アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】10章 破砕日輪 10-4「銃声の警告」行動前 翻訳

9:27 a.m. 天気/曇り
ロンディニウム、サディオン区、城壁の上

サルカズの戦士
サルカズの戦士

309号検問所の入口で騒動が発生!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

……ご報告します、巡査部隊がレジスタンスの痕跡を発見しました!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

れ、レジスタンス軍だけではありません!多方面から巡査部隊と交戦してる勢力が――

サルカズの戦士
サルカズの戦士

将軍、増援を派遣しますか?

マンフレッド
マンフレッド

……必要ない。

マンフレッド
マンフレッド

それより進捗のほうはどうなっている?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

調整はあと15分かかる見込みかと……

マンフレッド
マンフレッド

8分だ。

マンフレッド
マンフレッド

8分以内に済ませろ。今は時間を引き延ばせる状況ではない。

???
???

俺を騒動鎮圧に送らなくていいのか?当然、ただの一意見としてだが。

マンフレッド
マンフレッド

心配しているのだな、私が失敗するのではないかと。

???
???

まさか、お前の計算はいつだってドンピシャさ。

???
???

その代わりとして、我々の勝利へ通ずる道から不確定要素を排除するのが俺の仕事だ。

マンフレッド
マンフレッド

ならお前はすでによくやってくれている、傭兵。

マンフレッド
マンフレッド

さあ、こちらにきたまえ。テストが開始される前に、お前にはこの城壁の下でなにが起こってるのを見てもらいたい。

ヘドリー
ヘドリー

……

ヘドリー
ヘドリー

賑やかだな。

マンフレッド
マンフレッド

カズデルの戦場と比べてどうだ?

ヘドリー
ヘドリー

……目新しさはないな。

ヘドリー
ヘドリー

ただ……少なくとも交戦してる双方の相手はサルカズではない。

マンフレッド
マンフレッド

お前はカズデルにいた頃、獣を狩ったことはあるな。

ヘドリー
ヘドリー

獣狩りか?年中野外にいる傭兵からすれば、腹を満たすためには必ずやならなきゃならないことではあるよ。

マンフレッド
マンフレッド

なら、なぜ私が下に出入口を残したのかは理解できるはずだ。

ヘドリー
ヘドリー

……罠を敷かれているのが見え見えだったとしても、必須経路であれば、獣たちは次から次へとその罠に足を踏み入れる。

ヘドリー
ヘドリー

逃げ道がなければ、却ってあちこちに逃げ回られてしまう、それでこちらも追いかけるために人手を割けざるを得なくなる、そういうことだな。

マンフレッド
マンフレッド

その通り、だがこれはなにも荒野でのみ通用する法則ではない。

マンフレッド
マンフレッド

]足元にあるこの都市を見てみろ。鉄筋コンクリートがそこら中に生えてる荒野とそう変わらないじゃないか。

マンフレッド
マンフレッド

荒野の逃げ道をすべて塞いでやれる人などいるはずもない。ましてや森の中で目にも入らないような小さな隙間を見つけ出すことなど。

マンフレッド
マンフレッド

私とて同じさ。

ヘドリー
ヘドリー

だから数か所の逃げ道を残すようにしたんだな、そこに注意を向けさせ、敵が自分から出てくるように。一番効率的なやり方だ。

マンフレッド
マンフレッド

だがリスクはある。

ヘドリー
ヘドリー

リターンを得るに、リスクは付き物だろ?

ヘドリー
ヘドリー

俺だったとしても、同じことをしていたよ。

マンフレッド
マンフレッド

ふむ。優秀な傭兵の頭領ともなれば、必然的に優秀な狩人でもあるというわけか。

マンフレッド
マンフレッド

あの王宮の老いぼれどもよりも、私はむしろお前と手を組みたい、お前は優秀な狩人だからな。

ヘドリー
ヘドリー

……どうやら、今日の収穫は豊富のようだ。

ヘドリー
ヘドリー

レジスタンス以外にも、ダブリンもか……

ヘドリー
ヘドリー

待った、あの術師は見たことがある、以前お前に会いにきていたぞ。停戦協定は結んでいたはずでは?まあ、そちら側はあまり深く考えていないと思うが。

マンフレッド
マンフレッド

お前も彼女を見たというのであれば分かっているはずだ、あのような人種は、自分がいつ手を止めればいいのか一度たりとも理解できてないのだよ。

ヘドリー
ヘドリー

なら最初からあの攪乱者を排除しようって算段だな?

マンフレッド
マンフレッド

事態は変わりゆくものだ。残った工程もいよいよ終盤に差し掛かった、あまりにも局面が乱れていれば、真の脅威を見逃してしまうというものよ。

マンフレッド
マンフレッド

下のヤツらよりも、我々は外にいるあの大公爵たちに精力を向けなければならないのだからな。

ヘドリー
ヘドリー

ならなおさら俺を下に置いておけばよかっただろ。

マンフレッド
マンフレッド

彼女を排除するだけなら、お前が手を出すほどでもない。

ヘドリー
ヘドリー

まだほかの懸念があるからか?

マンフレッド
マンフレッド

……あの“ウェリントンの鉄衛士”。

ヘドリー
ヘドリー

それって……

マンフレッド
マンフレッド

ヤツはまだロンディニウムには接近してきていない。

マンフレッド
マンフレッド

だがヤツが一日でも態度を表に現わさなかったら、ロンディニウムの外にいる貴族共はきっと毎朝まず最初に、鉄の公爵は何か言っていなかったかと自分の密使に問い詰めるはずだ。

ヘドリー
ヘドリー

なるほどな。

マンフレッド
マンフレッド

だから今はまだダブリンと敵対するわけにはいかない。

マンフレッド
マンフレッド

まあ当然、彼女が耐えきれず、向こうから協定を破るようなことをすれば――

マンフレッド
マンフレッド

サルカズとて、もはやヤツらを受け入れる筋合いはない。

ヘドリー
ヘドリー

なら下で起こってる騒動だけじゃまだまだ足りないな。

マンフレッド
マンフレッド

そうだ、だからもっと必要なのだ……ダブリンを完膚なきまでに叩き潰すための、綻びが。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

……このぽっと出のヤツら、一体なんなのよ?

ダブリン兵
ダブリン兵

分かりません……しかし長官、ヤツらの所持してる武器とアーツは今までに一度も見たことがない品物です!

マンドラゴラ
マンドラゴラ

あっちもサルカズと戦ってるってことは……魔族ヤロウの援軍ではないってこと?

マンドラゴラ
マンドラゴラ

何はともあれ、私たちの邪魔をするヤツは誰だろうと踏み潰す、それだけのこと。

インドラ
インドラ

おいゴラァ――

インドラ
インドラ

大人しくその人をこっちに寄越しやがれ!

(インドラがダブリン兵を殴る)

ダブリン兵
ダブリン兵

なっ……貴様は!

インドラ
インドラ

ほう、見知った顔だな?どうやら朝方のゲンコツがまだまだ足りてねぇようだ。

(ダブリン兵がダグダの爪を受け倒れる)

ダグダ
ダグダ

背後に気を付けろ――

ダグダ
ダグダ

お前が好き勝手拳を振っても、戦場にいる敵がそれを目の前で食らってくれるとは限らないぞ。

インドラ
インドラ

お前がいるじゃねぇか?

ダグダ
ダグダ

少しは自制しろ。敵をタコ殴りにするよりも、まずは人員救出の任務、そのあとの撤退が優先だ。

インドラ
インドラ

わーったよ。

インドラ
インドラ

ならもっと拳を速く振ればいいだけの話だ!

(インドラが拳を振るう)

マンドラゴラ
マンドラゴラ

つまり……あいつらなのね、さっき私たちからこの人を奪っていった連中ってのは?

マンドラゴラ
マンドラゴラ

そいつらの顔をよく憶えておきなさい。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

いや待った……どうせなら一人ぐらい生け捕りにしておきましょ。ロンディニウムに混ざりこんできた勢力なら、誰だろうとリーダーなら興味を示してくれるはずだし。

(マンドラゴラが石柱を地面から生やす)

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

なッ……急に岩が地面から出てきた?

シージ
シージ

……

(シージがマンドラゴラが生やした石柱を破壊する)

シージ
シージ

気を付けるんだ、我々はまだ城壁内に入れていない、ここで誰かが傷を負うことなど、ドクターは望んでいないぞ。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

分かりました……そっちも気を付けてください!

マンドラゴラ
マンドラゴラ

……ハンマー一振りで私の造物を壊した?

マンドラゴラ
マンドラゴラ

こいつ……ヴィクトリア兵と同じぐらい忌々しいわね!

マンドラゴラ
マンドラゴラ

こっちはまだ本気を出していないとはいえ……これでも食らいなさい!

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

シージさん、危ない!

(アーツ音と石柱が破壊される音)

シージ
シージ

……誰かが石柱を破壊してくれたのか?

シージ
シージ

ホワイトホール、誰がやったのか確認できたか?

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

いいえ、状況がごちゃごちゃし過ぎて、あんまり確認できていません。

シージ
シージ

アーミヤ、ここには第三勢力と思われる何者かがいるぞ。

シージ
シージ

我々、ダブリンとサルカズ以外の何者かが……

シージ
シージ

だが、どうやらこちらの敵ではないらしい。

(シージがハンマーを振り回す)

ダブリン兵
ダブリン兵

長官、戦況が不利です……長官の力でこの壁をどうにかすることは……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

この壁を、ね……フッ……そんな幻想、こっちだって何度もしてきたわよ……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

まあいいわ、いつかリーダーが来た日には、いくらでもチャンスはあるんだもの。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

今はまだそんなふざけた妄想に耽ってる時じゃないわ、もうしばらく耐えないと……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

あんたたちもよく聞きなさい、手を出すのはいいけど抑えて、スキなんか見せるんじゃないわよ、あのマンフレッドとかいう魔族野郎が早々に面倒をかけてくることなんてゴメンだからね。

マンフレッド
マンフレッド

4分。あと4分待たなければならないな。

マンフレッド
マンフレッド

だがちょうどいい、こちらの戦士も退屈せずに済んだ。ロンディニウムのような大都市を守ることと、荒野でラテラーノのキャラバンを襲うことでは、天と地ほどの差があるからな。

ヘドリー
ヘドリー

仲がいい人と再会したり、相手がまだ自分の首を狙っているかどうかを気にしなくて済む生活に文句を言う資格など、俺にはないさ。

マンフレッド
マンフレッド

自分とヤツらを一緒にするんじゃない。

マンフレッド
マンフレッド

多くの傭兵はお前みたいに、あの小さな檻に閉じ込められて毎日読書に耽るような暮らしに耐えられるわけではないのだからな。

ヘドリー
ヘドリー

お前が俺をあそこから引きずりだし、剣を俺に返してくれた時、確か俺は礼を言ったはずだったな。

マンフレッド
マンフレッド

よしてくれ、お前にそんなことを言わせたいがために手伝わせたのではない。

ヘドリー
ヘドリー

……分かっているさ。

ヘドリー
ヘドリー

お前は傭兵を必要としているんだろ、しかも一度や二度借りただけで終わるような関係じゃなく。

マンフレッド
マンフレッド

ああ……そしてお前はその傭兵の中でも突出した人材だ。

マンフレッド
マンフレッド

ちょうどいい、最近はまた幾つかの傭兵団が我々に加入してくれた、しかも中にはお前がスカーモールで出会った古い馴染もいるとのことじゃないか。

ヘドリー
ヘドリー

摂政王が出した値打ちだからな、それを拒む傭兵なんてそうそういないさ。

マンフレッド
マンフレッド

彼らが求めているのはもはや仕事の一つや二つ終わらせた時にもらえるようなちんけな報酬ではない。

マンフレッド
マンフレッド

我々が摂政王と共にカズデルを去った時、各々の戦士たちはそれぞれ異なる武器を所持していて、ほんの前まで敵が着ていた甲冑を身に纏っていた者もいた。

マンフレッド
マンフレッド

だが今はどうだ?

マンフレッド
マンフレッド

お前も見て分かった通り、今のロンディニウムの工場は休むことなく我々のために防具と武器を生産してくれている。我々の部隊は新たな規則を設け、同じ命令を受けるようになった。

マンフレッド
マンフレッド

我々は未だかつてないほどに結束しているのだよ、そしてこの結束は我々を今までよりも強くしてくれる。

ヘドリー
ヘドリー

そうだな、ヴィクトリア全土を……いや、テラ全土を見据えている。

ヘドリー
ヘドリー

これもすべては摂政王の計算によるものか。

マンフレッド
マンフレッド

一年前まで、愚かしくもヤツらはまだロンディニウム軍の堅牢無比なる様を豪語し、我々をただの一公爵に雇われた傭兵と見下していた。

マンフレッド
マンフレッド

だが傭兵が利益のみを信奉しなくなった時……我々サルカズがどんなことに手を出すか、ヤツらは思い知ったはずだ。

ヘドリー
ヘドリー

……利益に忠誠を誓わなくなった傭兵など、傭兵と言えるものなのか?

マンフレッド
マンフレッド

我々はなにも同胞たちに傭兵という身分を捨てよと要求してるわけではない、彼らが摂政王に追随してきたのは彼らなりの理由があったからだ。

マンフレッド
マンフレッド

彼らは摂政王ならサルカズの暮らしを変えてくれると信じているのだよ、家もなく彷徨う強奪者や他種族の権力者に従う道具になること以外にも、サルカズはきっと己のために新たな地位を獲得できるチャンスがあると。

ヘドリー
ヘドリー

……家を持つ者のみに、地位は現れる。

ヘドリー
ヘドリー

「サルカズが戦を望む時、サルカズは戦そのものに成り代わる――」

マンフレッド
マンフレッド

「――そして戦を終えた頃、サルカズにもやがて帰るべき家が現れる。」

マンフレッド
マンフレッド

ロンディニウムにいるサルカズたちに対して摂政王が放った言葉だな、あの時お前も謁見の場で列をなしていた。私たちが初めて出会ったのもその時だったな。

マンフレッド
マンフレッド

あの日、私はお前に訊ねた、この言葉に対するお前の考えを。

ヘドリー
ヘドリー

「カズデルの廃墟から這い出てきた戦士であれば、その光景を拒む者などいるはずもない。」

マンフレッド
マンフレッド

その答えなら前も聞いた、三年前のことだ。

マンフレッド
マンフレッド

そんなお前も今やあそこから抜け出し、私の傍に立っている。

マンフレッド
マンフレッド

今も……考えに変わりはないかね?

ヘドリー
ヘドリー

マンフレッド、俺の忠誠ならもう知っているはずだ。

マンフレッド
マンフレッド

……

マンフレッド
マンフレッド

左目、まだ痛むか?

ヘドリー
ヘドリー

一年は経ったから、もうとっくに治っているよ。

マンフレッド
マンフレッド

私は……お前にも理解してほしいのだ。私は一度たりも、我々の友情に疑いを持ったことはないぞ、あの日からな。

マンフレッド
マンフレッド

私がなにを指しているのか、お前なら分かるはずだ。

ヘドリー
ヘドリー

……聴罪師が傭兵に警戒心を緩めることは決してない。ヤツらはそれで摂政王に忠誠を示している。

ヘドリー
ヘドリー

だが俺は……誰かに忠誠心を示すためだけに働いているわけじゃないさ、そうすれば戦場で剣を抜きたくても抜けなくなるかもしれないからな。

マンフレッド
マンフレッド

つまり答えは依然として“ノー”なのだな。

マンフレッド
マンフレッド

……それも悪くない。

マンフレッド
マンフレッド

私も友人が欲しくなる時があるのだよ、そうすれば、カズデルも少しは将校が一人足りない状況に目を瞑ってくれるはずだ。

(サルカズの戦士が駆け寄ってくる)

サルカズの戦士
サルカズの戦士

マンフレッド将軍、準備が整いました!

マンフレッド
マンフレッド

よし。

マンフレッド
マンフレッド

直ちに撤退しろと巡査部隊に伝えろ。

マンフレッド
マンフレッド

オートエイムシステムを起動し、遠隔目標打撃プログラムを打ち込め――

マンフレッド
マンフレッド

――座標は、サディオン区、309号検問所の入口だ。

マンフレッド
マンフレッド

我々が数か月に渡り費やしてきた努力がようやく実を結ぶ。

マンフレッド
マンフレッド

そこでだヘドリー、発射キーを押してみたくはないかね?

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

中尉、どうやらダブリンが勝ちそうです。

ホルン
ホルン

……ダブリンが勝とうが、そんなことはどうでもいいのよ。

ホルン
ホルン

どっちかが勝つなんてことは放っておきなさい、重要なのは互いが互いを牽制し合ってることよ。

ホルン
ホルン

私たちはこの状況が必要なの、あなたたちを前へ進ませるための状況が。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

前へ進ませる、ですか……?

ホルン
ホルン

そ、あいつらがこっちに目を向けていないスキに突破するのよ。これはあなたたちを都市から抜け出すためのいい機会なんだから。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

そんな……私にはできません!

ホルン
ホルン

えっ、なにロッベン?どうしたの?

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

中尉、私は逃げたくはありません。

ホルン
ホルン

なっ……

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

ここに残ります。

ホルン
ホルン

でもこれはあなたたちがロンディニウムから出られる唯一のチャンスなのよ!

ホルン
ホルン

今日ここで戦闘が起こったものだから、きっと明日にでもここの出入り口はサルカズたちに塞がれてしまう。

ホルン
ホルン

いいから武器を隠して、前で逃げ惑ってる一般人に紛れ込んできなさい!ほら、はやく行きさない!

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

……もうこのまま逃げるつもりはありません。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

中尉、私たちはまだ戦えます。

(ロンディニウム市民?がクロスボウを放つ)

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

見ましたか?いま一人のダブリン兵を撃ち倒してみましたよ!それにサルカズを二人も負傷させました!

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

このクロスボウ……とても造りが粗い、私たちがいつも使い慣れてる制式の軍用クロスボウとは全然違います。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

これは中尉が作ってくれたものなんですよね?武器ですら自分で作らなきゃならない状況なんですから、一緒に戦ってくれる戦友をなによりも欲しがっているんじゃないんですか?

ホルン
ホルン

私が必要としてるかなんてどうでもいいの……

ホルン
ホルン

このまま逃げたくないっていうのなら、無理強いはさせないわ。

ホルン
ホルン

……私も戦場から離れるつもりのない兵士に、離脱しなさいって命令はもうゴメンよ。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

中尉……

ホルン
ホルン

話が逸れたわ。

ホルン
ホルン

だとしても、今すぐここを離脱する必要に変わりはない。

ホルン
ホルン

最大のチャンスはこれっきり、逃げたくないって言うのであれば結構よ、なら私と一緒に後退してもらうわ!

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、サルカズ兵たちが戦線から離脱しています。

アーミヤ
アーミヤ

最初からおかしかったんです、向こうは私たちやダブリンとこんなに長く戦い続けているのに、援軍が呼んだり、ダブリンを追い込もうとしてきませんでした……

アーミヤ
アーミヤ

私が知ってるサルカズの戦士の戦い方はこうじゃありません、Wがレユニオンに連れていった傭兵でさえも、彼らよりよっぽど用心深く戦っていました。

ドクター
ドクター

なにかがおかしい。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、もしかして私たち、罠にハマってしまったんじゃないでしょうか?

アーミヤ
アーミヤ

この衝突、都合がいい上に急すぎます……まるで、誰かが私たちをここに集めて、それから……

アーミヤ
アーミヤ

も、もしかして、本当に最初から私たちに仕掛けた罠なんじゃ?

アーミヤ
アーミヤ

シージさんも言ってました、戦線でほかの勢力を見かけたと。その人たちも私たちみたいに、人混みに混じっていました……それとどうやら一般人側に立っているようなんです。

アーミヤ
アーミヤ

もしかしてサルカズの捕縛対象はその人たちなんじゃないでしょうか?

ドクター
ドクター

・今すぐ作戦オペレーターたちを交戦区域から撤退させるんだ。
・偵察隊、作戦オペレーターと一般人の避難を援護しろ。
・全員、近くの遮蔽物に隠れて撤退するんだ!

シージ
シージ

……ドクターからの撤退命令か。

インドラ
インドラ

はぁ?でもこっちはもうすぐ救出できるんだぞ!

シージ
シージ

きっとドクターなりの判断があるのだろう、行くぞ。

インドラ
インドラ

……チッ。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

い、インドラさん!ここだ、俺はここに――

インドラ
インドラ

トーマス?

シージ
シージ

ダメだ行くな!

インドラ
インドラ

なっ……

突如として、一瞬にして全員の視界に火花が炸裂した。
熱く滾る熱波は触れられるほぼすべての物体を融かしていく。
破片がきれいに飛び散ることはなかったが、それでも強烈な振動は生存者の一人一人に強く訴えてきた、自分はついさっき死と隣り合わせだったのだと。
そしてこの脅威はまさに頭上からやってきたのだ。

インドラ
インドラ

……なにが起こったんだ!?

インドラ
インドラ

誰かが空から爆弾を投げてきやがったのか?地面が……急に……ドデカい穴を開けやがったぞ!?

インドラ
インドラ

トーマス……ゲホッゲホッ、クソ、煙が濃い、なんも見えねぇ!

ダグダ
ダグダ

インドラ!

ダグダ
ダグダ

聞こえていたはずだ、シージがよせと言っている。

インドラ
インドラ

分かったよ、まだお前に助けられちまったな。

ダグダ
ダグダ

分かればいいんだ、さっさと撤退するぞ――

タイトルとURLをコピーしました