アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】10章 破砕日輪 10-11「満身創痍」行動前 翻訳

マンフレッド
マンフレッド

つまり、ヘドリーは失敗したのだな?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

はい、マンフレッド将軍。この目で見たので間違いありません、さきほどの戦闘で重傷すら負ってしまいました。

マンフレッド
マンフレッド

ヤツはあの古い馴染の傭兵以外にも、サルカズの女性と交戦していた、とも話していたな?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ええ。ただあの女は……動きがとても素早くて、なおかつ隠密に長けておりました。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

俺ではまったく近づけられそうにありません、なんだか近づけば、すぐあの女に居場所がバレてしまう感覚があったので。

マンフレッド
マンフレッド

賢明な判断だ。さもなければ、今ここに生きて帰れるはずもない。

マンフレッド
マンフレッド

しかし、聴罪師があのバベルのアサシンを見逃すとはな。単なる落ち度か、あるいはわざとか……

マンフレッド
マンフレッド

ヘドリーは今どこにいる?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ヤツならまだ残りの傭兵たちを集結させて、逃げ出した囚人たちを追跡するつもりでいます。

マンフレッド
マンフレッド

帰還するように伝えておけ。あの囚人たちもそう長くは自由を謳歌できんさ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

……将軍、それはどういう……?

マンフレッド
マンフレッド

ヤツは重傷なのだろ、お前からそう聞かされているが?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

将軍、お言葉ですが、なぜそれほどヘドリーを信用なさってるのですか?

マンフレッド
マンフレッド

お前はずっとヤツの後をつけてきた、私の命令でな。

マンフレッド
マンフレッド

その際お前からは一度も、ヤツが何等かの過ちを犯したといった報告は聞かされていないはずだが?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

しかしヤツは以前バベルのために動いていた人ですよ!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

今日の騒動を引き起こしたのはヤツの手下だった傭兵ですし、ほかの傭兵たちを煽動したのもヤツの古い馴染じゃありませんか、このままヤツを使い続けるのはあまりにもリスキーかと思います!

マンフレッド
マンフレッド

……ヴィクトリア人同士が互いをどう見ているのか、お前も今日それを知っただろ?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

それは……

マンフレッド
マンフレッド

サルカズ同士が互いを信頼し合うことも、それと同じように容易ではない。

マンフレッド
マンフレッド

我々はすでに慣れてしまったのだ、すべてを奪われることに、互いが生き残る権利を奪い合うことに。

マンフレッド
マンフレッド

だが今、そんな我々のためにも新たなチャンスが舞い降りたのだ。

マンフレッド
マンフレッド

ここで決めろ、このままあのサルカズのスパイかもしれないヤツの監視に戻るか、それとも私と共に残されたヴィクトリアの禍根を焼き払いに行くのかを。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

……

サルカズの戦士
サルカズの戦士

我々もお供致します、将軍。

フェスト
フェスト

ハァ……ハァ……あいつらを、まけたんじゃねえのか?

アーミヤ
アーミヤ

まだ油断してはいけませんよ、フェストさん。

フェスト
フェスト

分かってる……ハァ……分かってるって。

ロックロック
ロックロック

……隊長。

フェスト
フェスト

なんだ?

ロックロック
ロックロック

顔、すごい血がついてる。

フェスト
フェスト

血!?おいまさか……ビル?

戦士のビル
戦士のビル

うぅ……

フェスト
フェスト

……なんだ俺の血かよ、なら大したことはねえ。

フェスト
フェスト

っていうかビル、なにそれらしいうめき声を出してやがんだ!死人を背負って帰るなんて無駄骨、俺はしたくねえぞ。

戦士のビル
戦士のビル

だったら……レンチを振り回す際はもう少し気を付けてくれ。

戦士のビル
戦士のビル

毎回……俺の頭に……当たるんだよ……

フェスト
フェスト

分かった、すまねえ、今日だけはなんでも聞き入れてやるよ。

フェスト
フェスト

だからもうしばらくの辛抱だ……すぐ我が家に着くからな。見間違いじゃ……ねえよな?

フェスト
フェスト

くそっ、頭から垂れてくる血で前が見えねえ……ロックロック、中継地点まであとどれぐらいなのか、代わりに見てくれねえか?

ロックロック
ロックロック

あと300mほどだよ。

フェスト
フェスト

ここら辺を守ってるのって六番隊だよな?こりゃマジであいつの手を借りなきゃダメだ、ビルがどんどん重くなってきやがる、なあビル……

シージ
シージ

……地上部隊の最後の連絡が来たのはいつだ?

インドラ
インドラ

ドクターが言ってただろ、中継地点に到着したら俺たちに連絡を入れるって、心配し過ぎだ。

シージ
シージ

いや、私が言ってるのは一つ前の中継地点にいた自救軍の話だ。

シージ
シージ

本来なら30分ごと、地上の状況をこちらにも報告しに来るはずだ、そういう決まりだろ。

インドラ
インドラ

やっべそうだった!すっかり時間を忘れてたぜ!これどんぐらい時間が経っちまってるんだ?

シージ
シージ

……私たちも上に上がって様子を見に行こう。

インドラ
インドラ

それはダメだ!

シージ
シージ

仮に一つ前の中継地点がサルカズにバレたとしたら、ドクターの部隊が危険だ。貴様もモーガンとダグダが心配だろ。

インドラ
インドラ

そりゃそうだが……お前のほうがよっぽど心配なんだよ!

インドラ
インドラ

だったら俺が代わりに見に行ってやるからさ、お前はここに残れ、万が一何かあったら、すぐ奥に逃げ込めば……

シージ
シージ

インドラ、私はずっと貴様たちの後ろに隠れてるわけにはいかない。先生を始めとして、お前やグラスゴー、そしてドクターにずっと匿ってもらってきたが――

シージ
シージ

――私はもう隠れすぎた。ダグダの言っていたことも理に適っている。影に隠れる者は、いずれじわじわと太陽を直視する勇気を失ってしまうものだ。

インドラ
インドラ

ありゃお前を煽ってるだけだ!今すぐにでもお前に宮殿まで連れてって貰って、あの何とか王をぶっ殺してやりたいだけなんだよ、あのバカは!

シージ
シージ

だが貴様も今すぐグラスゴーを助けてやりたいのだろ。彼女の気持ちが分からないのか?

インドラ
インドラ

分からない……わけねえだろ。でも分かるからこそ、俺は……

シージ
シージ

彼女はいずれ自らの衝動で身を滅ぼすことになる、それを恐れているのだな。

インドラ
インドラ

当たり前だ!あいつの今のナリを見てみろ、もはやただ死に場所を探してるだけじゃねえか!

シージ
シージ

……彼女を信じてやれ。

シージ
シージ

彼女ならきっと私たちのために……多くの人たちのために生きてくれるさ。それがとてつもない苦痛を意味しようとも。

シージ
シージ

彼女は優秀な騎士であり、ヴィクトリアの戦士……生きてヴィクトリアのために奮闘する大勢の戦士たちと同じ、優秀な戦士だ。

シージ
シージ

だから私も……彼らと共に戦う。私の身元が特別だからなどではなく、私も彼らと同じ……“ネイティブ”だからだ。

インドラ
インドラ

ヴィーナ……

シージ
シージ

貴様はあの指揮官……クロウェシアが、自分の戦士を見捨て、保身のために背を向けて逃げると思うか?

インドラ
インドラ

あいつのことはまだよく知らねえが……でもしないはずだ。戦士たちからの信頼も厚いしな。

シージ
シージ

では私は彼女と比べて大きく劣っていると、貴様は思うか?

インドラ
インドラ

んなわけねえだろ!

シージ
シージ

なら私と共に上へ上がろう。戦友たちが無事に帰ってこれるように、共に帰路を守るんだ。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

もうすぐこんなクソみたいな場所からおさらばできるわね。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

それで“スパイ”さん、あんた大丈夫?

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

……ハァ……ハァ……平気だ、マンドラゴラ。

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

最近“スパイ”って呼ばれるたびに、サルカズがまた新しい拷問を閃いたんじゃないかって思ってたんだが……これ、俺のコードネームだったんだな。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

次はもっと品のある名前にするべきね。“オラター”なんてどうかしら、どうせ元の使用者は死んでカスすら残さなかったんだし。

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

は、ははは……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

とりあえず休んでおきなさい、リーダーはまだあんたが手に入れたサルカズの情報を欲しがっているんだから。

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

それって……ザ・シャード……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

ここで話さないで。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

聞きたくないわけじゃないのよ、ただ……リーダーの許可を得ないと。ウチらの戦士たちはみんな純粋だからね、あまり大きな負担をかけたくないの。

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

なるほどな……マンドラゴラ……お前はずっと昔っからいい子だったもんな。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

……“バーグラー”みたいなことを言ってんじゃないわよ。なによ全員まとめて消し炭にされちゃって……おかげでこっちは一人でリーダーに気苦労するハメになったんだから、ホント迷惑。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

けどあんたが帰るって言うんだから助かったわ。あんたが帰らなきゃ、きっとリーダーの隣はずーっとあのアルモニに横取りされたままだった、それを考えただけで……あぁ恐ろしい……

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

何を……そんなに恐れてるんだ?

マンドラゴラ
マンドラゴラ

……リーダーがあの貴族共と接近したら、私たちは用済みになるんじゃないかって……

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

リーダーがそんなこと……

(ダブリン兵が近寄ってくる)

ダブリン兵
ダブリン兵

長官、ほかの者たちの居場所が分かりました、いつもの場所でサルカズのために入口を守っています。すぐに向こうと合流しますか?

マンドラゴラ
マンドラゴラ

そうしましょう。衛生兵に準備をさせておいて、“スパイ”長官は今すぐ治療がご所望よ。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

そうそう、あと……トランスポーターを一人寄越しなさい、すぐ市外にいるモーニング伯爵に知らせないといけないわ。一刻も早く“スパイ”をリーダーに会わせなければならないってね。

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

モーニング伯爵?まさかあいつを……丸め込んだのか?

マンドラゴラ
マンドラゴラ

チッ……こういう時になっても貴族の力を必要としてるなんて……笑えてくるでしょ?

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

ゴホゴホッ……マンドラゴラ……成長したな……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

無駄話が過ぎるわよあんた、“スパイ”らしくもない。残りはそのいつ死んでもおかしくないボロボロの状態から回復した時に話なさい。

ホルン
ホルン

……止まって。

ヴィクトリア兵
ロッベン

どうしました、ホルンさん?もう出口が見えていますよ。

ホルン
ホルン

周りに注意して。

ヴィクトリア兵
ロッベン

……

ホルン
ホルン

三時の方向!

(爆発音)

ヴィクトリア兵
ロッベン

ホルンさん、サルカズです!

ホルン
ホルン

――

(爆発音)

ホルン
ホルン

ロッベン、弾薬はまだ足りてる?

ヴィクトリア兵
ロッベン

ハァ……はは……すいません、ホルンさん、実はコッソリ手榴弾を一個残していました。

ヴィクトリア兵
ロッベン

いつ私がまたダブリンかサルカズに捕まってしまった時、こいつを抱えて特攻してやるために取っておいたヤツなんですが……

ホルン
ホルン

……残念だけど、その手榴弾は自家製なの。

ヴィクトリア兵
ロッベン

そんなどうしたって言うんですか……

ホルン
ホルン

だからごめんなさいね、もうそんなチャンスは来ないわよ。

ヴィクトリア兵
ロッベン

えっ?私の手榴弾が――

(爆発音)

ホルン
ホルン

やっぱり、素人の作りじゃ威力が足りないわね。

ヴィクトリア兵
ロッベン

でも……まったくの無傷、とまではいきませんよね?

ヴィクトリア兵
ロッベン

あのサルカズ……

ホルン
ホルン

あのサルカズこそが、口々に言われてる将軍ってヤツよ。

(マンフレッドが近寄ってくる)

マンフレッド
マンフレッド

……ようやくご対面だな。だが自家製の手榴弾を投げつけてくるとは、些か礼節に欠けた挨拶ではないか?

ホルン
ホルン

たくさんのヴィクトリア兵を見てきたことでしょうね、サルカズ。なんせ彼らのほとんどはあなたに殺されたんだもの、きっと兵士たちの亡霊が行列を作ってまであなたの悪夢に入りたがってると思うわ。

マンフレッド
マンフレッド

自分を卑下する必要はないぞ、ヴィクトリアの白狼よ。

ホルン
ホルン

……

マンフレッド
マンフレッド

サルカズからしても、お前は間違いなく勇猛果敢な戦士だ。

マンフレッド
マンフレッド

二百年前のあの戦争、カズデルを再び火の海に沈めた戦争だ、それに参加したヴィクトリアの将校たちの中には、確かお前のご先祖もいたはずだな。

ホルン
ホルン

フッ、あなたも数百年間生き続けてきたバケモノの類なのかしら?

マンフレッド
マンフレッド

残念だが、私はあの戦争を直で見てはいないさ。

ホルン
ホルン

そうかしら。けど今の語り口、他人の命を吸い取ることでしか生き長らえられないあなたの同族と同じような雰囲気があったけど?

マンフレッド
マンフレッド

「サルカズの血に染まった者は、必ずその幾千万もの血を以て償わせる」、という言葉がある。

マンフレッド
マンフレッド

我々が何のためにやってきたと思っているのだ、ヴィクトリア人よ?ロンデイとの上空で日夜絶えず、血の仇を喚いている亡霊を恐れているのは一体どっちだ?

ホルン
ホルン

知ってるかしら?私が職業軍人になったのはね、もう戦う理由をいちいち探ることに嫌気が差したからよ。

ホルン
ホルン

さあ、来なさい、サルカズ。

ホルン
ホルン

こっちだってあなたと同じぐらい死者の喚く言葉が聞こえているのよ。

ホルン
ホルン

それに……約束したの。

ホルン
ホルン

私の仲間が生きてここを離れるまで、私は絶対に倒れないってね。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました