アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】吹雪過ぎ行く BI-1「不羽向きな集い」行動前 翻訳

力。
ほんの少しの力。軽く押しただけで……
雪崩は一気にイェラグを覆い被さっていく、そこでひた隠されてきた陰謀も過去もすべて。

出張にきたマネージャー
出張にきたマネージャー

店主さん、こりゃただのぼろっちい木札じゃないか、50ポンドで売るには高くないか?

イェラグの商売人
イェラグの商売人

お客さん、分かってないね、これはただの木札じゃないぞ、雪境の神イェラガンド様の祝福が込められたものなんだ。

イェラグの商売人
イェラグの商売人

イェラグが天災を受けないのも、この地に根付いたのも、その神様が守ってくれてるおかげなのさ。

イェラグの商売人
イェラグの商売人

そんでこの木札の原材料はな、ウチらイェラグの二番目に高いクマリ山の頂に生えてる常緑樹から取ってあるんだ。

イェラグの商売人
イェラグの商売人

クマリ山は知ってるかい?伝説によるとな、あのお山はイェラガンド様が流した涙が氷に固まってできたらしい。

イェラグの商売人
イェラグの商売人

山にある雪水を吸った木々はこの地に対するイェラガンド様の慈愛と祝福を含んでいるというんだ、そんでその木材で作られたお守りは家内安全、無病息災と守ってくれる。

イェラグの商売人
イェラグの商売人

お客さんイェラグは初めてらしいね、ヴィクトリアにいる家族にお土産を買ってあげたいのかい?

出張にきたマネージャー
出張にきたマネージャー

なんでヴィクトリアって分かったんだ?

イェラグの商売人
イェラグの商売人

いやね、ここ二年間、エンシオディスの旦那さんが掲げた政策で大きな会社がどんどん引き寄せられていているんだよ、お客さんの発音を聞けば大体はわかる。

イェラグの商売人
イェラグの商売人

お客さんみたいな初めていらした方には、こういうお守りをお土産にするのが特におすすめだよ。

イェラグの商売人
イェラグの商売人

それとイェティは聞いたことあるかい?ここの山ん奥に潜んでいてな、おっかない見た目に、人ならざる姿をしていて、神出鬼没な人食いのバケモノなんでさ。

イェラグの商売人
イェラグの商売人

だがこの曼珠院が祈祷してくれたお守りを持っていれば、あいつらはイェラガンドの威光に縮こまり、お客さんを襲ってこなくなる。

イェラグの商売人
イェラグの商売人

それにさ、帰って家族と話す時、このお守りにはイェラグの霊山のご加護があるって話したら、少しは土産話にもなると思わないかい?

イェラグの商売人
イェラグの商売人

遠路はるばるイェラグまで出張にきなすったんだ、土産に一つや二つぐらい家族に持って帰ってやりたいはずだろ?

出張にきたマネージャー
出張にきたマネージャー

……

出張にきたマネージャー
出張にきたマネージャー

……はぁ、わかった買うよ、嫁さんと子供の分も一つずつくれ!

イェラグの商売人
イェラグの商売人

毎度アリ、お客さんみたいな気前のいい人は大歓迎だよ!

???
???

この木材、見るからに適当な山から取って来たものだよ。

イェラグの商売人
イェラグの商売人

!?

イェラグの商売人
イェラグの商売人

な、なに適当なことを言ってやがるんだい!?

クリフハート
エンシア

まず、ペルローチェ家の許可がない限り、クマリ山を登ることはできない。

エンシア
エンシア

そして、ここ最近クマリ山を登った人がいるなんて話は聞いていない。

エンシア
エンシア

あたしがイェラグを出る時、わざわざヴァイスお兄ちゃんに言っておいたんだ、登った人がいたらあたしに知らせるようにって。

イェラグの商売人
イェラグの商売人

なんであんたがそんなことを知って……

イェラグの商売人
イェラグの商売人

待て、その尻尾……あんたまさかエンシアお嬢様ですかい!?

出張にきたマネージャー
出張にきたマネージャー

エンシア……も、もしかしてエンシオディスさんの妹さん!?

エンシア
エンシア

ふふ~ん?

出張にきたマネージャー
出張にきたマネージャー

ちょっと店主さん、私を騙していたのか!?

イェラグの商売人
イェラグの商売人

いやぁ、ははは、エンシアお嬢様は幼い頃から山登りを好まれていたから、自ずとわしら一般人よりも雪山にお詳しくなられておる。

イェラグの商売人
イェラグの商売人

実を言うとウチの店にある品は山で狩りをしてる連中から仕入れたものなんだ、わしもきっとあいつらに騙されたんだ。

イェラグの商売人
イェラグの商売人

あとできっちり仕返ししてやらんと!

イェラグの商売人
イェラグの商売人

それでこのお守りなんだが……エンシアお嬢様、見てください。

エンシア
エンシア

お守りに曼珠院の祈祷が施されてるのは間違いないね、曼珠院の印を偽造してまでイェラガンドのバチを買う人なんてこのイェラグにはいないからね。

エンシア
エンシア

これでイェティを撃退できる話なら嘘っぱちだよ。ただお土産にするのなら、ちょうどいいと思うかな。

エンシア
エンシア

だからさ、もう少し安くしてやってよ。

イェラグの商売人
イェラグの商売人

ふぅ……お嬢様がそう言うのであれば、10ポンドまで値下げしてやろう!それでお客さん、買うかい?

出張にきたマネージャー
出張にきたマネージャー

あのエンシオディスさんの妹さんが言うのであれば、信じよう。

出張にきたマネージャー
出張にきたマネージャー

店主さんも商売大変そうだし、五個もらうよ!

イェラグの商売人
イェラグの商売人

毎度アリ!

イェラグの商売人
イェラグの商売人

それでエンシアお嬢様、お嬢様もなにか買っていかれます?お好きなものがあれば持っていってください、なんせウチの商売はシルバーアッシュ家のお世話になってるもんなんで。

エンシア
エンシア

いいよいいよ、ちゃんとお金払うから。

エンシア
エンシア

ね、ドクター?

ドクター
ドクター

・当然だ。
・ヴィクトリアとカジミエーシュのお金をたくさん両替しておいてよかった。
・自分の家の領地なら、適当に貰ってはダメなものなのか?

当然だ。ヴィクトリアとカジミエーシュのお金をたくさん両替しておいてよかった。自分の家の領地なら、適当に貰ってはダメなものなのか?
(固有会話無し)
エンシア
エンシア

いやでもね、いくらいっぱい両替しても、それうちのところでしか使えないよ。

エンシア
エンシア

あとうちの領地の中で一番繁盛してるのがここの貿易港なんだから、お金を全部ここに落しちゃったほうがいいよ。

エンシア
エンシア

いやいやドクター、向こうだって商売してるんだから取っちゃダメだって。

エンシア
エンシア

でもぉ、もしどーしても欲しかったら、お兄ちゃんにお願いしてあげても良いよ。どうせ全部お兄ちゃんがやってくれるんだし!

ヴァイス
ヴァイス

エンシアお嬢様、そろそろ駅に行って列車を待ちましょう。

エンシア
エンシア

あっ、そういえば時間がなかったんだった、ドクター、行こっか。

???
???

大雪が来る、気を付けなさい、異邦人。

ドクター
ドクター

あなたは?

???
???

凍えたくなければ、今のうちにここを離れたほうがいいわよ。

ドクター
ドクター

……?

エンシア
エンシア

ドクター、ボーっとしちゃってどうしたの?

 

ドクター
ドクター

誰かに話しかけられた。

エンシア
エンシア

そう?傍に誰もいないようだけど。

ドクター
ドクター

……?

今はもうのんびりと屋外でコーヒーを嗜める季節ではなくなった。
振り向きざま、あなたには色鮮やかな日よけシートとカランド貿易の宣伝広告しか目に入らなかった。
誰もいないバルコニーは静かに佇んで入り、連なる山々は相変わらず遠くに望む。
もしかすると机に置いてある雑誌が風でページを捲られたことで、その机に誰かが座ってあなたに話しかけてきた錯覚を生じさせていたのかもしれない。

エンシア
エンシア

ドクター、ボーっとしてないで、行くよ。

ドクター
ドクター

……

???
???

また会いましょう。

ヴァイス
ヴァイス

ヤーカ兄貴、お帰りなさい、旦那様がお待ちですよ。

ヤーカ
ヤーカ

これまでの間ご苦労だった、ヴァイス。

ヤーカ
ヤーカ

お前は行かなくていいのか?

ヴァイス
ヴァイス

行こうとしてましたけど、旦那様が霊山で行われる三族会議にドクターを招待したものなんで、ぼくが兄貴の代わりに彼らを迎えにいくことになりました、なんせぼくもロドスの一員なんで。

ヴァイス
ヴァイス

兄貴は外でエンシアお嬢様を長らく護衛に務めていましたので、旦那様もそろそろ休暇を挟んでもらいたいと仰ってましたよ。

ヴァイス
ヴァイス

それにほら、兄貴もどうせエンシアお嬢様に追い出されちゃったんじゃないですか?

ヤーカ
ヤーカ

あはは、その通りだ。お嬢様なら今ドクターと街を散策されている。

ヤーカ
ヤーカ

きっとお嬢様からも自分のお守はいいからと、俺にお暇してもらうように配慮して頂いたのだろう。

ヴァイス
ヴァイス

さすが兄妹と言ったところですかね。

ヴァイス
ヴァイス

それでどうでしたか、今回戻ってきて?

ヤーカ
ヤーカ

領地の開発もかなり進んで、全体の変化が著しい、見間違えそうなほどだ。さすが旦那様だな。

ヤーカ
ヤーカ

では旦那様とお嬢様のご好意に預かり、俺は一旦実家に帰らせてもらうよ、両親に顔を見せてから旦那様のところに向かう。

ヤーカ
ヤーカ

お前はどうするんだ?

ヴァイス
ヴァイス

ぼくですか?

ヤーカ
ヤーカ

お前もしばらく戻ってこなかったんだろ、前回会った時は、旦那様とクルビアに行ってたんじゃなかったか?

ヴァイス
ヴァイス

ぼくなら急用もないですし、街をブラブラできただけでも満足しましたよ。

ヤーカ
ヤーカ

ならお前の同族の古い友人とはどうなんだ?確か名前はモージだったかな、時間があれば一緒にメシでも食いに行こう。

ヴァイス
ヴァイス

それは……

ヴァイス
ヴァイス

……その時にまた話しましょう。

Sharp
Sharp

……

Sharp
Sharp

俺だ。

(無線音)

オーロラ
オーロラ

もしもし、聞こえる?

Sharp
Sharp

聞こえるぞ。

オーロラ
オーロラ

よかった、拠点の信号は問題なさそうだね。

Sharp
Sharp

そうだな。

Sharp
Sharp

そっちはどうだ?

オーロラ
オーロラ

通信拠点に適した隠れ場所をいくつか見つけたよ。でも、いくらトゥリカムで拠点を築いても、イェラグ全土はカバーしきれそうにないかな。

オーロラ
オーロラ

ここはイェラグ南側にある出入口だけど、事実上イェラグと外を結ぶ唯一の玄関口だ。

オーロラ
オーロラ

ここで通信ネットワークを築く意義はとってもい大きい、けどイェラグ全土に通信網をカバーしたいのなら、できれば中央にある湖周辺にもう何個か簡易的な拠点を築いたほうがいいと思う。

Sharp
Sharp

聞いてるのはそれじゃない。

オーロラ
オーロラ

……?私を下見に行かせたんじゃないの?

Sharp
Sharp

久しぶりにイェラグに戻ってどうだったって聞いてるんだ。

オーロラ
オーロラ

あ、そうだったんだ……

オーロラ
オーロラ

正直、不思議な感じ。私がシルバーアッシュ家の人材育成計画でイェラグを離れた時も、ここからだった。

オーロラ
オーロラ

あの時、国境沿いにあった駅どころか、ここトゥリカムも至って地味で小さな町にすぎなかったよ。

オーロラ
オーロラ

それがまさかこんなに変わっちゃうなんてね。今の外の街と比べても見劣りしないぐらい発展してるかな。

オーロラ
オーロラ

雪山をこんなに開発しちゃうなんて、その難しさが窺い知れるよ。

オーロラ
オーロラ

それで隊長、今どこにいるの?そっちに向かうよ。

Sharp
Sharp

俺たちならちょうど列車に乗ってカランド山に向かってる。

Sharp
Sharp

お前は来なくていい。

オーロラ
オーロラ

え?

Sharp
Sharp

実家は山の上にある工業地区だって、お前自分で言ってただろ。

オーロラ
オーロラ

そうだけど。

Sharp
Sharp

なら先に顔を出してやれ。

Sharp
Sharp

家族より大事なものはないのだからな。

オーロラ
オーロラ

でも……

Sharp
Sharp

もう雪山に戻ってんのなら、せっかくだから実家に戻って顔を見せてやれ、ドクターの意向でもある。

オーロラ
オーロラ

ドクターもそう言ってたの?

オーロラ
オーロラ

……わかった、じゃあお言葉に甘えさせてもらうね。

オーロラ
オーロラ

じゃあドクターのほうは……

Sharp
Sharp

俺がついてる。

???
アナウンス

カランド山麓行きの列車がまもなく出発致します。

???
アナウンス

ご乗車されていないお客様はお急ぎください。

Sharp
Sharp

もう出発する。

Sharp
Sharp

少しは羽を伸ばしておけ、オーロラ。

(無線が切れ、汽車の汽笛とガタンゴトンという列車の走る音が鳴る)

汽笛の音と軽微な通信の音と共に、霊山に向かう列車がゆっくりと車輪を動かした。

エンシア
エンシア

ドクター、あたしがこの山たちの名前を紹介してあげるね。

エンシア
エンシア

ほらあそこ、あのちょっと傾斜が緩い山がクマリ山で、三代目の巫女が命名したんだ。

エンシア
エンシア

であそこの険しい山がマッターホルン山、ヤーカおじちゃんの名前はあれにちなんできてるんだよ。

……
エンシアは次々と流れてくるイェラグの風景を語っていく。
クーリエは相も変わらず笑みを浮かべながら、傍らで静かにこちらに耳を傾ける、しかし彼は時折遠くに目をやり、言葉では言い表せない情緒を胸に秘めていた。
Sharpは背もたれに寄りかかってネットを閲覧している、予想外にもイェラグのインターネットの内容は案外充実していたようだ。
あなたはエンシアの話に耳を傾けながら、景色が流れていく窓に目をやる。
窓の外には、青空の下に薄氷を残した湖が映っていて、そこには現地の人々が湖畔に集い、洗濯をしたり、談笑していた。
白雪に覆われた山々は聳え立ち、その頂を覗こうとすれば、日差しがそれを遮ってしまう。
なだらかな山腰には、若い牧者が牧獣を家屋から追い立てていた、列車にいる人を目に入っても、彼は驚きもせず、むしろ普通の面持ちで鞭を掲げてこちらに挨拶をしてくれた。
そう遠くないところに、彼が住む村がある、炊煙は昇っていく様は穏やかで、平和そのものだった。
なにもかも心がほぐれる情景だ。
今回は、もしかしたらいい旅になるかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました