アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】10章 破砕日輪 10-17「堅牢なる城壁」行動前 翻訳

マンフレッド
マンフレッド

来たか。

アーミヤ
アーミヤ

……マンフレッド?

マンフレッド
マンフレッド

大君は拍子抜けしてしまうだろうな。あの方は何よりも暗く湿った場所を嫌っている、わざわざお前を捕らえるために自救軍の地下巣窟まで赴いたというのに。

マンフレッド
マンフレッド

今頃はきっとお前たちの仲間のところまでたどり着いていることだろう。地下で泣き喚く声は、果たしてこの城壁まで届いてくれるのだろうか――

フェスト
フェスト

テメェ……この……

マンフレッド
マンフレッド

忌々しい魔族、とでも言いたいのだろ?

マンフレッド
マンフレッド

誤解してるようだが、私はあまりあの方の手法は好かん。あのような苦しみを受けるぐらいなら、私の砲撃で死んだほうがレジスタンスとしてはまだ幸運なはずだ。

フェスト
フェスト

テメェらにそんな差はねえだろうが!

マンフレッド
マンフレッド

お前たちの目からすればそう見えるのだろう。お前たちが我らをこぞって“魔族”と呼んだ時からすでに、恐怖と憎しみに目が遮られてるのだからな。

マンフレッド
マンフレッド

サルカズは殺戮を楽しんでいる阿呆共だと、ヴィクトリア人からすればそう見えるのだろう。

マンフレッド
マンフレッド

だがそう思った者共も、今では殿下の前に跪くか、あるいは城壁に吊るされて白骨となるかの結末を辿るだけとなったな。

アーミヤ
アーミヤ

あなたとテレシスが……軍を率いてこの都市を蹂躙したのですね。

アーミヤ
アーミヤ

あなたがいくらブラッドブルードとは違うことを強調しても、その手が血に染まった侵略者であることに変わりはありません。

マンフレッド
マンフレッド

何やら誤解してるようだな、ロドスのコータス。

マンフレッド
マンフレッド

何も私は大君とは違うことを強調したいだけではない――私はむしろあの方の手法には嫌悪感すら覚えるのでね。

マンフレッド
マンフレッド

しかしだ、だからと言って王たちと同じやり口を働くことはないさ。

マンフレッド
マンフレッド

王たちは殿下の継承者であるお前に興味津々だ、まあお前を疑ったり、あるいは嫌悪する方もいるがな。

アーミヤ
アーミヤ

あなたは……

アーミヤ
アーミヤ

私を警戒しているのですね、そう感じ取れますよ。

マンフレッド
マンフレッド

そうとも、コータスよ。私はお前に様々な感情を覚える王たちとは違う、私にとってお前はただの――脅威だ。

(爆発音)

フェスト
フェスト

――あの野郎、こっちに手榴弾でも投げ込んできたのか?

アーミヤ
アーミヤ

はやく城壁に掴まってください!

アーミヤ
アーミヤ

これは彼のアーツです……アーツのエネルギーで衝撃を生み、私たちを城壁から突き落とそうとしているんです!

フェスト
フェスト

くっ……全然地面に足がつかねえ、まるでどこもかしこも地面が吹き飛んでる感覚だぜ……

クロージャ
クロージャ

ドローンじゃ全然あいつに近づけないよ!近づけば機体のバランスが崩れちゃう――

アーミヤ
アーミヤ

皆さん……私の後ろに!

アーミヤ
アーミヤ

くぅッ――

クロージャ
クロージャ

あ、アーミヤちゃん、キミのアーツがあいつに融かされてるよ!?

アーミヤ
アーミヤ

私のアーツのバリアを剥がすため、彼はあえてアーツを細く鋭く放っているんです……

クロージャ
クロージャ

でもドラコの炎すら防いだバリアだよね!?

ドクター
ドクター

・向こうは私たちの戦い方を熟知してるんだ。
・アーミヤに効くアーツだ。

アーミヤ
アーミヤ

……

マンフレッド
マンフレッド

お前たちが来ると知って、なにもせずにただ呆けてたと思っていたか?

(アーツ音)

フェスト
フェスト

おい、また来たぞ!今度は足元だけじゃねえ、上だ、空にもだ!また赤い雷が光って爆発したらまずい――

フェスト
フェスト

アーミヤ、お前……感情とか読めるんだろ?

フェスト
フェスト

だったらあいつの脳みそに余計なモンをつぎ込んで混乱させれば……

アーミヤ
アーミヤ

……それはできません。

アーミヤ
アーミヤ

守りが固すぎるんです、それに本人はすごく冷静でいる。彼の感情の縁なら辛うじて触れられますが……今の彼は勝利に対する渇望しかありません。

ドクター
ドクター

時間稼ぎをしているんだ。

アーミヤ
アーミヤ

ええ……まったくこの戦いを眼中に収めていませんね。

アーミヤ
アーミヤ

彼はただ待ってるだけです、ブラッドブルードと都市防衛砲台がレジスタンスを壊滅させるのを!

マンフレッド
マンフレッド

]時間稼ぎ?悪くない推測だな。

マンフレッド
マンフレッド

ただ運よく魔王の力を得たそのコータスよりも、果然お前に興味が湧いてきたぞ、ドクター。

マンフレッド
マンフレッド

お前は過去に今以上過酷な場面と出くわしてもなお――想定よりもさらに上を行く結果をもたらしたようじゃないか。

マンフレッド
マンフレッド

では教えて頂けるかな、ここからどうする?

マンフレッド
マンフレッド

長期的な脅威を排除するために、ここで死力を尽くして私を殺すのか、あるいはほかの策を講じて私を避け、地下にいるあのヴィクトリア人たちを救うのか?

(崩壊音)

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

うわあああああ!

ハイディ
ハイディ

ホワイトホールさん、前の道はどうなっていますか?

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

局地的に通路が崩壊してる!戦士三名が巻き込まれてしまった――

ハイディ
ハイディ

……

ハイディ
ハイディ

崩落した箇所を避けて、このまま進みます!

ハイディ
ハイディ

誰が犠牲になろうと、足を止めずに逃げ続けてください、絶対に振り向いてはいけませんからね!

自救軍の戦士
自救軍の戦士

はやく登れ、列車は目視できたか?

自救軍の戦士
自救軍の戦士

どうやらまだサルカズにはバレていないようだな、このままなんとか紛れ込んで、列車を制圧してやらないと――

ロックロック
ロックロック

ハマーさん、危ない!!

(爆発音と共に自救軍の戦士が倒れる)

ロックロック
ロックロック

……

自救軍の戦士
自救軍の戦士

サルカズのスナイパーだ!待ち伏せされてる!

自救軍の戦士
自救軍の戦士

ロックロック、このままじゃ頭を出せば撃たれるだけだ!地下に戻ろう!

ロックロック
ロックロック

地下のほうが……もっと危険だよ。

ロックロック
ロックロック

サルカズが地下空間を破壊し尽くすまでに列車を掌握することがアタシたちに残された唯一のチャンスだって、指揮官が言ってたでしょ。

自救軍の戦士
自救軍の戦士

しかしハマーが……

ロックロック
ロックロック

ハマー隊長は犠牲になった。

ロックロック
ロックロック

だから彼に代わってアタシがここの指揮を執る。

ロックロック
ロックロック

よく聞いて、砲撃が一時中断された後、即刻列車を動かす必要がある。

ロックロック
ロックロック

もしアタシが倒れたら、ほかの誰かがアタシの後を継いで――最後の一人になろうとも、必ずあの人をここから脱出させるんだよ!

モーガン
モーガン

ねえ、この隔壁……もう持たないんじゃないの?

自救軍の戦士
自救軍の戦士

指揮官、このままじゃ全滅です、ヤツを倒しましょう!

シージ
シージ

ダメだ、我々では敵わない。

自救軍の戦士
自救軍の戦士

はは……ロドスさんよ、こっちはそんなこと重々承知しているさ。

自救軍の戦士
自救軍の戦士

十三番隊、俺について来い!

インドラ
インドラ

おい、なに引き返してんだ!バカな真似をするんじゃねえ――

自救軍の戦士
自救軍の戦士

か、壁がこじ開けられてる!

自救軍の戦士
自救軍の戦士

撃て、撃つんだ!手榴弾でもなんでもいい!絶対そのバケモノをこれ以上進ませるな!!!

(戦闘音)

自救軍の戦士
自救軍の戦士

あがッ……グギャッ――!

シージ
シージ

……来た。

土埃が落ち着き、漆黒な通路の果てから影が現れた。
その姿は凶悪なバケモノでもなく、歪な身体をしてるわけでもなく、ましてや牙や爪を剥き出しにしていたり、触手を躍らせてるわけでもなかった。
若い貴族だ、一見するとなんの変哲もない、新聞紙に写真が載るような、ロンデニウムの政治経済を嬉々として語り出す若き貴族にしか見えない。
しかしその足元を染める赤く濁る血が……そうでないことを物語っていた。

???
???

……ひどい悪臭だ。貴公らの戦い方も醜く、実に無様だ。

自救軍の戦士
自救軍の戦士

ば、バケモノだ……

自救軍の戦士
自救軍の戦士

し……指揮官には近づけさせな……

自救軍の戦士
自救軍の戦士

へっ?お、俺の手がッ!?触れてもいないのに――グげッ!

???
???

ふむ……これで少しは匂いがマシになったな。

???
???

では貴公ら、もしよければだが……貴公らの大事な身の一部で地面を洗い直してもらえるかな?

ブラッドブルードが軽く指を跳ねる、まるでワイングラスを傾けるように、あるいは音楽に合わせてリズムを取るように。
影は彼の足元から広がっていき、戦士たちの身体を捕らえては、四肢に纏わりつく。
そして悲痛な叫び声は溢れ出す液体によって掻き消された。
濃い血の匂いが鼻腔を刺す。朱い赤が視野を塗りたくる。
通路の向こう側にいた人たちは瞬時に理解したのだ。
我々を追っていたのは暗闇ではない、あまりにも濃すぎる血だったのだと。

インドラ
インドラ

おい、ワルファリンもクロージャも……本当はあんな感じなのか?

モーガン
モーガン

……最初に思いついたセリフがそれ!?

インドラ
インドラ

だったら何なんだよ?ビビってるセリフを吐くよりかはマシだろ?

モーガン
モーガン

いいからさっさと逃げるんだよ!

???
???

“魔王”はどこだ?

自救軍の戦士
自救軍の戦士

何を言って――

???
???

わざわざこんな遠いところまで謁見しに参ったのだ、まさか恥ずかしがって、貴公ら如きの弱小生物の背後に隠れているのではあるまいな?

(自救軍の戦士が倒れる)

自救軍の戦士
自救軍の戦士

がはッ――!

シージ
シージ

……アーミヤ。

シージ
シージ

アーミヤを探しに来たのか。

モーガン
モーガン

その魔王なんたらのことかい?それ本当にアーミヤのことを指してるの?彼女はコータスなんじゃ?

シージ
シージ

それはまた後にしよう、今はそれどころじゃない。

モーガン
モーガン

とは言っても、ここにアーミヤは……

シージ
シージ

何よりだ。

モーガン
モーガン

あー、それもそっか。アーミヤでもこのバケモノを止められそうにないしね。

モーガン
モーガン

ドクターと一緒に上に行ったが、はたして成功したのかな……いや、そんなこと考えてる場合じゃないね、今は自分たちがミンチにされそうって状況なのに。

モーガン
モーガン

それでヴィーナ、どうする?

シージ
シージ

逃げるほかない。

シージ
シージ

我々はこんなところで……死ぬわけにはいかないからな。

行くんだ、ヴィーナ。
目の前にある暗闇に向かって走れ。何も考えるな。
ここにある配管たちが、どこへだってお前の行きたい場所に連れて行ってくれるさ。

(アーツ音)

アーミヤ
アーミヤ

このままでは埒が明きません。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、下がっててください。

アーミヤ
アーミヤ

より一層エネルギーを集中させます、一刻も早くマンフレッドを倒さないと……

ドクター
ドクター

それはダメだ。

アーミヤ
アーミヤ

信じてくださいドクター。あの時指輪を外してから、私も色々と成長しましたから。

アーミヤ
アーミヤ

私たちがロンディニウムに入ったばかりなのは分かっています、だからここで倒れるようなことはしませんよ。

ドクター
ドクター

しかしそれではヤツの思うつぼだ。

アーミヤ
アーミヤ

くっ……向こうもエネルギーをより凝縮し始めてきました!まるで……まるで網のように、頭上も、足元も……そこら中に!

(マンフレッドのアーツ音)

アーミヤ
アーミヤ

空気中が……見えない源石の結晶だらけです!彼はきっとこの散りばめられた結晶で攻撃を伝っていたんです!

フェスト
フェスト

どうりで、ステルスドローンがそこら中に爆弾を撒いてるような攻撃だと思ったぜ!

アーミヤ
アーミヤ

フェストさん、クロージャさんと一緒に下がっててください……万が一巻き込まれてしまえば、隠れても間に合いません。

マンフレッド
マンフレッド

もっと力を込めてもいいんだぞ、コータス。

アーミヤ
アーミヤ

このエネルギー量は……私のアーツを受けて、動いて……

(アーツ音)

マンフレッド
マンフレッド

その身で受けるがいいさ、自らが編んだ檻籠を。

アーミヤ
アーミヤ

藻掻けば逃げられなくなる……というわけですか?

マンフレッド
マンフレッド

コータス、私は今目の前にある戦いを眼中に置いていないと言ったな、半分は正解だ。

マンフレッド
マンフレッド

もう半分はお前を殿下の御前まで連れて行く。ロンディニウムにいるサルカズたちは……異種族の者が主君の力を用いて横行してるサマなど見たくないのでな。

アーミヤ
アーミヤ

横行なんてしません、私は彼らに命令する資格などないので。

(アーツ音)

マンフレッド
マンフレッド

無論ないだろうな。

アーミヤ
アーミヤ

けどテレシスも彼らを命令する資格はありません。

アーミヤ
アーミヤ

カズデルにいた頃、私は大勢のサルカズの戦士たちを見てきました。彼らの多くは傭兵です。その後チェルノボーグで……彼らと再会しました。

アーミヤ
アーミヤ

タルラに利用されていたとしても、彼らは少なからず理解していました、戦ってる相手は誰なのかを、自分たちは自分たちの命で明日を取り換えているのだと。

アーミヤ
アーミヤ

しかし今はどうなんです?あなたたちはそんな彼らを異種族の都市に閉じ込めた。私がここに一歩踏み入れた時からもひしひしと感じてきます、彼らの怒りが、焦りが、迷いが……

マンフレッド
マンフレッド

私の戦士たちの感情を読んだというのか?

(マンフレッドのアーツ音)

アーミヤ
アーミヤ

また……収縮した?怒りを、覚えたのですか?

マンフレッド
マンフレッド

コータス、お前は自惚れてると、人から言われたことはないか?お前はたかが感染者だ、真にサルカズの生を知ったことはない。

マンフレッド
マンフレッド

お前はただ傍らで見ていただけだ、それで我らの苦しみと怨恨を理解していると言えようか!

アーミヤ
アーミヤ

確かに、私は理解していないのかもしれません。

アーミヤ
アーミヤ

しかし……あなたたちの心の中で燃えている炎、遥かなる過去から今に至るまでずっと、最初のカズデルから今のロンディニウムまで燃え続けてきた炎は、今も私の心の中にあります。

アーミヤ
アーミヤ

とても熱い炎です。どんな世迷言やアーツが見せた幻覚よりも、真実以上に真実味のある熱さです。

マンフレッド
マンフレッド

好き勝手に解釈するがいいさ、感染者。

マンフレッド
マンフレッド

お前のその力の由来なら私とて知っている。

マンフレッド
マンフレッド

嘘を吐いた者が信じたからといって、吐かれた嘘が真実になり得ることはないからな。

アーミヤ
アーミヤ

サルカズ、感染者……

アーミヤ
アーミヤ

あなたが私たちにどんな身分の烙印を焼き付けようとも、私たちはただ数々の不平の中で生き続けたいと思ってる一般人にすぎません。

アーミヤ
アーミヤ

しかしテレシスはそんな人たちを終わりの見えない戦いへと巻き込んでしまいました――外にいるあのヴィクトリア大公爵たちの軍隊を見なさい。

アーミヤ
アーミヤ

もし彼らの矛先が同じ方向を向けば、カズデルにしろ、ロンディニウムにしろ、いずれサルカズは滅びを迎えるだけです。

アーミヤ
アーミヤ

血統、権威、名誉……あなたたちはそれで彼らを駆使しようとしていますが、それこそ嘘と紛い物です!

(アーツ音)

マンフレッド
マンフレッド

……混乱に乗じてエネルギーを収束し直し、距離を取ったか。

マンフレッド
マンフレッド

やはり私の思った通りだ、コータス。

マンフレッド
マンフレッド

――お前は危険だ。

マンフレッド
マンフレッド

お前の力、お前の言葉……我々の屈強なる戦士たちを脅かすことはできなくとも、我々の敵に希望と言う名の幻を見せつけることはできる。私もこれ以上戦士たちを疲弊させたくはない。

マンフレッド
マンフレッド

お前はここで止める、この都市に足を踏み入れることはこの私が許さん――

アーミヤ
アーミヤ

ならあなたの檻籠は、必ず私が破いてみせます!

???
???

檻籠とまでは及ばないだろうな、それは。

アーミヤ
アーミヤ

え……?

マンフレッド
マンフレッド

私のアーツの密度が変えられた?

マンフレッド
マンフレッド

また、貴様か……

(Miseryが近寄ってくる)

Misery
Misery

ドクター、ちょっと遅かったか?

Misery
Misery

ロンディニウムの城壁内はひどく入り組んでいるでな……俺であってもここに通り道を見つけ出すのは困難だ。

Misery
Misery

だが優秀な助っ人がいたおかげで間に合ったよ。

ドクター
ドクター

苦労をかけたな、Misery。

ドクター
ドクター

・アーミヤ、場所を変えよう。
・クロージャ、ドローンを配置してくれ。
・フェスト、ジップラインを。

ドクター
ドクター

飛び降りるぞ。

数分前

(回想)

クロージャ
クロージャ

ドクター、マンフレッドを人混みの中から見つけたよ。

クロージャ
クロージャ

護衛とかがあんまりいないようだけど……

ドクター
ドクター

私たちは恐るるに足らず、って感じだな。

クロージャ
クロージャ

じゃあかなり戦いに自信があるのかな?見た感じすごく強そうだし、テレシスから戦い方を教わってるんだと思う。

クロージャ
クロージャ

本当にアタシ達で5分以内にあいつをボコボコにして、砲台を停止させてやれるの?

クロージャ
クロージャ

いや、こりゃ語弊だね、ここじゃアタシもフェストも戦力にならないから、全然“アタシ達”じゃなかったね、後方支援が前線に上がっても死ぬだけだし。

クロージャ
クロージャ

だからアーミヤちゃんだけが頼りだよ……

アーミヤ
アーミヤ

マンフレッドは確かに強敵です。

アーミヤ
アーミヤ

けど私たちがこの先を進む限り……きっと彼の上を行く強敵たちと遭遇することになるでしょう。

ドクター
ドクター

・アーミヤ、マンフレッドの注意を惹きつけてくれ。
・クロージャとフェストは城壁からの撤退の準備を。
・私たちの待ち人もそろそろ到着だ。

(回想終了)

マンフレッド
マンフレッド

また私の前から逃げるつもりだろうが、もう同じ手は二度も通用しないぞ?

(マンフレッドのアーツ音)

何もないところで目標を定められたかのように、収束されたエネルギーが迫ってきた。
その鋭い剣撃が自分の足先に触れたのではないかと錯覚するほどに。
しかしそんな錯覚も、とある盾があなたの目の前で防がれるまでのものだった。

ホルン
???

ここは通さないわよ、サルカズ。

ホルン
???

あなたの相手はこの私だ。

マンフレッド
マンフレッド

……

マンフレッド
マンフレッド

白狼、まさかお前がまた私の前に現れるとはな。

マンフレッド
マンフレッド

両側通行の通路だったか、ヤツらを逃がすと同時に、上がってきたのだな?

ホルン
ホルン

……私じゃない、私たちよ。

ホルンの背後に、ある兵士が駆けつけた。
二人、三人と立て続けに。
そして十数人ものヴィクトリア兵たちがサルカズの将軍の前に立ちはだかった。
もはや誰も身元を偽ってはいない。
彼らの軍服は様々だった。大半は幾度の戦火に焼かれた痕を残していたが、泥やクモの巣がこびり付いた者もいれば、己と戦友の血が染みついた者もいる。
持ってる武器も様々だった。制式のサーベルを持つ者もいれば、自作のボウガンしか持てなかった者もいる。
しかし彼らは、どれも同じ顔つきをしていた。
今度こそは決して退かぬ、倒れぬ、不退転の覚悟を決めた顔つきだった。

マンフレッド
マンフレッド

……雑兵風情が私と相対するだと?

ホルン
ホルン

――

(爆発音)

マンフレッド
マンフレッド

武器を手に取ったお前とて私の相手ではない。

マンフレッド
マンフレッド

この前はすべてそのロドスのサルカズが介入してくれたおかげで、お前は辛うじて私から逃げることができた、まさかそれを忘れてしまったのか?

ホルン
ホルン

キョロキョロするんじゃない、サルカズ。

ホルン
ホルン

戦場で相手を尊重しなければ、真っ先に倒れるわよ。

(爆発音)

マンフレッド
マンフレッド

フッ、盾よりも頑なな口をしてるな。

(マンフレッドのアーツ音)

ホルン
ホルン

くッ――

ホルン
ホルン

敵が攻撃する方角に注意せよ、私の盾の後ろに!

マンフレッド
マンフレッド

本来ならお前は始末しておくつもりであったが、まさか自ら死に急ぎにきたのは予想外だ。

マンフレッド
マンフレッド

戦いに関する素養を幾らかは備えていると思っていたぞ、白狼。

マンフレッド
マンフレッド

負傷した兵士を私に向かわせ、そして一人ひとりと散らしていく、それがお前の職業軍人としての精神か?

ホルン
ホルン

あなたが今どこに立ってるのか……よく知っておきなさい。

ホルン
ホルン

ここはロンディニウムの城壁よ。

ホルン
ホルン

ロンディニウムは未だ健在なり、征服できたなんて思わないことね、サルカズ。

ホルン
ホルン

――目ん玉ひん剥いてその目に焼き付くがいいわ。

ホルン
ホルン

私たちはまだここに立っている、この堅牢なる城壁にね。

タイトルとURLをコピーしました