アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】ニアーライトNL-8「最後のケシク」行動後 翻訳

(斬撃音)

マリア
マリア

キャッ!

老騎士
老騎士

マリア!

老騎士
老騎士

無理をするでない――

マリア
マリア

……いや、フォーゲルヴァルデ師匠……そっちだって手が……

老騎士
老騎士

こんなことは何度も経験しておるから、もう慣れておる。

(逐魘騎士が近寄ってくる)

逐魘騎士
逐魘騎士

……勝負はついた、私の怒りを辛うじて鎮められる実力はあったとはな、予想外だ……

逐魘騎士
逐魘騎士

末裔の血に免じて、お前の命は取らないでおこう。だが、私の向かう道からは消えてもらう。

老騎士
老騎士

……何が何でもマーガレットと戦いたいのじゃな、ん?

逐魘騎士
逐魘騎士

……違う、中断された決闘を続けるだけだ。

老騎士
老騎士

お前は一体なにを企んでおるのじゃ?

老騎士
老騎士

狂ったかのように……そこまで固執して、一体なにを探し求めておる?なにを得ようとしておるのじゃ?

逐魘騎士
逐魘騎士

お前にわかるはずもない……

老騎士
老騎士

そりゃ分からんさ。お前はその伝統とやらのために、目の前にある生活のすべてを諦めたからのう!そんなことをしても無意味じゃぞ!

逐魘騎士
逐魘騎士

私の生きる意味を、お前から授かる必要などあるものか?

老騎士
老騎士

お前がこれ以上狂っていくのを見たくないだけじゃ、“天途”とはごく少数の部族しか行わない成年の儀式なんじゃろ、若造のお前にはまだ早いんじゃ!

逐魘騎士
逐魘騎士

……!黙れ、いいからそこをどけ。

老騎士
老騎士

ならわしを倒してからにするんじゃな。

逐魘騎士
逐魘騎士

――後悔するんじゃないぞ、老いぼれ!

(斬撃音とマリアが攻撃を防ぐ音)

逐魘騎士
逐魘騎士

――!

老騎士
老騎士

マリア、なにをしておる!お前は怪我を受けて――

マリア
マリア

……あなたがそこまで動揺したのはこれが初めてですね、夢魘さん。

逐魘騎士
逐魘騎士

……

マリア
マリア

騎士の盾は、他者を守るためにある、そうお姉ちゃんから教わりました。

マリア
マリア

……私の信念はほかの人から譲り受けたものって言ってましたけど、その通りかもしれません。

マリア
マリア

けど明かりに照らされた道にすら怯えてしまえば、それこそ騎士としての意味はなくなってしまいます!

逐魘騎士
逐魘騎士

貴様が騎士を語るか、根も葉もないことを――

マリア
マリア

――生憎、今の私はもう騎士じゃなくなりましたので。私はただお姉ちゃんを守りたい――

マリア
マリア

あなたみたいな道理を弁えない人にお姉ちゃんの道を邪魔させるわけにはいきません!

(アーツ音)

逐魘騎士
逐魘騎士

……アーツ?それでなにが……ん?

マリアの頬に伝う血が光によって照らされる。
脆く、小さな存在にすぎない。そう、全力でかかれば、いとも容易く夢魘はこのペガサスを殺すことができる
彼はそう確信していた。
しかしなぜだ……この時、少女の頬に流れてる血が、まるで黄金のように見えたのはなぜだ?

逐魘騎士
逐魘騎士

……アーツの光で血を黄金色のように見せているのか?

逐魘騎士
逐魘騎士

しかし歴史に刻まれるべきペガサスは、なぜ如何ほどまでに脆弱なものになってしまったのだ……これは偶然か?

マリア
マリア

フォーゲルヴァルデ師匠、先に戻ってて……ここは私がやるから。

老騎士
老騎士

無茶を言うな、本当にヤツに殺さてしまうぞ――!

マリア
マリア

大丈夫。

マリア
マリア

私が彼を止める!

逐魘騎士
逐魘騎士

……

(逐魘騎士が立ち去る)

マリア
マリア

……あれ?どうして急に後ろを振り向いて……

逐魘騎士
逐魘騎士

……ペガサスよ。

逐魘騎士
逐魘騎士

今のお前は他者の信念に縋っているだけだ、本当にその信念を信じていなければ、決して強くはなれん。

逐魘騎士
逐魘騎士

そういうお前は、それを信じていない。

マリア
マリア

……

逐魘騎士
逐魘騎士

献身と、犠牲か。

逐魘騎士
逐魘騎士

お前は無意識のうちに……それに近い自己犠牲の美徳を備えている。悪くない教訓となった、ペガサス、それと末裔よ。

逐魘騎士
逐魘騎士

もしも……

逐魘騎士
逐魘騎士

……いや、なんでもない。

逐魘騎士
逐魘騎士

耀騎士に伝えておいてくれ、お前との決闘はまだ決着がついていない、今はしばらくの間お預けだ、と。

マリア
マリア

……

もしも?もしも、なんだ?
もしもお前と同じ環境で育ったら、私も同じような選択を選んでいたのだろうか?
いや、弱腰になるな、トォーラ。
弱腰になるな!

グラベル
グラベル

……耀騎士に、血騎士、あっという間に、メジャーリーグも白熱してきましたね。

グラベル
グラベル

ポイント累計から見れば、耀騎士は問題なく決勝に進出できますね。

グラベル
グラベル

……喜ばれていないようですが?

ドクター
ドクター

・連合会はニアールが優勝するまで大人しくしていればいい。
・感染者の一連の事件を経て、大衆がそれを受け入れられると思いますか?
・ニアールさん最大の挑戦は今始まったばかりです。

 

 

連合会はニアールが優勝するまで大人しくしていればいい感染者の一連の事件を経て、大衆がそれを受け入れられると思いますか?ニアールさん最大の挑戦は今始まったばかりです。
グラベル
グラベル

……そうですね。

グラベル
グラベル

しかし、連合会がなにを企んでいても、監察会とドクター様なら、きっとニアールさんのために困難を乗り越えてくれると信じております。

グラベル
グラベル

ただ、一連の問題は本当に連合会だけの問題なのでしょうか……あの者たちが得意としてるのは自ら手を下すことではなく、種を蒔いて……芽が出るまでじっと耐え続けることですから。

グラベル
グラベル

……抗議の声ならたくさん上がると思います。

グラベル
グラベル

ウフッ……けど血騎士の時も、同じような感じでしたよ?

グラベル
グラベル

ただ血騎士がトロフィーを掲げて、歓声と札束が大衆の目を遮ってから、みんなそんなことはきれいさっぱり忘れてしまいました。

グラベル
グラベル

記憶というのはとてもあっという間なものなんです、ドクター様、誰が勝とうが、その人が“感染者”を代表して声を上げれば、たちまち世論の熱も冷めていきます。

グラベル
グラベル

カジミエーシュはどんなチャンピオンでも歓迎しますからね。

グラベル
グラベル

それは……血騎士のことでしょうか?いや、あなたがそんな浅はかなことを言うはずがありませんね……

 

グラベル
グラベル

……ただどうであれば、あなたとニアールさんなら困難を乗り越えられると私は信じておりますよ。

ドクター
ドクター

アーミヤと医療オペレーターたちは大丈夫ですか?

グラベル
グラベル

ええ、今日もせっせと感染者騎士たちのために検査と医療に励んでいました。

グラベル
グラベル

ロドスの仕事っぷりはさすがですね、なぜ大騎士長様がそこまであなた方を信頼してるのかが分かってきました。

グラベル
グラベル

しかし……ずっとあなたのお傍にいるのですから、少しは私のことにも関心を寄せて頂けませんでしょうか?

グラベル
グラベル

少々悲しくなってしまいます。

ドクター
ドクター

確かに力を貸してくれたグラベルさんにも感謝しないといけませんね。

グラベル
グラベル

感謝ですか……具体的にはなにに対して感謝してくれるのですか?

ドクター
ドクター

・ずっと傍で守ってくれていることに対して。
・貴重な情報を無理してまで提供してくれたことに対して。
・えーっと、暇な時に色々お喋りしてくれたこととか?

ずっと傍で守ってくれていることに対して。貴重な情報を無理してまで提供してくれたことに対して。えーっと、暇な時に色々お喋りしてくれたこととか?
グラベル
グラベル

私の責務ですから。命令を受けた以上、この身が滅びようとも、必ず守って差し上げます。

 

グラベル
グラベル

……大騎士長様から伝えていいと言われたことを伝えただけです。

グラベル
グラベル

ドクター様の感謝をそのまま受け入れるのもやぶさかではありませんが、本当にロドスを助けたいと考えられてるのは、大騎士長様ですので。

グラベル
グラベル

あら……ドクター様からすれば、私たちの交流はただ暇つぶしのためのお喋りだったのですか?

グラベル
グラベル

うふふ、もしそうでしたら、私は別にこのままずっとお喋りしても構いませんよ。

グラベル
グラベル

では、どうやってその感謝を示してくれるのですか?

ドクター
ドクター

・私の外出ついでとしてグラベルさんにショッピングできるぐらいの休暇を作ってあげるとか?

・なにか趣味とかはあります?ロドスには色んな面白い人がいますよ。

・なんでもいいですよ。

私の外出ついでとしてグラベルさんにショッピングできるぐらいの休暇を作ってあげるとか?なにか趣味とかはあります?ロドスには色んな面白い人がいますよ。なんでもいいですよ。
グラベル
グラベル

ウフッ……いいですね、実は昔からモデルとかやってみたかったんです。

グラベル
グラベル

いっつも鎧ばっかりで、私だって仮にも女の子なんですよ?いい加減イヤになっちゃいます。

グラベル
グラベル

趣味ですか?

グラベル
グラベル

あまり考えたことありませんね……カジミエーシュにいる普通の女の子はどういう趣味を持ってるんでしょうか?美食?お化粧?あっ……騎士の話題でしたら結構です。

グラベル
グラベル

ただ……服飾なら少し興味があります、いつも鎧ばかりじゃ、いい加減味気ないですからね。

グラベル
グラベル

征戦騎士が私服を着れる時間はめったにないものなので。

グラベル
グラベル

ドクター様……今なにをおっしゃったか理解されていますか?“なんでも”とは、私からすれば拷問を受けてる時に一番言っちゃいけない言葉なんですよ?

グラベル
グラベル

ほとんどの人は面倒臭さから相手に選択肢を渡すのでしょう……けど、それで相手が予想外な行動に出ることも考慮しないといけませんよ。

グラベル
グラベル

ではドクター様……少し後ろに座ってくれますか?

ドクター
ドクター

えっ、はい。

グラベル
グラベル

目は閉じてくださいね?ドクター様の目を傷つけたくはありませんので……

グラベル
グラベル

それでは……

(斬撃音とガラスが割れる音)

グラベル
グラベル

ドクター様、絶対に目を開けちゃいけませんよ。

グラベル
グラベル

もし無冑盟の姿を見てしまえば、カジミエーシュから無事に逃れようという考えは捨ててくださいね?

???
???

……

ドクター
ドクター

・あなた一人に危険を負わせるわけにはいきません。
・……
・こっちも少なくとも何が起こったか把握しておきたいんですけど?

(斬撃音)

プラチナ
プラチナ

……オマエ、普通の征戦騎士じゃないな?

グラベル
グラベル

暗殺は無冑盟だけの専売特許じゃないからね。

プラチナ
プラチナ

動くな、じゃないと喉を掻っ切る。

グラベル
グラベル

命を投げ出しても、ドクターを守らないといけないから、無理な相談ね。

プラチナ
プラチナ

ただの国外企業だろ……なぜオマエみたいな騎士がそこまで命を張るんだ――ん?

プラチナ
プラチナ

腕にあるそのバーコード……買われてきた奴隷か、なら尚更なぜただのよそ者にそこまで忠誠心を捧げる?

グラベル
グラベル

残念だけど、今ドクターを守るのが私の本心なの。

(戦闘音)

プラチナ
プラチナ

……なるほど、監察会がオマエみたいな粘着女をロドスに付けさせたのは、最初からロドスの手を借りてゼロ号地を調べるためだったんだな?

グラベル
グラベル

利用してるような言い方で私たちの関係を語らないでちょうだい。

ドクター
ドクター

・そうだ、仮に言うのであれば“相互利用だ”。
・……win-winってヤツだ。
・お互い気持ちよくできれば、それでいいだろ?

プラチナ
プラチナ

……オマエが、ロドスの“ドクター”だな、傍に小さいコータスの少女もいたはずだが……

プラチナ
プラチナ

子供には手を出したくないから、オマエ一人だけにしてもいいか?

ドクター
ドクター

生憎、ロドスの指導者は私でなくそのコータスの少女だ。

ドクター
ドクター

それと、そのコータスの少女をあまり舐めないほうがいい。

グラベル
グラベル

ドクター様、先に逃げてください、ここは私が防ぎます、アーミヤを連れてはやく監察会へ――

プラチナ
プラチナ

……言っとくけど、こっちは一人で来たわけじゃないから。

プラチナ
プラチナ

無冑盟はすでにここを包囲しているから……逃げられると思うなよ。

グラベル
グラベル

……問題ありません、ドクター様、私が――

グラベル
グラベル

――ドクター様?

プラチナ
プラチナ

護衛の前に立つって、それどういう意味?自分の命でほかの人を守ろうってわけ?

プラチナ
プラチナ

感動的だね……ただこっちだって任務があるんだ。

ドクター
ドクター

常務理事長からの任務か?

プラチナ
プラチナ

……なに?

ドクター
ドクター

もし間違ってなかったら、君は直接理事会から命令を受けていないはずだ。

プラチナ
プラチナ

なんのことだかさっぱり。

ドクター
ドクター

・ミェシェンコ工業か?
・サンブッシュ製薬会社か?
・それともクラウド医薬会社か?

ドクター
ドクター

ロドスがその者たちの脅威になってるのは当然分かる。

ドクター
ドクター

・だがたかだか国外の企業が、真相を知ったところでなにができる?
・その者たちなら、きっとロドスを表舞台から消し去る力があるはずだ。

ドクター
ドクター

・その者たちが本当に恐れているのは、同じテーブルを囲んで自分たちを狙っている飢えた獣だ。
・その者たちは、自分自身に恐れているんだ。

プラチナ
プラチナ

……だからなに?

ドクター
ドクター

・私を殺すことなど造作もない、と思っているだろ?
・なぜそんなに急ごうとしている?もしかしてその仕事ってフレックスタイム制?

ドクター
ドクター

なら少し座って休もうじゃないか。

プラチナ
プラチナ

……自分がなにを言ってるのか分かってる?

プラチナ
プラチナ

その征戦騎士が邪魔に入っても、オマエを殺すことなんか――

ドクター
ドクター

いいや、君にはできない。

ドクター
ドクター

・昨日、代弁者がロドスの各方面との契約に目を通した。
・マルキェヴィッチさんにはとても助けられたよ。
・今ロドスが“法律上”どの位置にあるのか分かるか?

ドクター
ドクター

・今のロドスは連合会の臨時的な加盟組織だ。
・私たちに手を出すことは、連合会に手を出すことを意味する。
・ただ、この機会を逃したくないと思ってる人もいるはずだ。

プラチナ
プラチナ

……

ドクター
ドクター

・君たちならもちろん“法律”を掻い潜ったことがあるのだろう。
・だが文明という事象のもとにある貪欲な殺し合いを避けることはできない。

(電話の音)

プラチナ
プラチナ

……!

グラベル
グラベル

電話……?

ドクター
ドクター

・どうぞ、確か……プラチナだったかな?
・君宛てだ。
・文明の声に傾けるといい、お嬢さん。

プラチナ
プラチナ

……

(プラチナが電話に出る)

???
電話からの声

……セントレアだな?

プラチナ
プラチナ

……!

???
電話からの声

驚くことはない、プラチナ。

???
電話からの声

ロドスの指導者に手を下さなくてよかったな。

???
電話からの声

撤収だ、命令に誤りがあった。慌てて成果を上げようとするあのバカどもが理事会を無視して無冑盟に命令を出しんだ……

???
電話からの声

ゼロ号地の“無用な感染者”の処置も停止だ。アイツらにはまだ価値が……創造の価値がある、ロドスがそれを教えてくれた。

???
電話からの声

以上だ。

プラチナ
プラチナ

……

プラチナ
プラチナ

……アンタ……全部計算の内だったってわけ?

プラチナ
プラチナ

一体どうやって……

ドクター
ドクター

一部の人間を丸め込み、ほかの人間への対処にあたらせる。

ドクター
ドクター

・難しいことじゃない。
・ほとんどの人にとって、自分の上司にアイデアを持ちかけるのはとても困難なことだからな。

ドクター
ドクター

だが本当に難しい点は、ほかの人に対処するため、どういう人を丸め込めばいいのかという点だ。

ドクター
ドクター

これについて、幸い私には話が通じる友人がいるのでね。

代弁者マギー
代弁者マギー

……ではゼロ号地はどうする?

代弁者マギー
代弁者マギー

感染者があれだけの暴動を引き起こしたさなか、二人の感染者騎士が好き放題暴れていては、不安要素が多すぎる。

代弁者マギー
代弁者マギー

もしその間に、ゼロ号地が感染者を処分してることがバレたら……

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

いいも悪いも起こりえますね……

代弁者マギー
代弁者マギー

その“良し悪し”を起こすわけにはいかん。どちらにしても、我々が求めているのは“すべてにおける掌握”だ。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……ほかの考えがあります。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

万が一を防ぐため、すでに無冑盟を動かしておきました。

プラチナ
プラチナ

……このままアンタを見逃すってこと?

プラチナ
プラチナ

よそ者でありながら、すでに無冑盟の存在を知ってしまったアンタを……

グラベル
グラベル

……そんな優柔不断でいちゃ、みっともないわよ?プラチナ。

プラチナ
プラチナ

……

(アーミヤが扉を開けて入ってくる)

アーミヤ
アーミヤ

……ドクター!今日の物資輸送のことについてですが――

アーミヤ
アーミヤ

あれ?新しいお客様ですか?す、すみません……

プラチナ
プラチナ

……気にしないで、入っていいよ。

グラベル
グラベル

無冑盟と征戦騎士を一緒に座らせてお茶するなんて、ドクター様、本当に掴みどころのないお方ですね。

アーミヤ
アーミヤ

……あの、ドクター、ちょっと来てもらえますか、ここにサインが必要な書類がありまして。

プラチナ
プラチナ

(あれがロドスの指導者……じゃあもし今手を出せば……)

ただの想像だった。
間近にいたグラベルでさえも感じられないほどの殺気、当然、この殺気はただの想像にすぎない。
だとしても、プラチナは少し考え込み、そして、感謝したのだ。
最後まで任務を完遂させなかった自分に対して。
彼女は瞬時にあの小さなコータスから違う可能性を感じ取っていた。
ここで手を動かせば、自分は本当に無事に矢を取り出せるのだろうか?
それとも取り出す前に――

アーミヤ
アーミヤ

……?あの、どうかされましたか?

プラチナ
プラチナ

ううん、ごめんね。

プラチナ
プラチナ

さっき割ったガラスだけど、あとで弁償するから。じゃあ、今日はこれで帰らせてもらうよ。

プラチナ
プラチナ

ロドスの……ドクター、だったっけ?

プラチナ
プラチナ

覚えておくね。

(プラチナが立ち去る)

アーミヤ
アーミヤ

……ドクター、グラベルさん、さっきはなんかあったんですか?

グラベル
グラベル

……いいえ。

グラベル
グラベル

一緒にお茶してただけです。

無冑盟構成員
無冑盟構成員

……プラチナ様、お求めのものがこちらに。

プラチナ
プラチナ

よく探し出せたね……

無冑盟構成員
無冑盟構成員

はい。ロドスと監察会の通信チャンネルを発見したので、それを手がかりにこの情報を掴みました。

無冑盟構成員
無冑盟構成員

これがオペレーターニアールの、つまり耀騎士の本当の健診報告です。

プラチナ
プラチナ

……

プラチナ
プラチナ

えっ……?

プラチナ
プラチナ

……耀騎士は……感染者じゃない?

ビッグマウスモーブ 
ビッグマウスモーブ 

カジミエーシュメジャーリーグ会場へようこそ!いつものビッグマウスのモーブでございます!

ビッグマウスモーブ 
ビッグマウスモーブ 

逐魘騎士の過失のおかげもあり、今日この試合を見ることが叶いました!血騎士vs逐魘騎士の試合です!

ビッグマウスモーブ 
ビッグマウスモーブ 

比類なき恐怖と実力同士の対決!強大な血騎士と伝説の夢魘は一体どんな火花を散らしてくれるのでしょうか!?

ビッグマウスモーブ 
ビッグマウスモーブ 

先の試合中に、血騎士と逐魘騎士はすでに一触即発といった趣で対面を果たしました!そして今日ようやく!お二人はこの会場で正式な対面を果たします!

ビッグマウスモーブ 
ビッグマウスモーブ 

殺戮!そして熱い戦い!勝者のほうにしか輝かない栄光を掴み取れ!さあお二人の騎士の入場を――お迎えしましょう――!

(大歓声)

マーガレット
マーガレット

……

逐魘騎士
逐魘騎士

……

ビッグマウスモーブ 
ビッグマウスモーブ 

所属してる騎士団はなし、スポンサーもなし、なぜ各企業はこんなにも美味しい人材を見逃していたのでしょうか!?

ビッグマウスモーブ 
ビッグマウスモーブ 

彼のために騎士団を創立してくれる方はいませんか!きっと大儲け間違いなしです!

ビッグマウスモーブ 
ビッグマウスモーブ 

そしてその一方は、鮮血の王、カジミエーシュの赤いステムウェア、無情なる勝利の製造マシン、その名に恥じぬ騎士の頂!

ビッグマウスモーブ 
ビッグマウスモーブ 

血――騎士ィ!ディカイオポリスぅぅ!

(大歓声)

血騎士
血騎士

……また会ったな、夢魘。

血騎士
血騎士

まだ過去の影を追いかけているのか?

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました