アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】阿呆船 SN-ST-9「メインブリッジ」翻訳

ティアゴ
ティアゴ

さっさと歩け!

エリジウム
エリジウム

くッ……

ティアゴ
ティアゴ

……この溟痕……一体なんなんだ?

怪しい信徒
拷問担当の信徒

いくら小さく、形が歪でも、この蛍光色を発する命も我々の同胞の類だ。

怪しい信徒
拷問担当の信徒

この海のどこかで、この光を発する生命体はすでにそこの海域を覆い尽くしていると、預言者は仰られた。この者たちは即ち“全”、すべての同胞たちのために命を授けてくれる揺り籠なのだよ。

怪しい信徒
拷問担当の信徒

“溟痕”とは……はるか数千数万海里の彼方にいる“かのお方”の波に揺られてやってきた意志の一部に過ぎない。だがほんの僅かな一欠片でも、陸地を貪り食うには事足りる。

怪しい信徒
拷問担当の信徒

溟痕はやがて陸地をもう一つの海にしてくれよう。

……

ティアゴ
ティアゴ

そうか。

ティアゴ
ティアゴ

イベリアはテメェらの計画の最初の犠牲者なんだな、グラン・ファロもそうだ。

エリジウム
エリジウム

……!

怪しい信徒
拷問担当の信徒

……犠牲者?それは言い間違いじゃないかね?

ティアゴ
ティアゴ

間違っちゃいねえさ。

ティアゴ
ティアゴ

裁判所はこの町を奪い去ろうとしている。だがそれはこの“溟痕”だって同じことだ。

ティアゴ
ティアゴ

奪われちまったら、ここはもう俺たちの家ではなくなる。火のように燃え上がったあの日々ともおさらばだ。

怪しい信徒
拷問担当の信徒

ティアゴ、まさか貴様――

ティアゴ
ティアゴ

ジョディも連れて行かれちまった……だったら逃げた連中も十中八九は懲罰軍に捕まっちまっただろうよ。

ティアゴ
ティアゴ

テメェらだって同じ人攫いだ。

Mon3tr
Mon3tr

――(興奮した雄叫び)

エリジウム
エリジウム

Mon3tr――ッ!?

怪しい信徒
拷問担当の信徒

なぜこのバケモノがここに!?ありえない!こいつは町の西側にいるはずでは――!?

怪しい信徒
拷問担当の信徒

ティアゴ貴様、我々を騙したな!

ティアゴ
ティアゴ

……

怪しい信徒
拷問担当の信徒

貴様もそうなのか!?

落ち着いた町民
落ち着いた町民

……裁判所に潜伏するスパイである前に、私だって一グラン・ファロ技師の娘なのよ。

落ち着いた町民
落ち着いた町民

私たちの恨みを舐めないでちょうだい。屈辱に耐え忍んできたのは、すべてあんたたちをも道連れにするためよ。

ティアゴ
ティアゴ

裁判所にしかり、テメェらにしかり、どっちも俺たちの家を滅茶苦茶にしたクソ野郎どもだ。

ティアゴ
ティアゴ

自分らが滅んでいく様を見届けるといいさ、俺たちがそうしてきたようにな。

エリジウム
エリジウム

ティアゴさん――!避けてッ!

(エリジウムがティアゴを跳ね飛ばす)

ティアゴ
ティアゴ

いてッ!

Mon3tr
Mon3tr

(雄叫び)

ジョディ
ジョディ

……もう操作できそうなところはない。残ったエネルギーも……

ジョディ
ジョディ

あとはこの灯台が、いつまで持つのかを見届けるだけか。

ジョディ
ジョディ

(溟痕も……もうここまで上がってきてしまっている……)

ジョディ
ジョディ

上に上がらないと……

ジョディ
ジョディ

大審問官さん……

大審問官ダリオ
大審問官ダリオ

……

腕が痺れる。
岩礁の地形と範囲はすでに以前とは大きく形が変わっていた。審問官も余力は僅かだが、可能な限り目に入る敵を殲滅せねば。
しかし敵は文字通り、数は無尽蔵だった。
剣はすでに錆び、腰にかけてある小箱に入れてあった炸薬も尽きてしまっている。
ただランタンの炎だけが、以前よりも増して強く燃え盛っていた。
ダリオは振り向かない。一度たりとも背に守っている灯台に振り向かなかった。
ただ水平線の彼方を望んでいたのだ。

大審問官ダリオ
大審問官ダリオ

……海に生きる者たちよ、イベリアは決して貴様らなんぞに滅ぼされはせん。

大審問官ダリオ
大審問官ダリオ

ヒトも、決して滅ぼされはせんぞ。

喉に詰まった血をダリオは咳き込んで吐き出す。血の匂いが鼻腔を突く。

恐魚
恐魚

(じわり迫りくる不気味な声)

大審問官ダリオ
大審問官ダリオ

私もまた滅ぼされはせん。ただ死を迎えるのみだ。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

……待つのだ、ガルシア、今は待つのだ……

副官ガルシア
副官ガルシア

(大人しく船長の傍に座り込む)

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

獲物がかかる時というのは、いつだって退屈であるものよ。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

私たちが二度目にバケモノ狩りをした頃を憶えているか?その頃はまだ、船に数百人もの船員がいたものだ……

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

海岸を発つ時の歓声と礼砲の音、それが今もまだ我々の耳元に響いてくる。私たちは偉大なる岸を出て、エーギルの伝説を乗せ、海の奥へ向かったものだったな。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

だが数日、海に出てたったの数日でだ――災いがやってきた。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

あぁ……なぜこの愚かな細胞どもはお前の声すら奪ってしまったのだろうか……

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

もっとお前と言葉を交わしたかった……あの腐った臭いを発し、愚かで、六十有余年もかけてやっとここへ辿りついた阿呆どもとではなく。

副官ガルシア
副官ガルシア

(悲し気にアルフォンソの手に触れる)

(スペクターが近づいてくる)

スペクター
スペクター

ご機嫌麗しゅう、船長さん。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

ちょうどヤツを釣り上げるための適した餌を欲しがっていたところだ。貴様はエーギル人なのだろう?なら海に潜って釣り餌となってくれぬか?

スカジ
スカジ

……

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

……どうした?聞こえていなかったのか?

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

自ら飛び降りるか、それとも私が海に投げ捨ててやっても構わんぞ?

スカジ
スカジ

今日まで生きてこれたあなたはもはや奇跡ね。イベリア人がここまで長生きできるとは思いもしなかったわ。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

だから何だと言うのだ?貴様には預かり知らぬことだ、私もとうにイベリアのものではなくなった。六十年もの時を経て、今の私はすでにこの船のものとなったのだ。

スカジ
スカジ

でも私たちは――

スペクター
スペクター

――スカジ、ここはわたくしが。

スペクター
スペクター

狩りは楽しんでおられるかしら、船長さん?

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

私が優しく接するあまり、貴様らに何か誤解を生じさせてしまったようだな。だが言いたいことは分かる、貴様らに流れるバケモノの血なら感じるぞ、私たちは同類だ。

スペクター
スペクター

わたくしたちは……同類、ねぇ?

スペクター
スペクター

それはあなたと、あなたのそのガルシアさんとも?

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

……誰の許しを得てガルシアのことを話している?誰の許しを得て、私のガルシアにその目を向けているのだ、エーギルの雑種よ?

副官ガルシア
副官ガルシア

……

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

私は一度も貴様らにガルシアを紹介していなかったはずだ。この者が男なのか女なのか、どういう図体、太っているのか痩せているのか、ましてやペッローなのか魔族なのかすら教えてやっていないはずだ。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

貴様らはただ、この者が我が副官、我が愛する者であることだけを知っていればよい。よそ者にこいつの過去を語るべき法はない。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

この者は貴様らの同情など、さらに言えば貴様らに過去と今の姿を比べられる必要もない、我々には必要のないことだ。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

フッ、笑えてくるな。獲物の血が混ざった狩人、波ですら洗い流せない穢れが染みついた貴様らが、我らに敵意を剥き出してくるとはな?

スカジは眉をひそめた。彼女が他人の言葉を気掛かりに思うことはめったにない、ましてや陸に住む者の言葉など。だがさきほどかけられた言葉はそれでも彼女を不愉快にさせるものであった。
副官ガルシアが鋭い眼光をスカジに向ける。警告していたのだ。

スペクター
スペクター

しかしわたくしたちはどうしても船長さんの助けが必要なの。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

……貴様らはあのバケモノ共をなんと呼称していたのかな?シー……なんだったか?

スペクター
スペクター

うーん、“シーボーン”ね。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

なぜ私がそのシーボーンに手を貸さねばならないのだ?あの災いの後、どれだけの仲間が海に死んだと思っているのだ?

スペクター
スペクター

そういうあなたこそ、ずっと陸に帰らず海に漂っているのに、頑なに海を敵として見なすおつもり?

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

それが私の生き様だ。

スペクター
スペクター

私たちはアビサルハンター……エーギルからやって来た者たち。あなたがどうやってここまで生きて来れたかは存じないけど、それでもとてもあなたのことは敬服しているわ。

スペクター
スペクター

だからどうかあなたにも理解してほしいの。わたくしたちも、あのバケモノたちと敵対しているのだと。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

エーギルが何と敵対しているのかなど、私となんの関係があるというのだ?

スペクター
スペクター

あら、そうじゃないわ、誤解しないで。

スカジがチラッと傍にいるスペクターを一瞥する。彼女がかけてくれた“任せて”という言葉は、てっきり交渉を意味するものだと思っていた。
“交渉”をするためなら、なぜ武器を取り出す必要があるのだろうか?

スペクター
スペクター

わたくしが言いたいのは、バケモノ退治はわたくしたち狩人の務め、わたくしもただその過程を楽しんでいるだけなの。

スペクター
スペクター

けど船長さんはただ腹を満たすためだけに狩っているでしょ?だったら、殺した獲物をあなたに分けてあげる。だってわたくし、こんな吐き気を催すゴミの後処理なんてしたくないんだもの。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

……

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

……己惚れるな。貴様らがシーボーンを追い掛け回していたところは見たが、まったく取るに足らない実力だった。それとも何か、自分たちはヴィクトリア人やリターニア人よりも勝るとでも言いたいのか?

スペクター
スペクター

あら、誤解なきよう。あの“恐魚”と一括りにされてる下等生物だけれど、わたくしたち二番隊では、普段は狩っても戦績としてカウントされないの。そこばっかりに関してはグレイディーアもケチ臭さくてね。

スペクター
スペクター

つまり何が言いたいのかというと、わたくしはあなたより強いってこと。

副官ガルシア
副官ガルシア

ガァ……!

スペクター
スペクター

ウフッ、そう焦らないでちょうだいな、副官さん。セニョールだかセニョリータだが分かんないけど、まだあなたの番ではないわよ?

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

……こいつに触れてみろ、殺すぞ。

スペクター
スペクター

あらそう?

スペクター
スペクター

でも隊長からはこの船を奪取し、エーギルに帰還するって任務を伝えられているの、だったらここで悠長にあなたを説得しても時間の無駄でしょ?

スペクター
スペクター

もっと簡単な交流の仕方を教えてあげるわ――狩人の流儀をね。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

――ハッ、命知らずめ!

(戦闘音と共にシーボーンが現れる)

シーボーン
シーボーン

同類、探シニ来タヨ。

シーボーン
シーボーン

捕食、コレ大事。

シーボーン
シーボーン

キミタチ、同類ジャナイ。デモキミタチ、一族ニ戻リタガッテル、ボク知ッテル。

シーボーン
シーボーン

コレカラ、ナニスルノ?

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

鬱陶しい!

スペクター
スペクター

鬱陶しい!

(スペクターとアルフォンソがシーボーンに襲いかかる)

シーボーン
シーボーン

……!

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

フッ、貴様がシーボーンでないことを証明する方法なら簡単だ。ヤツを狩れ、“同胞”でないのなら手を下せるはずだ。

スペクター
スペクター

その際はあなたがわたくしの足を引っ張ってくるんじゃないかってのが心配ね。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

ほざけ、むしろ貴様があの歪な“同胞”に手加減してやらないかが心配だ、エーギル人め。

スペクター
スペクター

ご心配なく。だって仮にわたくしがヤツらに成れ果ててしまったとしても、あなたじゃ全くわたくしには勝てないもの。

スペクター
スペクター

わたくしがシーボーンでないことを証明したら、船を貸してくださる?

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

貸してたまるものか。この船は私のものだ。

スペクター
スペクター

それは残念。じゃあヤツと追いかけっこしてる間に、どさくさに紛れてあなたのその腕を斬り落としてあげましょうか?そうしたらヒトとしての部分も戻ってくるんじゃなくて?

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

ガルシア!お前は手を出すんじゃないぞ。このヒトを自称するバケモノが我々とどこが違っているのか、見てやろうじゃないか。

スペクター
スペクター

スカジ、獲物の横取りは許さないからね?わたくしがヤツを狩るわ、それに少しだけ……ストレスを発散させてちょうだいな。

シーボーン
シーボーン

……

シーボーン
シーボーン

捕食、シナキャ。

シーボーン
シーボーン

使命、環境ヲ作ラナキャ。

シーボーン
シーボーン

キミタチ、イイ養分ニナル。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました