アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】阿呆船 SN-6「中央通路」行動前 翻訳

(回想)

ケルシー
ケルシー

ブレオガンは、あの鍵の持ち主だった。

ケルシー
ケルシー

彼はイベリアの黄金時代に王侯貴族の上客としてもてなされ、エーギルの島民とイベリア人との和睦の幕開けを象徴する存在だと、人々から慕われていた。

ケルシー
ケルシー

彼が災いの前に何をやったか、また何をやれずに終わってしまったかは誰も知る由はない。だがそれでも彼は確かに十分と言えるほどの遺物を……そして君たちからすれば十分と言えるほどの方角を、彼は残してくれた。

ケルシー
ケルシー

しかしそんな彼も今では過去の存在だ。今、選択を決めなければいけないのは君たちのほうである、紛れもなくな。

ケルシー
ケルシー

あの鍵……ブレオガンの鍵がなぜカジミエーシュに残されたかは、私が探る必要はない。

ケルシー
ケルシー

しかしその鍵を見つけたのは、狩人であるスカジだ。これは何も単なる偶然ではない、必然だ。君たちは生来から海に敏感でいるからな。

ケルシー
ケルシー

……ああ、鍵はあのバンドに渡した。君もいずれ彼女らがどういった存在かを知れるだろう。エーギル人も彼女らを一つ手助けしてやるべきなのだろう。

ケルシー
ケルシー

彼女たちも答えを探しているのさ。彼女らのほとんどはまだ若いが、それでも海の変化に心地を悪くしている。なんせ彼女たちは、真に自らの生まれの地から離れられないからだ。

ケルシー
ケルシー

そうだな……成功することを願っているとも。人類はあまりにも膨大な数の問題と直面せねばならない。度重なる災いはいとも容易く現代の文明を滅ぼしかねないからな。

ケルシー
ケルシー

グレイディーア、単独行動がしたいのなら、私は止めないさ。スカジも君に似ている、狩人たちは皆そうなのだろう。

ケルシー
ケルシー

しかし自分は陸のあらゆる問題を解決できるとは、万に一つも思わないことだ。

ケルシー
ケルシー

ん?どうした?聞きたいことがあるのなら聞いてくれ。君に対して、私も答えねばならない疑問を持っているのでな。

ケルシー
ケルシー

Ishar-mla……?

ケルシー
ケルシー

それをどこで聞いた?

(回想終了)

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

そろそろ到着します。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

しかし、海……あまりにも広すぎますね、これでは少しでも座標がズレていたら大きな誤差を生じてしまいかねない……

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

……それに今の海面、私が思ってたのよりもかなり静かですね。

スカジ
スカジ

あまりにも静かすぎるわ。私たちがあの灯台から出た後、襲撃もがくんと減ったもの。

スカジ
スカジ

なにより……波がない。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

それはどういう意味ですか?

グレイディーア
グレイディーア

つまり――

スペクター
スペクター

あら、小鳥さん、怯えているのですか?

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

キャーッ!あ、あなたいつの間に――ていうか私の背後に立たないでください!

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

怯えてなどいませんよ、ただ……ここまで海の奥に入れた人は極僅かしかいないものですから、その……分からないんです……

スペクター
スペクター

いいえ、今のあなたはただ後ろを振り返ってるだけであって、先に目を向けているわけではないのです。未知との遭遇ではなく、失うことを恐れているのですね。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

……

グレイディーア
グレイディーア

あなたの上官はあなたのためにストゥルティフェラ号へ向かう契機を、エーギルへ向かう契機を作ってあげたというのに、あなたがそんな優柔不断ではそれすらも台無しになってしまいますわ。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

……分かってますよ、そんなこと。

グレイディーア
グレイディーア

できることなら戦闘が起こる前にも……むッ。サメ、聞こえた?

スペクター
スペクター

ええ、この居心地のよい小船の航路をもう少し右へ寄せたら、あの大きな船が目に入るはずです。

スペクター
スペクター

そこもすでに巣となっているはずですけど、本当に向かうのですか?

スカジ
スカジ

スペクター、なんなら少し休んだら?

スペクター
スペクター

休む?私、どこか具合でも悪いのしょうか?どうしてそんなことを?

スカジ
スカジ

手が震えてるから。

スペクター
スペクター

え?

己の手を見るスペクター。武器を握っていないその手は、海風に晒される中で、微かに震えていた。
彼女の意識は徐々に明瞭になってくるも、またすぐさま深海へと墜ちていく、触れられないほどに。

スペクター
スペクター

私……あぁ、これは興奮しているのでしょうか?それとも……感動でしょうか?

スペクター
スペクター

一体なぜ?

グレイディーア
グレイディーア

……

グレイディーアは静かに彼女の手を握る。スカジもそれに倣い、三人の狩人はしばらく、沈黙し合った。

グレイディーア
グレイディーア

お帰りなさい、狩人たち。

グレイディーアが静かに船首へ向かう。
海風は漆黒な夜を押しのけて、嗅ぎ慣れた匂いを伝えてきた。
とても静寂で大きな船が、海面上で微睡み、眠っている。それは海風の臣民にして、時代の賓客である。
またそれはかつて理想に覆われた時代でもあった。人々の探究心は余すところなく、その船が体現していた。まこと傲慢の至れりである。

スカジとグレイディーアは静かにその船を眺めていた。
その刹那に彼女たちは色々と思い出していたのだが、きっと最後には己の過去を、幼年を、故郷を、そして船に揺れる頻度を思い出していたことだろう。
ただスペクターだけは海風に撫でられ、微かに手に持つ武器を握りしめていた。
海風が狩人たちを我が家へ導いてくれたのだ。

恐魚
恐魚

(石畳を這う不気味な声)

ケルシー
ケルシー

Mon3tr、焼き払え。

Mon3tr
Mon3tr

(雄叫び)

(恐魚達が倒れるも次から次へと現れる)

ケルシー
ケルシー

カルメン殿、あまりここを長居する余裕がない。狩人たちが危険だ。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

懲罰軍も足を止められている、どうやら我々は深海教会の浸透具合を見くびっていたらしい。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

予定ではグラン・ファロを片付け、そこに臨時的な陣地を設けた後に、彼らの後を追うつもりでいたのだがね。

ケルシー
ケルシー

もう選択の余地がない。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

仮にグラン・ファロを確保せねば、挟み撃ちにされるぞ。

ケルシー
ケルシー

イベリア軍は少なくとも十個連隊、つまり三千人の規模がある。懲罰軍の幕僚たちの指揮があれば簡単にこの戦いを制圧できるはずだ。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

君は懲罰軍をなかなか理解しているようだね。

ケルシー
ケルシー

それなりに交流したものだからな。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

では何かね、グラン・ファロは懲罰軍に任せ、私たちはイベリアの眼へ向かうと?

聖徒カルメン
聖徒カルメン

ヴィクトリアの艦隊が相手であれば、その提案には反対していなかったさ。

ケルシー
ケルシー

しかし、このままではこちらがより甚大な損害を蒙ることになるぞ。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

……

(Frostが近づいてくる)

Frost
Frost

(ギターソロ)

ケルシー
ケルシー

Frost?なぜここに……

Frost
Frost

トレーニングだって、彼女が。

Frost
Frost

私たちは海から来た、であれば私たちは海そのもの。

Frost
Frost

それがたとえ……(悲し気なギターソロ)

聖徒カルメン
聖徒カルメン

……もし手を貸してくれるのならば願ってもないことだが、君は何ができるのかね?

Frost
Frost

アイツらを大人しくしてやれる。私の歌で。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

君の仲間たちは……

Frost
Frost

先に詫びを入れておくよ、Danが無断であの礼拝堂を借りた。そこで新しい楽曲を作りたいんだって。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

楽曲?君たちの音楽は私が以前リターニアで聞いたそれとはまるで違っていたが、そんなものに興味があるのかね?

Frost
Frost

(キレイに奏でられたギターソロ)

Frost
Frost

音楽こそが、生きる意味だから。

Frost
Frost

ただ私は、ライブが始まる前に、会場を整理したくて。

Frostがゆっくりと彼女のギターを取り出す。
カルメンは少しだけ訝しんだ。彼は感じ取っていたのだ、目の前にいるこの生物は確かに“音楽”と名が付く芸術のことを考えているのだと。彼女の言葉の中にはまるで他意がなかった。
音楽と言えど、何も比喩ではない。仮に音楽という言葉をほかの物事の比喩表現として用いた場合、Frostはたちまち気を取られてしまう。彼女は音楽のことだけを考える、この魂の歓心を買う芸術だけが彼女の気を引き寄せられるのだ。

恐魚
恐魚

(畏縮した不気味な声)

Frost
Frost

(とあるギターソロを試す)

あの隠れ潜んでいた恐魚たちが、彼女を囲って、監察し、見定め、判断していた。
ヤツらは下手に近づけないでいた、嗅ぎ慣れた匂いを嗅いだからなのだろうか。目の前にあるギターもただのもぬけの殻に過ぎずに、彼女の遥か遠くにある繋がりが恐魚たちの血の奥深くで鳴り響いていた。
たとえここが陸地でも、恐魚たちは一瞬、自分たちは海に戻ったのだと感じていたのだ。

恐魚
恐魚

(戸惑ってその場を回る不気味な声)

聖徒カルメン
聖徒カルメン

なんと……不思議な……

聖徒カルメン
聖徒カルメン

この大地そのものと深く関わっている生物、ヤツらからすれば、人も恐魚も同じようなものとして捉えているのかね?

Frostは答えない。彼女はただ旋律に酔い痴れ、激情を強く激しく求めていた。
だがケルシーは分かっていたのだ、その問いは自分自身に向けられていたのだと。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

ケルシーよ、これも君の計算の内なのかね?彼女たちを海岸に居座らせて、懲罰軍を海へ送るための?

ケルシー
ケルシー

好きな風に解釈してくれ。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

しかし懲罰軍からはまだ一隻の船も用意されていないぞ。

ケルシー
ケルシー

海岸にまだ一隻残っている。

ケルシー
ケルシー

グラン・ファロの計画が頓挫して以来、彼女もずっと待ち侘びていたことだろう。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

……だがまずは陸に根差している禍根を断たねばならない。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

私は聖徒である前に一人の審問官だ。イベリアに潜む邪悪が私の目の前で跋扈してる様など、到底受け入れられんのでな。

(アイリーニ達が船に飛び乗る)

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

ふぎゃッ!

スペクター
スペクター

大丈夫ですか?

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

ちょッ、手を離してください、抱き着かないで!

スペクター
スペクター

しかしか弱い小鳥さん、あなたを抱えなければ、こんな高いところにある甲板には上がれなかったのですよ?

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

いや、そういう意味じゃなくて――ああもう、もういいです……

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

……

スペクター
スペクター

どうしました?

審問官アイリーニはただ茫然と目の前にある光景を見ていた。
漆黒な海面、仄暗い光。六十年という月日はまるでマストの前で停滞してるように見えていた。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

これが……ストゥルティフェラ号、“阿呆船”……

スペクター
スペクター

学者と軍人を乗せた旗艦にして、没落した王族の海を行く王宮……本に書かれている記述とは……かなり様相が違いますね。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

……

グレイディーア
グレイディーア

行きましょう。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

ちょ、ちょっと待ってください!

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

こんな大きな船の中で、何を探そうとしているのですか?

グレイディーア
グレイディーア

ブレオガンはエーギル人だった。

グレイディーア
グレイディーア

だからこの鍵はきっと、エーギル人が残そうとした手がかりを隠しているはずですわ。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

鍵?じゃあどこかを施錠してるとか?

グレイディーア
グレイディーア

それを探すのよ。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

六十年も海を漂流していたこの巨大な船の中を探すってどうやって――

グレイディーア
グレイディーア

あなたのような若いイベリア人はこういった運送乗用物を見たことがないから分からないのでしょうけれど、ブレオガンの協力があっても、この船の造りはあまりにもお粗末ですわ。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

なっ……!

グレイディーア
グレイディーア

ここに来るまでの間、海がどう荒れていたか、あなただって分かるでしょ。

グレイディーア
グレイディーア

では逆に教えて頂きたいわね、なぜこの船は未だに“沈んでいない”のかしら?

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

それってつまり――

足音。重く、粘つくような足音。
生き物がいるはずもないこの甲板で、人影が現れた。
いや、アイリーニはすぐにその考えを改めた。グレイディーアが投げてきた質問は疑問でもあったのだ。岸で、海で、私はあれほどの数の敵を見てきたじゃないか。

???
???

……

しかし敵の姿をはっきりと目に捕らえた時、素晴らしき天賦の才を持った若き審問官のアイリーニは、本能的に息を止めてしまった。
そして彼女が呼吸の仕方を思い出した時、グレイディーアはすでに一歩を踏み出していたのだ。

???
???

――(鋭い咆哮)――

(グレイディーアが???に襲いかかるも全て避けられる)

???
???

……

グレイディーア
グレイディーア

まさか私の攻撃を避けるなんて。

???
???

……!

(スペクターが???に襲いかかる)

スペクター
スペクター

逃げようとしています。

スカジ
スカジ

そうはさせない!

(???がスカジの攻撃を避けて逃げる)

スカジ
スカジ

……なっ……

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

船室内に逃げ込みました!追いますか?

グレイディーア
グレイディーア

……ええ、船室内に逃げ込まれてしまったわね。

グレイディーア
グレイディーア

しかしなぜ船室の中に?ここは海のど真ん中よ。

スカジ
スカジ

どうする?

グレイディーア
グレイディーア

……

グレイディーア
グレイディーア

この船にいるシーボーン、一匹だけじゃないわね。おそらく恐魚よりも数が多い。

グレイディーア
グレイディーア

手分けして行動しましょう。

スカジ
スカジ

じゃあ私、アイツを追うわ。

グレイディーア
グレイディーア

ではわたくしは下に向かいますわ。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

し、下って、この船の構造なんて知らないはずですよね――?

グレイディーア
グレイディーア

知らないのなら、こじ開ければいいじゃない。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

なっ……この船はイベリアの先人たちが残した最重要の遺物なのですよ!

スペクター
スペクター

あなたはどうします、小鳥さん?

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

私は……あなたたちを監視する義務があるから、当然ついて行きますよ。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

ストゥルティフェラ号には多くの謎が残されています。なぜこんなにもキレイに原型を保っているのか、なぜ六十年もイベリアに一度も戻らなかったのか。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

イベリアの審問官としても、私はそれを解き明かす必要があります。

スペクター
スペクター

では手を繋ぎましょうか?

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

はあ!?な、何を言ってるんですか!?

スペクター
スペクター

あなたは才能溢れる果実です。しかし目の前の敵と相対すれば、あなたのその努力も天賦も総じて無価値なものになってしまいましょう。

スペクター
スペクター

ちょっとでも気を逸らしたら、あなたを失ってしまわないかと心配で……

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

……舐めたことを言ってくれますね、エーギル人。

グレイディーア
グレイディーア

では彼女はあなたたちに任せるわ。

スペクター
スペクター

ええ。

グレイディーア
グレイディーア

サメ。

スペクター
スペクター

はい?

グレイディーア
グレイディーア

何か思い出せそう?

スペクター
スペクター

……海風が、ある彫刻のことを、教えてくれています。その彫刻は泣きながら、私たちを待っていますわ。

スペクター
スペクター

この船でそれを見つけられるのでしょうか?

グレイディーア
グレイディーア

もちろんよ、もうすぐね、サメ。

(グレイディーアが壁を斬りこじ開ける)

グレイディーア
グレイディーア

待っているわ。

スカジ
スカジ

彫刻?

スペクター
スペクター

ええ、ですから共に死者を迎えながら、その彫刻が身を隠している場所を突き止めましょう、スカジ。

スカジ
スカジ

私の名前をまだ覚えててくれたことが何よりも嬉しいことね。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

……本当に……豪華絢爛な造りですね。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

でも、なんでこんなにキレイなんだろう……埃一つもついていないだなんて……見てください、床なんか光を反射するぐらいピカピカですよ。

スカジ
スカジ

きっと誰かがずっと掃除してくれてるのよ。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

誰って誰です?

スカジ
スカジ

さあ。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

……

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

あのバケモノを追うって言ってましたけど、本当に追い詰められるのですか?

スカジ
スカジ

匂いはウソをつかないわ。

スカジ
スカジ

ここは腐敗した匂いまみれ、だったらきっと数も少なくは――

恐魚
恐魚

(勤しんでる不気味な声)

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

恐魚!

スカジ
スカジ

やっぱりここもバケモノの巣窟になってるわね……

(スペクターが恐魚達を倒す)

スペクター
スペクター

ここはわたくしが。

恐魚
恐魚

(その場でのたうち回る不気味な声)

スカジ
スカジ

――待ってサメ!足元に匂いが!

(爆発音)

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

ッ――

Ishar-mla.。
Ishar-mla。

(爆発音と共にスペクターとスカジが飛び降りる)

スカジ
スカジ

くッ、さっきの衝撃……スペクター、大丈夫?

スペクター
スペクター

……

スカジ
スカジ

……スペクター?ローレンティーナ!

スカジ
スカジ

何を見て……鏡?なんでこんなところに鏡が?

スペクター
スペクター

……鏡、割れてますね。

スカジ
スカジ

どういうこと?イベリア人ってのは海上の輸送船にも宮殿を作らないと気が済まないわけ?

スカジ
スカジ

ロドスとは全然違うわね。

スペクター
スペクター

……

スカジ
スカジ

この鏡、そんなに気になる?

スペクター
スペクター

見えましたわ。

最初、それはこの割れてしまった姿見の燦燦とした光だった。だがすぐさま、その光は姿を成し、目となった。
それはシーボーン。ずっと孤独にもこの黄金のホールで、待ちわびていたのだ。

シーボーン
シーボーン

……Ishar-mla、La-tina、Louu-tina、Laren-tina……?

スカジ
スカジ

この幼いヤツ……いや、見た目で力量を判断してはダメね。こいつはシーボーン、さっきのとは別のヤツだわ、間違いないく。

スカジ
スカジ

それに恐魚も群れを成してる!スペクター!

スカジの言葉は耳に届いておらず、茫然とするスペクター。彼女はただ鏡と、その中にいるシーボーンを見つめていた。

スペクター
スペクター

……あなた、私を覚えているのですか?

シーボーンは僅かに頷く。戸惑いながらもスペクターとスカジを見比べ、思考していた。
なぜ彼女たちは“昔”と違う?どうしてしまったのだ?どうすれば彼女たちを魂の檻籠となっている肉体から解放してやれる?

スペクター
スペクター

……!

スカジ
スカジ

スペクター!

スペクター
スペクター

わたくし……

スカジ
スカジ

はやまるな!

スペクター
スペクター

はやまってなんかいないわよ。

口調が変わった。
スペクターを見て驚くスカジ。なぜなら彼女がサルヴィエントで見せた短い目覚め、それをスカジはグレイディーアやケルシーから明確な答えを僅かながらも得られていなかっただからだ。

スカジ
スカジ

ローレンティーナ、あなた……

スペクター
スペクター

ローレンティーナ、ええそうね、ローレンティーナ。

スペクター
スペクター

見てみなさいな、この武器についている経典の文。わたくしが自分の名前をここに描いた時、わたくしがどこで生まれたのかすらハッキリと憶えているものだわ。

スペクター
スペクター

あぁ……夢からの目覚め。まったく、またえらく時間が経ってしまったようね。

スカジ
スカジ

スペクター。

スペクター
スペクター

ええ、けど感慨に耽るのはまた後にしましょう。

スペクター
スペクター

サルヴィエントにしかり、この馴染みがあったりなかったりする水上輸送艦にしかり、真にわたくしの目覚めを望んでいるのは、エーギルの頂にある輝きであって、あなたたちのようなブサイクなバケモノではなくてよ。

シーボーン
シーボーン

……

スペクター
スペクター

あら、話し終えるまで聞いてくれてありがとう。いやちょっと待って、まさかあなたまで口を開けてはわたくしたちを同胞だなんて呼ぼうとしてるわけじゃないわよね?捻くれてるのもいい加減勘弁してほしいものね。

スペクター
スペクター

さあ、来なさい。あなたも少しお眠りになっては如何かしら?

スペクター
スペクター

意識の泥沼に堕ち、命の権能を諦めなさいな。

シーボーン
シーボーン

――(甲高い叫び声)

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました