アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】己が導く行末へGA-5「葬儀」行動前 翻訳

思慮深い信徒
彫りが深い墓掘り

おい、もうどんぐらい堀ったんだ?

元気がない墓掘り
元気がない墓掘り

もうちょい掘ってやろう。

元気がない墓掘り
元気がない墓掘り

いずれここも廃墟になるんだ、墓が車輪をつけて天災を避けることなんかできないんだしよ。

元気がない墓掘り
元気がない墓掘り

人はいつだって自分が生きた痕跡を残そうとする生き物なんだが……それも叶わぬただの妄想だ。それならいっそのこと灰になって荒野に散ったほうがいい。

思慮深い信徒
彫りが深い墓掘り

そしたらウチらの仕事がなくなっちまうよ。

元気がない墓掘り
元気がない墓掘り

それもそうだな。

思慮深い信徒
彫りが深い墓掘り

しかし、墓ってのはなにも死者のためだけのものとは限らないぜ。生きてる人たちもこういうモンは必要なんだよ……葬儀とか、ここに立たせてる石とかがな。

思慮深い信徒
彫りが深い墓掘り

こういうモンに別れを告げて、人は新しい始まりを突き進むんだ――

元気がない墓掘り
元気がない墓掘り

ハッ、そしていずれ自分も墓に入るってな。

アンドーン
アンドーン

葬儀の準備もそろそろだな。

セシリア
セシリア

……うん。

セシリア
セシリア

よく……よくわからないんだけど。

セシリア
セシリア

今日は……あんまり……

セシリア
セシリア

ママ……

セシリア
セシリア

修道士さん、昨日は本当にうれしかった……

セシリア
セシリア

ロッセラお姉ちゃんからは色んなおもしろいことが聞けて……いっしょにお葬式の準備もして、なんだか……ママのためになにかしてあげられたって気がしたよ。

セシリア
セシリア

でも……やるべきことをやった後は……その後はどうするの?

セシリア
セシリア

ママのために……色々したけど……

セシリア
セシリア

でもママは、本当にそれを見ていてくれたの?

セシリア
セシリア

わたしがやったことは……本当に役に立つの?

セシリア
セシリア

修道士さん、修道士さんは今までこういうこといっぱい経験してきたんだよね……

セシリア
セシリア

そういうとき、お……お葬式のときね。わたしは……なにをすれば……いいの?

セシリア
セシリア

……お葬式がおわった後は、なにをすればいいの……

アンドーン
アンドーン

そうだね、お葬式を終えた後は……

アンドーン
アンドーン

君はまだ若い、けど正直に教えよう。

アンドーン
アンドーン

私たちがほかの人たちにしてあげたことというのはね、実はどれも自分のためにしてやってることなんだよ。

アンドーン
アンドーン

セシリア、これはなにも自分本位でやってるわけじゃないんだ、誰もが生きてるうちに行ったすべては、結局のところ“自我”を作り上げるためにやっていることなんだ。

アンドーン
アンドーン

葬儀を行い、別れを告げるのは、誰かがこの世を去るから、同時に自分を休ませることでもある。

アンドーン
アンドーン

すでに歩んだ道に踏ん切りをつけるためにね。

アンドーン
アンドーン

多くの大人たちは……そうやって自分に安らぎを与えてやっているんだよ。けどその安らぎ、あるいは別の何かを葬儀から得られるわけではない。

アンドーン
アンドーン

得るためにはそのすべてを経験した私たち自身にかかっているんだ。

アンドーン
アンドーン

後ろを振り向いて、少し休んだ後、私たちは先へ進む、進むしかないんだよ。

セシリア
セシリア

前に進むってどこに……?

アンドーン
アンドーン

その答えは自分の中にある、セシリア。

アンドーン
アンドーン

自分にしか答えられない問いなんだ、君や私、ほかの誰もが、一生問いたださねばならない問いなのだよ。

セシリア
セシリア

……わたし自身。

アンドーン
アンドーン

旅路は自分でしか見つけられない、また自分の足でしか歩めないものだからね。

セシリア
セシリア

じゃあ修道士さんはどうなの?そんなに物知りなら、修道士さんの道は……どういう道なの?

アンドーン
アンドーン

それは答えられないかな、セシリア。自分はすでに見つけたとは言えるはずもないからね。

アンドーン
アンドーン

それほど辛い探究なのだよ。本当にそんな道はあるのかと、望みも抱けず、疑ってしまうほどのね……

アンドーン
アンドーン

けど私はまだ諦めてはいないよ。だからこそ私や兄弟と姉妹たちは自分たちのことをこう呼んでいるんだ……

アンドーン
アンドーン

……“求道者”、とね。

エイゼル
エイゼル

燭台、燭台はどこに……

エイゼル
エイゼル

(……誰かいる?あの病院で遭ったリーベリだ、確かパディアだったか?……それとあのオーロンと言う万国トランスポーターも……)

オーロン
オーロン

まったく分からなねぇな、あの男は一体なにをやっているんだ。

パディア
パディア

言葉遣いに気を付けなさい、オーロン。

オーロン
オーロン

今が絶好のチャンスなんだぜ。葬儀なんかで時間を無駄にするより、まだまだやるべきことは山積みのはずだろ。

パディア
パディア

アンタはあの子の母親とは知り合いだって聞いたけど、冷淡ね。

オーロン
オーロン

俺はセシリアちゃんの情報を持ってアンドーンに会った頃から、すでに覚悟を決めてあるからな。

オーロン
オーロン

あの子ならきっとこの都市を高みから引きずり下ろしてくれるはずだ。

オーロン
オーロン

いつも金と赤の帷幕の後ろに隠れてる聖人を……それと多くの人たちを動揺させることもな。

エイゼル
エイゼル

(彼は一体なにを話しているんだ……?)

パディア
パディア

サンクタが自分の聖城を滅ぼすために、混血児の女の子の手を借りるとはね?ホント薄汚い真似をするわね。

オーロン
オーロン

俺をまるで破壊者みたいに言うんじゃねぇ、俺が言ったのは“してくれる”だ。俺が直接やるってわけじゃない。

オーロン
オーロン

破壊を実行せずとも、交渉の材料にはできる、むしろそっちのほうが真価を発揮できると言ったほうがいい。

オーロン
オーロン

だから俺はセシリアちゃんが教皇庁の手に渡らないようにする必要があるんだ……その点に関しては、アンドーンも同調してくれている。

パディア
パディア

オーロン、一つ忠告しておくわ。

パディア
パディア

アンタがセシリアを使ってなにをしようが、先導者様に誓った約束を忘れないことね。

オーロン
オーロン

……忠告どーも、こっちはまだお前らともうちょい一緒に歩みたいから安心してくれ。

オーロン
オーロン

そんじゃここいらで失礼させてもらうよ。葬儀で時間を潰すより、もっといい場所があるんでね。

エイゼル
エイゼル

……

エイゼル
エイゼル

(……どうやらこいつらの内部は一枚岩ではなさそうだ。)

エイゼル
エイゼル

(まさか万国トランスポーターも関わっていただなんて……一番危惧してたことが起こってしまった……)

エイゼル
エイゼル

(葬儀が終わったら、セシリアを連れてここを出よう。)

エイゼル
エイゼル

セシリア、セシリア!

アンドーン
アンドーン

エイゼル殿、もうすぐ葬儀が始まるぞ。

エイゼル
エイゼル

アンドーン、あなたたちの遠大な理想に興味はありませんし、あなたと信仰について議論する気もありません。

エイゼル
エイゼル

セシリアだけは……葬儀が終わったあと、ボクと一緒に帰らせてもらいます。

アンドーン
アンドーン

その後に行く宛てはあるのかい?

エイゼル
エイゼル

……

エイゼル
エイゼル

心配には及びません。

アンドーン
アンドーン

そろそろ蝋燭に火をつけよう、エイゼル殿はセシリアと一緒にいてあげなさい。

ラテラーノの早春の朝、空気は未だに肌寒さを帯びている。
サンクタの葬儀は常に笑い声と、音楽と、スイーツと、時折儀式を損なわない程度の爆発事故が伴う。
去る者はやがて崇高なる聖霊と一体となり、天へ帰っていく。誰もが盃を掲げてその者のために祝福するのだ。
しかしサンクタ以外の種族では知る由もないもう一つの“葬儀”がある。
ある時を境に、どのサンクタもが巨大な悲しみによって喉を締め付けられ、動くこともままならず、息をすることも、目を移すこともできないほどの重苦しい葬儀。
まるでダムが崩れたあとの濁流が、一人一人のひ弱な魂を押し流してしまうかのように。
そして今日、ステファノ区の鎮魂教会では、前者のような歓楽もなければ、後者のような重苦しさもない。
ただか弱い一人の女の子が、彼女にとって重すぎる鉄鋤を懸命に振り下ろしていたのだ。
母親の墓に最後の土を被せるために。

アンドーン
アンドーン

さあ、セシリア、お別れを告げましょう。

セシリア
セシリア

……

セシリア
セシリア

……ママ……わたしどうすればいいの?

セシリア
セシリア

全部……全部ママのためにしてるんだと思ってたときは、なにも怖くなかったし、なんだってできると思ってた。

セシリア
セシリア

ママが傍からいなくなった時、なんだかちょっぴりりっぱになった感じもした……少しだけ大人になったからなのかな?

セシリア
セシリア

でもエイゼルお兄ちゃんは……この先ずっと、もう二度とママには会えないって言った。わたしが大きくなっても、すごい人になっても、りっぱになっても、ママに会うことはできない……そうなの?

セシリア
セシリア

わたしがいい子でいても、ママはもう褒めてくれない……わたしが悪い子しても、ママはもう怒ってはくれない……

セシリア
セシリア

じゃあわたしは、なんのために大きくなるの?

セシリア
セシリア

修道士さんは……ママのためにお葬式の準備をしても、ママとお別れを告げても、それはすべては自分のためにしてることだって言った。

セシリア
セシリア

自分のためって、どういう意味なの?

セシリア
セシリア

わたし怖いよ……ママぁ……

セシリア
セシリア

この前、知らないシスターのお姉ちゃんが言ってた、泣いても、笑っても、それが自分のお別れの言葉なら、なくなった人は受け入れてくれるって……

セシリア
セシリア

わかんないよ……ママ、わたし、泣くべきなの、それとも笑うべきなの?

セシリア
セシリア

修道士さんは、それは自分でしかわからないって……でもわたし、わたしにもわからないよ……

アンドーン
アンドーン

……セシリア、焦らなくていい。

アンドーン
アンドーン

君にはまだまだたくさんの時間があるのだから。

???
???

けどあんたにはもう時間なんか残されていないわ、残念だけど。

(爆発音と共にモスティマとフィアメッタが近寄ってくる)

モスティマ
モスティマ

やあ、久しぶりだね。

フィアメッタ
フィアメッタ

ようやく捕まえたわよ、アンドーン。

アンドーン
アンドーン

……モスティマ、フィアメッタ、私の戦友たち、久しぶりだね。

アンドーン
アンドーン

だが故人を悼みに来たのなら、少々来るのが遅かったようだな。

フィアメッタ
フィアメッタ

平気よ。

フィアメッタ
フィアメッタ

次の人を悼めばいいんだから。

タイトルとURLをコピーしました