガレットのあの甲冑はまだ最終調整していなかったんじゃないか?

老工匠
老工匠

以前着ていたものの造りは確かに見事だったが、マーガレットみたいな勇ましいクランタにはどう見ても似合わんだろ。

マリア
マリア

あっ……それなら私がもう調整に着手してるよ、もうちょっと時間かかるけど。

マリア
マリア

それとお姉ちゃんの武器なんだけど……

ハゲのマーティン
ハゲのマーティン

マーガレットが騎士競技に初めて参加した時は、ハンマーを使っていたな。それから、騎士用のロングソードへ変えた、光が彼女の剣へ集束していくとこはまだ憶えているよ。

ハゲのマーティン
ハゲのマーティン

今は――槍に換えたんだったかな。

老工匠
老工匠

ハッ!ミノスのD32鋼で鍛造された一級品、抜群なアーツ伝達性質のおまけつき!

老工匠
老工匠

懐かしいなぁ、当時マーガレットが手に馴染む剣を交換してくれとわしに言ってくれたっけな――あれはニアール爺さんの孫娘が初めて助けを求めてきたことだった――

老騎士
老騎士

懐かしんでる場合か、コーヴァル、来週には耀騎士が出場するんじゃぞ、ちゃんと手伝ってやっているのか!?

老工匠
老工匠

ああ?お前と一緒にするな。毎日酒を飲むことしか知らないくせに、やることがないのか?

(老騎士と老工匠が殴り合う)

ハゲのマーティン
ハゲのマーティン

(錆銅騎士が参加するのは……フラッグ争奪戦か……?なぜブラッドボイル騎士団はエリート騎士をあんな旨味のない試合に宛がったんだ……)

ハゲのマーティン
ハゲのマーティン

(錆銅の相手は……ふむ、名が立って間もない騎士団ばかりだな……)

ハゲのマーティン
ハゲのマーティン

(……待て、感染者騎士もいるぞ……)

???
???

メジャーリーグ本選試合、へへ。

???
???

感染者になっちまった時、お前はこういう日が来るって想像してたか?

???
???

この会場に立って、自分は人生何回回っても稼ぎきれねぇ賞金を勝ち取るんだって想像したことがあるか?

観客席の騎士
感染者騎士

わかってる……わかってるさ。

観客席の騎士
感染者騎士

レッドパイン騎士団に加入できて光栄だよ、ワイルドメイン。

???
???

ハッ、名前でいいよ。

観客席の騎士
感染者騎士

よし!じゃあ俺が賞金をゲットした時には、酒を奢ってやるよ、イヴォナ。

イヴォナ
イヴォナ

いいぜ、どうせアッシュロックしか酒に付き合ってくれる人はいねぇんだ、ちょうど暇してたぜ――

イヴォナ
イヴォナ

――フラッグ争奪戦のルールはまだ憶えてるか?

観客席の騎士
感染者騎士

憶えてる、なるべくゴールラインで待機して、衝突を避けることだろ――

イヴォナ
イヴォナ

はぁ、それはソーナから言われたことだろ――アタシが言ってんのは、あの貴族騎士連中の甲冑をボロボロにしてやれば、チャンピオンになれるってことだ。

イヴォナ
イヴォナ

ポイントを奪ってくるヤツがいれば、お前はそいつを真っ先に片付ける、簡単だろ?

観客席の騎士
感染者騎士

は、ははは……俺にそんなことができればな。

イヴォナ
イヴォナ

自信を持て。ド派手にやらねぇと、あいつらに舐められちまうぞ。

イヴォナ
イヴォナ

相手に見上げられたいのなら、簡単な話さ、そいつらを叩き伏せてやればいい、だろ?

イヴォナ
イヴォナ

それよりどうやらお前目当ての人がいるらしいな、ハッ、あいつアッシュロックでも懲りなかったのか?

観客席の騎士
感染者騎士

オルマー・イングラ……感染者たちに報復するためここに来たのか?

観客席の騎士
感染者騎士

器の小さい男だ。

イヴォナ
イヴォナ

貴族のボンボンか、ケッ。

イヴォナ
イヴォナ

どうやらあいつの自尊心はアッシュロックに折られちまったようだな、見掛け倒しのヤツがこの会場に立つ資格なんざねぇ。

イヴォナ
イヴォナ

あぁ――ムズズムすんな。あとでこっそりあいつをぶん殴ってやりゃいいか。

観客席の騎士
感染者騎士

……

錆銅騎士
錆銅騎士

……

???
放送の声

では――各騎士にご入場して頂きましょう――

イヴォナ
イヴォナ

行くぞ。

観客席の騎士
感染者騎士

……おう!

観客席の騎士
感染者騎士

子供たちが俺たちの帰りを待ってるからな。

(錆銅騎士の足音)

錆銅騎士
錆銅騎士

……ガァ。レッドパイン騎士団……

錆銅騎士
錆銅騎士

感染者、ゴミムシ風情が……騎士を名乗るだと?

錆銅騎士
錆銅騎士

……虫唾が走るぜ、クソが!

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました