アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】阿呆船 SN-ST-3「空漠たる街」 翻訳

大審問官
大審問官

アイリーニ。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

え?あっ、はい、せんせ……いえ、長官!

大審問官
大審問官

どうした?

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

いえ……なんでもありません。

大審問官
大審問官

グラン・ファロは小さな町、地図を見ても見つからんほどの小さな町だ。

大審問官
大審問官

だとしても、カルメン殿からの依頼だ。ケルシー医師とあのエーギル人が関わっている。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

承知してます、長官、だからこそ――

大審問官
大審問官

まだ答えを出していないのであれば、お前の同行は許可できない。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

審問官になって長官と共に行くと決めた時から、すでに覚悟はできています!

大審問官
大審問官

お前の得たその答えが、お前の見てきたすべてを納得させてやれない限り、軽率に答えなんぞを出すのではない。

大審問官
大審問官

無駄死にはするな、アイリーニ。我々が何と対抗してるのかはお前もすでに理解してるはずだ、自分なりの答えを導き出せ。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

しかし――

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

……分かりました。

グレイディーア
グレイディーア

ケルシー先生。

グレイディーアの口調に変化はなく、しかし彼女の足取りが彼女の心情を示していた。
ただ一瞬、風が横切る一瞬の間に、彼女はケルシーの傍へ迫った。

ケルシー
ケルシー

ご苦労、グレイディーア。

グレイディーア
グレイディーア

裁判所には何もされていないようですね。

ケルシー
ケルシー

イベリアは未だ沈まず、これが彼らの尚も保持してる謙虚さと警戒心の表れだ。

グレイディーア
グレイディーア

方法を見つけたのですね、約束通りに。

ケルシー
ケルシー

ああ。ただ……

ケルシー
ケルシー

……仮にイベリアが自らの憂いという肩の荷を下ろしてくれたとしよう、その場合エーギルはどうする?

ケルシー
ケルシー

君はどうするんだ?

グレイディーア
グレイディーア

わたくしたちに選択の余地はありません……この短い協力期間内だけでもわたくしたちが海へ戻れるというのでしたら、喜んで手を貸しますわ。

Alty
Alty

やっとそれらしいエーギル人が出てきたわね。波のように、そして海に差し込む日差しと手触りのように。

Alty
Alty

こんにちは、変わり者のエーギル人さん。私のほかのメンバーならもう会ってるんじゃないかしら。

グレイディーア
グレイディーア

ええ、ではあなたもAUSのメンバーですね。

Alty
Alty

ベーシストのAltyよ。会えて嬉しいわ。

Alty
Alty

いま外はどんな感じかしら?

グレイディーア
グレイディーア

あのアビサル教徒たちが巣から出てきましたわ、数は多いですけれど、大した相手ではありません。

グレイディーア
グレイディーア

狩人たちにかかれば造作もありませんわ。

ケルシー
ケルシー

裁判所の協力を得るには、まずもってグラン・ファロの問題を解決しなければならない。

グレイディーア
グレイディーア

ならすぐに動きましょう。

そう言って、グレイディーアは彼女の長矛を持ち出した。
同じ瞬間に、彼女は異常を感じただからだ。

グレイディーア
グレイディーア

……!

グレイディーア
グレイディーア

……この恐魚に混じる匂いは……そんなまさか……

(無線音)

ケルシー
ケルシー

私だ。

エリジウム
エリジウム

ケルシー先生!あいつらの目的が分かり――

(斬撃音の後に無線が途切れる)

ケルシー
ケルシー

……エリジウム?

グレイディーア
グレイディーア

どうされました?

ケルシー
ケルシー

こちらのオペレーターが危機に陥ったらしい。

グレイディーア
グレイディーア

ここにもナニかが潜んでおりますわ。

ケルシー
ケルシー

……Alty、さきほど言ったように、AUSの面々は岸に残っていてくれ。

ケルシー
ケルシー

こちらでなるべく速やかに事態を収拾させよう。

Alty
Alty

わかった、待ってるわね。

Alty
Alty

あっ、もし途中で場を盛り上げるための音楽が必要になったら、遠慮なく声をかけてちょうだい。

スカジ
スカジ

……弱すぎる。

スカジ
スカジ

次から次へと突っかかってくるけど、まるで時間を稼いでるみたい……

スカジ
スカジ

……それとも、ナニかを……まき散らしてるのかしら?

スカジ
スカジ

だったら、こいつらのボスを見つけ出さないと。

海のバケモノ
恐魚

――ギィィ――!

(恐魚が倒れる)

 

スペクター
スペクター

……

 

スカジ
スカジ

スペクター。

スペクター
スペクター

……ん?

スペクター
スペクター

ああ……ここにいましたか、スカジ。お久しぶりですね。

スペクター
スペクター

何かご用でも?

スカジ
スカジ

……大丈夫?

スペクター
スペクター

ええ、ただ、少々眠たくて。

スペクター
スペクター

あら……わたくしたち、戦っておりますの?この海の気配……懐かしいですね……故郷の匂い。

スペクター
スペクター

でも、故郷?わたくしの故郷は……

海のバケモノ
恐魚

グギィ――!

(スペクターが恐魚を切り飛ばす)

スペクター
スペクター

……海。

スペクター
スペクター

潮の匂いがますます濃くなってきていますね、スカジ。帰ってきたのですか?それともまだ道半ばなのでしょうか?

スカジ
スカジ

……向かっているわ、スペクター、ローレンティーナ。私を信じて。

スペクター
スペクター

では教えてください……わたくしの目の前にあるのは誰ですか?

スカジ
スカジ

目の前?

人影が街角の向かい側からやってくる、リズムを鼻歌いながら。
町民たちの慌てぷりで町は狼狽しているが、年若いFrostはまるで傍若無人だった。彼女は空気を弄び、音を想像している。

スカジ
スカジ

くっ!

海のバケモノ
恐魚

(蠢く音)――!

スカジ
スカジ

……恐魚が彼女に近づいていない、いや、まるで存在していないかのように……あれはギターを弾いてるの?

スペクター
スペクター

いい曲ですか?

スカジ
スカジ

さあ。

スペクター
スペクター

では本人に聞いてみましょう。

スカジ
スカジ

あっ、ちょっと!

エリジウム
エリジウム

ハァ、ハァ……

エリジウム
エリジウム

(追ってきてない……)

(無線の音)

エリジウム
エリジウム

……つ、通信機が壊れてる!?

エリジウム
エリジウム

まさかさっき遭った時に……ウソだろ、避けたはずなのに……

ウルピアヌス
ウルピアヌス

……イベリア人、資料を渡せ。あれは抹消せねばならない品物だ。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

そうすれば五体満足のまま、見逃してやってもいい。

エリジウム
エリジウム

(クソッ、なんてすばしっこさなんだ……)

エリジウム
エリジウム

……変だな、君のあのお仲間さんは、撤退に急いでたからやむなくこの資料を焼き始めたんだよね?

エリジウム
エリジウム

君のような実力があれば、奪いたい時に奪えたはずだ、そのほうが安上がりだし。なんで焼くことに拘るんだい?

ウルピアヌス
ウルピアヌス

仲間?

男はしばし唸る。ある声が彼の喉に蠢く、屈辱から生まれたかすれ声だ。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

俺たちは……仲間などではない。

エリジウム
エリジウム

違うのかい?

ウルピアヌス
ウルピアヌス

お前とは関係のないことだ……資料を渡せ、そうすれば見逃してやる。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

だがお前が裁判所の者だろうが、よその国の者だろうが……

ウルピアヌス
ウルピアヌス

……!

エリジウム
エリジウム

(止まった……?)

ウルピアヌス
ウルピアヌス

そうだったな……お前たちはいつもそう鋭い。いつだってそうだ。

この異質なエーギル人はある方向に目を向けた。
“仲間”の方向に。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

(エーギル語)我ら血によって繋がる。だが今、お前たちはエーギルから離れるべきだ。

(エリジウムが斬撃を避ける)

エリジウム
エリジウム

――!

避けるエリジウム。しかしその時に分かった、なぜ自分は避けられたのかを。
焦げた紙が剣撃の勢いで巻き上げられ、真実は紙と共に切り刻まれ、空に散った。

エリジウム
エリジウム

そんな――

ウルピアヌス
ウルピアヌス

(エーギル語)彼女らはまだエーギルに帰ってはならないのだ。これ以上独断専行を許せば、エーギルの滅びを早めるだけ。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

(エーギル語)たとえエーギルが最初から……滅びを選んでいたとしても。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

もう恐魚は出現していないのかね?

聖徒カルメン
聖徒カルメン

傍に海あるがゆえ、あの数を考えたとて驚くこともない。では聞こう、貴様らは一体どこに隠れているのかね?

寡黙な信徒
負傷した信徒

貴様……ゲボゲボッ……そ、そのランタン!そのランタンを向けるな……!

聖徒カルメン
聖徒カルメン

答えたまえ。グラン・ファロで何を企んでいる?

寡黙な信徒
負傷した信徒

ら、ランタン!よしてくれ、そのランタンをどけてくれ……

聖徒カルメン
聖徒カルメン

答えたまえ。

寡黙な信徒
負傷した信徒

くっ……

寡黙な信徒
負傷した信徒

あ……あれだ……

聖徒カルメン
聖徒カルメン

ん?何を指しているのかね?

カルメンは振り向く、アビサルの信徒が指さす向こうへ。
その先は彫刻。広場の真ん中に佇む彫刻だ。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

ほう。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

グラン・ファロの、灯台とな。そうだとも、貴様らはグラン・ファロで灯台を求めていた。

寡黙な信徒
負傷した信徒

アーツを……アーツを止めてくれ……グギギ……

聖徒カルメン
聖徒カルメン

あの工業の偉大な遺物はかつて貴族たちに“イベリアの眼”と称されていた。過去に、イベリアの海岸には、そういった灯台が数十基も聳え立っていた……

聖徒カルメン
聖徒カルメン

リターニアの巫王の塔とて、この海を見守る大いなる被造物には及ばんさ。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

灯台たちは、人の文明がこの大地に残した最も偉大なる痕跡なのだから。

寡黙な信徒
負傷した信徒

海は……ゲホゲホッ……イベリアの眼を……

寡黙な信徒
負傷した信徒

神の奇跡は……必ずやその冒涜を滅ぼしてくれよう……ガハッ……ランタンをどけろ!

聖徒カルメン
聖徒カルメン

大いなる静謐は多くの灯台を崩壊させた、残されたものもほとんどは使い物にならん。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

貴様らは一体なにを企んでいるのかね?

寡黙な信徒
負傷した信徒

……

聖徒カルメン
聖徒カルメン

なるほど。貴様らは知っていたのだな……

聖徒カルメン
聖徒カルメン

一基だけまだ使用できると、イベリアの眼を守るためにグラン・ファロは存在していると、それを貴様らは知っていたのだね。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

だからここで息を潜め、好機を待っていたと?

寡黙な信徒
負傷した信徒

……貴様……

聖徒カルメン
聖徒カルメン

裁判所の中枢にも裏切りが発生するとは、私とて思いもしなかったよ。ヤツらはどこにいる?

寡黙な信徒
負傷した信徒

……フッ……フハハハハ……

寡黙な信徒
負傷した信徒

そうやって……ベラベラと喋ってる間にも……

寡黙な信徒
負傷した信徒

足元を見るといい……そして再び思い知るのだ……貴様らがいかに狭隘なのかを……いかに哀れなのかを!

聖徒カルメン
聖徒カルメン

なに?

海のバケモノ
瀕死の恐魚

……

海のバケモノ
瀕死の恐魚

……(不安を煽る蠢く音)……

聖徒カルメン
聖徒カルメン

……うぅむ。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

恐魚たちの身体が……光っている?

聖徒カルメン
聖徒カルメン

このまだら模様の光は一体……?

ケルシー
ケルシー

カルメン殿、離れてくれ!

聖徒カルメン
聖徒カルメン

なっ……

ケルシー
ケルシー

Mon3tr!

Mon3tr
Mon3tr

(うんざりした唸り声)

ケルシー
ケルシー

メルトダウンだ!

Mon3tr
Mon3tr

(激昂した咆哮)

スペクター
スペクター

ご機嫌よう。

Frost
Frost

(穏やかなギターソロ)

スペクター
スペクター

あなたから……嗅ぎ慣れた気配がします。なぜなのか教えて頂けますか?

Frost
Frost

(激しいギターソロ)

スペクター
スペクター

……なんて美しい旋律なのでしょう、でもわたくしの知るそれとは大きく異なりますね。

Frost
Frost

……あんたの知るそれって?

スペクター
スペクター

……

彼女が祈れば、星々は瞬きを止め♪
彼女が泣けば、夜は微笑み♪
彼女が悲しめば、苦痛は彼女の狂いに覆う♪

Frost
Frost

……エーギルの歌、悲しいね。

Frost
Frost

でも好きじゃない。その歌は過去のもの、情熱を捨て、ただ悲しみに暮れるだけ。エーギルと一緒。

スペクター
スペクター

それは残念です。

Frost
Frost

エーギル人、帰ったんだね。

スペクター
スペクター

帰った?わたくしが、ですか?

Frost
Frost

歌おう。

Frost
Frost

自分自身を取り戻す方法だ。

スペクター
スペクター

歌う?

スペクター
スペクター

わたくし……歌で何かを思い出せるのでしょうか?

Frost
Frost

歌おう、そうすればあんたは過去が見える。あんたはいずれ運命が見える、あるいは運命にあんたを見させる。

Frost
Frost

私が海から出た後、ずっとそうしてきたように。

スペクター
スペクター

……おかしな方。でも歌ですか、歌は嫌いじゃありません。

スペクター
スペクター

ならば歌わせて頂きますね。

スペクター
スペクター

ふんふん、ふんふんふん♪

スペクター
スペクター

彼女が祈れば、星々は瞬くを止め♪……

……

アマヤ
アマヤ

……相変わらず悲しい歌声ですね。

スペクター
スペクター

あら……どなた?

アマヤ
アマヤ

まさかこんな状況の下で再会するとは思いませんでしたよ、ローレンティーナ。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました