アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】10章 破砕日輪 10-14「狙い定めよ」行動後 翻訳

マンフレッド
マンフレッド

街道は片付いたか?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

はい、受け取ったリストに載ってる者どもはすでに全員片付けました。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ほかの区域や市外に逃げようとしていた連中も、将軍の指示通り、片っ端から捕縛しております。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ただ何人か逃してしまいまして……そいつらを捕らえに向かったこちらの戦士たちが、昨日姿を見せたあのロドスのサルカズとまた遭遇したとか。

マンフレッド
マンフレッド

……逃げた者たちなら地下に潜らせておけ。

マンフレッド
マンフレッド

そうしたほうが、今度の作戦で一網打尽にできる。

クロウェシア
クロウェシア

……地上にいる多くの連絡拠点が同時に襲撃を受けたですって?

クロウェシア
クロウェシア

こちらのトランスポーターは?その人たちも捕まえられたって?

クロウェシア
クロウェシア

……

クロウェシア
クロウェシア

ドクター、どういう訳か聞かせてもらえるかしら?

ドクター
ドクター

自救軍の連絡拠点ならロドスはどこにあるか把握していないぞ。

クロウェシア
クロウェシア

ええ、すべての連絡拠点の場所を知ってるのは、我々の戦士だけよ。

ドクター
ドクター

昨日帰還する際、我々はずっと敵に後をつかれていたんだ。

クロウェシア
クロウェシア

危機の種は昨晩からすでに撒かれていた、というわけか……

クロウェシア
クロウェシア

ただ、私は自分の戦士たちを疑いたくはない。

クロウェシア
クロウェシア

彼らが自分たちの仲間を裏切るとは考えにくいわ。

ドクター
ドクター

・指揮官であれば部隊に責任を持て。
・どんな可能性であっても摘み取らなければならない。

ドクター
ドクター

工場から救出された戦士たちは、計何名だ?

クロウェシア
クロウェシア

計十二人、全員ハイディと一緒に帰ってきたわ。

クロウェシア
クロウェシア

その十二人のうち、たまに私たちに情報を提供してくれる協力者が九人。

クロウェシア
クロウェシア

そのほかの三人は物資輸送をしてくれたことがある、一部の連絡拠点の居場所を知ってる可能性はあるわね。

ドクター
ドクター

サルカズに捕らえられている戦士たちはあとどのくらいだ?

クロウェシア
クロウェシア

……たくさんよ。

クロウェシア
クロウェシア

ドクター、昨日の作戦行動だけでも困難を極めたことは私よりあなたのほうがよく知っているはずだわ。彼ら全員も救出してあげたいけど、自救軍はまだそれを行えるほどの力を備えていない、認めたくはないけど。

クロウェシア
クロウェシア

ハイディは十分頑張ってくれたわ。私の想定よりも遥かに大勢の人たちを助け出してくれたんだもの。

ドクター
ドクター

・なら、どういった人たちが救出されるか、サルカズには確かめようがないな。
・その全員が謀反を起こせば話は違ってくる。
・次の手を敷くのであれば、必ず成功させなければならないぞ。

なら、どういった人たちが救出されるか、サルカズには確かめようがないな。その全員が謀反を起こせば話は違ってくる。次の手を敷くのであれば、必ず成功させなければならないぞ。
クロウェシア
クロウェシア

我々の昨晩の作戦行動には大きな不確定要素が含まれていたわ……

クロウェシア
クロウェシア

サルカズ側がそれをいちいち把握してるとは考えにくいわね。

クロウェシア
クロウェシア

それだけは絶対にありえないわ。

 

クロウェシア
クロウェシア

そうね。

クロウェシア
クロウェシア

サルカズ側の指揮官とてバカじゃないわ、彼ならきっと自分の作戦を成功させるために画策してくるはずよ。

クロウェシア
クロウェシア

では、もし仮に救出した戦士たちの中に裏切者がいたとしたら……

クロウェシア
クロウェシア

きっと一番可能性が高いのはあの人かもね。

ドクター
ドクター

・捜査範囲をかなり絞れたな。
・容疑者が見えてきたな。

クロウェシア
クロウェシア

私は故郷のために奮闘してくれてる戦士に容疑をかけたくはない……

クロウェシア
クロウェシア

だから証拠が欲しいわ。

クロウェシア
クロウェシア

ドクター、なにが策でも?

ドクター
ドクター

フェストとロックロックを呼んできてくれ。

ドクター
ドクター

一緒に負傷者の見舞いに行こう。

フェスト
フェスト

……

ロックロック
ロックロック

止まっちゃってどうしたの?さっき指揮官から知らせが来たよ、ビルが目を覚ましそうだって。

フェスト
フェスト

……ロックロック。

フェスト
フェスト

指揮官に会いたい、そんで俺はもう隊長を辞めるって伝える。

ロックロック
ロックロック

……

ロックロック
ロックロック

これを見て。

フェスト
フェスト

小包?中身はなんだ?

ロックロック
ロックロック

ジョニーとガビーの所有物。彼らの家族に渡すものをまとめておいた。

ロックロック
ロックロック

残ったのは全部工具や武器や装備の類だよ、もし本当に……彼らのことで負い目を感じてるのなら、またアタシたちと一緒に戦えるように、使えそうなものを選んで加工してあげて。

フェスト
フェスト

……

フェスト
フェスト

ハハ。

フェスト
フェスト

どうやら副隊長のせいでこの辞任届は出せそうにないな……行こうぜ、ビルの見舞いだ。

アーミヤ
アーミヤ

あっ、目が覚めましたか?

戦士のビル
戦士のビル

おお、あんたか。

アーミヤ
アーミヤ

ハイディさんなら別件でちょっと席を外していますよ、さっきまで負傷者たちの手当てしてくれていましたけど。

アーミヤ
アーミヤ

あっ、そういえば……あなたはフェストさんの部隊員のビルさん、でしたよね?

アーミヤ
アーミヤ

えっとビルさん、フェストさんとロックロックさんを呼んできましょうか?

戦士のビル
戦士のビル

いや、大丈夫だ。

戦士のビル
戦士のビル

アーミヤさんよ、ここで目を覚ましたのは、あんたとちょっと話したかったからなんだ。

アーミヤ
アーミヤ

……はい?

戦士のビル
戦士のビル

俺はずっとあんたに……その、興味があったんだ。

戦士のビル
戦士のビル

ロドスのアーミヤに……

戦士のビル
戦士のビル

あいつらはなんでみんなあんたをそこまで信頼してるんだ?あんたはまだ十何歳の子ウサギだろ。

アーミヤ
アーミヤ

それは……ロドスのオペレーターたちのことですか?

アーミヤ
アーミヤ

たくさん色んなことを体験しましたからね。彼らが私を信頼してくれるのは確かですよ、ただその信頼はお互い様なんです。

アーミヤ
アーミヤ

私から見れば、自救軍の皆さんも同じじゃないですか。あなただってフェストさんやロックロックさん、それにクロウェシアを信頼してますよね?

戦士のビル
戦士のビル

フフ……信頼はお互い様、ねぇ?だとしたら原因とかが必要なんじゃないのか?例えばほら、とても過酷な試練を経たとかさ。

戦士のビル
戦士のビル

あんたのその力は血統によるものじゃないし、ましてやその地位もその力によるものじゃない。あんたが得ているその信頼に比べて、あんた自身はまだまだ稚拙だ。

アーミヤ
アーミヤ

……えっと、ビルさん?

戦士のビル
戦士のビル

あんただってそれを考えたことはあるんだろ?でもあんたはそれを表に出そうとはしない。あんたの恐怖心も、憂いも、焦りも、全部あいつらがあんたに押し付けた責任に押し潰されちまってるからだ。

アーミヤ
アーミヤ

それは心配してくれるのでしょうか?もしかして私とハイディさんとの会話が聞こえていました?

戦士のビル
戦士のビル

あー……そうかもな。全部聞こえていたかもしれない。

アーミヤ
アーミヤ

心配して下さりありがとうございます。でも、この責任が押し付けられたものだとは思っていませんよ。

アーミヤ
アーミヤ

オペレーターが私に期待してくれているのなら、私は喜んでその期待に応えてみせます。

戦士のビル
戦士のビル

ああ……そりゃそうだろうな。あんたはいつもそいつらの熱い視線の中で生きてる。

戦士のビル
戦士のビル

しかしだなアーミヤ……あいつらはもしかしたらあんたを通して、あんたとは違う、別の魂を見てるんじゃないのかい?

アーミヤ
アーミヤ

……!

戦士のビル
戦士のビル

あんたが信じてるソレは、はたして本当にあんたが信じてるソレなんだろうかね、それとも……

戦士のビル
戦士のビル

いくら藻掻いても醒めやしない……他人の夢を見ているんじゃないのかい?

アーミヤ
アーミヤ

ビルさん……いやあなた、ビルさんじゃありませんね!

アーミヤ
アーミヤ

あなたは一体誰なんです?

戦士のビル
戦士のビル

それはこちらの質問だよ。

戦士のビル
戦士のビル

アーミヤ……あんたは一体、誰なんだい?

アーミヤ、私が話したこのお話は気に入ってくれたかしら?寝覚めが悪くならないといいのだけれど……あなたに悪い夢は見てほしくないからね。
悪い夢は見ない、ですって?うふふ、あなたってば本当に優しい子ね。
そうね、いくら違うところがあっても、私たちは全員この地で生まれた同じ命。
あなたが聞いたこのお話はね、ほかの人々に恐怖をもたらす伝説なの。けど同時に……サルカズの歴史そのものでもあるのよ。

アーミヤ
アーミヤ

……

アーミヤ
アーミヤ

ここから出てってください。

戦士のビル
戦士のビル

手にエネルギーが集まっているぞ。俺の正体が分かったのかな?じゃあ撃つといいさ、なぜ撃たない?

アーミヤ
アーミヤ

あなたからは感情が見えません、“ビルさん”。

アーミヤ
アーミヤ

けど……悪意も見えない。

戦士のビル
戦士のビル

ほう?

アーミヤ
アーミヤ

本当ならあなたはあのまま寝てるフリをしていればよかったはずです。なのになぜあえて私に話しかけて……

戦士のビル
戦士のビル

やれやれ、さっき言ったばかりだろ、私たちはあんたに興味があるんだ。

戦士のビル
戦士のビル

あんたがいなきゃ、私たちとてこんな場所には来たくないさ。テレシスじゃ私たちに命令するわけにもいかないからね。

アーミヤ
アーミヤ

あなたの目的がどうであれば……その手法は許されません、あまりにも残忍すぎる。

戦士のビル
戦士のビル

残忍……

戦士のビル
戦士のビル

それはこの顔のことを指して言ってるのかな?

アーミヤ
アーミヤ

そうです、ですから即刻ここから出て行ってください。

黒い線が再び彼女の掌に収束していき、自救軍の軍服を着た男の傍で網を張った。
その内の一つが光のない鋭い刃と化し、男の喉に突き立てる。

戦士のビル
戦士のビル

これはこれは……なんとも優しい脅迫だな。

戦士のビル
戦士のビル

アーミヤ、色んな人からこう言われたことがあるんだろ?

戦士のビル
戦士のビル

あんたは本当に、彼女にそっくりだ。

アーミヤ
アーミヤ

それ以上喋らないでください。

戦士のビル
戦士のビル

しかし、あんたは幼稚ゆえの甘さがある……

戦士のビル
戦士のビル

殺る前に、まずは背後を確認しておくべきだったな。

(フェストとロックロックが近づいてくる)

フェスト
フェスト

……アーミヤ、何やってんだよ!?

フェスト
フェスト

お、おおおお前……ビルを殺すつもりか!?

アーミヤ
アーミヤ

いや、これは違くて……

フェスト
フェスト

……

(クロウェシアとドクターが近づいてくる)

クロウェシア
クロウェシア

ドクター、まさかこれを見せるためだけに、二人を連れて来させたわけじゃないでしょうね?

ドクター
ドクター

・私も誰が手を出すのか見たかったところだ。
・“裏切者”なら今君たちが見た通りだ。

クロウェシア
クロウェシア

アーミヤを指して言ってるようじゃないわね。じゃあ、ビルのことかしら?

戦士のビル
戦士のビル

ロック……ロックロック、助けてくれ……

ロックロック
ロックロック

……

戦士のビル
戦士のビル

あんたらを傷つけるぐらいなら……俺は死んだ方がマシだ!

アーミヤ
アーミヤ

……彼に近づかないでください。彼のアーツは……まったく掴めません。

アーミヤ
アーミヤ

彼の言葉に耳を傾けてはいけません……極めて危険です、彼自身も含めて。

ロックロック
ロックロック

アーミヤさん……これはどういうこと?

ロックロック
ロックロック

もしかしたらキミたちの言ったように、ロドスは本当にアタシたちの仲間になってくれるんじゃないかって、昨日一緒に戦って思ったよ。

ロックロック
ロックロック

でも……

アーミヤ
アーミヤ

……

ロックロック
ロックロック

キミのその表情が、どうしても恐ろしく感じてしまう。まるでどこかで見たことがあるような……

ロックロック
ロックロック

そうだ……キミも、傷つけてしまうことに悲しんでいるんだね。

ロックロック
ロックロック

だとしたら、なんで……なんで殺そうとしてるのよ!?

ロックロック
ロックロック

あの女……あのサルカズはアタシの目の前で父さんを奪っていった、それをもう一度アタシの目の前で繰り返そうっていうの?

アーミヤ
アーミヤ

ごめんなさい、ロックロックさん……でもあなたの家族は、もうここにはいません。

ロックロック
ロックロック

じゃあ今目の前にいるビルはなんなの!?

アーミヤ
アーミヤ

皆さんからすれば……受け入れがたい事実なのでしょう。

ロックロック
ロックロック

……わかんないよぉ……

クロウェシア
クロウェシア

アーミヤ、あなたを疑うつもりはないけど、我々はあなたと同じアーツを持っていないし、あなたが見えてるものも見えていない、納得いく説明をしてちょうだい。

フェスト
フェスト

……

フェスト
フェスト

いいや指揮官……俺なら見えてるぜ。

ロックロック
ロックロック

隊長……?

フェスト
フェスト

こいつは俺たちの知ってるビルじゃねえ。

ロックロック
ロックロック

でも彼のあの傷……昨日アタシの助けるためについた傷じゃん!

フェスト
フェスト

サルカズは偽ることに長けている、だから上っ面に騙されるな、それを言ったのはお前だろ、ロックロック。

ロックロック
ロックロック

でも、だからって……

フェスト
フェスト

ロックロック、ビルに送るはずだったカニのおもちゃを持ってきた。

フェスト
フェスト

でも見ろよ……

戦士のビル
戦士のビル

あれ、なんだこれ?いつの間に乗っかってきたんだ?

フェスト
フェスト

あいつは一度たりともそのカニのおもちゃに目を向けなかった。あいつはアーミヤしか眼中にない、俺たちを欺けたことで粋がってたんだ。あいつの頭ん中にはもう……俺たちが交わした約束はない。

ロックロック
ロックロック

……

戦士のビル
戦士のビル

おいおい、こんなちんけなロボットだけで疑うつもりか?

戦士のビル
戦士のビル

なあフェスト、ちょいと判断が軽率すぎるんじゃないのか?俺たちは兄弟さながらの仲良しだろ。

フェスト
フェスト

確かにこの二日間、俺は色々とやらかした。

フェスト
フェスト

でもなビル……ビルさんよ、お前が生きてたら、きっと遠慮なしに俺をバカにしてきたはずだ。もうお前に会えないと思うと、こっちも寂しくてしょうがねえよ。

フェスト
フェスト

だからお前が誰だかは知らねえが……俺にレンチでそのツラを剥がすようなマネをさせないでくれよな。

戦士のビル
戦士のビル

ロックロック、あんたもこいつみたいに、俺で悲しんでくれるのか?

ロックロック
ロックロック

アタシはアタシの家族を信じてる、いつまでも。

ロックロック
ロックロック

でもキミは……もうキミじゃなくなった。

ロックロック
ロックロック

ビルは一度たりともそんなことは言わないよ、アタシたちにせがんだり、ましてや強要なんかもしない。

戦士のビル
戦士のビル

……本当に俺はビルじゃないって思ってるのか?なあフェスト、お前はそんなんで納得いくのかよ?

戦士のビル
戦士のビル

もし俺がビルじゃなかったら、あの二人のお友だちは無駄死にしちまうぜ?

フェスト
フェスト

……

フェスト
フェスト

ビルのツラで喋るんじゃねえ!

戦士のビル
戦士のビル

フフ……あんたはお利口だね、だが残念……

戦士のビル
戦士のビル

もう遅いよ。

マンフレッド
マンフレッド

砲手、用意はできたか?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

砲台はすでに目標の区域に照準を定めております、いつでも撃てますよ、将軍。

マンフレッド
マンフレッド

結構。だが気を付けろ、列車駅と鉄道だけは撃つな。そのほかの建築物は好きにして構わん。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

了解!

マンフレッド
マンフレッド

では出力を最大限まで上げろ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

さ、最大限ですか?しかしそれでは構造区画層にまで届いて――

マンフレッド
マンフレッド

聴罪師のトランスポーターが言ってたことを聞いていなかったのか?ヤツらにとって、ここの区画は工場含めてもはや価値はないと言っているんだ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

で、ではこの下にいる味方はどうすれば……

マンフレッド
マンフレッド

ヘドリーが城壁の下にある安全な区域を視てくれる。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

しかしそのほかにも……

マンフレッド
マンフレッド

くどいぞ……今レジスタンスのいる地下に向かっている人が誰なのか分かっているのか?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

えっと、大君様?

マンフレッド
マンフレッド

知ってるのならば結構。こんな砲撃でブラッドブルードの大君を殺せるものか……殺せたとしたら、腑抜けのあまりに驚いてしまう。

マンフレッド
マンフレッド

もう一人についても心配はいらん。

マンフレッド
マンフレッド

もし彼が全力で大君に立ち向かったら、一体どちらが勝利するのだろうな、実に気になるところだ。

クロージャ
クロージャ

よかった、みんなここに――

クロージャ
クロージャ

って、あれ?どうしたの?なんか一触即発な雰囲気なんだけど?

クロージャ
クロージャ

ドクター、言われた通り、ドローンを地上に飛ばしてみたけど――やっぱり始まってたよ!ほ、ほらあの都市防衛砲台!明らかに砲塔が回ってるよ!

クロウェシア
クロウェシア

直ちに撤退する、ハイディとハマーにそう伝えて。

クロージャ
クロージャ

待って、強力な源石反応を検知!今アタシらがいるここに狙いを定めてるよ!

クロージャ
クロージャ

じゅ、十秒!もう十秒しかないよ――!

クロージャ
クロージャ

九――!

ドクター
ドクター

・カウントダウンしてる場合か。
・はやく逃げろ!

(砲撃音)

戦士のビル
戦士のビル?

――おいあんた、なんで俺まで……

フェスト
フェスト

……言ってただろ、俺たちは兄弟さながらだって。だから……判断を誤りたくねえんだ

ロックロック
ロックロック

隊長……重すぎる……これじゃあ動かないよ……

戦士のビル
戦士のビル?

……

戦士のビル
戦士のビル?

あんたら……面白い人たちだね……

戦士のビル
戦士のビル?

だがすまない、ここおさまらばだ、隊長さん。

戦士のビル
戦士のビル?

そしてロックロックも。

戦士のビル
戦士のビル?

生きろ。ビルの最後の言葉だ、確かに伝えたぞ。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました