アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】暗雲に散る火花 「スカイフレア ~いつか共に」翻訳

1097年11月23日 8:45p.m.

スカイフレア
スカイフレア

はぁ、疲れましたわ……

スカイフレア
スカイフレア

どいつもこいつも、なんなんですのあの意見提示は、どういう脳みそをしているのかしら?

スカイフレア
スカイフレア

あの議員たちときたら本当に――

スカイフレア
スカイフレア

本当に――愚か者ばかりですわ!!

書記のケイト
書記のケイト

プッ。

スカイフレア
スカイフレア

あの人たちのあんな繰り言まで記録をつけなきゃならないなんて、あなたもご苦労ですわね……

スカイフレア
スカイフレア

あの人たちはまったくもって感染者のために議案を提出してくれていませんわ、感染者の身分を判定する機関がどれだけの判断を下すのか、自分たちが何をしているのか他人には分からないとでも思ってるのかしら?

スカイフレア
スカイフレア

どういった機関が判定した後、どういった基準に則り仕事を配分するのか、どの部署なら優先的に感染者従業員を受け入れられるかなんて……知ってて当然ですわよ、そこには何かも利益が含まれているんですから。

スカイフレア
スカイフレア

]感染者の実際状況も議論せず、かといってその利益を争いもせず、ただただわざとらしくあんな愚痴を長時間もの間繰り返して、なんの意味があるのかしら?

書記のケイト
書記のケイト

]議員たちはみんな貴族ですからね、彼らが感染者の実際状況に目を向けるかどうかはさておき、パイを分けることになる議題をテーブルに置くわけにはいかないんですよ。

スカイフレア
スカイフレア

あの会議ではなんの成果も得られませんでしたわ!どいつもこいつも感染者ってワードを口に出すだけで、進捗はまったくもってゼロですわ!

スカイフレア
スカイフレア

みんな他人の提案には否定しておいて、解決策はちっとも示そうとしない、一体なんのための提案なのかしら?

書記のケイト
書記のケイト

あれが彼らの上辺だけの空中議論戦なんですよ、スカイフレアさん。あなたが先ほど言ったあの利益分配の議題は、ヴィクトリアの自治体議会で実を落す前にどうしてもああいった体裁的な過程を経なければならないんです。

スカイフレア
スカイフレア

それとあの金しか目に入っていない議員――

スカイフレア
スカイフレア

自分は感染者がより多くの金を稼げるために、より自由な選択を得られるために、彼らの生活水準を上げてるって、自分をあたかも慈悲深く語っていましたわ、よくあんなことが言えたものですわね。

書記のケイト
書記のケイト

「もし感染者たちの労働時間を制限しなければ、彼らはもっと自由に自分たちの労働時間を選択でき、そこからより多くの金を稼げるではないか」ですか。

スカイフレア
スカイフレア

そっくりですわね、そのモノマネ。

スカイフレア
スカイフレア

……けどあのわざとらしい語り口調には本当にムカつきますわ!

スカイフレア
スカイフレア

感染者が頑張ってもどれくらいしか稼げられないのか、大金を稼いだとしても結局は他人の懐に吸い取られるのは自分でもよく理解してるくせに、よくあんな至れり尽くせりな態度を装えますわね……チッ。

書記のケイト
書記のケイト

彼なら解決策を提案していましたよね――確か感染者地区を丸ごと工場に改修すれば、みんな仕事も住む場所も貰えて、自分を養えるようになるって。ほかの国の政策よりは確かにいい風に聞こえますけど。

スカイフレア
スカイフレア

フンッ!

スカイフレア
スカイフレア

……

スカイフレア
スカイフレア

どいつもこいつも傲慢ですわ、ここの人たちは。

書記のケイト
書記のケイト

ん、急にどうしたんですか?

スカイフレア
スカイフレア

たとえばあの感染者に関する新政策に反対していた貴族たち……

スカイフレア
スカイフレア

彼らは町にいる外からやってきた感染者をとことん追い出すと言っていましたわ、あの人たちが来てどのくらい経ったかどうかも、世帯を成しているのかどうかも、ここに適応できたのかどうかも考えずに……

スカイフレア
スカイフレア

その人たちを全員追い出すっていうのが彼らの提案でしたわ、それから?あの流浪者となった感染者たちを荒野で野垂れ死なせるつもりなのかしら?

スカイフレア
スカイフレア

あの行き場をなくした人たちが最後にはどこに辿りつくのか少しでも考えたことがあるのかしら?

書記のケイト
書記のケイト

プッ。

書記のケイト
書記のケイト

はぁ、それが議会ってもんですよ。

スカイフレア
スカイフレア

なにがです……?

書記のケイト
書記のケイト

それが議会ってことです。

書記のケイト
書記のケイト

もしあの場にいた誰もが感染者のために利益を追求していたのなら、それはもう議会とは言えません、ただの感染者慈善協会です。

書記のケイト
書記のケイト

双方の目的ははっきりしているんです、彼らはまず最初に公の場面で一番実現不可能な法案を提出して、それからお互い譲歩しながら交渉し合い、最後には妥協点を探る、それが普通なんですよ。

書記のケイト
書記のケイト

それよりもあの“白狼”伯爵、大勢の人が彼の意見を求めていたのに、まさか今日に限って棄権票を投じたなんて。

スカイフレア
スカイフレア

“白狼”のスキャマンダー伯爵ですか……ここ半年間ずっと議会でご自分の意見を表に出さずにいましたわね。一体なぜなのかしら……

スカイフレア
スカイフレア

いや違う……そうじゃありませんわ……

スカイフレア
スカイフレア

はっ――今日あの場に集ってたあのメンバー、私の考えが甘かった。

スカイフレア
スカイフレア

カラドン全体の平穏を維持するために、せめて少しでも頭が冴えてる人が正常な議案を提示してくれると思っていたのに。

スカイフレア
スカイフレア

……でも彼らはただ議会を互いに鬩ぎ合う場所としか考えていなかった、彼らの心の内は、如何にして自分のために利益を得られるかしか考えてなかったんですわ。

書記のケイト
書記のケイト

あのー、お嬢様、それさっきも聞きましたよ、私たちが傍聴に行く前から、彼らはただ利益を追い求めている人たちだって分かってたじゃないですか?そんな改めてハッとなることじゃないと思いますけど。

書記のケイト
書記のケイト

ちょっと待ってください、あなたってそんなお酒を飲むような人でしたっけ……

スカイフレア
スカイフレア

……自分はこうしてるから問題はないって思いこんでいたら、いつかは必ず大惨事を迎えることになるんですのよ!!

書記のケイト
書記のケイト

んん?

スカイフレア
スカイフレア

いつか!絶対!ずっと圧迫され、ずっと搾取される状態がいつまで続くとでも?彼らは本当に理解していないのかしら?そんな人生なんて誰だって願ってはいないって言うのに……

スカイフレア
スカイフレア

たとえほんの少しだけの希望があれば、あの人たちはそれを願うはず、努力して生き長らえようとするはず、私には分かりますわよ!

書記のケイト
書記のケイト

……モンベリアルさん、前後の話が噛み合ってないですよ。

スカイフレア
スカイフレア

生まれついての悪人なんていないわ、生まれついて他者の命の奪うことに喜びを感じる人なんてなおさら……彼らだって最初は生き長らえようとしていた感染者らったのにィ。

書記のケイト
書記のケイト

そうですね――ただ私も友人としてあなたにはこれ以上お酒を飲んでほしくないかなーと。

スカイフレア
スカイフレア

彼らは人から蔑まれるしかないのかしら、コソコソと隠れるしかないのかしら?あの貴族たち、高貴の生まれについた彼らには、利益を得るためにあの人たちを搾取する権利があるとでも言うのかしら?

スカイフレア
スカイフレア

まったくもって愚かですわ!もしそのまま搾取を続ければ、感染者たちだっていずれは不満が爆発してぇ……

スカイフレア
スカイフレア

想定外の問題が起こって……誰もが日常を壊されてしまうぅ……

スカイフレア
スカイフレア

これ以上、あのレユニオンの出来事を……再発させるわきぇには……

書記のケイト
書記のケイト

そうですね、再発はいけません、それとあなたももうこれ以上飲んじゃいけません。飲み過ぎですよ、少しは休んでください、お水飲みます?

スカイフレア
スカイフレア

結構ですわ!まだこれを飲んでませんもろ……もう一杯ですわ!みんあ私の言うことを聞かない……私が正しいのに!

書記のケイト
書記のケイト

ええ……“あなたが正しい”、ですね……

書記のケイト
書記のケイト

自分の意見を貫き通すあなただからこそ、アングスト議員があなたのもとにやってきたんでしょうね。

スカイフレア
スカイフレア

へ?

書記のケイト
書記のケイト

頭も冴えてて、遠いヴィジョンをお持ちの独立した貴族。

書記のケイト
書記のケイト

でもあの目先のことしか考えていないカラドンの貴族たちがあなたを理解しくれることはないと思います。

書記のケイト
書記のケイト

彼らが目を光らせてる利益に被害が生じない限り、彼らが変ることなんてありませんよ。

書記のケイト
書記のケイト

分かりやすく話しましたけど理解できましたか、酔っ払いのお嬢様?酔いが醒めた後にまたもう一回繰り返すハメになるとは思いますけど。

スカイフレア
スカイフレア

……

スカイフレア
スカイフレア

…………

スカイフレア
スカイフレア

うぅぅぅぅ……

書記のケイト
書記のケイト

!?

書記のケイト
書記のケイト

急に泣き出してどうしたんですか?

スカイフレア
スカイフレア

このワイングラス、ネバネバして手にひっついてますわ!うぅぅぅ……

書記のケイト
書記のケイト

あーはいはいはい、取ってあげます、取ってあげますから、ほらもうネバネバしなーい。

スカイフレア
スカイフレア

ひっく……

スカイフレア
スカイフレア

もしみんなあんな感じだったら、間違っているのに、自分は正しいと思い込んでいるのなら……この世界はおしまいですわァ……

(スカイフレアが倒れる)

書記のケイト
書記のケイト

ありゃりゃ、ぶっ倒れちゃった。

1097年11月23日 10:45p.m.

スカイフレア
スカイフレア

……

スカイフレア
スカイフレア

…………

書記のケイト
書記のケイト

酔いが醒めましたか?そうやったパーティで酔い潰れたんですよ、私が傍にいたとは言え、無防備にも程があります。

スカイフレア
スカイフレア

……頭が、クラクラする……

書記のケイト
書記のケイト

でも、ますます面白い人だなーとは思ってるんです、あなたのことが。

スカイフレア
スカイフレア

……?

書記のケイト
書記のケイト

あなたはお金持ちのご令嬢、しかし感染者やほかの貧しい人たちには誠心ある善意を向けている、この都市が抱えている今の問題がどれだけ大きなものなのかはもう分かっていますよね?カラドンを良くしたいと思っているんですよね?

書記のケイト
書記のケイト

それに知っての通り、今の私はたかだがただ町の資料館の書記にすぎません、もし出世したかったら、ちゃんと人を見定めないと。ですので私が表に出回ってないネタを提供しますから、あなたが先陣を切って、私が後ろでサポートするってのはどうです?

スカイフレア
スカイフレア

……

書記のケイト
書記のケイト

ジョーンズ議員は知ってますよね、あの金しか目がない議員と連名で議案を提示したあの人です。実を言うとですね……

スカイフレア
スカイフレア

……

書記のケイト
書記のケイト

彼らが工場を修理してる資金の一部って、実はカラドン議会から割り当てられた予算なんですよ、それにその予算はすべて工場修理に使われていないんです、疑問ですよね。

書記のケイト
書記のケイト

でもまあこれもカラドン貴族の間では普通のことですけどね。

書記のケイト
書記のケイト

けどもしあなたがこの実態をどうにかして調べ上げて、彼らを妥協に追い込むのも不可能じゃありませんよ!

スカイフレア
スカイフレア

へぇ~。

スカイフレア
スカイフレア

あなたってば……色々と知ってるのね!

書記のケイト
書記のケイト

そうですとも、それと私は教えましたからね、そっちはなにか特ダネとかはないんですか?聞かせてくださいよ~、情報交換として~。

スカイフレア
スカイフレア

もちろんよ!私の特ダネは――か、彼らに自分たちの過ちを認めさせること!私こそが――正しいってことですわ!!

書記のケイト
書記のケイト

そうですか……

書記のケイト
書記のケイト

やっぱりもうちょっと休んでてください。

書記のケイト
書記のケイト

(生まれはよくて、良心もあって、政治も分かってて、でもそれに関連した実践を体験したことはなし、おまけにまだ甘い考えを持っている。彼女みたいな人はいつだって無情にも現実に一回ガツンと再教育されるんだよね……)

書記のケイト
書記のケイト

(紙面に描かれてる政治の道理なら彼女もきっと人から聞いたことはあるかもしれないけど、今回ヴィクトリアの議会を生で見たのはこれが初めてかもしれないね。自分は分かってるってお嬢様は思っているけど、まだまだ道のりは長いかな。)

1097年11月24日 9:20a.m.

(携帯のバイブ音)

スカイフレア
スカイフレア

……

スカイフレア
スカイフレア

……誰ですの!!えっ……今日はオフなんだけれど……?

(携帯のバイブ音)

スカイフレア
スカイフレア

……

スカイフレア
スカイフレア

あ、あら!ミッドレイさん?あっ、申し訳ございません、どうかされましたの?

スカイフレア
スカイフレア

なんですって?

スカイフレア
スカイフレア

アングスト議員が……いえ……先生がどうされましたの?突発性の心臓病?何者かが屋敷に侵入してきた!?先生は無事ですの?今は病院?

スカイフレア
スカイフレア

分かりました、容態が安定してるのなら何よりです、昨晩に教えて頂ければよかったのに……今から病院に向かいましょうか?

スカイフレア
スカイフレア

あの行事に?先生に代わって私が?問題ありません、今すぐ準備しますわ。

スカイフレア
スカイフレア

分かってます、感染者たちの意見を汲み取り、市としてその態度を明らかにする、分かっていますとも。

(携帯が切れる)

スカイフレア
スカイフレア

……一体なんなんですの、泥棒が議員の屋敷に侵入してくるなんて……

スカイフレア
スカイフレア

まあいいですわ、私が行くのもアリじゃないかしら、色々と知りたいこととかも聞けるはずですし。いッ……昨日の夜で、頭が痛い……

スカイフレア
スカイフレア

昨日の私は……どうやって帰ってきたのかしら……確かパーティで色々喋ったはず、ケイトに何を喋ったのかしら?それにケイトから何を?

スカイフレア
スカイフレア

はぁ……そんなことよりまずは仕事ですわ!

感染者地区のとある空き地に、大勢の感染者たちがそこに集っている。
とある貴族議員が感染者たちと話がしたいとのこと、今までにない新鮮な出来事だと言えよう。
彼らは好奇と疑惑の目で今目の前にいる煌びやかに着飾った少女を見つめていた。

感染者の市民
感染者の市民

あれ、今日はあの議員さんが来るって話じゃなかった?

感染者のアーシュ
感染した労働者

ほら見たことか、俺なんて言ったっけ、あのお貴族様が自分からここに来ることなんてまずないんだよ、感染者と一緒にいるなんてゴメンだからな。

感染者の市民
感染者の市民

でも本人じゃなくとも本当に関係者が来ているじゃないか、一体どういう風の吹き回しだ?

スカイフレア
スカイフレア

オホン……

スカイフレア
スカイフレア

えー、では皆様、ご遠慮なくご意見を申してくださいませ。皆様が提示して頂いた疑問等々は私が直々アングスト議員へお伝えいたします。

感染者の市民
感染者の市民

(ヒソヒソ)お前から行け。

感染者のアーシュ
感染した労働者

(ヒソヒソ)なんで俺なんだよ?爺さんから行けよ?

スカイフレア
スカイフレア

ではそちらの方から順番にどうぞ。

感染者の市民
感染者の市民

え?わしか?

スカイフレア
スカイフレア

はい、ここで働いてどのくらい経ちますか?

感染者の市民
感染者の市民

半年は経ってないだろうよ。

感染者のアーシュ
感染した労働者

……俺はもうどれぐらい経ったかあんま憶えちゃいねぇな。

スカイフレア
スカイフレア

では、どちらからお越しになられたんですか?

感染者のアーシュ
感染した労働者ュ

カジミエーシュ。

感染者の市民
感染者の市民

ウルサスだが……?

スカイフレア
スカイフレア

では以前と比べて、今の生活状況はどう思われますか?毎日の仕事量はオーバーしておりませんか?

感染者のアーシュ
感染した労働者

ここは少なくとも地下の競技場で命を張らなくて済む……うん、生きて金を稼げるんだから、まだマシかな。

感染者の市民
感染者の市民

……以前この行事に参加すれば通勤と見なされて、給料が支払われると聞いたが、それは本当か?

スカイフレア
スカイフレア

それについてはご安心ください、行事が終わった際にまとめてお配り致しますわ。

スカイフレア
スカイフレア

では以前、給料が引かれたり、あるいは日時通りに支払われなかった状況などはありましたか?

感染者の市民
感染者の市民

……

感染者のアーシュ
感染した労働者

……

スカイフレア
スカイフレア

ご安心ください、あなた方の情報は決して漏洩させませんので!

スカイフレア
スカイフレア

ですので……皆様のご住所についてお伺いしても……?

感染者のアーシュ
感染した労働者

ここの地区内だよ、雑魚寝部屋のな、初日の給料はそいつらが提供する布団とかと交換するって規則なんだ、ちょっと薄いけど、冬になったらみんな肩を寄せ合うからそんな寒くはないかな。

スカイフレア
スカイフレア

数人との共住部屋ですか……そこにご年配の方とかは?

感染者のアーシュ
感染した労働者

そういう人なら工場は取ってないよ、体力仕事だからな。

感染者のアーシュ
感染した労働者

子供とか妻を持ってる人ならもしかしたら一緒に住まわせてくれるかもしれないが、それもどうかな。そうじゃない人たちは……もしかしたら老人に合う仕事があるから、それに応募してるんじゃねぇかな、それも難しいと思うが。

スカイフレア
スカイフレア

ではここでの朝昼晩の三食と給料の状況はどうですか、引かれたこととかはありましたか?

感染者のアーシュ
感染した労働者

食事なら工場で食ってるよ、腹は半分ぐらい満たされるかな、少なくとも仕事できなくなるほどじゃない。

感染者のアーシュ
感染した労働者

給料なら……はは……

感染者のアーシュ
感染した労働者

給料なら、あの管理人が時々……

感染者の市民
感染者の市民

わしらの身体にある源石が商品に付着して汚染して売れなくなったから、金はやらんって言うんだ。

スカイフレア
スカイフレア

……なんていう人たちですの、言ってることとやってることが丸っきり真逆ですわ……

感染者の市民
感染者の市民

そういうことはよく起こるよ。それと最近は工場の業績が不振だから給料は払えないとか、訳も分からず人をクビにして、しばらくしてまた新しい人を取っては、さらに低賃金で働かせていることもあったぞ……

感染者のアーシュ
感染した労働者

俺らじゃ訴えたくても訴えられねぇんだ、議会の門すら跨いでもらえないんだからよ、それにこれを話したって誰も聞いてくれやしねぇし……

スカイフレア
スカイフレア

ありがとうございます、この供述は全部記録させてもらいますわ……

感染者のアーシュ
感染した労働者

俺たちはいつも仕事を終えたら、よくこの近くにある酒場に行って羽を伸ばしてたんだけど……今朝になったら、その酒場が火事に遭っちまって。

感染者の市民
感染者の市民

そうだな、最近は本当に悪いことばかりだ。

スカイフレア
スカイフレア

!!

スカイフレア
スカイフレア

火事?その酒場って、“グリーンスパーク”のこと?

スカイフレア
スカイフレア

それはいつ起こりましたか?今朝?

スカイフレア
スカイフレア

どうしてそんなことが?あのお店の店員さんは?彼女は無事なの?

感染者のアーシュ
感染した労働者

はぁ、それが俺たちもよく知らねぇんだ、あの店の常連客が言うには、あいつらもずっとその店員さんを探してるってよ、どこに消えちまったかは分からねぇらしいが……

(爆発音)

???
感染した労働者たち

なんだ?

スカイフレア
スカイフレア

ゴホッゴホッ……一体何が!?

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

右翼と左翼の部隊は、計画通りに全員連行しろ、かかれ!

スカイフレア
スカイフレア

(爆発?これは源石爆発物の匂い……)

感染者のアーシュ
感染した労働者

放せ、放せつってんだろ!なにしやがるんだ!

感染者の市民
感染者の市民

な、なんなんだお前たちは――

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

静かにしろ、こいつらの口を塞いどけ!

スカイフレア
スカイフレア

(感染者?一体なぜ?)

スカイフレア
スカイフレア

(4、6、8、10……おかしい、この人たちは一体どこから湧いてきたの、警備隊の人たちは?)

スカイフレア
スカイフレア

(……労働者たちを拘束してる、なんのために?)

スカイフレア
スカイフレア

(いや違う……こんな誘拐紛いなことを躊躇なく堂々と、明らかに事前に計画されていることだわ……)

スカイフレア
スカイフレア

(ならこの連中の目的を突き止めないといけませんわね。)

感染者の暴徒
感染者の暴徒

そこのお嬢さんもだ、そいつも連れていけ。

感染者の暴徒
感染者の暴徒

大人しくしろよ。

スカイフレア
スカイフレア

放してください、自分で歩けます。

感染者の暴徒
感染者の暴徒

さっさとしろ、車に詰め込むんだ!もう全員捕まえたか?揃ったんなら工場まで連れて行くぞ!

感染者の暴徒
感染者の暴徒

揃いましたぜボス!

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

よし、車のドアを閉めろ!撤収するぞ!

スカイフレア
スカイフレア

(車が走り出して二十分、途中で何回も道を曲がってる、かなり慎重な人たちのようね。)

スカイフレア
スカイフレア

(この紐の結び、人を舐めてますわね、こんな普通の材質なら、あとで軽く炙っておけばなくなりますわ。)

スカイフレア
スカイフレア

(ここは……工場?スッカラカンじゃない!工場の設備はどこに?)

スカイフレア
スカイフレア

(怪しい……)

感染者のアーシュ
感染した労働者

なんで俺たちを捕まえるんだ!?

感染者の市民
感染者の市民

こ、ここから出せ!わしらは、わ、わしにはまだ仕送りを待ってる家の者がいるんだ、頼む、ここから出してくれ……!

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

チッ、静かにしろ!そこで大人しくしてるんだ!

感染者のアーシュ
感染した労働者

言っておくが、あんな街中で堂々と人攫いなんざしたら、必ず誰かが通報してるんだからな!

感染者の市民
感染者の市民

わしらをはやく解放するんじゃ、そしたらまだ罪も軽く済まされるはず……

粗暴な暴徒
醜い暴徒

面白れぇ、通報だとな?俺たちがそんなことにビビるとでも思ってんのかよ?

粗暴な暴徒
醜い暴徒

ごちゃごちゃと喚きやがって、静かにしてろ、大人しくしろ!

感染者のアーシュ
感染した労働者

お、お前らだって感染者なんだろ!なんでこんなことをするんだ!

感染者のアーシュ
感染した労働者

こんなことして、ただじゃ済まされないぞ!

感染者の暴徒
感染者の暴徒

うるせぇな。

(感染者の暴徒が感染した労働者を殴る)

感染者のアーシュ
感染した労働者

ぐはッ――

感染者の暴徒
感染者の暴徒

大人しくしやがれってんだこの※スラング※!見たか?まだ騒ぐってんならこうだぞ!

感染者の暴徒
感染者の暴徒

一つだけ警告しておく、余計なことはするんじゃねぇ、アーツを使ってるとこを俺たちにバレたりしてみろ、そいつの頭をミンチにしてやるからな、分かったか?

感染者の暴徒
感染者の暴徒

大人しくてろ!

スカイフレア
スカイフレア

(まったくこの人たち……テンプレ通りの悪人で趣がちっともありませんわね。)

スカイフレア
スカイフレア

(……あとで容赦なくこのクズたちを滅多打ちにしなければ。)

スカイフレア
スカイフレア

(しかし一体なにが目的なのかしら……)

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

あの議員のジジイはどうした?どこにいる?クソジジイを捕らえるはずだったろ?なんでこんな小娘なんだ?

粗暴な暴徒
醜い暴徒

同じようなもんだろ?どのみちジジイであれ小娘であれ、捕まえときゃそれでいいんだよ。

スカイフレア
スカイフレア

(やっぱりアングスト議員目当てでしたわね。)

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

これからどうするんだ?

粗暴な暴徒
醜い暴徒

ほかの連中の合図を待つ、それまでは準備だ。

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

モノは全部ここにあるのか?

粗暴な暴徒
醜い暴徒

半分はな。

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

じゃあ帰りにあの端っこにある廃棄された地区の廃屋に残しておいた爆発物と化学薬品を片付けるぞ、あそこに残しちゃ危険だ、どんな些細なミスも許されないからな。

粗暴な暴徒
醜い暴徒

ああそうだった!あのセーフハウスのことだな、それもあったか、すっかり忘れてたぜ。

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

ついでにタンティーノ兄弟が裏から町を抜け出すための準備もしておけ。

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

金、服、偽造した身分証、それと必要分の武器、一つも漏らすんじゃねーぞ!

粗暴な暴徒
醜い暴徒

おいおい、声が大きいって、あいつらに聞こえちまうだろ!

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

いいんだよ、あいつらはどうせここから生きて出られねぇんだからな。

粗暴な暴徒
醜い暴徒

ならあの爆薬とかを先に設置しておけ、急ぐんだ。

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

お前らはこの感染者たちを見張ってろ、俺たちは仕掛けておくから。

感染者の暴徒
感染者の暴徒

了解。

スカイフレア
スカイフレア

(……あれは全部爆弾?)

スカイフレア
スカイフレア

(工場の建物内に設備は置かれていない、あるのは大量の爆弾のみ……全部あえてここに移してきたのかしら?)

スカイフレア
スカイフレア

(もうこれ以上時間を無駄にする必要はなさそうね。)

スカイフレア
スカイフレア

(予備用のアーツユニットを携帯しておいてよかった、でなければ面倒な事になってたはず。)

彼女は自分の指輪を撫でる、黒色の質感をした表面には煌びやかな光が輝いていた。

感染者のアーシュ
感染した労働者

えっ、お前、縄が?

スカイフレア
スカイフレア

シッ、声が大きいですわ、それとあとでなにが聞こえても、あなたたちはここに隠れておくのよ。

感染者のアーシュ
感染した労働者

わ……わかった……

感染者の暴徒
感染者の暴徒

誰かが逃げ出したぞ!

感染者の暴徒
感染者の暴徒

おい誰だよ?杜撰な縄の縛り方したヤツは?

感染者の暴徒
感染者の暴徒

おっ、かわいい子ネコちゃんじゃね~か、一人で逃げ出しちまったのか?

感染者の暴徒
感染者の暴徒

いいカラダしてんじゃね~か、へへへ、俺が捕まえたらたっぷりと――

スカイフレア
スカイフレア

あなたたち、ホント……気色悪いですわ……

スカイフレア
スカイフレア

(ため息)……

爆発音。
巨大な爆発音が工場全体に鳴り響く。
暴徒の何人かはアーツによる烈火と屋内の壁の瓦礫と共に工場の一階へと墜ちていき、気絶してしまう。
彼らの身体に現れていた源石結晶は高温によって身体から剥がれて、地面に落ちてしまった。

スカイフレア
スカイフレア

これは……身体に源石結晶をくっつけていた?いや、これは黒く塗られたただのガラス!

スカイフレア
スカイフレア

(ということは感染者として偽っていた?)

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

なんなんだこの状況は???

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

この役立たず共が、人質を見張っておけって言ってたのに、なにをやってやがるんだ!

スカイフレア
スカイフレア

誰があなたたちに指図しているの?それにどうして感染者に偽装しているのか答えてもらおうかしら?

スカイフレア
スカイフレア

というよりは……あなたたちの間に感染者なんて一人もいないんでしょ、違います?

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

クソアマが……中々やるじゃねぇか?

粗暴な暴徒
醜い暴徒

感染者がいなかったからってなんなんだよ?

粗暴な暴徒
醜い暴徒

どうせお前はここから生きて出られねぇんだ、どのみち真相は闇の中さ。

スカイフレア
スカイフレア

あなたたちと口を交わすと疲れますわ……

粗暴な暴徒
醜い暴徒

なんのつもりだ!

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

大人しく戻りやがれ!さもないと容赦しねぇぞ!

スカイフレア
スカイフレア

(口封じするつもりなのに、まだ暴力で従わせようとするなんて、ロジックがハチャメチャね……)

スカイフレア
スカイフレア

そんな武器で私を脅すなんて。

スカイフレア
スカイフレア

私があなたたちみたいな輩とどれだけ相手してきたとお思いで?

烈火が地面で舞い踊り、煌びやかな火花を描いていく。
壁の角に積まれている源石爆弾の樹脂の外殻が炎の中で融けていく。
露になった中身の結晶電子回路が爆発音を響かせる。
そして源石爆弾のコアが強烈な光を照らした後にその活動は停止した。

粗暴な暴徒
醜い暴徒

爆弾が!爆弾が焼かれてるぞ!

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

でも爆発してないぞ?一体どういうことだ?

粗暴な暴徒
醜い暴徒

お前はバカか!アーツの仕業だよ!あの女は術師だ!

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

※スラング※、まずいことになった!

スカイフレア
スカイフレア

今、二つだけ選択肢を与えます。

スカイフレア
スカイフレア

一つは大人しく投降すること、こっちは色々と聞きたいことがあるから。

スカイフレア
スカイフレア

もう一つはあまりオススメしないわ、私いまとっても機嫌が悪いから。

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

※スラング※、舐めやがって!

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

野郎ども、あの女を始末しろ、ついでにあの感染者たちもだ!

スカイフレア
スカイフレア

さっきのアーツですけど、まさかお見えになってなくて??

スカイフレア
スカイフレア

あのようなアーツ、ここカラドンで扱える人は数えるほどしかいませんのよ!それでも抵抗するおつもり?

スカイフレア
スカイフレア

あなたたち、一体どういう脳みそをしてるの!

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

だからなんだってんだよ!たかが術師だろうが!

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

俺ァ長年あっちこっち飛び回ってたから見りゃ分かるわ!こっちだって術師はいるんだ、とくと拝見してもらおうじゃねーかよ、てめぇの実力をよ!

スカイフレア
スカイフレア

(ため息)もういいですわ……

粗暴な暴徒
醜い暴徒

ちょっと待て!あいつはやばい!逃げるぞ!

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

今度はなんだよ!?

粗暴な暴徒
醜い暴徒

あの女!思い出したぞ!あいつはただの術師じゃねぇ!

粗暴な暴徒
醜い暴徒

王の杖のモンだ!あいつはモンベリアル家の……

粗暴な暴徒
粗暴な暴徒

はぁ?

粗暴な暴徒
醜い暴徒

いいから!さっさと逃げるんだよ!

少女の掌から鼓動する火種が現れた、炎はすぐさま燃え盛り、彼女の前の前にある金属たちは熱を受けて断裂音を奏でる、まるで眠っていた巨大な生き物が炎の中で目覚めたかのように。
炎は炸裂したランプを這い、柱を翻し、空気も舞い踊る高温によって醜く歪む。ただ炎だけが、工場から燃え落ちてくる残骸を巻き込み、さらに猛烈な輝きを爆発と共に生み出していく。
暴徒たちは恐れるあまりに目は見開き、口を開くも言葉を失い、蹲って動けずにいた。
このような混乱のさなか、火舌が優しく彼女の毛髪を這っても、ただ寸分も焦げることはなかった。

スカイフレア
スカイフレア

……この日輪の威光の前にひれ伏しなさい。

何もかもが燃え落ちてくる状況の中、暴徒たちの目に前で赤く滾る光が輝きを増し、そして暗闇に落ちた。
少女も高々と掲げていた両腕を下ろすのだった。

感染者のアーシュ
感染した労働者

うわぁ……こりゃ壮観だな。

感染者の市民
感染者の市民

こ……こりゃすごいな!

スカイフレア
スカイフレア

全員無事ですか?ケガ人は?

感染者のアーシュ
感染した労働者

俺たちなら大丈夫だ。

術師の少女がくるりと身を翻し、感染者たちを支えようと手を差し伸べる。
しかしそんな彼女の背後から、角に隠れていた人影が襲い掛かってきた。

(感染者の暴徒が走ってくる)

感染者の暴徒
感染者の暴徒

※スラング※……この術師が、ぶっ殺してやるッ!

スカイフレア
スカイフレア

!!

感染者のアーシュ
感染した労働者

危ないッ!

感染者の暴徒
感染者の暴徒

うぐッ……

(感染者の暴徒が矢を受け倒れる)

スカイフレア
スカイフレア

誰?

(レユニオン兵士の服装を着た何者かが立ち去る)

工場の屋根にある階段のところで、俊敏な人影がすぐさま通気口に入っていき、スカイフレアの視界から消えていった。

スカイフレア
スカイフレア

……

感染者のアーシュ
感染した労働者

術師さん、大丈夫か?

スカイフレア
スカイフレア

ええ。

スカイフレア
スカイフレア

ほかの人たちは手を貸してください、先にここを脱出するわよ!

1097年11月27日 6:40p.m.

ゲンチアナ
ゲンチアナ

感染者の誘拐?工場を吹っ飛ばそうとしていた?

スカイフレア
スカイフレア

ええ、彼らの目的は分からず仕舞いに終わってしまいましたが。

ゲンチアナ
ゲンチアナ

そりゃ変な話だな……

ゲンチアナ
ゲンチアナ

じゃあお前にやられたあの暴徒たちは?あいつらからなにか聞き出せていないか?

スカイフレア
スカイフレア

……それは……

スカイフレア
スカイフレア

当時の状況が複雑でしたし、それに私もちょっと手加減できていなかったせいもあって……

ゲンチアナ
ゲンチアナ

まあいい、具体的なことなら聞かないでおくよ。

ゲンチアナ
ゲンチアナ

感染者を装って工場を吹っ飛ばそうとした……それならあいつらの目的は推察できなくもないな。

スカイフレア
スカイフレア

何人かを逃してしまいましたわ、捕まえるにしても難しいんじゃないかと。

ゲンチアナ
ゲンチアナ

警備隊に感染者地区の事案を調査させるのも現実的じゃないしなぁ。

スカイフレア
スカイフレア

それに今回の一件にはほかにも疑問点がいくつもありましたわ……もしかすると……

スカイフレア
スカイフレア

まあそれは一先ず置いておいて、スージーさんは見つかったんです?

ゲンチアナ
ゲンチアナ

残念ながらまだだ、すでに捜索メンバーを出している、警備隊の人が言うには火災現場で彼女を一度見た後に、すぐに泣きながらどっかに消えちまったらしい。

スカイフレア
スカイフレア

もしダメだったら私も探してみますわ……ちょっと心配になってきましたから。

(扉を叩く音)

スージー
スージー

ゲンチアナさん!ドアを開けてください!ゲンチアナさん!

ゲンチアナ
ゲンチアナ

??

スージー
スージー

ゲンチアナさん!この人を助けてください!

レイド
レイド

死にそうな感染者がいるんだ、手を貸してくれ!

スカイフレア
スカイフレア

スージーさん?それにレイドさんまで?一体何事ですの?

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました