アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】阿呆船 SN-2「広場南通り」行動後 翻訳

Alty
Alty

手伝わないの?

ケルシー
ケルシー

君のほうもベンチから立ち上がる気がないじゃないか。

Alty
Alty

だって私の出る幕じゃないし。

ケルシー
ケルシー

名義上、今の私はイベリアの囚人だ、大審問官を憂慮する必要はない。

ケルシー
ケルシー

さて、話を戻そう。

Alty
Alty

私たちならここの海岸、この町に残るわ。うん、暫くはね。

Alty
Alty

もしあなたもアビサルハンターも失敗しちゃったら、私たちがイベリア人を連れてここを出る。ちょうどいいところまで逃げておくよ、舞台の調整みたいにね。

Alty
Alty

ただ、外にいるあの爺さんがそれを許してくれるかが前提だけど。

ケルシー
ケルシー

……君たちがこの大地に住まう人間に手を貸してくれるとはな。

Alty
Alty

Frostはまだ若い、私もDanもほぼ同い年、Ayaはちょっとだけ年上かな。

Alty
Alty

私たちからすれば、もう夢中になれるものなんて何もないのよ。そう……音楽以外はね。

Alty
Alty

人間ってのは、弱い身体と脆い精神を持つ中で、その短い命から突破口を見いだせずにはいられなくなる。

Alty
Alty

そんな人間たちそれを成し遂げた、ホントにすごいことよ、そう思わない?

ケルシー
ケルシー

……そうだな。

Alty
Alty

けどね、海がヘビーメタルを好きになってくれることはないの。

Alty
Alty

私たちだって仕方がなかったのよ。生存って観点からすれば、陸地のほうがまだかわいいほう、少なくとも私はそう思う。

ケルシー
ケルシー

この国に君たちの声を聞かせることはそう難しくない。彼らに神秘を見せ、彼らの傷に触れてから、彼らに許しを貰う……そうすればあのような厄災はもう二度と起こりえない。

Alty
Alty

そんな簡単にいくの?

ケルシー
ケルシー

許しと騙しがイコールであれば、簡単かもしれないな。

慌てた町民
慌てた町民

こ、このバケモノ――バケモノめ!

慌てた町民
慌てた町民

だから言ったんだ、裁判所を呼びに行こうって!誰か助けてくれ――誰か――

海のバケモノ
恐魚

グゲッ……グゲゲゲッ……

慌てた町民
慌てた町民

ひぃ――!

(グレイディーアが恐魚を切り伏せる)

グレイディーア
グレイディーア

ケルシーが落ち合おうと決めた場所、お世辞にも清潔とは言えませんわね。

グレイディーア
グレイディーア

ここで何か起こったのお教えくださる?

慌てた町民
慌てた町民

た、助かったよ、あんた……あんた、エーギル人かい?あんたも外から来たエーギル人なのかい?

グレイディーア
グレイディーア

……わたくし、も?

グレイディーア
グレイディーア

あ~……AUSの面々のことを仰ってるのね。エーギル人……フッ。

慌てた町民
慌てた町民

……その、あんたら、コイツらを駆除しにきたのか?あんたが一撃でやっつけるものだから……

グレイディーア
グレイディーア

あなた方のエーギル人に対する態度、他所とは異なりますわね。

慌てた町民
慌てた町民

二十数年前までは、ここもそれなりにエーギル人がいたもんだからな……

慌てた町民
慌てた町民

その、裁判所から送られて来たのかい?俺たち……やっぱり裁判所に助けを求めたほうがいいんじゃ……?

グレイディーア
グレイディーア

そんなこと、知ったことではありませんわ。

グレイディーア
グレイディーア

ただ、痛い思いをしたくなければ、騒ぎが落ち着くまで隠れていなさいな。

慌てた町民
慌てた町民

あっ、わ……わかった……

(慌てた町民が立ち去る)

スカジ
スカジ

ここ、そこら中にいる。

スカジ
スカジ

サルヴィエントよりはマシだけど、ここもやっぱり変だわ。

グレイディーア
グレイディーア

ここはまだ腐敗に溺れておりませんもの。見なさい、ここの人たちを、まだ普通に暮らせているわ。

スカジ
スカジ

……波がまだ接触していないんでしょ。

グレイディーア
グレイディーア

であれば、深海のゴミ共もどこかに隠れているんじゃないかしら。

グレイディーア
グレイディーア

まあ、それが普通でしょうね。それにわたくしたちの目標はあの大船……ケルシーがここを選んだのも、きっとなにか理由があるはず。

スカジ
スカジ

手分けして動こうか?

グレイディーア
グレイディーア

わたくしはケルシーを探しますので、あなたとサメはこの恐魚を片付けておきなさい。

スカジ
スカジ

わかった。

グレイディーア
グレイディーア

このゴミ共は弱い、けど油断なきよう。弱ければ弱いほど、その弱さに引っかかってしまうのだから。

グレイディーア
グレイディーア

……サメ?

スペクター
スペクター

……ん?

グレイディーア
グレイディーア

……

グレイディーア
グレイディーア

彼女の世話もしっかり頼みますわよ、スカジ。わたくしは今の彼女に慣れておりませんの。

スカジ
スカジ

言われなくとも。

逃げ惑う町民
逃げ惑う町民

キャアアアア!ば、バケモノ!一体どこから!?

エリジウム
エリジウム

……こっちだ、はやく逃げて!

逃げ惑う町民
逃げ惑う町民

え!?あ、はい!

エリジウム
エリジウム

数はそれほど多くない、けど明らかに目的を持って動いてる。誰かが操ってるのか?

エリジウム
エリジウム

それにしても変だ、一体どこに消えたんだ?土から生えてくるようなものでもないんだけどなぁ……

エリジウム
エリジウム

ん……こっちの方向かな?

エリジウム
エリジウム

(近づきつつあるようだ……人がいる!)

怪しげな信徒
悲し気な信徒

……次から次へと倒れていく、我々が身を投げ捨ててるのも、ただ時間を稼いてるにすぎない。

寡黙な信徒
無言の信徒

……

怪しげな信徒
悲し気な信徒

大審問官の相手になれる人などいない、戦おうとする者たちはみな死ぬだけだ。

寡黙な信徒
無言の信徒

……死はチャンスを創り出す、無駄にするな。

怪しげな信徒
悲し気な信徒

ああ……急ごう、ここを離れなければ。しかしこの町はイベリアの眼に最も近い拠点だ、捨てるには惜しすぎる……

(エリジウムが物音を立てる)

怪しげな信徒
悲し気な信徒

あの方だけでもイベリアの眼へ送り届けてやれば……誰だ!?

エリジウム
エリジウム

(しまった!)

怪しげな信徒
悲し気な信徒

リーベリだ!ヤツを捕まえろ!

エリジウム
エリジウム

チッ。

アマヤ
アマヤ

……グラン・ファロは間もなく死ぬ、それがあなたの求めていたことですか?

異質な狩人
異質な狩人

……

アマヤ
アマヤ

私たちは利害が一致してるはずです。そんなことを起こしてはなりません。

アマヤ
アマヤ

裁判所、そしてあなたの仲間たちの過激な行動を止められるのは、あなただけです。

異質な狩人
異質な狩人

お前を殺す、いずれすぐにでもだ、アマヤ。

アマヤ
アマヤ

あら……私たちはもうてっきり、お互い名前で呼び合えるほど親睦を深められたと思っていたのですけれど……違いましたか、ウルピアヌスさん?

ウルピアヌス
ウルピアヌス

……

アマヤ
アマヤ

もしかして、私たちがあの巨大な灯台へ辿りついた時に手を下すおつもりでしょうか?けどあなたもご存じの通り、私たちの終着点はあそこではありませんよ。

アマヤ
アマヤ

私たちが目指すはそこよりもさらに遠い場所。そこで私たちの選択を決するのです。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

……

アマヤ
アマヤ

アビサルハンター同士の関係はとても親密なはずですよね?ご自分の部隊に戻らなくてもよろしいのですか?

アマヤ
アマヤ

あなたは一体何を考えてらっしゃるのかしら?

ウルピアヌス
ウルピアヌス

お前はまだ知らないのだ、俺が見たものを。

アマヤ
アマヤ

……あぁ……隔てるには至極簡単なやり方がありましたね、彼女たちもあなたが見たものを知らない。

アマヤ
アマヤ

ということは、あなたたちの信頼関係は決裂したと?

ウルピアヌス
ウルピアヌス

エーギルの結束は絶対だ、俺たちも血によって繋がれている。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

だが一致した目的を達するために、俺は自身を追いやった、それだけのことだ。

アマヤ
アマヤ

なるほど……

ウルピアヌス
ウルピアヌス

彼女らへの企てを考えたって無駄だぞ、アマヤ。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

乾いた陸地にいようとも、グレイディーア、スカジ、ローレンティーナ、彼女ら三人にとってこの町を根絶やしにすることなど、本のページを捲るぐらい簡単なことなのさ。

アマヤ
アマヤ

フンッ。

ページを捲るアマヤの手が止まる。
その挑発で頭に血が昇ったわけではないが、自嘲気味にニヤリと笑った。

アマヤ
アマヤ

そうですね、お気遣い感謝致します。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

俺はあの船が必要だ。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

グレイディーアよりも先に手に入れなければならない。何も知らない状況で彼女らをエーギルに帰らせるわけにはいかないのでな。

エリジウム
エリジウム

ふぅ~……やっとまけた――!

エリジウム
エリジウム

あんな大人数がいただなんて……よくこの町に隠れられるな?そんな大きな町でもないだろここ?

エリジウム
エリジウム

もう少し北に進んでも一面の荒野だけだし。

エリジウム
エリジウム

ホント、一体どこに隠れているんだ?

グレイディーア
グレイディーア

……くッ。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

ごきげんよう、お嬢さん。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

さしずめ、君がケルシーの言っていた……“アビサルハンター”だね?

(積み上がった恐魚の死体をグレイディーアが見る)

グレイディーア
グレイディーア

これは、あなたの仕業なのかしら?

聖徒カルメン
聖徒カルメン

イベリアはいつもこんなに汚れているわけではないのだよ、ご理解をば、お嬢さん。

グレイディーアは少しばかり沈黙した。
彼女は長い陸地での生活の中で陸の国々の遅れてる様と軟弱さを知り、そしてサルヴィエントで審問官の実力の責務とやらを知った。
どうやって陸と共存するか、ケルシーから教わったことを思い出していた。
ほんの少しばかり、彼女は沈黙したのだった。

グレイディーア
グレイディーア

エーギル技術執行官、アビサルハンターの戦争総設計師のグレイディーアと申しますわ。

これは彼女が初めて、エーギル人として陸の人と交流した瞬間である。
相手も恭しく目で敬意を払い、レイピアを仕舞い、動かなくなった恐魚の死体を跨っていく。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

イベリア裁判所の大審問官だ、カルメンと呼んでくれたまえ。やはりエーギルの噂は本当だったのだな、君を見て確信したよ。

グレイディーア
グレイディーア

あなたはほかの人とまったく異なりますのね。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

少々長生きし過ぎただけさ。

グレイディーア
グレイディーア

ケルシーはどちらに?

聖徒カルメン
聖徒カルメン

彼女ならもう一人の海の客人と談話しておられる。イベリアの礼拝堂でだ。

グレイディーアが去ろうとしたその時。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

して、執政官殿……あの医者と話があるのであれば、必然的に君も向こうから同じような情報を共有してるはずだろう?

グレイディーア
グレイディーア

……そうかもしれませんわね。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

では、君は彼女の提案を、どう思っているのかな?

グレイディーア
グレイディーア

彼女の無事を確認にしたら、教えして差し上げますわ。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

警戒することはない。我々は心の底からイベリアを守らんとする者に剣を向けないさ。

グレイディーア
グレイディーア

どうでしょうね。

グレイディーア
グレイディーア

わたくし、まだ陸に上がって長くはありませんが……色んな愚行を見てきましたわ、自分の半生で見てきた以上にね。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

陸に上がってまだ長くないのであれば、なぜそう結論付けられるのかね?

グレイディーア
グレイディーア

巨大な災いは人々の本性を明かす。そんな惨劇を虚飾するのではなく、イベリアはもっとその現実に目を向けるべきですわ。

グレイディーア
グレイディーア

それに、ここへ来たのはあなたと弁論するためではなくてよ。

グレイディーア
グレイディーア

彼女があなたの背後にある礼拝堂にいると知れば、ここで失礼させて――

聖徒カルメン
聖徒カルメン

――裁判所の助けがなければ、イベリアの眼へは辿りつけないぞ。

グレイディーア
グレイディーア

……

聖徒カルメン
聖徒カルメン

大いなる靜寂でも滅ばなかった灯台だ。ストゥルティフェラ号がまだ海面を浮いているのであれば、この大海でその船を見つけ出す方法はただ一つ、イベリアの眼のほかあるまい。

グレイディーア
グレイディーア

……

グレイディーア
グレイディーア

イベリア人の手助けなら必要ありませんわ、こちらが多少努力すれば済むことですので。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

そうかい、なら見物だな、グレイディーア殿。

寡黙な信徒
慎重な信徒

どれぐらい残った?

怪しげな信徒
緊張している信徒

もう多くない……四五人ってところだ。一部はほかの庇護を求めてすでに出発してる。

寡黙な信徒
慎重な信徒

そうか……この資料をまとめる時間もない、燃やしてしまえ。

怪しげな信徒
緊張している信徒

グラン・ファロ……以前までは、私もここを故郷とさえ思っていたよ。

寡黙な信徒
慎重な信徒

まだ未練が残っているのか?

怪しげな信徒
緊張している信徒

いいや……もうないさ、全部燃やしてしまおう。

(信徒達が資料を燃やし始める)

寡黙な信徒
慎重な信徒

審問官にこの資料を渡すわけにはいかん。

寡黙な信徒
慎重な信徒

我々はこの知識を用いて、真理に見えた。だが裁判所はこれを自分らの浅はかな未来と利益ばかりに利用する、異端と見なしているくせにな。

怪しげな信徒
緊張している信徒

……行こう。ほかの者たちとの連絡手段なら心配ない、いずれ見つかるはずだ。

怪しげな信徒
緊張している信徒

我々はいずれ必ず海の抱擁を得るさ。

(信徒達が立ち去る)

エリジウム
エリジウム

(行ったか?てっきり人があんまり来ないレストランかと思ってたら、まさか拠点の一か所だったとは……礼拝堂から通りが二つ離れてるだけだぞ?)

エリジウム
エリジウム

(それに彼らは紙の資料を焼いていたのか……?まずい、火を消さないと!)

エリジウム
エリジウム

(火が強すぎて消せないや、取り出せるだけ取り出しておこう――)

エリジウム
エリジウム

あちッ、あちちちち――

エリジウム
エリジウム

ふぅ……これは、図版?なんの設備なのかな……説明文のところが燃えてて分かんないや。

エリジウム
エリジウム

これは……イベリアの歴史書?それと海流に関する論文記事……

エリジウム
エリジウム

……一体何をしようとしてるんだ……ん?ブレ……オガン?王室御用達の造船技術者……?

エリジウム
エリジウム

それとこれはなんだ?広場にある彫刻が描かれてるけど……?

エリジウム
エリジウム

――!

(ウルピアヌスが近づいてくる)

ウルピアヌス
ウルピアヌス

リーベリ、手に持ってるものを置け。それは今すぐ焼き払うべきものだ。

エリジウム
エリジウム

君は――

対話、自分はコミュニケーションが得意だと、エリジウムはそう思っている。多くの場合、対話は様々な問題を解決してくれる。
だが相手はそんな機会を与えてくれることもなく、剣先を光らせて斬りかかってきた。

(斬撃音)

エリジウム
エリジウム

急に斬りかかってこないでくれるかな!?

ウルピアヌス
ウルピアヌス

……

(無線音)

エリジウム
エリジウム

け、ケルシー先生!あいつらの目的が分かり――

(斬撃音)

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました