アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】将進酒 IW-5「モノとヒト」行動後 翻訳

歩荷
歩荷

昼茶を頼む。

旅館の従業者
茶館の従業者

はいよ、ちょいとお待ちをショウさん!

旅館の従業者
茶館の従業者

今日はいつもより出勤が遅いな?

歩荷
歩荷

朝に古い知り合いと会ってな。

リー
リー

古い知り合い?

歩荷
歩荷

……お前か。

リー
リー

いや~、今日もショウさんとお会いできるなんて思ってませんでしたよ。

歩荷
歩荷

なんだ、まだその庵を探し回っているのか?

リー
リー

ショウさんが場所をある程度狭めてくれたおかげで、かなり楽になりましたけどね、でも俺が探してるのは、庵ではなく人なんで、それなりにまだ捜索が困難でして。

歩荷
歩荷

そちらに座っているのは、お前の恋人かなにかか?

ドゥ嬢
ドゥ嬢

……なッ!?

リー
リー

オホン、そんなに肝は据わってませんよ……

歩荷
歩荷

ほう、では娘とかか?

リー
リー

俺が父親みたいに見えます?

歩荷
歩荷

それもそうだな。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

ちょっと、アンタさっきからなに適当なこと言ってんのよ!アタシとこの龍門のペテン師がなんですって!?

歩荷
歩荷

男女二人が、早春のこんな時間に山登りしてるとなれば、大半は時間を持て余している風にしか見えんのでな。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

アタシは――

旅館の従業者
茶館の従業者

お待ちどうショウさん、昼茶です。

歩荷
歩荷

どうも。

リー
リー

昼茶?まだお昼って時間じゃないですよね。

歩荷
歩荷

尚蜀で山を行き来する歩荷たちは、いつでも山間にある茶館でお茶をタダで何杯か飲めるんだ。正午の昼茶、それと午後の夜茶、つまみのおまけ付きでな。

リー
リー

お茶をタダでですか、そりゃさぞかし美味しいもんでしょう。

歩荷
歩荷

ただの茶水だよ。

リー
リー

しかし山に運ばれてる以上、お茶水といっても値段は割高でしょう。お金を取らないってんなら儲けものじゃないですか。

歩荷
歩荷

金勘定がしっかりしてるんだなお前。

リー
リー

しかし慈善事業でもあるまいし、どこのお店もタダでお茶を提供してくれてるんですか?

ドゥ嬢
ドゥ嬢

そりゃ市政府が手当を出してくれているからでしょ。

歩荷
歩荷

……お前それを知ってるのか?

ドゥ嬢
ドゥ嬢

ウチも飲食をやってるからね、多少は知っているわ。

歩荷
歩荷

……なるほど。

リー
リー

尚蜀の市政府はそんなにご親切なんです?

ドゥ嬢
ドゥ嬢

リャン様が就任してからずっとこの調子よ。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

前任者の尚蜀知府は、土木開発を重要視していたの、廃墟同然だった尚蜀を、以前によりもさらに活気づくよう復興してくれたの。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

それでリャン様の代になってから、福利厚生とか保険に重きを置き始めたのよ、きっと尚蜀の復興はひと段落落ち着いたと思ってたんでしょうね……と言っても、一番瑣末な事業ではあるけど。

リー
リー

……

歩荷
歩荷

……まだ若いのに結構物知りじゃないか。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

父親が商いをしているから、それで耳に入っただけよ。

歩荷
歩荷

いい父親だな。

歩荷
歩荷

それじゃあ茶も飲み終えたことだし、そろそろ仕事に行かせてもらうよ。

リー
リー

また会いましょう、ショウさん。

歩荷
歩荷

ああ、またな。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

――ちょっと!リー、なんであいつがあの盃を持ってるのよ!?

リー
リー

俺にもさっぱりです。けど隠すつもりはなかったし、むしろあんなプランプラン腰に吊していた、あれじゃまるで……

ドゥ嬢
ドゥ嬢

わざとおびき寄せてるってこと?

リー
リー

……まあいいや、ウチらもお茶でも飲んで、一先ず様子見しておきましょう。

リー
リー

すいませーん!お茶と肉ラーメンを二人前でお願います。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

アタシはいいわよ。

リー
リー

俺一人で二人前なんで。

旅館の従業者
茶館の従業者

はいよお客さん、とりあえずお茶二人前ね、麺はもうちょい待っててくれ、今日は人が多くてな。

リー
リー

どうも……

奇妙な物体
奇妙な物体

ガウ?

リー
リー

なんでここまでついて来てやがんだ……

奇妙な物体
奇妙な物体

ガルル……ガギャァ!

ドゥ嬢
ドゥ嬢

ちょっと、リーの、聞きたいことがある、笑うんじゃないわよ?

ドゥ嬢
ドゥ嬢

その急須、なんか自分で動いてない……?

旅館の従業者
茶館の従業者

肉ラーメンお待ちど――

旅館の従業者
茶館の従業者

あっぶねッ、コケるところだったぜ!ちょいとお客さん気を付けてくだせえ、こっちはまだ麺を持ってるんですぜ!

奇妙な物体
奇妙な物体

ガーウ?

旅館の従業者
茶館の従業者

……なんじゃこりゃ!?

リー
リー

危ないッ!

ドゥ嬢
ドゥ嬢

え?

リー
リー

くっ!

ドゥ嬢
ドゥ嬢

――ちょっと、アンタ大丈夫?

ドゥ嬢
ドゥ嬢

それより、鍋もお椀もお盆も、掛け軸諸々……全部部屋から……飛び出してきたわよ!

雪掻きする人
驚かされた客

キャ――ッ!なんなのよこれェ!?

旅館の従業者
茶館の従業者

火!火が、あのバケモノに火が!

リー
リー

……どうやら俺たち目当てみたいですね。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

ちょっと、リーの!これは一体どういうことよ!?

リー
リー

あの盃に関する噂は本当だったんだな……ここは人が多い、一先ず逃げましょう!

水夫
水夫

それで、リーとはどうやって連絡を取るんだ?

クルース
クルース

……リーさんが残した手紙によると、私たちが合流した後、取江峰に行って会いに来てほしいって書いてたよ。もし自分がまだ来ていなかったら、日没まで待っててくれって。

水夫
水夫

……わかった、なら急ごう、盃がほかの者に奪られるわけにはいかないからな。

ウユウ
ウユウ

恩人様、あの墨魎と似通ったアレなんですが、どうします?

クルース
クルース

どうせ絶対盃と関係があると思うから……とりあえずリーさんと落ち合おう。

クルース
クルース

うわっ!

奇妙な物体
奇妙な物体

ガルル――

ウユウ
ウユウ

恩人様、こいつら、なんか数が、多くなってません?

水夫
水夫

……?これはなんていう野獣なんだ?ここ二日よく見かけるようになったが?

クルース
クルース

囲まれちゃった……

奇妙な物体
奇妙な物体

グギャァ!

水夫
水夫

おお、獰猛だな。

ウユウ
ウユウ

――仕方がない!恩人様、あなたはシェン殿と先に逃げてください、こいつらは私が相手しますので!

クルース
クルース

――大丈夫なの?

ウユウ
ウユウ

墨魎と似てるのなら、問題はないかと。

クルース
クルース

シェンさん!こっちこっち!

リャン
リャン

……

ネイ
ネイ

どうしたんですか、落ち着かない様子で。

リャン
リャン

……なんでもない。

ネイ
ネイ

心配してる時のあなたってばいつも眉を顰めているんですけどね。

リャン
リャン

そうなのか?

ネイ
ネイ

そうですよ、またなにか心配事でも?

リャン
リャン

……あの友人のことをな。

ネイ
ネイ

彼がどうかなさったんですか?

リャン
リャン

ある出来事に巻き込んでしまったんだ。

ネイ
ネイ

あなたが巻き込ませたんじゃないですか。

リャン
リャン

……そうだな。

ネイ
ネイ

いまさら後悔ですか?

リャン
リャン

……これが最善の選択だと私は今でも信じているよ。

リャン
リャン

ただ分からないんだ……

ネイ
ネイ

あなたは賢いお人ですから分かりますとも、リャン様。

リャン
リャン

そうでもないさ。

リャン
リャン

最善とは言え、私は愚かな選択をしてしまった。

ブラックナイト
ブラックナイト

……炎国の野獣って、どれもこんなヘンテコな見た目をしているのかしら?

奇妙な物体
奇妙な物体

……

ブラックナイト
ブラックナイト

……

奇妙な物体
奇妙な物体

……ガウ?

ブラックナイト
ブラックナイト

……ん?どうしたのライト?ああ、大丈夫よ……うん、あんたたちがいれば私は平気だから。

ブラックナイト
ブラックナイト

でも……

奇妙な物体
奇妙な物体

……!?

ブラックナイト
ブラックナイト

ドリル!そのままそいつを捕まえてて!

ブラックナイト
ブラックナイト

見たこともない炎国の野獣……もしかしたらトラップとして利用できるかも!

(ウユウが奇妙な物体に攻撃を仕掛ける)

ウユウ
ウユウ

まったく!どういうことだ、祟りでも貰ったのだろうか、なぜ毎日こんな訳が分からん生き物と相手をしなくちゃならないんだ!?

ウユウ
ウユウ

――うおッ!?

奇妙な物体
奇妙な物体

グギャァ!

ウユウ
ウユウ

よくよく見ると、こいつら……

奇妙な物体
奇妙な物体

ガルル――

ウユウ
ウユウ

(まずい――)

(斬撃音)

サガク
サガク

……危なかったですね。

サガク
サガク

そちらの方、大丈夫ですか?

ウユウ
ウユウ

あなたは、あの時の――

タイゴウ
タイゴウ

言わずともよい。

ウユウ
ウユウ

……!

サガク
サガク

タイゴウさん、そんな冷たくしないでも……

奇妙な物体
奇妙な物体

――!

ウユウ
ウユウ

……こいつらが何なのかご存じなんですか?

サガク
サガク

あの盃が通った箇所で、どこもかしこもこうして器倀(キチョウ)が生き返った、おかげで司歳台の推測は正しかったってことになりますね。

ウユウ
ウユウ

ってことはつまり……

タイゴウ
タイゴウ

それについては口外無用だ、公子。

サガク
サガク

……わかりました。

奇妙な物体
奇妙な物体

グガァ――ガァ!

ウユウ
ウユウ

(こいつら、えっと、器倀だったか……あの二人に怯えている?いや、あの少年に怯えているのか……?)

サガク
サガク

……はぁ。

サガク
サガク

この器倀の発生ですが、すでに何度目になるんですか?

タイゴウ
タイゴウ

十年前に一度、二十五年前に一度、さらには前の甲子の年に何度か。

サガク
サガク

たまにアーツを駆使して悪事を働く者もいますが、こういった状況よりは大分マシなほうです。

サガク
サガク

しかし結局のところ歳は歳、獣は獣、仮に天下に害をなすつもりがお前たちにあるのなら、どれだけの災難が降るかかるのか分かっているのだろうか?

奇妙な物体
器倀

ガルル――

サガク
サガク

司歳台はこういった状況を望んじゃいない。

サガク
サガク

だからこの千年にも及んできたツケにケリをつけましょう。

(アーツ音)

奇妙な物体
器倀

――

サガク
サガク

……所詮は有象無象ですね。

ウユウ
ウユウ

普通の器具に……戻っただと……

サガク
サガク

ウユウさん。

ウユウ
ウユウ

……なんでしょう。

サガク
サガク

クルースさんに伝えておいてください、ぼくが言ったことをもう一度よく考えてもらえるようにと。

サガク
サガク

商談まとまらずとも仁義は残る、最終的にクルースさんがご自分の考えを選んだとしても、こちらにはもう一つ個人としてロドスにお願いしたことがあるので。

ウユウ
ウユウ

構いませんとも、しかしなぜあの時それをご自分からお伝えにならなかったのです?

サガク
サガク

……あはは、あの時は……

サガク
サガク

ちょっと緊張していたんです、それで全部言い出せなくて。

タイゴウ
タイゴウ

公子。

サガク
サガク

では……こちらも時間が差し迫ってるようですので、ウユウさん、ここで失礼させて頂きます。

(サガクとタイゴウが立ち去る)

ウユウ
ウユウ

……緊張していた?

ウユウ
ウユウ

副監察御史をあちこち連れまわしてる公子殿だぞ、そんな彼が緊張していただと?

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました