アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】10章 破砕日輪 10-5「都市の息遣い」行動前 翻訳

ここは配管。深く暗く、先が全く見えない配管だ。
こういった配管は都市全体に張り巡らされている。ロンディニウムの血管であり、途絶えることなくエネルギーをロンディニウムの心臓へ、つまり私たちが目指すべき場所まで送り届けてくれる。
今目の前には暗闇が広がっている、しかし恐れるな。いつもの夕暮れに太陽が落ちれば、陰は都市の血脈に生き長らえるのだから。
光が奪われてしまった場合、頼りになるのは己の耳、鼻腔、そしてその他の感覚器官だけだ。
耳を研ぎ澄ませ。機械が唸らせてる轟音は流れる血の滾りであり、回る歯車は呼吸のリズムそのものだ。
そう、ロンディニウムは生きている。たとえ私たちがあの高くとまった座椅子にいなくとも、彼女は己の命を持つ。
もしいつか、またここに来ることになったら……たとえその時、ナニかが背後を追われていようと、恐れる必要はない。
なぜなら私はロンディニウムの躰の中を奔走しているのだから。
ヴィーナ、よくぞ戻った。

シージ
シージ

……

フェスト
???

よしみんな、ひとまずここで止まってくれ。

クロージャ
クロージャ

えっとー、なにここ?

クロージャ
クロージャ

地上からずっと潜ってきて、どっかの配管に入ったようだけど……

クロージャ
クロージャ

少しだけ道は広くなったけどさ、それでも辺り一面真っ暗だよ……ま、ままままさか!アタシたちを廃棄された工事現場に連れてって、口封じするつもりじゃ!?

フェスト
???

……は?オホン、まあ、そうかもな。

インドラ
インドラ

おいテメェ、一体何モンだ?俺たちがこのままテメェの指図に従うとでも思ってたら大間違いだぞ!

フェスト
???

そうだなぁ……念のため、その質問はこっちから先に聞こうか。

フェスト
???

お前らは何モンだ?どうしてロンディニウムに入り込もうとしている?

アーミヤ
アーミヤ

……私たちが答える前に、どうか私たちの人を解放してやってください。

ドクター
ドクター

・そうだ、私はまだ君に捕まっている状態だ。
・……
・はやく解放してくれ。

フェスト
???

このフードのお友だちはお前らの指揮官か何かか?

フェスト
???

戦闘中に命令を出していた人ならいたが、コータスの嬢ちゃんよ、部隊を率いてるのはお前じゃなかったか?

フェスト
???

そんな驚いた顔すんなって。何か手は隠していたんだろ、でもな……オレたちは地元の人、ネイティブだ、その手なら知り尽くしているよ。

アーミヤ
アーミヤ

ネイティブ……あなたたちはロンディニウムの住民なんですか?

アーミヤ
アーミヤ

ではさっきの乱戦も、参加されていたんじゃ?

フェスト
???

そう決めつけるのはまだ早いぜ?コータスの嬢ちゃんよ、オレたちはまだ互いに信用できていないんだからさ。

フェスト
???

ダブリンとサルカズに手を出しただけじゃ、なんの説明にもならねえよ。あいつらならいつも乳繰り合っているが、だからってあいつらと敵対してる勢力と仲良くする道理もないはずだろ。

シージ
シージ

……ロンディニウムの血管。

フェスト
???

……今なんか言ったか?

シージ
シージ

我々はすでにロンディニウムの市内へ入っているな。

フェスト
???

なんで、それを!?

シージ
シージ

……ここの通路を見れば分かる。ここは外と内側を繋いでる通路だ、サルカズの衛兵を避け、直接城壁の外から市内に入ることができる。

シージ
シージ

もう歩いてどれぐらい経った?二十分ほどか?

シージ
シージ

なら大方、我々は今サディオン区にある重要施設の地下に向かっているのだろう。

フェスト
???

ッ……

シージ
シージ

その施設とやらも城壁からはそう遠くない場所にある。それに、そこは色んな場所に通じる中継地の役割を果たしているはずだ……

シージ
シージ

……鉄道。

シージ
シージ

あと一二キロほど進めば、鉄道駅に着くはずだ、地表での話にはなるが。

フェスト
???

……

フェスト
???

お前、ロンディニウムに詳しいんだな。お前もここで暮らしたことがあるのか?

シージ
シージ

私もここが地元だ。

フェスト
???

どおりで。オレも最初から思ってたんだ、お前の持ってるそのハンマー、なんか親近感が湧くんだよな、フェリーンさんよ……えっと、フェリーンで合ってるよな?

シージ
シージ

……好きにしろ。

フェスト
???

はぁ、もしお前らが本当にサルカズが寄越したスパイってんなら、オレぁ後悔してもきしれねぇよ。

アーミヤ
アーミヤ

ドクターに危害を加えることは許しません――!

ドクター
ドクター

・私に危害を加えることならできないさ。
・今更後悔しても遅いぞ。

フェスト
???

……なっ!?お前……いつの間にドローンを掴みやがったんだ!?

フェスト
???

し、しかも素手で!オレがリモコンを持ってて、ドローンを起爆する可能性だってあるんだぞ!?

ドクター
ドクター

・リモコンなら持っていないだろ。
・このドローンは飛べるだけの未完成品だ。

フェスト
???

チッ、こりゃしくじったなぁ。

フェスト
???

いつからそれに気づいてたんだ?オレがお前らに話していた頃か?それとも地下通路に連れていった時?

フェスト
???

それとももっと前から……いや待った、まさか本当に……オレがお前を捕まえた時から、このドローンに危険じゃないって気づいていたのか?

フェスト
???

じゃあなんで捕まったままでいたんだよ!?

ドクター
ドクター

・君の意図が知りたかったからだ。
私の仲間にもバレバレだったぞ?

シージ
シージ

……もしドクターに危害を加える動きを見せていたら、お前の手が上がる前に、このハンマーはお前の頭を叩き割っていたぞ。

モーガン
モーガン

捕まえる人を間違っちゃったねお前さん、捕まえるんだったらもっとバカなヤツを捕まえなきゃ、たとえばウチのこいつとか、こいつ殴ることしか知らないからさ、きっとちゃんと引っかかってくれたはずだよ?

インドラ
インドラ

なに言ってやがんだ、こいつが俺に近づけるとでも?

クロージャ
クロージャ

あー……じゃあ、アタシがこっそり用意していた無線電波ジャックの機器もお役御免って感じかな?

アーミヤ
アーミヤ

――“ネイティブ”さん。

アーミヤ
アーミヤ

いい加減この茶番はおしまいにしませんか?

アーミヤ
アーミヤ

敵の砲火はまだここまで追ってきていませんが、それでも私たちが直面している共通の危機が去ったことにはなっていません。

アーミヤ
アーミヤ

こちらはもう十分に誠意を見せたつもりですが、如何でしょう?

アーミヤ
アーミヤ

初対面の時から、こちらは何度もあなたに手を上げることはできました。たとえ私たちが本当にサルカズのスパイだったとしても、すでに大方の予想はついているので、ここであなたと無駄口を挟む必要はないと思います。

アーミヤ
アーミヤ

ドクターが人質のフリをしていたのも、私たちがあなたと一緒にこの地下通路までついてきたのも、すべてはあなたに悪意はないと信じていたからです。

アーミヤ
アーミヤ

ですので、その代わりとしてそちらも私たちを信頼して、ご自分の意図を教えてくれませんか?

フェスト
???

そこまで言われちゃ納得するしかないな。なんせ、今は立場が逆転してオレが人質になっちまったんだからよ。

フェスト
???

おいロックロック、出て来な。

ロックロック
ロックロック

……

(大量のドローンの音)

クロージャ
クロージャ

ど、どどどドローンが……こんなにも!?しかも全部アタシらを狙っている?じゃあ……いつもでハチの巣にされちゃうじゃん!

フェスト
???

ロックロック、もうそんなことしなくていい、無駄だよ。

フェスト
???

こいつらがお前のドローンに気付いていなかったとしても、おっぱじめたら、オレは逃げ出すこともできずに殺されちまってたはずだ、こいつらはそれぐらいの実力者だよ。

ロックロック
ロックロック

自分で分かってるのなら、次からはこんなつまんない駆け引きにアタシを巻き込まないでちょうだい。

フェスト
???

分かったよ、お前の言う通りだ。

フェスト
???

それでフードさん、そのロック17号を返してくれないか?そう、今お前が握ってるそのドローンだ……まだ造りかけのものでな、もし握りつぶしちゃったら、ロックロックが怒っちまう。

(ドクターが???にドローンを返す)

フェスト
???

よし……そんじゃ、改めて自己紹介しようか。

フェスト
???

オレはフェスト、んでこっちはロックロック、オレの相棒だ。

フェスト
フェスト

二人とも……ロンディニウム市民自救軍のモンだ。

マンフレッド
マンフレッド

このロンディニウムに、我々の目が行き届いていない角がどれだけ存在すると思う?

ヘドリー
ヘドリー

……数えきれないほどに。

マンフレッド
マンフレッド

工場の数は数千にも及ぶ、四割ほどは廃棄されているが、それでも残りの六割は未だに稼働している。

マンフレッド
マンフレッド

その稼働してる工場のほとんども前の時代にあった工場の跡地に建てられている、おかげでどれも数百年間溜まり続けた工業廃棄物まみれの迷宮と化してしまっている有様だ。

マンフレッド
マンフレッド

さらにはその工場と工場の間には、多くのスラム街が敷き詰められている。あの民間工業地区と旧物流地区にどれだけの人口が存在するか、都市防衛軍の上層部であっても答えることはできないだろう。

マンフレッド
マンフレッド

時折だが、こことカズデルはあまり大差はない、そう思う時がある。

マンフレッド
マンフレッド

ヤツらは輝かしい外ヅラを作り上げただけだ、あの腐りきった部分を深く埋め込むために、体面しか気にしない大物たちにその臭気が漂ってこないために。

ヘドリー
ヘドリー

……三日以内にカズデルのスラム街で騒ぎを起こす連中を捕らえたくても至難の業だ、教皇騎士が護衛についているラテラーノの使節団を単独で襲うようなものだからな。

マンフレッド
マンフレッド

我々はカズデルで育ち、カズデルの地の利を得ている、不可能でもないさ。

マンフレッド
マンフレッド

だがロンディニウムは……ロンディニウムを知り尽くしてる者など、誰がいようか?

マンフレッド
マンフレッド

我々が議会の衛兵隊を下し、ロンディニウム都市防衛軍の指揮権の七割を掌握するのに、どれだけの時間がかかった?

ヘドリー
ヘドリー

一週間はかからなかったな。

マンフレッド
マンフレッド

我々が反対を推し進めていた貴族たちを吊るし上げ、数十回もヤツらに雇われてきた烏合の衆を完膚なきまでに叩き潰すのに、またどれだけの時間を要した?

ヘドリー
ヘドリー

一か月半だな。

マンフレッド
マンフレッド

だが我々はサディオン区の入り乱れた街中で、すでにあのレジスタンス共とのシーソーゲームに数か月の時間を無駄にしてしまっている。

マンフレッド
マンフレッド

この半年間で、我々はロンディニウムのほぼすべての区画を制圧することができた。

マンフレッド
マンフレッド

ここを除いてな。

マンフレッド
マンフレッド

半ば廃棄された民間の工業用地、南から北にかけて、ロンディニウムの中央を取り囲むように連なった山々、そして無人となった旧物流地区が置かれているここを除いて……

ヘドリー
ヘドリー

“ロンディニウムの歴史はここより始まる。”

マンフレッド
マンフレッド

歴史書であれば例外なくそう書かれている。

マンフレッド
マンフレッド

それと、諸王の中の何名かは、今までの私の戦果にたいそうご不満でいらっしゃるようだ。

ヘドリー
ヘドリー

それは前も聞いた。あの方々は前々から徹底的にこの地区を封鎖したいとのお考えだ。

マンフレッド
マンフレッド

だが怒りの沸点が低すぎるのが問題点だな。仮に指揮権があの方々の手に渡れば、たちまちサディオン区とほかの区画の間にロンディニウム人たちの屍の壁が出来上がることだろう。

ヘドリー
ヘドリー

だが少なくとも摂政王はお前を支持してくれているじゃないか。

マンフレッド
マンフレッド

それは違うぞ、ヘドリー、私ではなく将軍としての私を支持してくれているだけに過ぎない。

マンフレッド
マンフレッド

王宮はいつだって将軍の苦労を理解してはくれないさ……あの方々は目の前にある均衡がいかに脆弱なものなのかを理解していないのだ。

マンフレッド
マンフレッド

私は今に至るまで頑なに副砲だけを稼働することに拘っていたが、それがなぜだか分かるか?

マンフレッド
マンフレッド

仮に今ここで主砲を稼働すれば……外にいる大公爵が一斉に市内に雪崩れ込んでくるやもしれないからだ。

マンフレッド
マンフレッド

仮にロンディニウムの一般市民を虐殺しようものなら、市内にいる貴族と我々に下った都市防衛軍も、再び反旗を翻し、最期の一人になるまで我々と死闘を繰り広げるだろう。

マンフレッド
マンフレッド

もし我々がこの工業地区を放棄し、毎日列車でザ・シャードに送り届けている物資が途絶えてしまえば、軍の計画は再び延々と先延ばしにされる。

マンフレッド
マンフレッド

この異邦の城塞を一目見ようとしても、諸王が自らその古からのこうべを垂らすことはない、己の驕りによって阻まれているからな。

マンフレッド
マンフレッド

私から見るに、最も艱難な戦は今目の前にある、ロンディニウムを徹底的に掌握するための戦が。

フェスト
フェスト

オレたちはサルカズからレジスタンスって呼ばれているんだ、まあこっちはその呼称に対してなんとも思っちゃいないが。

フェスト
フェスト

あいつらに抗わない限り自分を救うことなんざできやしねぇ、そりゃいくら一般的なロンディニウム人とて武器を手に持つさ。

シージ
シージ

……ほかのロンディニウムの区画の状況も知っているか?

フェスト
フェスト

ここよりは悪いだろうな。

フェスト
フェスト

全員サルカズのために尽くすか、あるいは死ぬかのどっちかだ。

フェスト
フェスト

いつも北のほうから情報が届いてくるんだが、それによればあそこのサルカズ軍はここよりももっと酷いことをしてるらしい。

インドラ
インドラ

おいヴィーナ、この話がもし本当ならベアードたちは……

モーガン
モーガン

そう決めつけるには時期尚早だよ、焦るんじゃない。

インドラ
インドラ

焦らずにいられるかよ!五年だ、俺たちがここを出てってから五年は経ったんだぞ、こっちはもうあいつらがどうなってるのかすら分かってねぇのに……

シージ
シージ

……彼女たちのことなら必ず見つけ出すさ。

シージ
シージ

すぐの話だ、必ずみんな見つけ出す。

インドラ
インドラ

分かったよヴィーナ、お前を信じよう。あいつらがどこにいようが、生きていようが死んでいようがな……

インドラ
インドラ

ああクソ!俺はなに辛気臭ぇ話をしてるんだ!

フェスト
フェスト

お前らの仲間が生きていれば、必ず消息は入るはずだ、心配するな。

シージ
シージ

お前たちは……サディオン区以外でも活動しているのか?

フェスト
フェスト

ロンディニウムの市内ならどこでも、市外だって行けちゃうぜ。

フェスト
フェスト

それにこっちの仲間が一人あいつらに捕まえられたって関係ねぇ、その際十数人もの人がオレたちに加わってくれるからな。

フェスト
フェスト

ロックロックは生まれも育ちもサディオン区でよ、オレたちの古株の一人だ、オレたちの部隊がどうやって大きくなったかは、こいつが一番よく知っている。

ロックロック
ロックロック

……キミまで隊長になれたもんだから、ウチらの人員増加のスピードはめぼしいものだよ。

フェスト
フェスト

はは、その隊長はお前に十一回も勝ち戦をもたらしてやったんだぜ、副隊長?

ロックロック
ロックロック

人を地下に避難させただけが勝ち戦?

フェスト
フェスト

張り巡らされてるサルカズの目の下での人命救助、裏で活動するためのチャンスまで作り上げたんだ……どう見ても勝ち戦だろ?

フェスト
フェスト

みんなも見ての通り、サルカズたちはまだサディオン区を掌握しきれていない。

フェスト
フェスト

ここの地形と人の流れはどこもごちゃごちゃしてるからな、仮にサルカズたちが地上と地下の両方を完全に掌握したいと思っても、何年もかかるだろうよ。

フェスト
フェスト

それに……ここはロンディニウム都市防衛軍の最後の部隊とサルカズたちが戦った場所でもあるからな。

ダグダ
ダグダ

見たところその部隊は負けたようだが。

フェスト
フェスト

ああ、あいつらは負けちまった。

フェスト
フェスト

あの戦いはすぐに終わっちまったよ……早すぎたんだ。みんな気付いた頃には、サルカズたちがすでに城壁に立っていやがった。

ダグダ
ダグダ

それも何もかもあの裏切者どものせいだ!ヤツらが我々の精鋭部隊を蝕んだがために!

フェスト
フェスト

お前、昔は軍をやっていたのか?

ダグダ
ダグダ

……

ダグダ
ダグダ

いいや、軍とまでにはいかない。私はただ……その、彼女たちと同じくネイティブだ。

フェスト
フェスト

ネイティブ、そうかい。

フェスト
フェスト

軍内部に裏切者、それもかなりの数がいることはオレたちも知っていたさ。

フェスト
フェスト

そんな裏切者たちは、一部の貴族と一緒に大部分の都市防衛軍を引き連れてこぞってサルカズに寝返りやがった。

フェスト
フェスト

サディオン区以外じゃ、今でも街中を巡査してる“ロンディニウム都市防衛軍”を見ることはできるぜ。だがあいつらの長官は、すでにサルカズが催すパーティの常連さんになってるだろうよ。

ダグダ
ダグダ

ではその最後に戦った部隊は……

フェスト
フェスト

そいつらなら最後まで戦ってくれたさ、みんな悲惨な目に遭っちまったけど。

フェスト
フェスト

どれぐらい生き残ったかはオレでもよく分からねぇ……でも、あんな絶望な戦いをした後、今のロンディニウムの城壁を見る度に苦痛な思いをするだろうな。

ホルン
ホルン

もうそんなに警戒しなくても平気よ。顔を上げて、手に持ってるボウガンを仕舞いなさい、あと少し楽にしていいから。

ヴィクトリア兵
ロンデニウム市民?

ゴホッ、ゴホッゴホッ。

ホルン
ホルン

ここは色んなヤツらが通る場所だけど、近くに住んでる住民たちは慣れているみたいね。彼らが私たちに手を貸してくれることはないわ、命が脅かされていなければ、彼らだって絶対ダブリンやサルカズの指図には従っていなかったはずよ。

ヴィクトリア兵
ロンデニウム市民?

あの敵共の張られた目の下で生き延びるのは……さぞ容易なものじゃないんでしょうね。

ホルン
ホルン

昔の彼らは私たちをどう見ていたか、知ってるかしら?

ヴィクトリア兵
ロンデニウム市民?

えっと、考えたこともありません。

ホルン
ホルン

そうね、昔の私も考えようとはしなかったわ。

ヴィクトリア兵
ロンデニウム市民?

中尉……

ホルン
ホルン

そうだ、今後外にいる時は中尉って呼ばないように。ホルンって呼んでちょうだい、ここじゃ違う勢力に所属してる“中尉”があちこちにいるから。

ヴィクトリア兵
ロンデニウム市民?

分かりました、ホルンさん。それでこれからどこへ?

ホルン
ホルン

ほかの仲間たちと合流しに行くわ。

ホルン
ホルン

五分後にサルカズの巡査部隊がここを通ってくる。二手に分かれて、前にある鉄道を渡って東へ向かいましょ。

ホルン
ホルン

350m進んだ先に、多分上に伸びてる鉄のはしごが見えてくるはずだわ。

ホルン
ホルン

金属を叩く音が五回聞こえたら、上に登ってきて。三回はその場で待機。二回叩いたら直ちに散開すること。

ホルン
ホルン

きっとあそこ一帯の廃棄された工場地区には見覚えがあるかもしれないけど……それでも驚かないで、あそこももうダブリンのテリトリーよ。

ヴィクトリア兵
ロンデニウム市民?

それは……些か危険すぎませんか?

ホルン
ホルン

ダブリンがいれば、少なくともサルカズが寄ってくることは滅多にないと思うわ。

ホルン
ホルン

かくれんぼってとこかしら?参加するなら歓迎するわよ。

フェスト
フェスト

なあ、お前らって本当に一般企業なのか?

ドクター
ドクター

君がただ機械技師であるのと同じように、正真正銘ただの一般企業だ。

フェスト
フェスト

はは……なるほどね。

フェスト
フェスト

サルカズもロンディニウムのトップに立てる世の中なんだし、今更お前らの説明を疑うってのも野暮なもんだ。そうだろ、製薬会社の警備員さん?

フェスト
フェスト

どれどれ……十七人編成の小隊に、軍が使用するレベルの装備一式、それと練り込まれた戦術と、まともそうなドローンってところか。

クロージャ
クロージャ

……“まともそう”、だって?

クロージャ
クロージャ

“まともそう”ってなにさ?こっちからしたらその評価はまともそうに聞こえないんだけど!

フェスト
フェスト

おいおい、そんな怒んなって。

フェスト
フェスト

さっきはあんまりよく見れなかったんだ、だからさ、よかったら今ここで見せてもらえないか?

クロージャ
クロージャ

……もう全部サルカズに木端微塵にされちゃったよ!思い返しただけでも泣きそうになるんだから!

フェスト
フェスト

修理してみたらどうなんだ?たぶん何機かの残骸は持ってきてるんだろ?なんなら診てやるよ、こっちには修理道具一式が揃ってるんだし。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

クロージャさん、実は俺さっき二機ぐらい回収していて……

ドクター
ドクター

・ドローンにはロドスの技術が詰まっているんだ。
・協力が先、技術交流ならその後だ。

ドローンにはロドスの技術が詰まっているんだ。協力が先、技術交流ならその後だ。
フェスト
フェスト

じゃあこっちもいいモノと交換しなきゃいけないってことかな?

フェスト
フェスト

なんだよ、コンプラってやつ?

フェスト
フェスト

お前ドクターって呼ばれているけどさ……一体どの分野におけるドクターなんだ?まあいいや、時間がある時にまた話そう、こっちは焦っちゃいないんだし。

フェスト
フェスト

それよりも、お前たちはどうやってロンディニウムまでやってきたんだ?市内の状況ならもうそれなりに教えてやったんだからよ、協力関係を結ぶついでに、外の状況を教えてくれないか?

アーミヤ
アーミヤ

……話せば長くなります。

フェスト
フェスト

知ってるさ、ダブリンとはもうやり合ったんだろ。

アーミヤ
アーミヤ

都市の外にも見張りをされているのですか?

フェスト
フェスト

コータスの嬢ちゃん、言っただろ、情報交換だって。

アーミヤ
アーミヤ

……分かりました。

アーミヤ
アーミヤ

ロンディニウムの外にある付属区画で、私たちは確かにダブリンと交戦していました……

タイトルとURLをコピーしました